BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

キヨ受け②
日時: 2020/12/16 20:47
名前: れおん (ID: y/HjcuQx)


前回の続きになります。
ついさっきなんですけどね、

牛沢さんとキヨさんになります。
2人は付き合っている設定です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


牛沢視点

う〜んと自分の固まった体を伸びで
ほぐしていく。
あ、そろそろキヨがくるな
今日は俺の家にキヨを誘った。
TOP4として集まる事もあったけど
やっぱり2人でも会いたいよなぁと
思いながら片付けをしていると、

ピーンポーン

お、きたきた

牛「はーい」

ガチャ 玄関のドアを開ける。

キ「よぉ遊びに来たよぉー」

牛「おぉいらっしゃい。」

元気よくキヨが入ってきた。
相変わらずだなぁ

それから2人でゲームでもして、
ここはやはりゲーム実況者ということもあり、各々で編集に入った。

しばらく経ってから、

キ「ね、ねぇうっしー」

キヨが俺の名前を呼ぶ。

キ「ちゅーしてよっ//」

?!え?キヨからキスのおねだり!?
可愛いすぎるっ
突然の事に嬉しくなる。
でも、ここで俺のドS精神が出てしまう。

牛「なぁにキヨぉキスして欲しいのぉ?」


キ(こくんっ)

キヨが無言で頷く。
ちょー可愛いぃぃ。普段からこうだったらいいのになぁ。

牛「じゃあキヨからしてよっ」

キ「うぇえ!?」

キヨが顔を真っ赤にし、目を背ける。

牛「だぁってキヨからしてもらったことないもぉん」

キ「で、でもぉ」

さぁてキヨはどうするかなぁ?
ニヤニヤしながら待っていると、

キヨが目を瞑り、プルプルしながら顔をこちらに向ける。
これが精一杯なんだろう。

キ「//まだぁ?」

自分からするって意味にはなっていないが、可愛いからよしとしよう。

ちゅっ

小さなリップ音が部屋に響く。




その後は、大人の時間だから。
2人でずっと朝まで一緒にいた、、。

朝キヨに腰が痛いと怒られたのは、
また、別の話、、、



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうですかね?
牛キヨは、自分的に結構好きなので
書きやすかったです。
早々にネタがなくなりそうなので
リクエストあれば書いていただけると嬉しいです!






Page:1




小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。