コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

藍色のrequiem
日時: 2021/01/08 14:05
名前: 美奈 (ID: cO3So8BN)

こんにちは、美奈です。クリックありがとうございます。
これも『俺の恋敵は憎たらしい式神だった』同様、過去に書いていた作品なのですが、何だかんだで中断したままになっていて...しかも2章で詰むっていう。笑 なのでこの作品は心機一転、新たにスレッド作り直しました。
初めにお断りしておくと、コメディ要素は皆無です。ただサクッとは読めます!『俺式』とは正反対と捉えてください~
全体の雰囲気は『cynical』みたいな感じです。もしご興味があれば、完結小説の方をご覧ください。作者名は変わらず美奈です。
それではよろしくお願いします~(^^)

【お知らせ】←なるべくご一読下さい
この話は4年以上前から書いていたのですが、2章の部分に2020年現在の緊急事態を思いっきり予言したような記述がありました。自分でもびっくりしたのですが...(;・ω・)
読んで気分を害することもあるかな...と思って過激な表現は削除しましたが、大筋は進行上残してあります。ご了承ください。

2020年9月より、「小説家になろう」さん・「カクヨム」さんでも同時掲載しました(名義は異なります)。たくさん見てもらえるといいなぁ。

—precious guests—
真朱様・烏様

【目次】

ー虹色のcharactersー >>1

0.空色のprologue >>2

1.白百合色のdawn >>4-7

2.蜜柑色のnarrative >>9-11

3.薄紅色のfavor >>13-17

4.紫紺のpuzzlement >>19-22

5.灰色のtruth >>24-27

6.群青色のproof >>29-34

7.韓紅のtwilight >>36-37 >>40 >>45-47

8.藤鼠色のloneliness >>51-55

9.漆黒のpain

【タイトルの意味】
0.空色のprologue >>3
1.白百合色のdawn >>8
2.蜜柑色のnarrative >>12
3.薄紅色のfavor >>18
4.紫紺のpuzzlement >>23
5.灰色のtruth >>28
6.群青色のproof >>35
7.韓紅のtwilight >>48
8.藤鼠色のloneliness >>56
9.漆黒のpain

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



Re: 藍色のrequiem ( No.55 )
日時: 2021/01/08 13:46
名前: 美奈 (ID: cO3So8BN)

8-5
約束通り、蘭は学校に来てくれた。好きな人の効果というのは実に絶大なもので、授業中の集中力は嘘のように上がり、昼ごはんも昨日の倍くらい美味しく感じた。たまに蘭の方を見やると、彼女は本当にさりげなく、小さな笑顔をこちらに向けた。それが僕をさらに幸せにした。
点滴が効いているのか、蘭の調子は安定しているように見えた。少なくとも学校でトラブルが起きそうな模様ではなかった。
僕は本気で彼女のことが好きなのだと、身を以て感じたのだった。

伯母は僕の調子が良くなったことにすぐ気づいた。さすがだ。

「お帰り響也くん!あら、ちょっと顔色良くなったね!やっと雛ロスがなくなったかな~?」

「うん…まあ」

キッチンからは、ふんわりとバターの香りがした。予想通り、夕食は僕の好きな明太バターの和風パスタだった。副菜の野菜たっぷりのコンソメスープは、中学生まで続いていた僕の野菜嫌いがほぼ克服された、魔法のメニューだ。
多分伯母は、僕が”雛ロス”でないことは分かっていたと思う。あえて外れたことを言って、好きな食べ物を作って、僕が回復するのを静かに見守ってくれる。その優しさは、スープがじんわりと体に広がるように、僕の心に沁みた。

Re: 藍色のrequiem ( No.56 )
日時: 2021/01/08 14:01
名前: 美奈 (ID: cO3So8BN)

【タイトルの意味ー藤鼠色のloneliness】
藤鼠色は寂しさ、lonelinessは孤独という意味です。
ここも紫紺のpuzzlementみたいに、わざと同じような意味を重ねた場所です。
個人的にはここからクライマックス的なイメージです。最後までお付き合いいただけますと嬉しいです。

Re: 藍色のrequiem ( No.57 )
日時: 2021/01/13 15:23
名前: 美奈 (ID: cO3So8BN)

9.漆黒のpain
9-1
それから2週間くらい経ったある朝、1人の生徒が雑誌を持ってきた。
持ってきたのは、田中真理だった。蘭と同じ日に休んだ生徒だ。これ見て!と言う彼女の周りを、いつも一緒にいる女子たちが一斉に取り囲んだ。

「これさ、うちの学校の制服だよね?私、休んだ時にこの子見たの」

僕は気になって、その集団に近づいた。真理を取り囲む輪は徐々に大きくなっていた。

”現場医師が独白!腫瘍内科で秘密裏に行われていた闇治療”

大きな太字で書かれたタイトルを見た瞬間、僕は女子達をかき分けて、記事を詳しく見ようとした。真理は目の色を変えて割り込む僕に気づいた。

「ねぇ響也…これって、彼女だよね?」

え、彼女?なになにどうした、と周囲がどよめいた。僕は無視して記事に近づいた。
タイトルの横に載った小さな写真には、部屋に入っていく女子生徒が写っていた。制服は、僕達が見れば明らかに自分達の学校だと分かるものだった。顔の辺りはモザイクがかけられ、目元には黒い太線が引かれていた。
食い入るように写真を見つめていると、上から真理の声が降ってきた。

「私さ、おじいちゃんが心臓病でここに入院してて。あの日、危篤でいよいよ大変だ、って連絡が入ったから、急遽学校を休んだの。それで病室に行く途中で、たまたま腫瘍内科の前を通ったら、うちの学校の制服着た子を見つけたの。走って横顔を確認したら、蘭にすごくよく似てた。後で聞いたら、蘭もその日休んでたんでしょ?これって、ただの偶然じゃないよね」

「…いいから、それ一瞬貸せ」

蘭はまだ来ていなかった。真理から半ば奪い取る形で、急いで記事に目を通した。

”…写真の彼女は、週に2回も採血をしていたという。A医師に理由を尋ねると、驚きの事実が。なんと彼女の体内には、ガンを良性に変える薬品が仕込まれている、というのだ”

”アメリカを拠点に活動しているB氏とC氏が進めてきた研究で、1年ほど前に協力を依頼されたという。両氏は共に医療分野等の研究で数々の実績を残してきた実力者であり、特にC氏は”天才科学者”と呼ばれていた。そのためにA医師らは協力を決めたが、多くなる採血に苦しむ最近の彼女を見て、やはり倫理的に大いに問題があると感じた。そこでA医師は悩んだ末、本誌に全てを語ることを決意したそうだ”

”「この事実をお伝えすることは、本当に苦渋の決断でした。この薬のおかげで経過良好の患者さんも、この事実が明るみに出たら、きっとこの治療は中止されてしまうからです。既にこの治療を適用している患者さんやそのご家族には、深い悲しみと絶望を与えてしまうと思います。ただそれでも、やはり適切な方法で医療は行われるべきなのです」…A医師は声を震わせながら、でも真っ直ぐな眼差しで、そう締めくくった。前代未聞の闇治療。患者を救うための倫理違反は、果たして正義なのか?この事例は、そんな問題を我々に突き付けることとなるだろう”

熟読はできなかったが、雛さんが僕に語ったことと同じことが書かれていた。確かにA医師の行動は正しいと思ったけれど、この記事の出方を見る限り、蘭のことまで配慮してくれたようには思えなかった。

Re: 藍色のrequiem ( No.58 )
日時: 2021/01/15 14:40
名前: 美奈 (ID: cO3So8BN)

9-2
「ねえ、まだちゃんと読んでないから、返して」

「…ああ、うん」

真理に雑誌を返そうとした時、ある文章が僕の目に止まった。

”彼女は人為的に作成された人工物であり、人間ではないのである”

真理の目線も同じ所にあった。

「うっそ…蘭って人工物なの…?!」

真理がそう言うと、また周りの女子が騒ぎ始めた。教室のドアに目線を移すと、蘭がこちらに向かってきていた。
僕は慌てて輪から外れ、何もないフリをしようとした。周囲も感づいたらしく、雑誌は無造作に真理の鞄にしまわれ、騒ぎは途端に収まった。

「あ、真理おはよう」

「お、おはよっ蘭!」

騒ぎこそ収まったものの、真理の目は明らかに異物を見る目だった。周囲の雰囲気も、何となく蘭を受け入れないようなものに変わりつつあった。

「何か話してたの…?」

「んっ、んーん!そんなことないよっ」

真理は必死に演技したけれど、蘭はどこかで疎外感を感じたのかもしれない。

「…あ、ちょっと用事っ」

蘭は鞄を持ったまま、今来たばかりの教室を引き返した。

「蘭っ!」

思わず追いかけようとした僕の腕が不意に引っ張られた。真理だった。

「こっちにいなよ」

「おい…何で?」

「響也は人間だから」

「は?」

「追いかけたら、この雑誌で批判されてる子を助けることになるんだよ。人工物を助けるの?蘭はいちゃいけない存在なんでしょ?響也、人間ならこっち側の存在じゃない。目を覚ましなよ」

無視して教室を出ようとする僕の上履きを、真理がすごい力で踏みつけた。無意識に舌打ちをしたら、思いっきり睨まれた。
殴りたい衝動に駆られたけれど、相手は女子なので、特に自制しなければならなかった。僕は握りしめた拳を振り上げないように努力した。

Re: 藍色のrequiem ( No.59 )
日時: 2021/01/21 12:11
名前: 美奈 (ID: cO3So8BN)

9-3
蘭は朝礼ギリギリに教室に帰ってきて、何事もなかったように授業を受けた。昼休みは、今まで一緒にご飯を食べていた女子が、少し遠慮がちに蘭を輪に入れていた。
僕は放課後、蘭の後をつけた。一緒に帰ろうとしたら、また何か言われるかもしれなかったからだ。

「ねぇ」

突然蘭が声を発し、振り返った。だるまさんが転んだ、のような状況になった。

「ついてきてるのは分かってるの」

「あ…うん」

僕は周りに人気ひとけが無くなったのを確認して、蘭の元に駆け寄った。
蘭は施設に行く道ではなく、あの公園に行く道を選んだ。
公園に着くなり、蘭は不思議そうに尋ねた。

「ねぇ響也。今朝は何があったの?」

「実は…真理が雑誌を持ってきた。あの病院の医師がついに告発したらしい。僕がこの前、蘭に話したことがそのまま載ってた」

「え…それって…」

僕は頷くしかなかった。真理が蘭を病院で見かけたことを話した。

「蘭の写真にはモザイクと目隠しがあったんだけど、彼女は人間ではない、って明確に書かれてた…」

「だからみんなよそよそしかったのか……そりゃそうだよね、クラスメイトがただの人工物で、体の中に薬が入ってるって知ったら、ああいう反応して当然だよね」

蘭は普通に話そうとしていたけれど、その声は微かに震えていた。

「ごめん…蘭が教室出て行った時、追いかけようとしたんだけど…」

「どうせ止められたんでしょ、真理に」

「え、何で…」

「そりゃ真理はクラスでも発言権とか存在感強いもん!あの子が雑誌持ってきて、この写真の子蘭だよねって言ったら瞬く間に広がるし、あの子に逆らうって…結構…むっ、難しい、から…っ」

蘭は泣いていた。当然だ。苦しいに違いなかった。

「ねぇなんで?私はただ病院に行って貢献させられてただけだよ、なのになんでっ、なんで私が仲間外れにされなきゃいけないのっ、何も危害なんて加えてないのに、ねぇなんで…っ!」

「蘭…ごめん」

「響也は謝らなくていいの。響也は悪くない、むしろ私のこと1番考えてくれる、怒ってるのは…自分なの」

「自分?」

「自分が生まれてきたこと、それもただの研究材料っていう期待しかされずに生まれてきたこと、勝手に記憶とか成長を操作される存在でいたこと、なのに普通の学校生活に少し適応しちゃったこと、それから、人間を好きになってしまったこと」

蘭は僕の手を取った。冬が訪れていたせいかもしれないけれど、蘭の手は凍りそうなほどに冷たかった。

「…そんな自分が、許せない」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。