社会問題小説・評論板

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

嫌いなあの人
日時: 2023/11/13 19:32
名前: みぃみぃ。 (ID: t7GemDmG)

〈プロローグ〉

私はあの人が嫌いだ。

毎日いじめて来て。

蹴られて。

殴られて。

好きを否定されて。

苦しかった。

辛かった。

だからあの人は絶対に許さない。

Re: 嫌いな親 ( No.1 )
日時: 2023/11/13 20:23
名前: みぃみぃ。 (ID: t7GemDmG)

〈第一話 嫌いな親〉

こんにちは。私は馬嘉屋ばかや 路兎ろうです。

この名前、酷いと思いませんか?

だって、繋げたら馬鹿野郎ですよ。

私はこの名前をつけた親が大嫌いです。

まあ、親は私に酷いことをたくさんしてくるので、一部をご紹介します。



「ねえ、お母さん…」

「何、路兎。」

「…名前、変えたい。」

「はあ?何言ってんの?私たちで一生懸命考えた名前なのよ?否定するってどういうことかしら?あと一回言ったら絶対に許さないわよっ!この馬鹿野郎!怠け者!あんたなんて死ねばいいのよ!」

ベシッ

「痛っ」

頬を叩かれた。

ジリジリと痛みが増す。

私は思わず涙を流した。

もう頬の皮膚、ボロボロだよ…。

「こんなんで泣くの?馬鹿らしい。あんたは超人気女優の子供なのよ?いい加減自覚を持ちなさい!!」

ベシッ

また叩かれた。

痛い。

お母さんは人気女優だ。

人気だけど。なんで人気なのか私には分からない。こんな性格悪いのに。

「お母さん、ごめんなさい…」

「ごめんなさいじゃ済まされないわよ!!あんたなんか、死ねばいいのよ!!」

グサッ

カッターで思いっきり腕に傷をつけられた。

「ごめんなさい、こんなこともう二度と言わないからっ!」

「はあ…もういいわ。あんたなんか大嫌い。一生話しかけないでちょうだい。ご飯もあんたの分作らないから。」





「お腹、空いたな。」

「お腹空いた?さっきご飯粒十粒食べさせてあげたじゃない。そんなんでお腹空くってうちの財産無くなるんだけど?どうしてくれんの?なんも考えてないくせに。あんたなんか死ねばいいのに。」

お母さん、お茶碗二杯分ご飯食べてたじゃん…

しかも残してたし…。

その分私にくれないの!?

その方が財産無くならずに済むのに…!

お父さんって大企業の社長だよね?

年収百万って聞いたのに…

弟のおもちゃを無駄に買う分を私のご飯のお金にしてくれないの…?

もうこんな家族嫌だよっ!

涙が流れた。

ああ、ダメだなあ。

また怒られる…

「はあ、毎回毎回こんなんで泣くのやめてくれる?こっちも時間の無駄なんだよ。」

「ごめん、なさい…」

「マジで一生話しかけてくんなやこの野郎。あんたマジで死ね。家から出て行け」

「わ、分かった…」

「はよ出て行け!!」

「は、はいっ」



親の酷さを理解してもらえたでしょうか。

って感じで、私は唯一の親友…莉彩りあやの家に泊まらせてもらっています。

親から電話がかかって来て、こんなことも言われました。

「路兎!莉彩さん家に泊まらせてもらってるの!?なに迷惑かけてるのよ!!あんたは公園とかで風邪引いたり飢え死にしたらいいのよ!あんたは本当になんにも出来ないのね!もういいわ、あんたなんか大嫌いだから!」

いや、お前が出て行けって言ったんだろ、って言いたくなりましたね。

それでは。


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。