二次創作小説(紙ほか)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ヒロアカのみんながwrwr国へ⁉︎
日時: 2022/01/20 19:46
名前: よっちゃん☆ (ID: 2pqBpCaH)

〜wrwr国〜

ゾム「グルさ〜ん‼︎」
グル「どうした?ゾム、」
ゾム「なんか、面白そうなもん見っけたんやて〜」
グル「どれどれ〜⁉︎」
ゾム「どうしたん?」
グル「これはッ⁉︎」
『会議室に集まるんだゾ!』←『』はインカムです!

〜会議室〜

トン「どうしたんや?グルさん。」
コネ「てか、ゾム〜その本なんや?」
ショピ「なんか、魔導書見たいっすね、」
グル「その本なんだが、それは何処か別の世界からそこに住んでいる人を最大30人ほど連れてくる事が出来るんだゾ!」
幹部「えええええええええぇぇぇぇえぇぇぇえ!!!!!!!!!!!」
ゾム「なんやそれ!面白そう!」
グル「使用制限は無いみたいだゾ!」
エミ「で、それ使うんですか?」
グル「もちろん使うんだゾ!」
ロボ「何処の世界から連れて来るんや?」
グル「そうだな、…こんなのはどうだ?!」
オス「どんなのめぅ?」
グル「10分の8位の確率で能力のようなものを持つ人が生まれる世界!」
ゾム「いいな!」
シャオ「早速やってみようぜ!」
uhigtchjigtcyjuctvjlgtsrbouydtbktftgunhvrct←なんか連れて来てます

パァアアアアアアア←光です(圧

皆「眩しッッッッッ!!!」

ひと「あれ?誰もいないけど、」
トン「これ見てや」

〜使ってから3日以内に現われる〜

コネ「なんや〜」
グル「じゃあ、今日は解散だゾ!」

〜同時刻ヒロアカサイド〜

爆豪「おい!デクゥ!!!」
緑谷「どうしたの?かっちゃん?」
爆豪「クラスの人数減ってねぇか?」
緑谷「言われてみれば…」

パアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!←光です(((圧

爆豪「なんだ!?」
緑谷「えっ!?なに!?」

〜1時間後〜

緑谷「えっ!?落〜ち〜て〜るうう!?!?」
爆豪「なんで、空にいるんだア!?」
二人「わああああああああああ〜〜〜〜〜!?!?!?」





小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。