二次創作小説(紙ほか)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

悲劇の王太子妃になりました 1話
日時: 2023/01/22 12:50
名前: 鞠 (ID: JfMxqtIK)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi

「私はお前を愛する事はない。それでも良いのか」普通に、結構ショックな言葉。でもわたしは、心の中で笑いながら、はっきりと言った。「勿論。前妻の事を無理に忘れる必要はありません。」
 初めまして。私の名前は、マリア・ヨーゼファ・フォン・ポーレン・ウント・ザクセン。なっが!と、思うでしょ?でも、これでも縮めた方なのよ。本当は、もっと長い。私は1731年、ポーランド王兼ザクセン選帝候だった父の3女として生まれました。兄弟が14人もいたけど、フランツ・クサヴァー・フォン・ザクセンというお兄様が一番好きでした。私は度々勉強をさぼったりして、お母様に咎められました。お父様が「まあまあ」と言って仲介し、それをお母様が咎めるという事も、よくありました。のちに私の未来の義娘(むすめ)となる、マリー・アントワネットさまもそうだったとマリア・テレジアさまが懐かしげに仰られていました。自由で、騒がしく、どの時代にもいそうなごく普通の王女だった私が、やはり王女として政略結婚の責務を果たす時がきたと知らされたのは、15歳のとき。父方の親戚モーリッツ・フォン・ザクセンという、あのプリンツ・オイゲンの部下だった方が、宮殿にいらっしゃられた時の事でした。

Re: 悲劇の王太子妃になりました 1話 ( No.1 )
日時: 2023/01/22 20:34
名前: ガチ恋オタ君 (ID: ykAwvZHP)

え、こういうの大好き!
次の話まってます!頑張ってください!


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。