SS小説(ショートストーリー) 大会【平日イベント】

大好き。 ( No.53 )

日時: 2019/07/14 18:24
名前: くぅ

「頭が小さいね」って言われると、脳みそが入ってないって思われてるように聞こえる。

「顔が小さい」って言われると、顎がないって馬鹿にされてる気がする。

「鼻が高いね」って言われると、魔女だと思われてそうでやだ。

「鼻が小さいね」って言われると、顔の余白が大きい気がしてくる。

「目が大きいね」って言われると、整形とか目頭切開を疑われてるような感じがする。

「口が小さいね」って言われると、顎関節症を馬鹿にされてるようにしか聞こえない。

「色が白いね」って言われると、海外だと黄色人種で東アジア人の中だと見分けがつかないのにって思う。

「眉毛生えてていいね」って言われると、一生懸命整えてるのにって思う。

「肌綺麗だね」って言われると、おでこのニキビを晒す気にもなれない。

「細いね」って言われると、女として魅力がないように感じる。

「オシャレだね」って言われると、イマイチ垢抜け切れない気がする。

「髪キレイだね」って言われると、自分のフケが気になって仕方がない。

誰もわかってくれない。あの子の方がかわいい、でもあの子よりは私の方がかわいい。こんな顔嫌だ、でも他の誰にもなりたくない。

よく喋る陰キャ怖い、ネットモラル知らないDQN怖い、エセ金持ちの自慢怖い、よくあんな顔でSNSに晒せるね。

私は可愛くない、だけど私よりブスな人間はいっぱいいる。

あなたにだけ「かわいいね」って言われたい。あわよくば「俺は君の醜いところも好き」って言われたい。おそろいのVANSのTシャツ着たい。

「いいのは見た目だけ」

言われて何度目になるのでしょう。

メンテ