コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ぼくたちの新幹線3話
日時: 2022/08/05 15:12
名前: 桜木 明日香 (ID: 1EEKYNv1)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13393

僕は思った。「やばいこのペースだと文化祭に間に合わない‼」                                         い
指原は「いいよ別に…」嫌そうな顔をしていた。            
僕は「じゃあ今日の昼休み皆さんラウンジに強制参加ね」        
指原は「糞」みたいな顔をしていた。               
僕はその時点でこいつはサイテーだなーと思った。          
各クラスに電車担当を集めた結果何もできなかった。          
「はあ疲れたなー」もう僕は疲れていた。               
「何で鉄道のこと知らない奴らが多いんだよ」             
「あのーすいません」この言葉から変わった                                 
                                
                                
                     
                      
                           
                                                                                              
          

Page:1




小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。