二次創作小説(紙ほか)

第2話「機能回復訓練」(2) ( No.4 )
日時: 2020/03/10 17:04
名前: むう (ID: Dd/6LLrW)


〈PM2:00 訓練場〉

 アオイ「それでは、初参加のお二人には私から説明させていただきますね」

【仁乃・睦彦の訓練】
 ・全身のもみもぐし
 ・反射訓練(相手:カナヲ、アオイ)
 ・鬼ごっこ(相手:カナヲ、アオイ)
 ・全集中の呼吸・常中

 炭治郎「(俺たちが前やっていた内容と一緒だな)」
 善逸「……すみません、一ついいですか」
 アオイ「何ですか善逸さん。また庭で騒がれるのは嫌なのですが」
 善逸「いえ、そんなことはこれっぽちも考えておりませんので(棒読み)」
 仁乃・伊之助「ブフォッ」
 アオイ「そうですか。ではどんな用事で?」

 善逸「睦彦、手を出せ」
 睦彦「?(手を足すと紙きれを押し付けられる)
    何だこれ(ぺらり)」


  カナヲちゃんとアオイさんに迷惑かけたら
  お前の命はないと思え
  女の子一つに付き、おっぱい二つ太もも二つおしり一つあるんだからな
  俺が言いたいのはこれだけだ


 睦彦「(………)(゜-゜)」
 炭治郎「なんて書いてあったんだ?」
 睦彦「ナンデモナイ」
 善逸「(やり遂げた顔をしている)」
 仁乃「片言だけどどうかしたの?」
 睦彦「ナンデモネエヨ」
 伊之助「ブフォッ」

 しのぶ「で、では……あとの方には私が説明させていただきますね……」

 伊之助「…ど、どうしたんだよ、しのぶ。らしくねぇぞ!」
 炭治郎「何かあったんですか?」
 善逸「し、しのぶさん…目が凄いどんよりとしているんですけど…」

 しのぶ「(隣に並ぶ無一郎を見て)」
 無一郎「(隣に並ぶしのぶを見て)」
 双方「(フンッ)」

 炭治郎「……なんで柱がいるのか知りたいところだけど、今はそれはどうでもいいな」
 善逸「このコンビの喧嘩って見たことないんだが…どういった経緯でこうなったんだ」
 無一郎「あ、、何でもないよ気にしないで(早口)」
 伊之助「…絶対なんかあんだろ、昆布頭」

 しのぶ「(すーはーすーはー)で、では説明させていただきます」
 三人「(大丈夫か…?)」

【炭・善・伊の訓練】
 ・全身のもみもぐし
 ・反射訓練(相手:〈水柱〉義勇 〈霞柱〉無一郎)
 ・鬼ごっこ(相手:〈蛇柱)伊黒 〈炎柱〉煉獄)
 ・全長一メートルのひょうたんを吹いて破裂


 炭治郎「めっちゃハードですね!? 頑張ろ!」
 善逸「ぜ、ぜぜぜ全長一メートルのひょうたんを破裂!? できんの!?」
 伊之助「なんか変な奴がいるんだが、どういうことだぁ!」

 煉獄「先日の任務で足を負傷した! 一週間の休養が終わったので相手を受け付けた!」
 伊黒「…甘露寺が忙しいから代役で来た。それだけだ」
 義勇「……呼ばれたから来ただけだ」
 無一郎「…同じく」

 〜全身のもみもぐし、開始〜

 〈仁乃、睦彦チーム〉

 仁乃「いだ! いだだだだ」
 きよ「力加減はどうですかー?」
 仁乃「(ノД`)・゜・。全身の……き、筋肉が、いだだだだ」

 睦彦「なん…か、向こうは……相手柱でこっちとの落差がっ! 凄いっ…」
 なほ「すみません。何て言ってるか全然分かりません」
 睦彦「ぐえええええ!」

 〈炭治郎チーム〉

 伊黒「耐えろ。これくらいで泣くようなら次から甘露寺とは会わせない」
 炭治郎「いだだだだ…どういうっ理屈っです…か?」
 伊黒「軟弱な奴は柱に会う権利などないと思え(ぐりぐりぐり)」
 炭治郎「だっ…たら…伊黒さんとも…会う権利…ないじゃ…ないですか」
 伊黒「何か言ったか?(ぐりぐりぐり)」

 しのぶ「気持ちいいですか。いいですよね。だって私がやっていますからね」
 善逸「し、しのぶさ…ん、怒りに任せて、いだだ! もみほぐすの…やめてくだざい」
 しのぶ「私は怒ってませんよ((# ゜Д゜)」
 善逸「そ、そ…の顔が怒ってると…言ってま、いだだだだ!」

 伊之助「ぐ、うぇっごほっ(ノД`)・゜・。」
 無一郎「何で泣いてるの? こんなに弱いんじゃだめだね。泣くなんてみっともないよ」
 伊之助「いだ、いんだよコンチク……ショウ!」
 無一郎「そんな弱い挑発に誰かが乗ると思ってるの? 頭大丈夫?」

 しのぶ「(チラッ)」
 無一郎「(ジーッ)」
 双方「(フンッ)」

 伊之助「……テメエ…しのぶに…何しやがった、いだだだだ」
 無一郎「何もしてないよ」
 伊之助「……いだだだだ」

 しのぶ「(どの口が言うんでしょうかねぇー)」


 ネクスト→まだまだ続く訓練!
      しのぶと無一郎は仲直りできるのか?
      次回もお楽しみに!


 しのぶと無一郎を絡ませて見たら面白くなった気がします!
 感想あったら教えてください♪