コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

星に願いをこめて。
日時: 2023/01/21 17:54
名前: らる@羅瑠 (ID: GDWSGe53)

もう、戻らないかもしれないけれど。



*活躍する場ではキラリと輝き

*青い空では姿を見せない

*暗い所で活躍出来て

*沢山の仲間と共に生き、


散ってゆく。


*目次*

人物紹介 >>1



*お客様*
*黒猫夜空 様




らるから

回覧アリガトです!!
「無駄にテンション高い腐女子」のらるでございます。
昔、私が執筆していた「星に願いを込めて.。.:*☆」
の修正版でございます。
「掟」「東雲さん、今日はどうしましたか?」はバグって投稿できなくなりました。
私のお知らせスレでも話しましたが、その2作は更新停止。
こちらを進めてまいります。

Page:1 2 3 4



Re: 星に願いをこめて。 ( No.14 )
日時: 2023/01/25 18:56
名前: らる@羅瑠 (ID: GDWSGe53)

>>12
ゆーかありがとう!!!
神作?違うって。駄作だと思うよ?
でも感謝です!
コラボの件もヨロシクね。

>>13
夜空様ありがとうございます。
そちらに返信させてもらいました。
勝手に夜空様って略しちゃったけど大丈夫ですか?
私のことも、様付けしなくてもいいですし、タメ口でいいですよ~


∞本編~!∞



2話



「まぁ、色々説明するね。」

その後、星真が話してくれたのはこんなこと

①星真はどうやら「星の世界」という場所から来た。その星の世界は宇宙のことをさしているらしい
②「星の世界」は宇宙なので、日本で言ったら都道府県的なのが土星や地球、火星などの惑星。
③その「星の世界」=宇宙が別の悪い「星の世界」の軍に攻められて地球しか正義の「星の世界」として残らなくなったらしい。
④そして、「正義の星世界」のことを

「ジャスティスユニバーサル」

「悪の星の世界」
のことを

「イーヴユニバーサル」

という。


⑤イーヴにジャスティスが攻められたため、私たち3人にジャスティスワールドを救ってほしい


「ってこと。」
「‥なんで私たちなの?」
「キミたちは選ばれし者なんだ。さぁ、行こうか。」





少なかったのはすみません!
意味、分かったかな?
語彙力無くてごめんなさい。

Re: 星に願いをこめて。 ( No.15 )
日時: 2023/01/25 18:59
名前: 黒猫夜空 (ID: O.mDLNUw)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

こんにちは。
黒猫夜空です!
良いんですよ…。
らる様って呼びます!だって、最初に出会った神だもの✨
アレ…この話しましたっけ?
あと、夜空様でOKです!(`・ω・´)ゞ
黒猫様でも夜空様でも自由で!
ダメなのは、特になしなので!

Re: 星に願いをこめて。 ( No.16 )
日時: 2023/01/25 20:52
名前: 黒猫夜空 (ID: O.mDLNUw)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

こんにちは。
黒猫夜空です!
合作スレでキャラ設定をお願いします。

Re: 星に願いをこめて。 ( No.17 )
日時: 2023/01/28 08:48
名前: らる@羅瑠 (ID: GDWSGe53)

夜空様ありがとうございま~す!
返信遅くなってごめん…
夜空様やさしすぎ‥カキコには優しい人しかいない…よぉ(知り合いを見ると)


という訳で、本編にれつご~

第3話

「ほら、立って。いくよ!」
「どうする?」
「行こうぜ…面白そうだしな!」
「そうね。行こう?聖来。」
「うっ、うん!」

そして私たちは歩き出す。
歩いた先には、とある神社が視界に見えた。
その前に止まる星真。


「どうしたの?」
「ここからジャスティスユニバーサルに行く。」
「この神社から、行くのか!?」
「凄いわね。ワープでもするのかしら?」
「そう!その通り。でも、気づかれたらダメだからね。これをつけて!」
「これって…?」


次回も3話ですのでそちらに続きます。

Re: 星に願いをこめて。 ( No.18 )
日時: 2023/02/04 19:45
名前: らる@羅瑠 (ID: GDWSGe53)

第3話続き


シュンッ

そんな音がしたかと思えば、
いきなり目の前がすごい綺麗で。

「えっ…此処がジャスティスユニバーサル?」
「うん。此処がそうだよ。」
「ていうかコレなんなの?」


そう、私たちがつけたのは「腕輪」
これつけてって言われてつけたのは腕輪だったんだ。

「腕輪だよな、見たところ。」
「そうそう!腕輪だよ。これで宇宙でも息ができるようにしてる。あと、ジャスティスユニバーサルの仲間が星語を使うかもしれないからね。その時の翻訳機能。あと食料とか出てきたり地図もでてくる。色々便利なんだ~」
「へっ、へぇ‥すごいわね。」

あの穂世でさえ戸惑っている様子。

「それと、前地球だけがジャスティスユニバーサルだって言ったけどこの月もジャスティスユニバーサルなんだ。」
「あ、ここ月だったんだ‥!」



次回、4話に続きます。


Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。