複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

人間操縦士 NO,2
日時: 2024/02/09 21:42
名前: 変な生命体 (ID: UJ4pjK4/)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

ちょっと1とは比べ物にならないくらいの少なさですが週1以上のペースで頑張ります!


今にも破れてしまいそうな床を歩きながら事前に持って来ていた地図をもとにしながら翡翠は屋敷の中を進んでいった。
すると翡翠は「研究記録」と書かれたプレートが吊るされたドアの前に立っていた。ここに何かあるはずだ。母さんの謎の死の手掛かりが。そう思いながらボロボロになったドアを開けた。幸い鍵はかかっていないようだが一日では到底読み切れないくらいのノートのタワーがあり、翡翠はその中で最も目を引くノートとノートをテープで張り付けて他のものとは比べ物にならないくらいの大きさの物とその近くに置かれていた数冊を持ち自分の家へと戻って行った。

早速翡翠は机に向かって研究記録を読み進めていった。その中では自分が知っていた彼女とは全く違う世界的な功績を目の当たりにし、彼女の研究への情熱や完璧さがどれほどのレベルなのか知ることとなった。


小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。