二次創作小説(紙ほか)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

修羅場を潜り抜けて【キングダム×東リベ×鬼滅】
日時: 2022/10/11 16:44
名前: らる@羅瑠 (ID: GDWSGe53)


__これは『自分達』の修羅場__















こんばんは、あるいは初めまして。らるですヾ(≧▽≦)ノ
今回は、「修羅場を潜り抜けて」を書かせていただきます。





~対象一覧~
・キングダム
・東京リベンジャーズ
・鬼滅の刃
[>>1]から人物紹介

一話「朝」>>2
二話「あの人」>>5











第3話「1人の柱」 ( No.7 )
日時: 2022/10/10 20:25
名前: らる@羅瑠 (ID: GDWSGe53)

炭治郎「この禰豆子が‥まだ息をしていて!それで医者に診てもらおうと思ったんです!」
羌瘣「私が治そうか?」
??「それは、誰も治すことはできない。」

!?俺_竈門炭治郎_たちのそばに、1つの影がある。
男の人…?誰だ?

炭治郎「!?治せない!?そんな訳ない!あなたは誰ですか!?」
義勇「お前に言う名は持っていない。そして、『それ』は鬼だ。」
信「鬼?」
貂「こっ、こいつは何言ってんだ?」

誰かはわからないけど、禰豆子を『それ』と言うのは許せない!
鬼であろうが何であろうが、もとは人間だったんだから!

義勇「…………っ」

そして、その男の人は俺らに向かって、

信「くっ…つえぇ」

刀を振り上げた。それも、信さんに!

第4話「鱗滝左近次」 ( No.8 )
日時: 2022/10/15 17:33
名前: らる@羅瑠 (ID: GDWSGe53)

信「オラァァァァッ!!!!」
義勇「………水の呼吸 壱の型・水面切り」

信さんとその男性の刃がすれちがう。
そして…

信「お前、中々強ぇえな」
義勇「お前こそな。」

決着はつかず、ただ2人ともかすり傷を負ったぐらい。


義勇「お前の強さを認める‥俺の名は富岡義勇だ。」
信「俺は信。」
炭治郎「おっ、俺は炭治郎です!」
義勇「そうか‥なら『鱗滝左近次』という老人を訪ねろ、そして鬼殺隊の隊士となれ。」

そうして俺たちは、その『鱗滝左近次』さんという老人を訪ねることにした。

Re: 修羅場を潜り抜けて【キングダム×東リベ×鬼滅】 ( No.9 )
日時: 2022/11/22 16:57
名前: らる@羅瑠 (ID: GDWSGe53)

第5話「最終選別」


鱗滝左近次「行ってこい、炭治郎」
竈門炭治郎「はい!行ってきます。錆兎と真菰によろしく!」

そうして俺_竈門炭治郎_は鬼殺隊士となるべく、最終選別というところに向かう。
鱗滝さんに会い、特訓をして‥錆兎と真菰という子たちに岩を斬る練習を共にしてもらい、それを乗り越えて最終選別へと行くんだ。

竈門炭治郎(人が結構いるな…)

中には、黄色い頭の人や蝶とじゃれ合っている人、とてもイラついてそうな顔つきの人など様々。

??「最終選別が始まります」
??「行ってらっしゃいませ」

ついに‥最終選別が始まる!



鬼「おらぁぁぁっ!!!」
竈門炭治郎「っ!水の呼吸壱の型 水面切り!」

凄い‥鱗滝さんからもらった刀できると本当に鬼を斬ることが出来る。
どうか‥迷わず成仏してください。

数日後

竈門炭治郎「よし、生き残れた…」
不死川玄弥「だから、刀をよこせって言ってんだろうが!」


周りを見ると、最初は大勢いたのに俺を合わせて4人だけ…
というか、この人は何なんだろう!?
女の子の髪をわしづかみにして。

竈門炭治郎「手を離せ!」
不死川玄弥「あ”?なんだよ…っ」
竈門炭治郎「離さないと折るぞ!」
不死川玄弥「ちっ…」

ふぅ、この場はしのげたみたいだ。
さて、今から何をするんだか‥

Re: 修羅場を潜り抜けて【キングダム×東リベ×鬼滅】 ( No.10 )
日時: 2022/11/23 17:54
名前: 謎の女剣士 ◆7W9NT64xD6 (ID: b.1Ikr33)

可哀想。
女の子の頭をそんなふうに扱うなんて、許せない。
しかし、これからどうなるんですかね。
そして、信や炭治郎たちの物語はどう進歩するんでしょうか。

それでは、また来ます。

Re: 修羅場を潜り抜けて【キングダム×東リベ×鬼滅】 ( No.11 )
日時: 2022/11/23 20:09
名前: らる@羅瑠 (ID: GDWSGe53)

こんばんは、女剣士さん

本作と同じ流れでやってみました‥めっちゃ短くしたんですけど。
信も出てくる予定ですよ。
続きを楽しみにしていてくださいね。


Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。