複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

無限の廓にて、大欲に溺す
日時: 2020/08/16 20:36
名前: にっか ◆ShcghXvQB6 (ID: jtELVqQb)

無限の廓にて、大欲に溺す

開始日:2016/8/22(8/21 15:00スレ立ち上げ、創作解禁)


設定については、次レスに張るURLから確認願います。

なお、コメント等は差し控えて下さい。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51



Re: 無限の廓にて、大欲に溺す ( No.1 )
日時: 2016/08/21 15:01
名前: にっか ◆ShcghXvQB6 (ID: vVtocYXo)
参照: http://www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=613=1

設定については、上記URLから確認願います。

Re: 無限の廓にて、大欲に溺す ( No.2 )
日時: 2016/08/23 21:22
名前: NIKKA ◆ShcghXvQB6 (ID: vVtocYXo)
参照: https://twitter.com/NIKKA_Nonbe

 静かな砂漠。凍て付くような寒さに身を蝕まれながら、男達は月明かりだけを頼りに歩みを進めた。大きな鞄、皮袋には商品の他に路銀や、自らの食料、水などが収められていた。その周りには三人の男が隊列を組み、外周を固めるようにして守っている。
 その先頭に立つ男は腰に一振りの刀剣を差し、煙草を咥えながら歩いている。鎮静作用の強い葉を乾燥させた物を黒檀の葉で巻いたそれは老若男女問わず多くセノール人が愛好している。味は強みのある苦味の後に微かな甘みを感じさせる。煙は少ないがどことなく、バニラエッセンスのような残り香が砂漠に漂う。

「セノールのあんちゃん、また吸ってんのか?」

 駱駝の左側をとぼとぼと歩く男が言う。彼は腰に下げた得物の柄を仕切りに触りながら、ニタニタと気味の悪い笑みを浮かべていた。煙草の男は彼の名を知らない。互いに金で雇われた隊商の護衛。次会う時は商売敵になる事もある、名など知り合わない方が良い。事実、以前大言壮語を以ってして尊大に振舞う男を仕事の都合で殺めた時があった。その男の左腕を切り落した時、彼は情けなくも命を乞い、無様に死んでいった。名は終ぞ知る事なく、名もない「情けない男」として煙草の男の脳裏には刻み込まれていた。

「……欲しければ金を出せ」
「金がねぇから、こんな仕事してんの」
「————」

 “貧乏人め”と煙草の男の口から飛び出かけたが、口を噤む。貧困、飢え、渇きに喘ぐのはセノールとて同じ。同胞を貶すような言葉を発しかけた己を嘲り笑うように小さく鼻で笑い、煙草の煙を吐き出した。やや甘ったるい香りが風に乗り、流されていく。

「セノール人!! どこに行けばいい!!」

 駱駝に跨る、でっぷりとした腹を曝す男が声を荒げる。彼は商人であり、この隊商の主。三人の護衛の雇い主であった。煙草の男以外にセノール人は居ない。他の護衛二人も煙草の男を見据えていた。彼等はアゥルトゥラ人でこの砂漠に対して、地理はなく砂漠の歩き方も知らない。セノール人からしたら笑えてしまう程に消耗している。昼間の暑さと、夜の寒さ。寒暖差という名の趣味が悪い死神が彼等の首に手を掛け、ゆっくりと締め付けているようだ。

「……これ以上歩くのは止めた方が良い。セノールには問題ないが、この二人が死ぬ」

 早朝から歩き出し、碌な休息すらないまま歩み進めてきたのだ。飢えや渇きはギリギリの所で凌げと、日中と夜間の温度差に身体は聞こえ得ぬ悲鳴を挙げている事だろう。このまま行けば二人は夜明け前に意識を失い、月が沈むと同時に命を失う事だろう。休息と補給、これが彼等には必要不可欠である。

「ここで休んで明後日までに砂漠を抜けられるのか?」
「難しいだろうな……。俺一人だったら延々と行けるが——、どうする?」

 商人はその男の言葉の意図を汲み取ったのか、卑下た笑みを浮かべ二人の護衛の顔を見回した。悪寒が走ったのか、二人の護衛は得物の柄に手を掛け、商人と視線を交わす。煙草の男は背後で二人が得物に手を掛けたと知り得たようだが、振り向く事もしない。

「ジャリルファハドと言ったか、金を積んだら何人分働くかね?」

 煙草を投げ捨て、鞘から刀剣を引き抜く。ジャリルファハドと呼ばれた男はその刃を指先でなぞりながら、砂を睨む。此処に血を注げば、滴の一滴すら残さず飲み干してくれる事だろう。そういえば此処最近、人を斬っていなかったなどと考える。どこをどう斬ればどうなる。どれだけの血が出る。そんな事を入念に思い出しながら、遂に男は口を開いた。

「——三人分だ」
「そうか——、流石だ」

 その言葉を皮切りにジャリルファハドは砂を蹴る。低く前傾した姿勢から、身を翻し左膝の外側から白刃が食い込む。筋肉と腱を切り裂き、骨を断つ。そして再び筋肉と腱を裂く。斬られた護衛は悲鳴を挙げる余地もなく、砂漠に斃れ込む。次の刹那、ジャリルファハドの刀剣が首に減り込み、血混じりの泡がその裂かれた隙間から溢れ出した。骨と骨の継ぎ目まで刀剣を届けるなり、軽く傾斜を付けて押し込むと骨の髄が潰え、耳を覆いたくなるような生々しい音が砂漠に鳴る。身体を起こせば、その男は白目を向いて身体が反射で醜く痙攣していた。

「お前、何してやがんだ!! 考え直せって!!」
「お前等が居れば、俺の雇い主は商品を明後日までに届けられないそうだ。だから死んでくれ」

 斃れ込み既に事切れた男の懐から短刀を引き抜き、それを投擲すれば真っ直ぐ飛んで行き、また別の男の首元へと収まった。まるでそこが鞘かのように、自然に何の抵抗もなく突き刺さる。声帯と気管を裂いたのだろう。男は蹲り、呻き声を挙げるだけだった。
 セノール人なら防げたとジャリルファハドは苦笑いを浮かべながら、その男の元へと歩み寄る。刀剣の切っ先がゆらゆらと揺れ、月明かりを反射していた。

「……ほっといても死ぬだろう?」
「必要以上に苦しめるのはセノールの流儀に反する」

 蹲った男が吐く血は砂漠に沁み込んで行く。セノールはこうして砂漠に血を流し続けた民族である。己の血も、他者の血も全てをそこに注ぎ込んできた。セノールの血を引くからには先達と同じくなければならない。死にゆく者には死を捧げ、生きられる者は最期まで生かす。この男はもう死を迎えるしかない。ならば、せめてもの手向け。楽にしてやるのがセノールの流儀である。
 ジャリルファハドが携えた刀剣は月明かりを受け、刀身全体が不気味なまでに白く輝く。蹲った男の顎を蹴り上げ、それを仰向けにするなり黙ったまま男を見下ろした。既に虫の息だ。それを見て懐から煙草を何本か男の胸の前に落とす。

「お前を殺したのは、サチの氏族。ガリプの次兄。ジャリルファハドだ。神に告げ口しておくんだな」

 横真一文字に刃を走らせれば、首は項の皮一枚で繋がっているだけとなり、頭の自重で妙な方向へと傾き、白骨と赤い血肉を覗かせた。煙草を吸おうと思ったが、血に濡れた煙草は雑味が入り、やや生臭くなる。ジャリルファハドは小さく舌打ちをして、煙草のケースごと事切れた死体の上に置いた。その時、脊髄反射で死体の手が跳ねるように動く。咄嗟の出来事にジャリルファハドもそれを踏み付け、足を退ければ指が拉げ、在らぬ方向に曲がり、小指からは骨が突き出ていた。人は脆いと鼻で笑う。

「……行こうか」

 心なしか商人の顔が引き攣っていた。砂漠を抜けた先の関所で、この罪を密告されたならば関所の守衛諸共この男も殺そう。刃が脂で汚れなければいいのだが、と考えながらジャリルファハドは刀剣の血を払い、鞘に収めるのだった。

「セノールは相変わらずよなぁ。俺が若かった頃、セノールに襲われた事があったが護衛が全滅させられてしまったよ」
「……どこの仕業だ?」
「あー、人差し指と中指に紫でリング状のタトゥーを彫っていたな」

 ジャリルファハドは駱駝に跨りながら、小さく溜息を吐いた。心当たりがあるのだろう。商人もそれを目敏く見透かしていたようで、笑みを湛えながらジャリルファハドを見据えていた。昔話に花を咲かせたい、どの武門がやってきたかを知っておきたいというだけの話である。

「ジャッバール……、それはサチの氏族の一員だ」
「となれば、バシラアサドのところかね?」
「そうだ」 

 バシラアサド。それはジャリルファハドと同じく、サチの氏族の一員。ジャッバール(最も強い者の意)という家門の酋長であった。彼女の父が西伐直後から、武門でありながら商人の真似事をしだし、今ではサチの中で最も力を持つ一族となった。
 それが故に商人も知っていた。そもそもこの荷はバシラアサドの所から買い付けた香辛料や骨董品。かなり引っ掛けられたが、アゥルトゥラに持ち込めば大層な額で売れる。

「知り合いかい?」
「……あの業突張り女の事など知らん」

 何処か遠い目をしながらジャリルファハドは呟く。欲深な商人、そもそも名がいけないのだ。「賢い獅子」などという大層な名を付けられたばかりに、その通りに育ってしまった。さして年齢も変わらないというのに、生じたこの差。少なくともジャリルファハドは一方的に劣等感を感じていたのだった。彼は不機嫌そうな表情を浮かべながら煙草を咥えた。暫くすると特有の甘い香りが漂う。
 それ以降は商人も話し掛け辛さを感じ始めたのか、口を閉ざしたまま駱駝に揺られ続けていた。ジャリルファハドは水を少し飲んだり、返り血を浴びなかった煙草を吸ったりしながら、砂漠の全周を見回している。とてもではないが商人には星明りだけで照らされた砂漠の全容は確認できない。セノールの不可解さには舌を巻くばかりであった。民族皆兵を掲げ、銃という代物が存在し得る前までは、間違いなく最強の民族であったはずだ。だというのに国も持たず、砂漠を流浪し続けている事は不可解である。五百年前にアゥルトゥラを攻めれば確実に、国を取っていたことだろう。

「ぼやっとするな。この近辺は野盗が出る。耳を澄ませろ、全ての音を捉えろ」

 煙草の火を鞍に押し付けるジャリルファハド。小さな火種すら野党の目には写る事だろう。それを警戒しての事。暗闇の中で目が利くという事はセノールなのだろうか。ともすればこの男がグルだという事も払拭しきれない。商人は気が気ではなかった。先だっての「ジャッバール」の話。バシラアサドと知り合いだとも取れる発言。信用し得ない訳ではないが、ジャリルファハドを警戒しつつ商人は右腿に吊り下げたブランダーバスを握り締めるのだった。

Re: [リレー企画]無限の廓にて、大欲に溺す ( No.3 )
日時: 2017/06/06 11:33
名前: ポテト侍 ◆jrlc6Uq2fQ (ID: CsDex7TB)

 ミュラ・ベルバトーレと名乗る女は砂漠地帯で1人盗賊として生きてきた。18年間砂漠を出たことがなかった女がどうして外の世界へ赴こうと思ったのか。理由はほんの数時間前に遡る。


 
「カンクェノには未知の宝が眠っている」と、最後にそれだけを伝えると男は力尽きた。ひどい脱水症状に加え、毒蛇に噛まれていたので生存が絶望的なのは分かっていた。見ず知らずの男を捨ておくことも出来たのに、最期まで本当に介錯してしまったのは他者を捨てきれない彼女の甘さなのだろう。
男を埋葬した後、ミュラは試しに「カンクェノ」と呟いてみる。彼は無名の考古学者で、訳があって西方の砂漠まで足を運んだ。結果、方角を見失って迷子になった挙句、毒蛇に噛まれるというお粗末極まりない失態を犯した。そして身動きがとれなくなった所を見つけられたのだ。
 惨めに一人、死体を晒す位なら盗賊でもいい。最後まで傍にいてくれと懇願され断り切れなかった。男は介抱してくれたお礼だと命が消える瞬間まで自分の研究結果を伝え続けた。恐らくそれには自分の研究成果を誰に認めてほしいというさもしい心もあったろうが、知識が薄い彼女にとっては非常に難解な話であり、言っていることの半分も理解できていなかった。(それだけ男の研究はよく考察できていた)
 そんな彼女にとっての世界とは、両手では抱えきれない砂と生き物を焼き殺す熱線に支配された死にかけの大地である。勿論、関所の先に町が広がっているのは知っていた。しかし、知っているだけだ。その町の生き方など知らない。人々がどのように生活をしているかなど興味ない。町を抜けた先に何があるのか教えられもしなかった。故に『カンクェノ』は彼女の世界の外にある。
「カンクェノ」について話を聞いたときは、自分の近くに未知の領域があったのかと驚き、それ以上に心の昂りを感じた。例え言っていることのほとんどが分からなくとも、琴線に触れたのだ。それは森で見た騎士に憧れる少年のように無垢な憧れであった。故に気づかない、気づけない。憧れなど泡沫である。それが自分の思っているものと違うと確信した時、純然たる思いは、都合の良いように思い描いていた夢物語へと成り果てるのだ。



 関所を抜けるには金が必要だと分かっていた。師匠がいた時、守衛に幾つかの金品を渡していたのを目にしたことがある。何故金をやるのかと訊くと、通行料だと言っていた。本来は賄賂と言うそれを彼女は「なるほど」とすんなりと受け入れた。現在、ミュラはほとんどお金を持っていない。故に、関所までの道のりで見つけた商人、旅人を襲い金品と水を強奪した。多くの者は砂漠地帯特有の寒暖差による体力低下の影響でトラップに引っかかると、大した抵抗をせず容易に物資を奪うことができ、あと1人襲ったら最後にしようと思った矢先、見つけたのがジャリルファハドと雇い主である商人の男だったのである。
 ミュラはセノール人の強さを知っていた。殺りあったことはあるが……、一度きりだ。それ以上は彼女の方が戦うのを避けていた。決して負けるや殺されると思っているわけではない。ただリスクが高すぎるのだ。強者と戦うのは決して嫌いではない。しかし、盗賊の時は違う。最小限のリスクで最大限の利益がほしいのだ。だが、セノール人と対峙するとなると戦いに意識をとられることになる。事実、最初で最後の1回は逃げられた。セノール人を打ち負かし、周りを見た時、そこには誰もいなかった。狩りを、初めて失敗した時だった。
 だが、今回はどうだろう。砂漠からの帰りで、しかもセノール人を雇える程の経済力を持つ男の荷物だ。高価な物であることは一目瞭然である。リスクよりもリターンの方が多いように見える。手元にある武器は、腰にぶら下がった筆架叉2本に、ナイフが3本。それとトラップで使ったワイヤーが少々。真っ向からセノール人を相手にするには少々荷が重すぎる気がする。
 それならば……、それならば真っ向から挑まなければいい。ミュラは改めて砂漠をゆっくりと歩く2つの影を見た。彼らがこの調子で歩けば明後日には砂漠を抜けるだろう。しかし、全力で走れば彼らよりも早く関所に到着することは可能である。そして準備を改めて整えて道中でもいい、トラップにはめて荷物を掻っ攫えばいい。
 握られている三本のナイフは月の光を浴びると鈍く光る。その光を見つめながら投げた後のことを考える。
(もしもセノール人にナイフが命中したら、その程度の男だ、商人の男諸共襲っちまおう。
もしもセノール人には当たらず商人や駱駝のみに当たるようならば様子を見よう。仲違いするならタイミングを見計らって襲おう、それでも仲良く関所へ向かうなら諦めて関所へ走ろう。
もしも男が全てのナイフを叩き落とすなりなんなりしたら、襲うのを諦めて関所へ走ろう。
もしも投げたナイフが全て外れたら、その時も襲うのを諦めて関所へ走ろう)
 3回ほど同じことを心の中で呟く。脳だけではなく体もしっかりと考えを理解した時、1本目のナイフはジャリルファハドの眉間へ、2本目は商人のふくよかな腹部へ、3本目は再びジャリルファハドの、今度は心の臓へナイフを投げつけた。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。