社会問題小説・評論板

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

世界は嘘でできている
日時: 2020/08/19 19:25
名前: 坂本詩織 (ID: dOS0Dbtf)

僕は世界は嘘でできていると思う

『偽善』

みんな一人ぼっちにならないように

笑顔の仮面をかぶって

愛想振りまいて

知らないアニメなのに知ってるとか

興味のないコスメブランドの話とか

いろいろ


でも僕はもうやめた

その仮面はぶっ壊した

そしたらみんな手の内を返したかのように離れていった

そして今は高校3年生

イヤホンをして過ごしている

だからみんなヒソヒソ話してる

陰湿ないじめ

陰口

まるで漫画のような手口での嫌がらせ

そんなのもう慣れっこで

ああ僕狂ったなぁって思った

だってさ、いつも黙って音楽聴いてるし

平常心保ててんだよ?

凄くね??


これは僕川鷲 霧兎(かわわし きりと)がいじめられて感情をなくしてから一人の少女に救われたお話である。


(これは作者の実話が入っています)



Page:1



Re: 世界は嘘でできている ( No.1 )
日時: 2020/09/04 21:55
名前: 坂本 詩織& ◆.vIabp/ogM (ID: dOS0Dbtf)

ある日転校生が来た  

その子の名前は 塩風 香澄

僕の隣は空いてた

まさかと思ったらその通りで

僕の隣になった

みんなその子に僕のあることないこと噂したようだが、効き目はないに等しく、

遠目で僕を睨んでた。

『あの…よろしくね?╰(*´︶`*)╯』 

そう言われて僕はイヤホンを外して

『よろしくするつもりはないから。』

そう言ってまた音楽を聴き始めた

Re: 世界は嘘でできている ( No.2 )
日時: 2020/09/04 21:58
名前: 坂本 詩織& ◆.vIabp/ogM (ID: VysvHxvS)

香澄サイド

私は一人暮らしで転校することになった  

隣の席の子を紹介された  

私はドキッとした

そう

恋をしたんだ


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。