ダーク・ファンタジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

暗殺警
日時: 2022/05/15 08:08
名前: 紅葉 (ID: GzJPdjfy)

登場人物〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
海良そよか(かいら)
22歳、警察官一年目とある事情で暗殺警へ
西妖佳与さいようかよ
23歳暗殺警のスナイパー、暗殺警の中心的存在?
劑炎戒ざいえんかい
24歳、暗殺警のまとめ役的な人、最年長、佳与からは常人ゴリラ呼びされている
蓮霧蛻はすきりぜい
21歳、家庭環境がやばかったせいで二重人格に、その影響で口がきけない、手話で会話している
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第1期
暗殺警へとある事情で入ったそよか、次々に現れる凶暴な逃走犯、そよかたちは果たして……
>>1「暗殺警」
>>2「新たな」
>>3「影」
>>4「初戦」
>>5「粉砕」
>>6「記憶」
>>7「暴虐」
>>8「焼却」
>>9「二重仮面」
>>10「暗殺一族」
>>11「狂気」
第1期お知らせ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・汚染セカイは引き続き更新します、汚染セカイもあともう少しなので交互更新していきます。
・観覧数が100超えたらイラスト出します!
・飛び欄から行かないと最初らへんが見れません!気をつけてください
・もうそろそろ汚染セカイを更新します!暗殺警はまだまだ続くのでご安心を
・100越えありがと〜コメントなども気にせずにどんどん打っちゃっていいです!(むしろ欲しい)
・イラストは小説押し絵のところにあります、見てってください
・人気キャラ投票現在やってるのでなんか表ほしいぃリク掲示板のところにあるのでみてってください!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re: 暗殺警 ( No.7 )
日時: 2022/03/07 19:34
名前: 紅葉 (ID: GzJPdjfy)

登場人物〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
海良 そよか
22歳、警察官一年目とある事情で暗殺警へ
西妖 佳与
23歳暗殺警のスナイパー、暗殺警の中心的存在?
劑炎 戒
24歳、暗殺警のまとめ役的な人、最年長、佳与からは常人ゴリラ呼びされている
蓮霧 蛻
21歳、家庭環境がやばかったせいで二重人格に、その影響で口がきけない、手話で会話している
第7話〜〜「暴虐」〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
佳与「敵は……まだ……いる」
戒「………あぁそうだったな…」
戒さんは佳与さんの怪我の手当てをしている、
そよか「けられたんですか?」
佳与「うん…あいつ…戒には敵うわけないけど、力が強かった、」
頭から出血するほどだ、、、もしかして、、b?記憶が残っている、aと同じく私をいじめていた、殴られた痣が今でも残っている、
蛻「ぁ………………」
3人「「「!!!!」」」
「ぁ」だけだが蛻さんが喋った、
佳与「あ、、わかった!」
蛻「?」
佳与「第2が出かけてたのか…」
戒「その可能性は十分あるな」
そよか「だいに?」
戒「以下省略するが、蛻は二重人格戦闘モードはいりかけてたんだろ」
そよか「そうゆうことだったんで」
バンッ
言葉を遮って銃声が響いた、またピストルの、
そよか「ーっ」
間一髪のところでそよかはシールドを構えた、
佳与「空きあり、」
バンッ、、
佳与「………あースナイパーあと一つしか弾丸がない………そうだ!」
佳与さんがなにかを思い出したようだ、
佳与「戒!残ってる奴を一箇所に集中させて!」
しばらくすると敵は集まってきた、
佳与「………ここ……」
バンッ、、ドタッ
モブ敵「うわぁ!」
ドミノだおしになっていった、
佳与「そよちゃん!撃って!」
バンッバンッバンッ
佳与「よーし完了だね、……ってそよちゃん、気絶してる、」
戒「相当疲れたんだろな」
戒さんがそよかを持ち上げた、
戒「まあブラック会社……なのが悪いんだけどな」
蛻「…………………………………………………!」訳)気絶させてた人全員骨折れてるし、
戒「俺は折った覚えはないが」
佳与「戒のことだし知らんうちに折ってそうw」
蛻「……」訳)うん
戒「折ってないって……」
ほのぼの裏話〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
蛻「……………………………………!」訳)と言う戒は今までにも知らないうちに折ってるし!
佳与「起きたら骨折れてる事件かw」
戒「俺も折られてるんだけどね…」
佳与「今思ったけど腕相撲したらどうなんのかな?」
〜〜〜と言うわけで次のほのぼの裏話は腕相撲するって?〜〜〜








Re: 暗殺警 ( No.8 )
日時: 2022/03/08 19:36
名前: 紅葉 (ID: GzJPdjfy)

登場人物〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
海良 そよか
22歳、警察官一年目とある事情で暗殺警へ
西妖 佳与
23歳暗殺警のスナイパー、暗殺警の中心的存在?
劑炎 戒
24歳、暗殺警のまとめ役的な人、最年長、佳与からは常人ゴリラ呼びされている
蓮霧 蛻
21歳、家庭環境がやばかったせいで二重人格に、その影響で口がきけない、手話で会話している
第8話〜〜「焼却」〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そよか「……………………ん」
蛻さんが私の体を揺さぶっていた、しばらくすると蛻さんも寝てしまっていた
戒「なんか二人とも寝ちゃってるし………それに……佳与も寝ている……」
佳与「……おはよ……」
戒「あ、佳与起きたのか」
佳与「体力無限の常人ゴリラとは違って体力消耗するんだよ……」
戒「だからそれやめて……」
蛻「………………」訳)二度寝する…
戒「二度寝禁止」
蛻「…………!」訳)やだ寝る!
佳与「ほぼ戒がお兄ちゃんw」
戒「そよかも起こさないとな…」
布団を取り上げた、
そよか「かい……さん……まだねたりませんよ……」
戒「計10時間寝てるけどな」
そよか「まだそんな寝てないことないですか………」
戒「それぐらい寝てるけどな」
そよか「それより佳与さん怪我大丈夫何ですか?」
佳与「大丈夫痛いけど」
そよか「痛いけど?!」
戒「大丈夫だから」
戒「と言うか蛻また寝に行ってるし」
臨時ニュースです、賄賂を渡した疑いで〇〇容疑者が逮捕されました、それに協力していたとされる警察官も逮捕されました、そのうち一人は無罪とされました、
そよか「……………………」
戒「無罪?ありえないだろ」
そのうちの一人の人は「無理矢理やらされた」と証言しています、
あんなに楽しんで私達を殺そうとしていたのに?おかしいありえない、、なんでなんでなんで、、、あいつらがいる限り私はまた何か奪われるの?嫌だ嫌だ嫌だ、、、もう嫌だ、、、絶対なんてなかった、事実は権利で焼却される、事実は消し炭にされた、、、
ほのぼの裏話〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
佳与「カクカクシカジカで腕相撲をやることとなりました、」
そよか「私絶対負ける気がします」
佳与「でまずはそよちゃんと蛻でやってもらうよ」
そよか「絶対負ける予感しかしない」
佳与「よーいスタート」
バタン
そよか「やっぱりいっしゅんでまけてしまった(泣)」
蛻「………?」訳)イエイ?
佳与「大丈夫だって、私も確定負けるし」
戒「いや、試合終わらなくなる」
そよか「あ(察し)」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





Re: 暗殺警 ( No.9 )
日時: 2022/04/21 18:31
名前: 紅葉 (ID: GzJPdjfy)

登場人物〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
海良 そよか
22歳、警察官一年目とある事情で暗殺警へ
西妖 佳与
23歳暗殺警のスナイパー、暗殺警の中心的存在?
劑炎 戒
24歳、暗殺警のまとめ役的な人、最年長、佳与からは常人ゴリラ呼びされている
蓮霧 蛻
21歳、家庭環境がやばかったせいで二重人格に、その影響で口がきけない、手話で会話している
第9話「二重仮面」ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そよか「、、、、、、、、う、、、、、、そ、、、でしょ、、、、、、」
戒「、、警察官が関連しているの場合はなかなか捕まらないことも多いしな、、、」
(一方蛻は何も知らないまま二度寝しております)
佳与「おふたりさんこんな時に悪いけど任務が来た」
そよか「、、、、、、、、、、、」
戒「そよか大丈夫か?」
そよか「あ、はい、だ、大丈夫です」
佳与「至急蛻を起こさないとやばい」
戒「、、そういえば蛻二度寝してた、、」
蛻が起きたのち移動中〜〜〜
佳与「今回は気絶だけどケッコー特殊まあ簡単に言うと暗殺一族が出てくると、」
蛻「………」訳)眠い
佳与「寝たら叩き起こすからな(圧)」
蛻「……………………」訳)すみませんでした
戒「というかアジト的なのに侵入するのが目的みたいだけれど」
戒さんが報告書を見ながら言う
佳与「そゆこと、暗殺一族の屋敷に潜入するんだよー」
そよか「あ、、暗殺一族、、、」
佳与「まあケッコー世界的に見れば雑魚いほう、家系の特殊能力とかは、、、一つだけあるみたい、」
そよか「とくしゅのうりょく?」
佳与「暗殺者って生まれた時から暗殺暗殺暗殺ずくしな訳それ故に色々人離れした能力もがある」
そよか「今回はどう言う能力なんですか?」
戒「第六感」
佳与「おい私のセリフとるな」
佳与「人間が死に近ずくと覚醒する能力的な感じなやつそれをあいつらは常時ある」
そよか「第六感って確か誰かの気配が分かったりとかでしたっけ?」
戒「ああ、そう言うことだ」
佳与「じゃ、いこーか」
いどーちゅー〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あまりにもその建物は大きすぎた、威圧感で潰れそう帰りたい帰って寝たいそんな思いしかなかった
b「おい!お前たち!誰だ」
佳与「早々にバレたんだけど」
バンッ
そよか「ゴム銃なのにこれやっぱり強いですね、、」
戒「いつのまにかそよかが銃使いこなしてた、、」
佳与「習得はやっ」
蛻「…………………………!」訳)本当その通りだね!
f「空きあり」
どがっ
キックが蛻さんの頭に当たった、
蛻「!」
私が気を抜いていると背後を取られてしまっていた
f「こいつの命が惜しけりゃ動くな!」
佳与「強盗はんかよ、、、」
誰一人動けないその時、
私の背後からfは消えた
蛻「あ、、、あ、、久しぶりに喋ったから声が、、」
3人「「「!!!!!!!」」」
蛻さんが私が落とした銃を拾うと
バンッバンッバンッ
3発撃った
蛻「本当は今すぐにでもこの世から消え去って欲しいけど時間がないしほっとこうかな」
そよか「しゃべ、、、」
戒「うん喋った」
佳与「ほんと久々に喋ってたね、」
蛻「そよか、大丈夫?」
そよか「はい、ちょっとかすられましたけど」
蛻「こいつだけは後で10発殴りたい」
戒「というか2人共ぜいとかよそよかが逆鱗なんだが、、」
二人ぜいとかよ「「もちろんそうとも」」
戒「なんなんだこの人達は、」
頭がパンクしそう、、、帰って寝たい、、
ほのぼの裏話〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
腕相撲続編
そよか「じゃあ行きますよ。れでぃーふぁいと」
二人ぜいとかよ((れでぃーふぁいと、、、))
佳与「うわっこのゴリラまた力強くなってやがる」
戒「ゴリラ言うのやめろ」
その後試合は2時間程度つずいたついに戒が降参(長引きそうだったから)し佳与がかったのであった

Re: 暗殺警 ( No.10 )
日時: 2022/04/30 17:28
名前: 紅葉 (ID: GzJPdjfy)

登場人物〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
海良 そよか
22歳、警察官一年目とある事情で暗殺警へ
西妖 佳与
23歳暗殺警のスナイパー、暗殺警の中心的存在?
劑炎 戒
24歳、暗殺警のまとめ役的な人、最年長、佳与からは常人ゴリラ呼びされている
蓮霧 蛻
22歳、家庭環境がやばかったせいで二重人格に、その影響で口がきけない、手話で会話している
第10話〜〜「暗殺一族」〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
佳与「さてさてー門番倒したしなかはいろっか」
そよか「ほ、、本当になんか、、、や、、やば、、やばくないですか、、、?」
佳与「迷子にだけ気をつければたいてーどうにかなるよー」
そよか(迷子、、、、)
そう私は超のつくほどの方向音痴、迷子の可能性は100%なのだ、、
蛻「かよー俺いつもの武器使えないから銃ちょうだい」
佳与「はいどーぞ、壊されそうで怖いわ、、」
蛻「戒じゃないし大丈夫、」
戒「おい、、」
佳与「そもそも戒は銃使えないし、教えてなかったし全く使えないと思う」
と、今会話していたががっつり屋敷に入っている
佳与「あー広すぎる、、迷子一人は出るな、、」
そよか(そのとおりです、、、)
蛻「そよかとか迷子になりそう」
そよか(本当その通りです、、、)
戒「まあ見うしなわなければよっぽど迷子にはならないとは思うけど」
そよか(私迷子になりますけどね、、)
さて迷子にしか私はならないとして、佳与さんから聞いた話だとここのどこかにこの一族のボス的な人がいるらしい、、、そいつを署に運ぶのが任務らしい、でそのそいつってのがなかなかやばいそう、、、
佳与「あったよー」
戒「そんな簡単に見つかるもんなのか?」
蛻「そんなことなかなかない、、、、罠かなんか?」
佳与「んまぁ取り敢えず入るよ」
そよか「あぶないんじゃ、、」
キィィ
言うのが遅かった
?「あぁやっときた」
佳与「どうやら罠ではないみたいだね、、」
長い群青色の髪とくすんだ灰色の目をしていたそして部屋の真ん中に立っていた手には大刀が握られていた
戒「これで罠じゃないって相当なことだぞ、、、」
?「やっぱくると思っていたよ、、、暗殺警の皆さん」
佳与「、、、、っ、、」
?「あれ?3人だった気がするんだけどな。なんで4人なの?」
この人は私達の方を見ていない、、、なのになんで人数が?
佳与「お前に教えることでは無いけれど、、、」
?「じゃあ僕から名乗れば良い?」
佳与「そうゆう問題ではない、、」
?「まあ一様名乗っておくよ僕は井村渉いむらわたる言ったところで何にも教えてくれやしないけどね、」
、、、、ものすごい殺気が部屋中に漂っている、、
渉「あ、それとスナイパーさん逃げちゃダメだからね、」
佳与「!」
そう今佳与さんはスナイパーが打てる位置に移動しようとしていた、、、、案の定きずかれてしまった
渉「ふふ、、楽しいコロシアイが始まってくれるね、、」
ほのぼの裏話〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
作者「みなさん今日プロフィールのところ、蛻が21→22になっているのにきずきましたか?本当は蛻はそよかと同い年、1話のフラグ回収です、、、きずいた人はすごい!!」


Re: 暗殺警 ( No.11 )
日時: 2022/05/13 17:51
名前: 紅葉 (ID: GzJPdjfy)

登場人物〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
海良 そよか
22歳、警察官一年目とある事情で暗殺警へ
西妖 佳与
23歳暗殺警のスナイパー、暗殺警の中心的存在?
劑炎 戒
24歳、暗殺警のまとめ役的な人、最年長、佳与からは常人ゴリラ呼びされている
蓮霧 蛻
22歳、家庭環境がやばかったせいで二重人格に、その影響で口がきけない、手話で会話している
第11話「狂気」〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
洹「楽しいコロシアイが始まってくれるね、、」
そよか「、、!」
その言葉にゾッとした
戒「大丈夫、暗殺者はこんなのしかいない」
戒さんが小さく呟いた
そよか「こ、こんなの、、、」
これからもこの様な人達に沢山遭遇するとはその頃の私は思ってもみなかった
洹「やっぱ、四人いるよね、新しい人、なんか活用でもしようかなっ」
終わった、私のことだろう
佳与「そよちゃん逃げて、ここにいたらやばい、あいつ大刀を持ってる」
蛻「その通り、大刀は今、俺達が持ってる武器だと強い、、それにそよかを利用しようとしてる、」
そよか「わ、、わかりました」
ここでにげていいのか戸惑いながら私は2人に言われてこの部屋を出た
その頃室内〜〜〜〜
洹「あー新しい人逃げちゃったじゃん、でもまぁ『弱そう』だったからほーちでいいかなっ、、」
戒「予想よりも面倒になりそうだな、、、」
洹「ねーそこのしんちょーたかい人、、、面倒とか言っちゃだめだよー」
ブンッ
ナレーション)大刀が戒の近くを通った
洹「せっかくの楽しいコロシアイなのにさー」
ブンッ
今度は少し戒にかすった
洹「なんで面倒なんて言っちゃうのかなx、、、!」
佳与「まさか、周りを見てないとは思わなかったよっ」
洹(スナイパーか今目の前にいる敵かどっちをヤろうかな、、っ)
バンッ
洹(今だ、、)
カンッ
洹「?なんであたらなかったの、、?」
佳与「残念だったね!こっちに攻撃するべきじゃなかったみたい」
佳与は左手に前、そよかに持たせたシールドを持っていた
佳与「随分前に強度を色々してね、これでも防げるようになったんだよ」
戒(そのために俺の部屋の壁が何回犠牲になったことか、、、)
蛻「戒、ドンマイ」
蛻が戒の耳元で察したように囁いた、やはり戒の身長が高いので蛻が少し背伸びをしている
洹「あーあークライマックスが台無しだっ」
佳与「だからあきらめ、、」
洹「でも、僕も存在を忘れたわけではないよ」
カチャッ
洹は銃を構えた
洹「ね、二重人格サン?」
バンッーー
ほのぼの裏話〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そよか「戒さん!」
戒「?」
そよか「なんか最近任務の時に私よく弱そうって言われるんですけどどうやったらゆわれなくなるんですか!」
戒「、、うーん、、、」
そよか(ワクワク)
戒「朝、二度寝して訓練をサボらないこと」
ギクッ、、
そよか「、、、、はい(汗)、、」



















Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。