ダーク・ファンタジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

小さな殺し屋さん
日時: 2021/11/20 11:03
名前: ねむねむ  ◆ImDwVl1n2. (ID: HAhG.g1E)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13040

こんにちは(はじめまして)ねむねむです。
本作は必ず完結する作品(決定事項)なので、最後までお付き合いいただけると幸いです。
そんなに長くないと思います。
ですが、物足りないと思います。
まぁこういう、ミステリー系といいますか、そういうのはとても苦手とする面もあるので、優しい目で見守っていただけると嬉しいです。
また、少しばかりグロイ描写があります。
最終話で、予想できない結末をお届けすることをお約束します。(予想出来たらごめんなさい)

≪目次≫
第一話 小さな殺し屋さん        >>1
第二話 驚きの事実           >>2
第三話 ブラックキャット        >>3
第四話 5年前の事件          >>4
第五話 地獄絵図            >>5
第六話 ごめんなさいと、ありがとう。  >>6
最終話 TRUE END           >>7

夏季大会銀賞受賞報告  >>8
番外編予告       >>9 ※番外編を読もうと思われた方は必ずお読みください。

本編完結させることができました。
最後まで読んでくださった方々に、心から感謝申し上げます。

*誠に勝手ながら、小説を移転させていただきます。
*番外編を楽しみにしてくださっていた方、心からお詫び申し上げます。
*他のところで連載いたします。まことに申し訳ありません。
*またどこかでお会いできることを、楽しみにしております。


小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。