複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

リンカーネイション・シスター&ブラザー!! 
日時: 2022/11/14 06:50
名前: ぷちとまと。 (ID: rdX62NDu)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13466

🎌登場人物🗾
一美 高1 海 高2
二乃 中3 蒼 高1
三菜 中2 匠 中2
目次
初めてのテンセイ。↓
いや、誰よ、おじちゃん。 #2をみてね!
知らんがな!!!「兄転」×「能慣れ」 コラボ >>03
誰もが納得する制度…ではない。 >>04



備考・あいさつ
皆様みなさま!今回4作目のぷちとまとです!こんとまと~♪さて、この作品はなんと転生系となっております!転生したら私は猫になりたいですね。何でもできるし。皆さんは転生したら何になりたいですか?返信で教えてください!では、本編お楽しみあれ~
11月9日  兄妹全員転生したら、私は出女だった件。 目次追加。よろしくね♪
11月10日 名前改名。特に意味ないかもだけど、視聴率を上げるため・・・?ww


「こっちであそぼーぜー」
モミジがきれいにみえるころ。あ、あたしは三菜。中2です。私の家族は大家族で六人兄妹なんです!なかなかそんなのないですよね。私も今でも驚いてますwさて、そんな中で一番最年長の人は海。こう2です。うみではなく、カイと読みます。名前の通り、心が広いです。二番目は一美。いちみではなくひとみです。こちらは高1で、双子の蒼が同じく高1です。ただ、学力に関しては一美のほうが上で蒼はめちゃくちゃ足が速いです。そして私の何でも話せる担当、二乃。この人だけには、何でもかんでも話せます。悪口とか、勉強とか。そして、私と匠。双子で、同じ中2です。匠は頭よし運動よし、そして性格もちょっとぶっきらぼうなこともあるけど、根はやさしいです。そんなこんなで、あたしたちは今6人兄妹です。
「落ち葉たくさんあるわね。」
「イチョウ♪イチョウ♪たくさんイチョウ♪」
「二乃、もう中2なんだからしっかりしなさい。スーパー来てるだけなんだから

うん、一美姉、それ海にもいってあげて。
「アイスありがとな。蒼兄。」
「寒いけどな。はい、海兄の分も。」
「うわ、ありがと蒼。じゃ、家まで競争な。」
「私もやるー!!」
「まったく、二乃ったら。」
帰りの電車を待っていると、そりゃもう大勢の人だかりが。そのとき。
「「「「「「えっ・・・」」」」」」
ガタンゴトンッ!!
あたしとほか兄妹みんなが、そろいもそろって線路の中に落ちてしまいました。それ以上の記憶は残っていませんでしたーーー。
「あ、れ?俺たち生きてる?」
「蒼兄、一美姉も。ほ、本物か?」
「いろいろどうなってんの?てゆーか、なんで着物なの?」
「一美さん、二乃さん、三菜さん、海さん、蒼さん、匠さん。江戸に行く用意はできました?」
「え、江戸?」
「歴史で出てきたやつ?」
「東京の?」
「トーキョーとかレキシとかよくわかんねぇが、はやく江戸いくべ。」
「あの、すいません、おじさん。」
「ああ?なんだ?」
「えっと、その、今から江戸に行くってことですよね。」
「そーだよ。今更どうこう言ったって駄目だぞ、あんたらは。」
「す、すみません。」
「じゃ、また荷物用意出来たら教えてくれ。」
おじさんは、そのまま玄関らしきとこに行ってしまった。
「絶対、絶対に・・・・」
「転生してるじゃーーーん!!!!!!!!!」
兄妹全員転生したら、皆が江戸に行くという件。これは、戻るには少し時間がかかりそうです。前世の記憶だったりして?ま、いいか。何はともあれ、これから私たちを見守ってください。


Re: 兄妹全員転生したら、私は出女だった件 #1  ( No.1 )
日時: 2022/10/20 10:10
名前: スペ (ID: JU/PNwY3)

おは〜☆またはこん〜☆素人作家のスペで〜す
お話、とっても上手で、面白いです!私もそんな感じでうまく小説が書けるようになりたいなぁ〜と思っております_(:3」∠)_あ、あと転生したら鳥になりたいです!🕊あ、飛べる鳥ですよ?鳥になって色んな所を飛んでみたいです!以上!スペの感想でした!

Re: 兄妹全員転生したら、私は出女だった件 #1  ( No.2 )
日時: 2022/10/21 17:22
名前: ぷちとまと。 (ID: rdX62NDu)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

こんとまと~♪ぷちとまと。です!!ありがとう!スぺさん!!コメントとっても嬉しいです♡そっか、鳥になりたいんだ~!!読んでる皆さんは何になりたいですか?教えてください!!スぺさんの作品、「スぺの日常」もぜひぜひよんでみてください(⋈◍>◡<◍)。✧♡

Re: 兄妹全員転生したら、私は出女だった件 #1  ( No.3 )
日時: 2022/11/10 06:50
名前: ぷちとまと。 (ID: rdX62NDu)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

知らんがな!!「兄転」×「能慣れ」コラボ

さて、江戸に来る前のもっと前、6人兄妹がまだ幼かったころの話を今から少ししようと思う。あ、もちろん初めて読むよって人もいるだろう。能慣れってなんぞやって言う人ももちろんいるであろう。大丈夫。読めばわかる。だから、心配しないで気楽に読めばいい。では出かけよう。この世界の理を知る旅に――――。

「ほらほら~一美ひとみぃ、捕まえてみな~!へへっ。」
俺はかい!4歳だ!もう十分言葉をしゃべれる、天才!今は一美という妹にかまっている。今俺らんは3人兄妹!俺が4歳、一美が2歳、蒼も2歳だ!蒼はめちゃくちゃハイハイするけど、一美はめちゃめちゃ読書をするのが好きだ!もちろん俺はどっちも好きだ!絵本は最高だからな!
「うわぁぁぁ!すごいすごい!ちゃんとおうちがあったぁ!!」
ん?あれ、おかしいな。俺の妹や弟の声じゃないぞ?しかもすごい喋れてるし。
「おい、アカリ。他人の敷地に入っちゃダメだろ。何勝手にやろうとしてんだ。」
「いーじゃん!友達になるの!!」
「おーい!いるんだよね?ねぇね!友達なろーよ!」
警戒しないと!こいつらは悪いボスの手下かもしれない!!そう思って心に頑張ってこーきしんがたくさんわいてくる!!どうしよう!で、でも、お母さん居ないし、僕と同じくらいの背だし・・・一回くらい話しかけてみてもいいかな・・・?
「い・・・いいよ。俺、友達なってあげる。」
「やったー!!遊ぼあそぼ!こっちにおーいで!」
「で、でも勝手に入っちゃダメでしょ?」
「いーよ!だいじょぶだいじょぶ!私たちがいいよって言ってんだから大丈夫だってば~、はやくおいでよっ!」
その子の底抜けに明るい笑顔に、俺の心の扉は開いたらしい。小さい柵をかっこよく飛び越えた後、俺はその子の名前を聞いた。けど、今思えば忘れちゃったよ~、なんせ、眠っちゃったみたいだし。その子はね、俺より年上か年下かどちらかの男の子もいたけどその子はうるさかったからほとんど一緒に遊ばなかったよ。
それでね、柵の中はすごーっく広くってびっくりしちゃった!俺はいまなかなか大きい保育園に通ってるんだけどね、それより広かったよ!おうちもすっごく大きかった。でもね、柵から飛び降りる前、ふつうのおうちっぽかったんだよ。柵の中はすごくすごっ~く大きいのに!それも魔法みたいでわくわくしちゃったんだ!!
「これから鬼ごっこしよー!!」
「だーかーら!ダメだって、アカリ。俺知らねーかんな!」
すごい焦ってる。弱点はあかりちゃんが可愛いからかな?認めてあげよう、この子は可愛い。
俺はずっと見ていると、あれ、誰か来る。
「あなた、部外者ね。アカリ、アイマ。こちらにおいで。この子は、お友達?」
「うんっ!そーだよー!」
「なら、・・・・・・・・ね。」←点々はわからない何かをしゃべっているということだよ!
あれ、目が黒い。見ているのが暗い。なんだか、あかりちゃんの顔も見えないや。そう思って、歩こうとしても、そこから俺の記憶は途絶えた・・・。

今おぼえているのは、おかしな二人と出会ったこと。よくわからないが、突然呻いたりしていることがあったこと。それだけだ。なんだかんだで転生するし、もう嫌だ。けれど二人にはもう一回あってみたい。あ・・・・なんだっけ、何て名前だっけ・・・・。ま、いいや。とりあえず、人生はやってみなくちゃわからないっていうことは、小さいときから体験した。ということだ。



Re: リンカーネイション・シスター&ブラザー!!  ( No.4 )
日時: 2022/11/21 19:33
名前: ぷちとまと。2222222 (ID: rdX62NDu)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

誰もが納得する制度…ではない。

私は二乃。中学3年のイケイケ女子…なんだけど、今だけ私のお兄ちゃん、蒼とケッコン中!なんで結婚したかっていうのは徳川いえやす・・・?だっけ、その人がそういう制度を取り入れたから。サイアクだよ、もう!!それに、蒼あのおじさんが結婚しろって言ってた時、うんともすんとも言わないでめちゃくちゃ黙ってるんだよ、もう苦手から嫌いになりそうだった!二乃は少し怒りながらも、戦に言っている蒼のことをとても心配していた・・・。

🎌現在の蒼🗾
俺は蒼。今俺と他兄弟二人と大人たちで戦をしている。といっても、今は体験している。先日会ったおじさんが戦の構成を教えてくれているようなのだが、俺らはまるで小1の授業を聞いてるみたいにつまらなくなってしまった。俺らはそれは小さいときから親に「勉強のため」とか言って携帯ゲーム機で歴史のバトルロイヤルゲームをさせられてた。特に物語のほうは結構やりこんでいて、編成や人員・馬力・あとは軍の配置など、細かいところまでできてたからなおさら俺らは無双しまくってた。
「おい、海。A・B・C・Dの人員二人左斜め後ろから。」
「オーケー!ありがと、蒼!」
次々に倒してゆく、俺たち三人。さすがにあのおじさんも驚くだろう。そう思って戦っていた―――。
やはり、この人は声ではまあまあだなと言ってたが、体はいつでも殺せますよオーラにびっくりしていた。

後編に続く♪

Re: リンカーネイション・シスター&ブラザー!!  ( No.5 )
日時: 2022/11/21 19:41
名前: ぷちとまと。 (ID: rdX62NDu)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

誰もが納得する制度…ではない。

私は二乃。中学3年のイケイケ女子…なんだけど、今だけ私のお兄ちゃん、蒼とケッコン中!なんで結婚したかっていうのは徳川いえやす・・・?だっけ、その人がそういう制度を取り入れたから。サイアクだよ、もう!!それに、蒼あのおじさんが結婚しろって言ってた時、うんともすんとも言わないでめちゃくちゃ黙ってるんだよ、もう苦手から嫌いになりそうだった!二乃は少し怒りながらも、戦に言っている蒼のことをとても心配していた・・・。

🎌現在の蒼🗾
俺は蒼。今俺と他兄弟二人と大人たちで戦をしている。といっても、今は体験している。先日会ったおじさんが戦の構成を教えてくれているようなのだが、俺らはまるで小1の授業を聞いてるみたいにつまらなくなってしまった。俺らはそれは小さいときから親に「勉強のため」とか言って携帯ゲーム機で歴史のバトルロイヤルゲームをさせられてた。特に物語のほうは結構やりこんでいて、編成や人員・馬力・あとは軍の配置など、細かいところまでできてたからなおさら俺らは無双しまくってた。
「おい、海。A・B・C・Dの人員二人左斜め後ろから。」
「オーケー!ありがと、蒼!」
次々に倒してゆく、俺たち三人。さすがにあのおじさんも驚くだろう。そう思って戦っていた―――。
やはり、この人は声ではまあまあだなと言ってたが、体はいつでも殺せますよオーラにびっくりしていた。

後編に続く♪


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。