社会問題小説・評論板

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

なんで痩せてんのよ、おまえ
日時: 2020/11/06 21:03
名前: リリ (ID: mwHMOji8)

 

 なんで、痩せてんのよ。おまえの取り柄は勉強だけでしょ。




 こんにちは。『リリ』です!小説『ブラック企業の営業マンちゃん』と『二股OKなカップルでーす』を
同時掲載中です。今回は、中学受験をテーマにしたいじめを書いていこうと思います。
あんまり更新出来ませんが、頑張るのでよろしくです!




 第一話 新しい入塾生

 進学塾『秀清』に、新しい入塾生がやってきた。太っていて、伊達メガネをした入塾生が。
もちろん『秀清』のみんなは黙っていない。初日からイジメテタ。

 「かわいそう。きっと横に伸びる体質なのね。(クスクス)」
 「あっ、サプリメント飲む?そこまでデブってたら意味ないか。」みたいに。

 でも、こんなのまだマシ。志望校合格判定テストの結果が返ってきたときに比べたら。



 第二話 なんでおまえが

 「伊野上葩月さん。頑張りましたね。」今日は志望校合格判定テストの結果が返される日。
デブ(葩月)は偏差値71で388点だった。あんなデブが…… あり得ないwwww


  いつも私が1番なのに…… 彼女が1番なんてあり得ない。
なんでおまえ(デブ)が1番なのよ!

 「あんたって、サイテー」  気づいたら、私の口は開いてた。
「そんなデブっちゃって。死んだ方がマシじゃないの?」
あり得ないあり得ないあり得ないあり得ないーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 彼女が1番なんてあり得ない



 次回予告 第三話 何キロ?

Page:1




小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。