二次創作小説(紙ほか)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

実は私…《超高校級の奇跡》&《魔法少女》なんです!
日時: 2023/10/31 22:03
名前: ひゅぷのす (ID: d1Bequrp)
プロフ: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13838

実は私...《超高校級の奇跡》&《魔法少女》なんです!

▶︎設定注意

名前/希峯きほう有栖ありす

願い/???
能力/奇跡を起こす
武器/魔力を込めて攻撃出来る物なら何でもOK

超高校級/超高校級の奇跡
期生/77期生(78期生と79期生(79期生は後で説明)とも仲が良い)

見た目/基本的な設定はお任せしますが、私の考えている設定では↓です
髪/白色の長髪クマヘアー
目/綺麗な黄色
魔法少女時/全体的に白色で少し黄色が混ざっている服。黄色のリボンを頭に付けている。

一人称/私〜有栖ありす
二人称/君、貴方〜○○ちゃん
三人称/君達、貴方達〜○○ちゃん達

▶世界線

魔法少女まどか‪☆マギカとダンガンロンパの世界のクロスオーバーです。

魔法少女まどか‪☆マギカの登場キャラクター
鹿目まどか、明美ほむら、美紀さやか、巴マミ、桜杏子きょうこ、なぎさ...
杏子ちゃんが響子(霧切さん)ちゃんと被ってるので杏子ちゃんは桜ちゃんと呼びます
マギアレコードやおりこ‪☆マギカ、かずみ‪☆マギカやタルト‪☆マギカ...
すずね‪☆マギカなどの外伝キャラは出ません。

日向が77期生扱いで超高校級の???となっています。
79期生はV3軸の事です。つまりは↓です。
77期生(3年)78期生(2年)79期生(1年)
デスゲームは起きません。極めて平和です。
江ノ島さんは絶望が好きですが、安全な絶望です?(安全とは...?)

↑の設定を見て地雷があった方は今すぐに円環の理に避難して下さい(!?)










Re: 実は私…《超高校級の奇跡》&《魔法少女》なんです! ( No.5 )
日時: 2023/11/05 02:44
名前: ひゅぷのす (ID: .OVIgGEm)
プロフ: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13838

5話 嘘は程々に

まず、考えてこの状況はよく分からなかったけれども...まずはこの目の前の《魔女》を優先するべき─────

『じゃあ、この《魔女》ってどうすれば?』
「...このまま放置って訳にはいかないけれど、2人で戦って勝てる様な相手では無い」
「だから僕が増援を呼んでおいたよ!そろそろ来る頃じゃないかな?」

キュウべぇの言う通り、その増援は直ぐに来た。

「やっほ〜、マミさんっ!有栖っ!」
「はぁ、何でこんなに朝早くから...これ終わったら飯奢れよ〜」
「全く、《魔法少女》も楽じゃないのです!」

それは、見慣れた青と赤の《魔法少女》……
同じ《チーム》の仲間の《美樹さやか》...さやかちゃんと《佐倉杏子》...佐倉ちゃん
その後ろには、白髪が似合った少女が居た。《百江なぎさ》...なぎさちゃん

「皆、朝早くからごめんなさいね」
「いえいえっ!これが《魔法少女》のお仕事ですからっ!」
「本当だよ...こんな朝早くからさ〜」
「なぎさは眠いですが頑張るのです!」

皆がそう返事をする。何か、皆違って皆良い...って言うのでしょうか?
皆がそれぞれ違う返事で...個性が出てますね☆(←ヒロアカかな?)

『後は...まどかちゃんとほむらちゃんチームかな?』
「はぁはぁ...遅くなってごめんなさいっ!」
「遅れたわ...ごめんなさいね」

そこには、赤のリボンがとても似合った女の子、《鹿目まどか》...まどかちゃん
クールでとてもロングヘアが似合う《暁美ほむら》...ほむらちゃんがいました。一応、コレで終わりですかね!

「おっ、まどか!おはよ〜」
「さやかちゃん、おはよ〜」
「なぎさもっ!おはよ〜なのです!!」

それで、3人はハイタッチを交わしていた。楽しそうだなと見つめます。

「あ、有栖先輩っ!おはようございますっ!」

元気よくまどかちゃんが挨拶をしてくれます、それで私も元気よく

『おはよ!まどかちゃん!』

と、言います。……さて、早速本題に入るとしましょうか

「えっと、キュウべぇに聞いている通り、今は《魔女》が段違いなの」
「まぁ、要するに今いるメンバーでボコボコにしようって訳でしょ?」
「まぁ...簡単に言うとそうなるわね……まどか、出来そう?」
「うん!出来るだけ頑張ってみるよ!」
「なぎさは強いので出来るのです!」
「何か、皆で戦うのって久しぶりじゃない?」
『確かに...?学校とかあるもんね』
「そうね、なぎさは小学校に行かなきゃだし、私と鹿目さんと美樹さんは中学校だし、有栖先輩は《希望ヶ峰学園》に行かなきゃだし...」
「てゆーか、《希望ヶ峰学園》って凄くない!?スカウトでしか入れないんでしょ!」
「《才能》の持った人の集まり...完全スカウト制...将来の絶対的約束……」
『あはは...なんで選ばれたのか分からないけどね?』
「いや、何でだよ!?」

そんなさやかちゃんのツッコミで、皆が笑った。
そして巴ちゃんが口を開き、こう言った。

「じゃあ、そろそろ変身と行きましょうかっ!」

それぞれがその人にあった返事をし、それに合わせてみんな変身していく─────

まどかちゃんはふわふわのスカートとピンクのリボンが特徴の《魔法少女》に
巴ちゃんは黄色のリボンと茶色の生地のスカートが特徴的な《魔法少女》に
さやかちゃんは騎士をイメージした衣装に音符が散りばめられている《魔法少女》に
佐倉ちゃんは黒色のリボンと赤の衣装が特徴的な《魔法少女》に
なぎさちゃんはモコモコの服の下にモコモコの短パンにモコモコの髪飾り...特徴的な《魔法少女》に
……そして私は白を基準とした服に黄色が少し散りばめられている《魔法少女》に(←は自由で良いです!詳しくは説明見てください!)

「ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット!」

……この決めポーズ、いつまで続けるんだろう...と多少思ってしまう所もあるけど、ノリノリで参加します

「さぁ!行くわよ!」
「はい!」×5

そして皆、《魔女》の《結界》へと入っていった……

体育館にて─────

日向目線

「あれ?おかしいな...希峯さんなら来る時見かけたけど……?」
「は?」「えっ?」

俺と苗木は驚いた……だって確か...希峯の家って狛枝の家と真逆の位置にあるからだ

「僕も最初は見間違いだと思ったんだけどね?...すれ違いかな?」
「...じゃあ何なんだよ?」

俺はそう呟いていた。

「じゃあ、何のために戻ったんだ?もう1時間たってるぞ?」

その証拠に、体育館には他のメンバーも集まりつつあった

「それは...僕も流石に分からないけども」

そんな会話が場を凍らせているのが分かった……
ただ、言える事があるとするなら……少なくとも希峯は《嘘》をついているって事だ

...今の時間は7時10分……もう1時間くらいは戻って来ていない。
……流石に何かあったのか心配になる

ただ、《嘘》はついても良いが……程々にして欲しい

Re: 実は私…《超高校級の奇跡》&《魔法少女》なんです! ( No.6 )
日時: 2023/11/05 02:45
名前: ひゅぷのす (ID: .OVIgGEm)
プロフ: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13838

6話 徐々に崩壊

...結界に入ると同時に視界が暗くなった。多分、《魔女》の能力だと思う
ただ、ひとつ分かることは、ここがもう《魔女》の《結界》の中だという事だけ...
いつも通りの撃破方法で……、私達はスタンバイする。

「うわっ!?」

そんな声と共に視界は元に戻った。

「さ、さやかちゃん!?」
「っ─────!先制攻撃って……いい度胸ねっ!」

さやかちゃんが反撃に剣を投げた。私はそれに続いてさやかちゃんの剣をイメージして、
オリジナルの剣を作り《魔力》を込めて投げた。
更にそれに続きまどかちゃんが《魔女》に向けて弓を構えた。キリキリと音が鳴っている。

「い、いくよっ!」

まどかちゃんが矢を放った。それと同時に私達の剣は《魔女》に届く。
続いてまどかちゃんの矢も届く。
だけど《魔女》は何ともないように佇んでいる。

『いつもはコレで片付いてたのに……』
「まぁ、いつもと違って良い経験になるんじゃない?ねぇ、転校生」
「えぇ、そうね」

その声は《魔女》の後ろからしていた。その瞬間、ほむらちゃんは私達の方へと来て
数秒後、《魔女》の後ろから順に爆発していった。

「わぁ……凄いよほむらちゃんっ!」
「...まぁ、頑張ればこんな物よ」
「じゃあ、一気に片付けちゃおうかしら……っ」
「いつでも準備出来てるぜ!マミっ!」
「なぎさも準備OK!なのです!」

そして巴ちゃん、佐倉ちゃん、なぎさちゃんが同時に技を放った。
…こうして《魔女》は無事倒す事が出来ました。

ただ、ビックリする事があり……それが《グリーフシード》でした。
何故か《グリーフシード》が3つ程あったんです。

「……《グリーフシード》...?何故3つも……」
「それはさっき戦った《魔女》が《魔女》3匹分の強さだったからさ」
「は!?《魔女》3匹分って……」

さやかちゃんはそう驚く。普段驚かないほむらちゃんも驚いています。

「さっき言っただろう?魔力が流れてきているって」
『……そっか、その《魔力》が《魔女》に流れてる強さに影響があったから《グリーフシード》にも影響が...』
「つまり、強いけど《グリーフシード》もその分多い...って訳ね〜」
「そういう事だね……まぁ、原因が分かり次第直ぐに報告するよ」
「えぇ、そうして頂戴……今のままだと持たないわ」

《結界》は徐々に崩壊していく。皆《魔法少女》姿を解除した。
そして、気がつかない内に元の街路へと戻っていた。私は制服姿に戻っていた─────

体育館にて─────

日向目線

7時57分……本当に大丈夫なのか?俺は気になった。だってもうすぐ2時間だぞ?
始業式が始まるまで後30分程……気になっているのは俺だけじゃない

「なぁ、有栖の奴まだ来ねぇのか?」
「もっ、もしかしてぇ...怪我して……」
「うるさいゲロ豚っ!有栖お姉ぇが怪我なんかする訳ないでしょ!?」
「ふ、ふゆぅ……と言うか私はゲロ豚じゃありませーんっ!」

と、クラスメイトも心配している……(?)何なら後輩も心配しているくらいだ

「あら?有栖さんはまだ来ないのですか?せっかく私とお揃いの服を差し上げようとしたのですけれど...」
「あ、良いですね!私もお揃いの衣装着たいです!」

その間にもう8時に─────
徐々に時間は迫っていた。本当に何してるんだろうな?

「……僕、ちょっと希峯さん探してこようかな」

そう狛枝が言った。

「あ、俺も行くぞ」

俺は咄嗟にそう言った。じゃないとなんか……色々と崩壊していく気がして...

Re: 実は私…《超高校級の奇跡》&《魔法少女》なんです! ( No.7 )
日時: 2023/11/06 22:02
名前: ひゅぷのす (ID: tY8TK.KA)
プロフ: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13838

7話 原石と宝石

《魔女》を倒してから、数分後、皆は各自学校へ─────
そして放課後に皆で集まり作戦会議をすると言われた。

私は学校に戻りながら《グリーフシード》で穢れを払おうと...その時でした
そして今…大ピンチに陥っていました。まさか来るとは思わないでしょ……

狛枝&日向─────

狛枝目線

僕は日向くんと一緒に希峯さんを探しに行った。
……だけど見つからなくて、もしかしたらすれ違いになったのかもしれない。
そう思って戻って見ると…何と希峯さんがいた。日向くんは希峯さんに話しかけようとしたけど、
日向くんは希峯さんが何かをしようとしている所を見て話しかけようとするのをやめた。

だから変わりに僕が話しかけようと日向くんと一緒に近ずいた。
その時、希峯さんの指輪から何か宝石みたいなものが出現した。

それと同時に話しかけてしまい、希峯さんはびっくりした様に後ろに振り返った。
気の所為かと思った宝石の様なものは、気の所為では無かった。

そしてその宝石の反対には槍のようで禍々しい雰囲気を放った針?みたいな物を持っていた。

日向目線

狛枝と希峯を探しに出て数分した、けれども見つからなくて
もしかしたらすれ違いになっているかもしれないって話になった。
そして戻ってみたら希峯が通学路を歩いていた。まぁ、狛枝も《超高校級の幸運》なだけあって見つけは出来ただろう。

何かあった訳じゃなかった……そう思うと安堵が込み上げてきた。
そして話かけようとしたけど、希峯が何かをしようとしてる……?

そう思っていた矢先、狛枝が歩き出した。希峯に話しかけるのか?
俺は狛枝について行くと、マジックなのか手品なのか、指輪から白い宝石が出てきた。
その反対には槍のようなものを持っている。

もしかしたら、俺がいつも思っていた違和感はコレなのかもしれない。
そして、狛枝がそれと同時に希峯に話し掛けた
希峯は驚いた様にその宝石を後ろに持っていき、隠した


Re: 実は私…《超高校級の奇跡》&《魔法少女》なんです! ( No.8 )
日時: 2023/11/07 21:11
名前: ひゅぷのす (ID: d2ww6FUd)
プロフ: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13838

8話 希望は宝石に興味があるようで

バ、バレた?...いや、未だバレたと決まった訳じゃないし傍から見たら《ソウルジェム》なんて
唯の光る石か宝石だし……!?...学校の忘れ物として宝石持ってくる奴いるかっ!

驚き過ぎて頭の中でそんな一人ツッコミをします、まぁ?未だ《ソウルジェム》と《グリーフシード》は見られてないはず...
そして私の前にいる狛枝くんが────

「おはよう希峯さん!希望の朝だね!」

と、挨拶して来ました。よしっ、バレてない!私はそう思って安心...と思いきや

「ところで...それは何?」

コレを聞かれた瞬間、強風オールバック流れました。(終わったわ)
あ、ふざけました、すみません。

まぁ、やっぱり見られてるよなーと思いましたがとぼける事に

『何...って?何のこと?』
「君が今持ってた白い宝石の事だよ、後は針...?かな」
「まさか、それ取ってくるために戻ってたのか?」

うーん、《ソウルジェム》だけじゃなくて《グリーフシード》も見られてたとは...
私は《ソウルジェム》を仕舞おうとします、だって指輪に入れるだけだからね!

『あはは、二人とも面白い事言うね〜、幻覚?』

何とか《ソウルジェム》を仕舞うことに成功!やったね!(←作者テンション高くねBy有栖)
さて、次は《グリーフシード》……これに関してはさり気なく鞄に入れるに限られるな……
……あっ!そうだ、あの手を使えば...っ!

「え?何を言ってるんだ希峯...俺は確かに……」
『希峯...?あれぇ?朝の時間に苗字呼び嫌だから名前呼びにしてって言ったよね?』

煽り口調で日向くんにそう言います、日向くんは直ぐに「えっ!?」という反応
ふっふっふ……私最近テレビで見たよっ!男は名前呼びに弱いってなっ!(←最近ガチでやってた)

その隙に鞄に《グリーフシード》を入れます...ふぅ、1次はどうなるかと思ったよ……
指輪から《ソウルジェム》が出ているとは思わなんざっ!これで勝ち...と思いきや

「…希峯さん……いや、有栖さんの方がいいのかな?」
『……?何故に名前呼び??』
「名前呼びが良いって言われたから…あっ、嫌なら戻すよ!」

狛枝くんがそう言った。いきなり名前で呼ばれるもんだからびっくりした。

『あ〜大丈夫大丈夫〜』

でも未だマシな方。問題はその次……

「えっと...その指輪見せてくれる?」
『……ふぇ!?』

ふぇって何だよ...って思いながらも驚きを隠せない様子
いきなり過ぎて展開が追いついてないって!

「えっと...あ、有栖……?」

日向くんはまだ1人でそれやってるんかいっ!
……もう驚き過ぎて漫才見たくなってますね...

……ただ分かるのは...この状況が《絶望的》だって事っ!


狛枝目線────

希峯さんは...いや、有栖さんはどうしてそんなに宝石を隠したがるんだろう?
いや、別に無理に知りたいって訳では無いけど

その宝石を見た時惹き込まれたんだよね、もうちょっと見ていたくて……
そういえば...指輪から宝石を出していたっけ……?

気になり僕は有栖さんにこう聞いた

「えっと...その指輪見せてくれる?」

有栖さんは驚いていた。多分、指輪が関係しているんだろう







Re: 実は私…《超高校級の奇跡》&《魔法少女》なんです! ( No.9 )
日時: 2023/11/10 22:31
名前: ひゅぷのす (ID: 9igayva7)
プロフ: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13838

9話 指輪は廻る

私は指輪に目を落とす...指輪を見せる……か
疑いを消すには一番手っ取り早いけどももしも何かの間違いで《ソウルジェム》が出て来たりしたら言い逃れ出来ない

『この指輪?えっと...無理かなぁ...あはは』
「...そっか」

狛枝君はそっかと呟きました
指輪に目線がいっている事は見なくても分かります...そして狛枝君は────

「もしかしてさ、さっきの宝石とその指輪...何らかの関係があったりして」

それは図星...だけどここでバレる訳にはいかないんですよね〜
だって《魔法少女》の事がバレたらどうなるかなんて想像出来ませんもん

日曜日でやっている戦隊モノのプリキュアみたいな感じにでもなるんでしょーか?
どっちにしろ、巴ちゃん達とも正体の事については一通り話し合ってます

正体は念の為隠した方が良いってね、だからここでバレる訳にはいかないんですよね!
そうして私は────

『宝石だか何だか知らないけど...そんなに指輪が気になるなら見れば良いよ』

そう言って指輪を取り渡した。
...此処で渡さなければどんな未来が待っていたのか……この後そう思う事も知らずに

日向目線

狛枝がやたらと指輪のことに突っかかる
何とかk……有栖を説得したのか指輪を渡されていた

その指輪は白と銀で作られている、思わず目を奪われていく様な作りだ
俺はそんなに宝石とか針とか気にしてはいない

だって秘密は誰にでもあるもんだからな
……そりゃあ秘密だらけってのもあれだけど
そう思いながら狛枝に渡された有栖の指輪を見た

狛枝目線

……特に細工とかはされてない...か
僕は一通り指輪を見た後に指輪を返した

有栖さんはその指輪を自分の人差し指にはめた
……あの宝石は何だったんだろうと思ったけど...切り替えよう





Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。