複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ガンマン共の異世界の旅
日時: 2020/10/03 23:10
名前: 山県三平 (ID: KGoXVX/l)

こんにちは、山県三平です。

この作品が初投稿なのですが、皆さんに一つ知って貰いたい事が一つあります。

プロフィールにもあるようにタグに『不定期』とありますが、皆さんが思われている不定期投稿の更に上をいくであろう不定期投稿が生ずる場合があります。そんな時はどうか、暖かい目で見守って頂けると有り難いです。

この物語は西部開拓時代、とあるギャング一味がキャンプ中に謎の光に包まれ、気づいた時には異世界に転移していたと言う話から物語が始まります。主人公、リチャード・ジョーンズを始め、ギャングのリーダー、ヴァリ・ダ・フェリナンらが見た事も無い新たな舞台でどう立ち回り、どう生きていくのかが、この物語の内容です。徐々に明らかになる異世界、そしてギャングの熱い絆にも注目してこの物語を閲覧していただけると楽しめると思います。

それではお楽しみ下さい。

Page:1



Re: ガンマン共の異世界人生 ( No.1 )
日時: 2020/10/03 23:18
名前: 山県三平 (ID: KGoXVX/l)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=12774

17世期後半、アメリカ大陸では独立戦争、南北戦争といった事が相次ぎ、大半の地域が無法地帯で、そこでは金と自由を求めた無法者やガンマンが好き放題暴れていた。

だが、徐々に国が土地の買収や割譲を行い、さらには法の制定や街、地区の整備を開始し、無法者とガンマン達の肩身は狭くなる一方だった。

そんな時代にアメリカ西部には、とあるギャングがあった。
その名は『ヴァリギャング』。

彼らもまた法執行官、ピンカートン探偵社と言った奴らに追われ、時代から排除されようとしていた。
日々いつ終わるかも分からない、どこまで逃げるかも分からない逃亡生活を続け、金を稼ぎ、いつの日かその金で土地を買い、悠々自適に暮らす為に彼らは銃を握り続けた。

リーダーであるヴァリ・ダ・フェリナンが率いる彼らと他のギャングの違う点は、全員が家族同然で私欲の為に金を稼ぐのではなく、食わせる人、守るべき人がいるから金を稼ぐのだ。
だが、いくら立派な信念だろうと法を犯す者には変わりはない。彼らも時代と言う名の波に飲み込まれ、徐々に行き場がなくなり追い込まれつつあった。

だがある日、ヴァリギャング一味は荒野で光ったとされる謎の光ともに酷然と姿を眩ましたのだった。

Re: ガンマン共の異世界の旅 ( No.2 )
日時: 2020/10/12 23:39
名前: 山県三平 (ID: KGoXVX/l)

プロローグ 『未知の世界へ』

「…あぁ…なんなんだ…今の光は…まだ目が…」

 突然、彼の者の目には今まで感じた事のない程の刺激が集中しており、前を見る事も出来ずにいた。
目が使えない事を察した彼の者は別の手段として声を出す事にした。

「誰かいるか!!ヴァリ!サイラス!誰か!!」

先程まで共にいた仲間の名前を腹から声を出して呼ぶ。すると、遠くは無い場所で声が返って来る。

「その声はリチャードか!お前こそ大丈夫か!」

声的に少し大人美のある声が彼の者の耳に届く。応答があった事に喜びを持ちつつも彼の者は声を荒げる。

「その声はヴァリか!?目の前が真っ白で何も見えない!」

「俺もだ!さっきの光はなんだ!」

どうやら、彼の者の名はリチャードで、もう一つの声の主がヴァリと言うらしい。置かれている状況は一緒なようだ。

「さぁな!俺にもわからない!…よし、だんだん見えてきたぞ!」

どうやら、名はヴァリと言う者の目が視力を取り戻しつつあるらしい。

「俺はもう少しだ!ヴァリ!みんなは無事なのか!?」

だが、ヴァリの応答はない。リチャードはもう一度先程よりも大きな声で呼んで見る。

「ヴァリ!みんなは無事なのか!?」

「リ、リチャード…」

声からしてヴァリの様子がおかしい。先程までの通る声がまるで小さな子にでもなったかのようだ。

「ヴァリ!大丈夫か!?」

「なぁ、リチャード…ここは…?」

「待てヴァリ!俺も見えてきた!!」

リチャードの目は真っ白な世界から徐々に色取りのある世界が姿を現し始めた。だが、色取りを取り戻した先にあったのは…

「…なんだ…一体…どこなんだ…?」

そこは見に覚えのない森の中であった。

Re: ガンマン共の異世界の旅 ( No.3 )
日時: 2020/10/18 00:48
名前: 山県三平 (ID: WAtHNOac)

第一章 『バレン王国』


「なんだ…一体…どこなんだ…」

 眩い光で視界を遮られていた彼らが見た光景は、数分前の光景とは180度変わっていた。
数キロも果てが続く荒野が一変して草木が生茂る深い森に変貌していた。
久しく感じる事の無かった土や森、風の匂いは、戸惑う心を落ち着かせるカンフル剤のように目覚めた二人を冷静にさせた。

「ここは森か…?俺達は荒野にいた筈だ。なのに何故…」

一瞬にして景色が一変してしまった事に未だ驚きを隠せないリチャードに、ボスであるヴァリが口を開く。

「…俺にもわからない。だが、経緯はどうあれ、今は俺の目に狂いが無ければ森の中にいる事は間違いない。それよりも今はここがどこなのかよりも、俺達以外のみんなが無事か確認しよう。」

ヴァリは冷静に状況を判断し次の行動に出る。腰のホルスターにかけていた愛銃、スミス&ウェッソンを取り出して、銃口を上に向けて二発、空に発砲した。


ダーン!ダーン!


「サイラス!!みんな!!近くにいるのか!!返事をしてくれ!!サイラス!!」

ヴァリの声と二回の銃声が辺りに響いた後、何十羽の小鳥の羽の音と鳴き声が届く。
その数十秒後、左側から方向で二回の銃声がリチャード達の耳に届く。


パァーン!パァーン!


この少し変わった銃声に聞き覚えのあるヴァリはすぐに誰の銃なのか分かった。

「よし!この音はサイラスの銃だ!近くにいるようだぞ!こっちから聞こえた!来い、リチャード!」

ヴァリは愛銃をホルスターにしまうと銃声が鳴った方向に歩きながら、リチャードに手招きをする。
リチャードもヴァリに続こうと足を踏み出す。

「リチャード!早く!」


…ガサゴソガサソゴ


だが突如、ヴァリの前方に黒い影が現れた。
明らかに人影ではない、遥かに大きい。
どうやらヴァリは気付いてないらしい。

「ヴァリ!前だ!」

「前…?」

リチャードの声に反応し、目線をリチャードから前方へと向けるとヴァリはその光景に絶句した。


シャァァァアアア!!


目の前には蛇の形をした巨大な生物がヴァリに立ち塞がっていた。

「なんだこいつは…」

体長から、九十、いや百メートルは超える巨大な蛇だ。食われれば、噛まれる事なく一瞬にして丸呑みだろう。恐らく、先程の銃声に反応して来たのだろう。これほどまで巨大な蛇はヴァリもリチャードも目にした事は無い。その為、このような危険を予想できるはずがなかった。

蛇の目線はヴァリ一点で舌舐めずりをしながら、ジワジワとヴァリに詰め寄る。
威嚇行動をする目からは生まれながらの捕食者の圧を感じる。
ヴァリは先程しまった銃に再び手を掛けながら蛇から逃げるようにゆっくりと下がる。だが、その距離は蛇がヴァリを仕留めれる射程圏内であった。
ヴァリが大きな行動をすればすぐさま襲ってくる事はヴァリにも分かっていた。
だがどの道、逃げなければヴァリは食われる。
絶対絶命の中、ヴァリはある決断した。
蛇を刺激しないようにゆっくりと手と頭を後ろに回して、リチャードに向ける。
人差し指、中指、薬指の三つをリチャードに見せ、リチャードに一度頷く。
その行動の意味を理解したリチャードはこちらもヴァリに頷きのサインをする。
それを確認したヴァリは、目線を巨大蛇に向ける。
リチャードは未だ後ろに回されたヴァリの指に注目していた。
薬指、中指とヴァリの指が降ろされていくのを確認し、そしてついに人差し指が降ろされると、

「リチャード!今だ!!」

ヴァリはその瞬間、地面にうつ伏せの状態になった。
その行動を見逃さなかった蛇は大きな口を開けてヴァリに飛びつく。
そして…


ダンダンダンダンダンダン!!!


連続六回の銃声が先程よりもさらに遠くの小鳥達を驚かせる。
リチャードが得意とする俊速の早撃ちは見事、六発とも巨大蛇に命中していた。
銃弾は頭蓋骨、口を貫通した。銃弾の一つは巨大蛇の脳に命中していたため、蛇はもがく事なくその場で息絶えたのであった。

「ヴァリ、大丈夫か?」

銃をホルスターにしまい、うつ伏せで倒れたヴァリの元へ駆け寄り、手を差し出す。

「あぁ…危なかったな。」

リチャードから差し出された手を取り、寝た体を起こす。

「まさか、こんなデカイやろうがいるとはな。なんだこいつは…」

「あぁ、流石にこんなデカブツは俺も初めて見た。だが、考えるのは後だ。まずはサイラス達と合流しよう。」

あぁ、とリチャードとヴァリは蛇の死骸を超えて銃声がした方向に向う。
少し走った時に肩に重みを感じたリチャードは足を止めた。

「なぁ、リチャード。」

重みの正体はヴァリの片手だった。リチャードが向き直すとヴァリは呼吸してリチャードに語りかけた。

「ずっと思っているが。お前がいて良かった。俺にはお前が必要だ。今までもこれからもお前を息子の様に思っている。これだけは忘れないでくれ。」

これはヴァリの口癖の様なものだ。知らない人からこの様に言われても響く事はないが、十年以上も苦楽を共にした中だからこそ、ヴァリと言う人間を知っていてこの言葉が本心である事が分かる。今までヴァリを信じ歩んできたリチャードの答えは一つだった。

「あぁ、勿論だ。」

そして、リチャードとヴァリは生茂る森の中を草木を掻き分け、駆け抜けていった。


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。