BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

BL美術館へようこそ。ごゆっくりご鑑賞・ご堪能ください———
日時: 2022/12/28 12:00
名前: -ひよこ- (ID: B6dMFtMS)

初めて小説を書かせていただきます、天狐。と申します。(-ひよこ-から変更になりました)
BL美術館へようこそ、おいでいらっしゃいました。
お客さまを喜ばせれるような美術館へさせていくので、どうぞこれからよろしくお願い致します。
(少し間違えて「え」だけ入力されているのがあると思います、それは気にしないでください)



ではここでBL美術館の約束事をお知らせ致します。
①BL美術館に来てくださった方々(閲覧者様)はお客さまとして、ここでは扱っております。
②ここでは登場人物の名前がない……なので、お客さまのお好きな推し様で変換して、ご想像してもらってどうぞ(*´꒳`*)
③お客さまがお望み・ご要望がありましたら、是非、私お声がけを。
 お声をかけていただいていただきましたら、お客さまのお望みなものを書かせていただきます。



追記:「え」だけ間違って記入してしまったものは、小説カキコ様の運営様に削除依頼をしています。
   タイトルに「削除依頼」と入力したので、消されるまで気長に待ちます(*´꒳`*)

お久しぶりです!(報告あり) ( No.14 )
日時: 2022/09/29 22:42
名前: 狐 (ID: B6dMFtMS)

みなさんお久しぶりです!
前までは130人の方々にご視聴いただいておりましたが、今では……167人!?!?
み、みなさん…すごいですね…((
っとまぁ、とりあえずありがとうございます!ということを伝えたかったのです!

そしてまた!「」(かぎかっこ)での会話となりますが、創作BLをここで書かせてもらおうと思います!
ただただ名前とかいろいろ考えるのめんどくさいなんて言えねぇ…((ボソ

ただ今、私情で全く手がつけれない状態です。(部活での大会控えてたり、他の部活で忙しいのです。)なので、できる時に頑張って書きます。

あと名前を、きつねにいたしました。これも私情です…なんでもかんでもそうだなって思ってもらって構いません()

では、また会えたら〜………ニコッ

(1番最初のスレッド?のやつパスワード思い出しました…(()

創作BLはっじまーるよー!! ( No.15 )
日時: 2022/09/29 22:38
名前: 狐 (ID: B6dMFtMS)

受けsaid
実は今ゲームで負けて罰ゲームをやらされそうで、その罰ゲームが「コスプレ」みたいやつなんです……

「着てや〜!!」

「ぜっったい、いや!!//」

「なぁんでよぉぉぉ……」

「なんでって…ッ……恥ずかしいに決まってるだろ!?///」

「んぇぇ……さすがの〇〇もこれは無理かぁ…、w」

「…なーんかムカつく言い方………」

「じゃあ来てよぉぉおお!!??」

「…ちなみになんの服なの…?」

「着てくれるの!?」

「どんな服なのか聞いてから、判断するの!!//」

「そっかぁ…えっとね、まず王道のメイド服。そしてチャイナ服!!それ以外だったらぁ……女性物の水着とか?♡」

「……メイド服で……((」

「(まぁさすがに水着とかじゃないよなぁw)」

「 (…まだ作戦があるけどね……)」

ニヤッ…(見られないように)

「…絶対変なこと考えたでしょ。」

「ギクッ…そッ、そんなことないよぉぉおお??」

「ぜってぇそうじゃねぇかw」

「wwというかこんなこと話して着替えるの免れようとしてない?w」

「……バ..ッ…バレたかぁ……、w」

「ということで…はい、これ水着ね?♡」

「…は..ッ…?」

「いッ、いや俺…メイドのやつって..言ったはず……」

「ん?早く躊躇ってないで着てきて?ニコッ」

「うおッ……なんで着なくちゃいけねぇの……!?//」

「上着とかは着ていいけど、チャックとかは開けてね〜」

「(こいつ勝手に話進めて……)」

「…わかった……」



攻めsaid
まさかほんとに水着着てくれるとはぁ…w
元はと言えば罰ゲームだから当然なんだけどね!?((
まぁ、結構時間経ったんで…

「〇〇〜?結構時間経ったけど..着替えられたでしょ?」

「ピョコッ..(顔を出す)うぅ..ッ……グスッ」

「な、泣くほど!?」

「だッ、だって…恥ずかし..ッ…ぃ…///」

「大丈夫大丈夫…!絶対可愛いから!!」

「…ほんと……?」

「ほんとほんと!」

「..ッでもいやッッ!!//」

……グイッ…(抱き寄せる)

「ひぁ..ッ……!?//」

「可愛すぎるんだよぉぉ…//」

「ッ~~~~~…!?///」

「ほんとに水着着てくれたんだねぇw」

「サッ…(上着をなんかギュッてする)」

「…なんで上着で見えないようにすんの..!?w」

「…絶対お前変なこと仕掛けそうだから。」

「バレたか…((」

「だから上着こうやってんの!w」

「あはは…w…ねぇもう夜じゃん?」

「…?あ、うん。」

「ベット行かない…?♡」

「…ッは?!//」

「行かないって言っても強制的だけどね?♡」

ギュ…(お姫様抱っこ)

「うわ..ッ……////」

「楽しもうね…?♡」

「うわぁぁぁぁ……!?/////」

〜おまけ(?)〜

「でッ、でもまず俺男だし、こんな服似合わないって…//」

「あとでそれで海にでも行こっかw」

「…勘弁してください……、w(ドSじゃんんん…)」

〜end〜

. ( No.16 )
日時: 2022/12/27 15:06
名前: 狐 (ID: B6dMFtMS)

少し、お願いがあります。目を通していただけたら幸いです。
※創作BLは「歌い手様を使用していません」(前までは使っていましたが、やめました)勘違いされぬよう、ご理解をお願いいたします。
※パクリなどはもちろん禁止です。


Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。