ダーク・ファンタジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

朝が来る。
日時: 2021/01/05 22:47
名前: ジョン (ID: HfS/slXT)

 暗い部屋。スゥーッスゥーという弟の吐息だけが部屋に響く。
 枕元の時計を見るとまだ5時40分だ。足元がすっかり冷え切っていたので、隣で寝ている弟が起きないようゆっくり足を曲げ、手で擦った。やっぱり寝る時靴下を脱ぐのは止めるべきだった。でも、自分はこうしないと眠れない。この癖は親父に似たのだろうか?なんとも複雑な感情だ。嫌ではないけれど。 顔だけ動かしてベットの下に靴下があることを確認した。しかしベットから出たくないので弟を抱きしめた。かなり暖かい。よく見ると長いまつ毛を持っている。この子はきっと人を疑うこと、虐めることは無いだろう。そうあって欲しい。そんな期待を込めて、起きていたくない自分はまた眠ろうとした。 「朝なんて来ないで下さい。」と呟いた。まあきっと叶わないけれど。  カーテンの隙間から太陽の光が差し込んできた。 朝が来る。   

Re: 朝が来る ( No.1 )
日時: 2021/01/05 22:32
名前: ジョン (ID: HfS/slXT)

作者です。上手く投獄できず、ケイと言う名前でも投稿していまいました。どうか広い心で見て頂ければ光栄です。

Re: 朝が来る。 ( No.2 )
日時: 2021/01/06 11:16
名前: 烏 (ID: OYJCn7rx)

すいません!
>>01に書かれている“投獄”と言う言葉は“投稿”ではないでしょうか。
わざとでしたら申し訳ありません。

短編 若き日の思い出 1話 ( No.3 )
日時: 2021/02/20 20:37
名前: ジョン (ID: HfS/slXT)

 思えば、私はロクな人生を歩んでいなかった。点滅する視線は、妙なことに私の意識をはっきりさせた。若い頃、死を恐れてばかりいたのが嘘のようだ。いずれ訪れる死。わかっていた。わかっているから、怖かった。 私は幼い頃、「はだしのゲン」をよく読んだ。その影響からか、戦争の悲惨さと同時に死に対する恐怖が脳裏に刻み込まれた。  「私が死んだ後、意識が無くなって抜け殻となった時、私の体は唯の肉の塊になるのではないか?」私の疑問は解決するはずもない。死んだことがないのだから、当然だ。そのとき、私はある考えが生まれた。「どうせ亡くなるのなら、美しく死にたい。」この思想が、僕が三島由紀夫を知るきっかけだったと思う。 一話 終。     追記 間違って書き込んでしまいました。消すのも面倒だと思ったので、広い心で許していただきたいです。

短編 若き日の思い出 ( No.4 )
日時: 2021/02/20 21:03
名前: ジョン (ID: HfS/slXT)

 「三島由紀夫」といえば、作家でありながらボディビルを始めたり、右翼的な思想に身を任せた人でもある。私は戦後最も異様な作家だと思う。私が初めて読んだ彼の作品は、「仮面の告白」だった。主人公と私がよく似ていた。自分を隠して生きているが、それを誰にも知られたくない。自分にも普通の恋愛ができるはずだと信じようと思って行動したが、出来ないことを知った話だ。私は、家族以外に死を恐れていることをバレてしまうのが怖かったのだ。毎日毎日「もし、私が明日亡くなったら涙をひとつでも流してくれる人がいるのだろうか。」と、考えても答えの出ないことばかり考えていた。そんな私でも、恋愛をしたことがある。しかし、私は「仮面の告白」の主人公とそっくりなのだ。感情に身を任せすぎた阿呆だった。    


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。