コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ー幻籠ー
日時: 2022/08/05 12:30
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)



――――――友達の紗輝と綾と東間と家でお茶会を開くことになった
とにかく紅茶の茶葉の種類が豊富で色々あった

ストロベリーティー、ブルーベリーティー、グリーンティー
どれも美味しそうでとにかくその三種類の紅茶を作る事になった

苺ケーキと苺タルトを用意するととても美味しそうなお茶会だ

「とっても美味しそうね♪浩太君」

「そうだね、綾さん!」

「作る甲斐がある!」

そうして暫くすると紅茶が完成しマグカップに紅茶を注ぐと皿にケーキを盛り付けてお茶会の完成だ

とにかく四人でケーキを食べるととても美味しく
紅茶も程よい甘さだった
とても幸せなお茶会となった――――――

Page:1




小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。