BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

【すとぷり、腐向け】じぇりーぬ生活(廃墟1)
日時: 2020/09/22 19:23
名前: 紅茶とレモン (ID: OXQEO.ex)

ジ「ここが例の…廃墟…」
思いに寄らず大きくてびっくりしたわ…
莉「!?は、廃墟?」
ジ「行くところって言うのは、ここなんや」
莉「…そうだったんだ」
ジ「まぁ、取り敢えず早く行こ!」
タッタッタッ 
ジ(うぅ…夜とはいえ暗い…)
ジ「莉犬〜?大丈夫か〜?」
莉「じ、ジェル…此処、圏外…」
ジ「スマホ通じないんか?」
莉「う、うん…」
ジ「俺のは…多分通じる…」
ぱちっ
ジ「!?通じた!」
莉「えっ!?今すぐにでも連絡を…」
ジ「…?なんだ?これ?」
ス「こちらの地図情報は、vh@r(@rkm#rlw&qw(slwxpuy/)vxmq)m」
ジ「っ!?」
莉「ジェルのスマホ壊れてるの?」
ジ「い、いや、そんな事はあらへんで!」
莉「あっ!エレベーター!」
ジ「取り敢えず上に行ってみよか」
ギイイイイイイイイイイイ
莉「!?血…?」
ジ「血や」
莉「エレベーターで下に降りたら出口あるよ、だからもう…」
ジ「…分かった。」
莉「…?え?」
ジ「どうしt…!?」
莉「下に行けない…」
ジ「…非常階段から降りよか」
タッ、タッ、タッ、
ジ「圏外から復活したか?」
ぴっ。
ジ「うん、どうにか通信網は取れるな」
ジ「莉犬!通信できる…ぞ?」
ジ「?莉犬?」
???「っ…ぁぁ…」
ジ「!?莉犬の声!」
タッ!
ジ「莉犬!っ!?」
ジ「莉…犬?」

Page:1




小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。