複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

私はプリンセスなんかじゃない!
日時: 2022/09/20 13:48
名前: れいむ (ID: DXOeJDi3)

あらすじ【私はプリンセスなんかじゃない!】
クリックして頂きありがとうございます
少女は王様の家に引き取られプリンセスになります。少女に皆気を使い、悪いことを企んでる人もいます
そんな時少女は思いました
「私はここに引き取られただけ、私はプリンセスなんかじゃない!」
そう心の声が漏れてしまい、王様の家から追い出されてしまいました
そこで出会ったある少年とのストーリー是非見てくださいね



私の名前は白雪結芽、小さい時は病気をたくさん持っていたらしかある出来事を境に病気が亡くなったらしいこの理由はまだ解明されていない
私のお母様は誰かわからない私のお父様も誰かわからない育ての親はいるけれどその人はとっても偉い人でとっても賢い人お母様も同じ
でも私は賢くないだって引き取られただけたまたま運が良かったんだそれなのにみんな プリンセスプリンセス って行ってきて悪いことを企んだり自分えらく見せる、
これの何処が良いのであろうか
私はそう思いながら毎日毎日自分を責めてしまう
そして私は決意したこの家から出て行くって、
でも出て行くのは簡単なことじゃない
だから今夜のパーティーに何か王様の家が嫌がることをしようと思う
どんな事をすればいいのかわからないけど
そして今夜はパーティー、隣の国の王子さまが一緒に踊ろうと言ってきたこれはチャンスだ
結芽「私は踊りません.私はプリンセスではない.私はこの家に引き取られただけ、こんな感じに寄ってくる人は大嫌い私の前からいなくなって」
そういったとき周りの偉い人が寄ってきてお父様のもとへ連れて行ったそうした時色々な手続きがあって私はこの家から追い出された
やっと自由になれるでもこれからどうするか考えないと
そう思いながらも森へ走っていった
森へ走っていくと小さな小屋があった、近くに人がいたのでその人に聞いてみるとそこはその人のこやらしい
今は使っていないそうだがとっても綺麗だったのでそれを貸してもらった

Re: 私はプリンセスなんかじゃない! ( No.1 )
日時: 2022/09/20 13:49
名前: れいむ (ID: DXOeJDi3)

いいか悪いかはコメントでお願い致します
後上の一番最初のやつで物語を進行していくのでちゃんとチェックして下さいね


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。