ダーク・ファンタジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

親の顔を見てみたい(続き更新9/22)
日時: 2022/09/22 21:32
名前: 矢追弦音 (ID: ChNEAh8C)

~~!!!
~~ーー!!!

何これ…誰かいるの?
ねぇ、返事してよ

シーン

幻聴か、、、
最近多いな。おかげで目が覚めちゃった。、、、お水飲みにいこうっと

僕はかなり長い廊下を足音をたてないように歩いた。

ゴクゴク

プハッ

うぇ、マッズイ
部屋、、、戻ろ

ガラガラッ

?!
誰?

いきなりはいってきた人は僕を見ると安心したような目をして

「陸!!探したよ!さあここからでよう!」

え?
こいつは誰だ?
女なのか男なのかはっきりしない顔をしてる
でも、、、僕は陸じゃない。

『僕、陸じゃないです。翼です。』

「なにいってんだよ、陸なんでしょ?」

『いや、、、ほんとに違いますって。』

「いいから!帰るよ!!!」

なかば強引につれてかれそうになったその時

{ちょっと!何やってるんですか!}

施設の人が来てくれた。

チッ

変な人は舌打ちをして出ていった。

でも、、、、、

なぜか僕は、、、、、、、

あの人にあったことがある気がする、、、

_______________________________

次の日

あの事が気になってろくに寝れなかった。
でも、陸って人知らないな。

気にしても意味ないか。
僕は陸って人を考えるのをやめた。

{ご飯だよー~~ー}

施設の人が呼んでいる


ご飯を食べ終えたら寝足りなかったのか眠気が襲ってきて寝てしまった。


~~ーーー!
ーーーーーーーー!!
△◇○◻■□◆!!
~~ーー~ーー!!!


ああ、うるさい。
もうちょっと静かにしてくれないかな、、、
夢の中といっても耳がいたくなる感覚はある。


バッ

....

ハァ
今度は夢に出てきた。
なんなんだろう。

あれ?
なんで、
夢の中なのに自分が夢の中に居るってわかったんだ?
おかしい。
調べてみよう。


カタカタ

これかなぁ?

[自分が夢の中にいると夢ではっきりしたとき、それは過去か前世の記憶かもしれません。前世で体験した出来事ならば、少しノイズが走ってたりしますが、過去の記憶ならば鮮明にはっきりとした言葉で聞こえます。
そこに写ってないけどその世界に自分がいたとしたら夢の中というくくりのなかにいるのであなたの頭は現実と同じになっています。簡単にいうと頭の中で前世か過去の記憶を見ているのかもしれません。]

確かに。

辻褄が合う。

だとしたら、、、前世の記憶?

もしかしたら昨日来てた変な人、僕の前世で何か関わった人なのでは?

今日はもう遅いし明日施設の人に昨日来てた変な人について聞いてみよ。

____??__??________________________?______

{ご飯だよー~~ー!}

ウウン

ゴソゴソッ

ご飯、、、、、、

食べる、、、

あ、施設の人に聞かなきゃ

{おはよー今日は珍しく寝起き悪いじゃない。なんかあった?}

『いや、、、』

{そう?また何かあったら言うんだよ。}

『うん、ありがとう。』

『あ、そういえばさ、この前僕を連れていこうとしてた人って、、、』

{あっ、そうそう!伝えたかったの!あの人ね、翼の前世のお母さんなんだって!}

やっぱりそうか、、、

『なんでそれを知ったの?』

{あの人がいってたの!}
{えっと、たしか、、、天間結てんまゆうって名前だったかしら、、、}

天間、、、

その名字には何かが引っ掛かるような気がした。

よっぽど顔が前世の僕とそっくりだったんだなぁ、、、

『あの人と話してみたいんだけど、いいかな、、、?』

{翼ならなんとなくそういうと思ったわ。}
{じゃあ結さんの電話番号を渡すから、自分で連絡して日時を決めるのよ。}
{会議室を使うようならまた私にいってちょうだい。}

『わかった。ありがとう。』



今日はここで切ります!

読んでくれてありがとうございます!

感想などコメントしてくれたら嬉しいです!

明日また続き出します。


Re: 親の顔を見てみたい(続き更新9/22) ( No.1 )
日時: 2022/09/22 21:35
名前: 矢追弦音 (ID: ChNEAh8C)

こっちはなんだ、、、?

これは本編関係ないよ!

次からこっちに続き書こうかな、、、、

まあこれはお試しってことで!また明日!


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。