複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

リンゴ探し
日時: 2021/11/16 14:45
名前: t (ID: yd06hlbJ)

松木路郎は、公園の隅の方にあるベンチに座っていた。空は曇り空。やや涼しい気温の公園で、静かに週刊誌のページをめくる。買ったばかりの週刊誌ではない。その辺に落ちていた、少し薄汚れた週刊誌だ。だが、松木はラッキーと思ってこの週刊誌を拾っていた。昨日発売されたばかりの新刊だったからだ。
ページをめくっていくと、芸能情報が圧倒的割合を占めていた。女優のオフの姿、密会、歌手の散歩の様子。なるほど、と松木は心の中でつぶやいた。時事問題のページに大半の時間を費やし、ベンチの上で20分ほどくつろいだ。
午後4時。週刊誌をぐるぐる丸め、右手に持つと公園を出た。森林が続く歩道をだらだら歩く。目的地まで、徒歩7分だ。その道中松木は、今晩の夕飯のことについて考えていた。
松木が目的地に着くと、その建物に入るためのカギをズボンの左ポケットから取り出した。カギを開けると、ドアを開き、中に入った。
そこは、松木が経営する探偵事務所だ。少し広めの間取りだが、本棚や資料で場所を取り、松木にしてみれば窮屈であった。白の壁、床、黒で統一された椅子や机の家具を見る限り、一見モデルルームのような印象を受ける部屋中だった。


小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。