二次創作小説(新・総合)

事変について ( No.127 )
日時: 2021/05/15 01:23
名前: 葉月 (ID: QQmxnDsv)

私の日常シリーズはほのぼのとしてて、はちゃめちゃカオスなイメージがありますが、実は様々な出来事が起きていました。今回はその事変の事について触れていきます。
【あの出来事】以外の事変を出すのはこれが初めてかな?





【事変】について

事変とは、規模の大きい出来事のこと。
つまり、凄惨で大規模な戦争が起きた【あの出来事】も事変の一つだ。
今回は【あの出来事】を始めとした事変をいくつか紹介する。

【あの出来事】

葉月が生まれる遥か昔に起きた戦争で、葉月が生まれる前に終結した。
その戦争は葉月の祖母が生まれる前から起きていて、種族を超えた極めて大きな戦争で、犠牲者も多く出した。火災も震災も津波も自然による被害も多かった。
目も当てられないような凄惨な出来事が立て続けに起きたため、死者は種族を問わず凄絶に多かった。
デスゲーム関連に登場する死神も【あの出来事】に関係する人物……否、【あの出来事】を引き起こした元凶である。
二度と悲劇が起こらないように平和を願いながら復興したのが、今の葉月の世界。
終結した筈の【あの出来事】を再び始まるのは、実はもう遠くはない。


【亜空の使者事変】

※亜空の使者のネタバレあり

スマブラXにて起きた事変。ミントハゲことタブーが引き起こしたニンテンドーワールドで亜空間を作り出す時限爆弾を起動させたもの。
タブーに至ってはマスターハンドを操って、ワリオやクッパ、ガノンドロフなどを従えた。
タブーのOFF波動により、スマブラファイター達は一瞬でフィギュアにされてしまうという最悪な事態が起きてしまうが、デデデ、カービィ、ネス、ルイージが生き残ってフィギュア化した仲間達を救出する。
そしてタブーとの最終戦で撃破することに成功した。


【灯火の星事変】

※灯火の星のネタバレあり

スマブラSPにて起きた事変。最初にキーラがカービィ以外のスマブラファイターが全滅して、カービィが仲間を取り戻す旅に出る。
カービィ以外のファイターは亜空の使者の偽物みたいな見た目になっていて、倒せば本物のファイターが解放されるもの。また、スピリットも開放される。
次々と解放した仲間達に最終決戦で一回目はキーラ、二回目はダーズ、三回目はキーラとダーズの両方を相手をして、二人を倒してようやく世界に平和が訪れたという。


遠呂智おろち異世界事変】

※無双OROCHIシリーズのネタバレあり

魔王・遠呂智によって世界が歪められた事変。
一度目は英雄が通常の遠呂智を倒し、二度目は白くなった遠呂智を倒し……三度目は理性を失って破壊の神となった遠呂智を倒した。
一度目は突如現れた遠呂智によって、世界を歪められて壊滅状態になった。捕虜になった者、遠呂智の傘下になった者、そして未だに遠呂智に抗う者。各々の想いを胸に耐え抜いた後に離反し、遠呂智と戦い勝利した。
二度目は倒された遠呂智の残党が遠呂智の復活を目論み、妲己だっき平清盛たいらのきよもりを中心に動き出す。それを見かねて伏犠ふっき女媧じょか太公望たいこうぼうの仙人も下界に降り立ち英雄と共に行動する。
清盛により復活した遠呂智は青ではなく、白になり、大幅にパワーアップした。二度目の最終決戦ではパワーアップした遠呂智を倒して平和になった。
三度目は一度八つの首を持つ妖蛇によって壊滅状態まで陥り、かぐやが現れて過去を行き来する能力を使って仲間達を救い出す。
しかし、仙界の長である素戔嗚すさのお曰く「妖蛇を出現させたのはなれらだ」との事。その妖蛇の正体は、遠呂智の成れの果ての姿だった。英雄が遠呂智を倒したため、彼の理性が失い妖蛇に成り変わった。元々遠呂智は世界を滅ぼすために世界を作り上げて「己の滅び」を求めていたとの事。遠呂智が生きている間は理性があったためそのようなことは無かったが、人が遠呂智を倒した事で理性を失い妖蛇となって世界を滅ぼす。そういう運命になったという。
酒呑童子しゅてんどうじ八塩折やしおりを携えて妖蛇を倒して遂に八人の遠呂智が姿を現す。
八人に分身した遠呂智はかつての面影はなく、妲己曰く「遠呂智様の姿をした抜け殻」と化す。
尚、酒呑童子は実は遠呂智の残り滓から生まれた存在。妖蛇が出現した際に遠呂智から隔離され、鬼の姿に変化したもの。
かつての面影はなく、全てを破壊する神と化した遠呂智を英雄達は倒し、三度目の平和を齎した。
尚、ルートによっては記憶保持したり無くしたりする。



玉藻前たまものまえ事変】

※無双OROCHIシリーズのネタバレあり

妲己が声が聞こえる方向へ赴き、殺生石から遠呂智と女の声が聴こえてきて、封印を解いたら玉藻前という美女が現れる。彼女は妲己と手を組み、新たな企みをしていた。
鏡像と呼ばれる英雄の姿をした偽物を使い、本物の英雄を惑わせて誤解をさせて仲間割れを勃発させる罠を仕掛けられる。
すれ違いの末、様々な困難を乗り越えて玉藻前は本性を表して九尾の狐に変身する。今度は九尾の尻尾を使って英雄の姿を作り上げて混乱を齎そうとするも、二度目は流石に通用せずに九尾の狐を倒し、またまた平和を取り戻した。
尚、ルートによっては記憶を消すことも。




【遠呂智の正体】

※無双OROCHIシリーズの更なるネタバレあり

実は遠呂智は応龍おうりゅうが鏡によって変えられた姿。つまり、応龍が遠呂智だった。
応龍は伏犠の親友であり、良き仲間だった。それで応龍が天帝が持っている鏡を割り、邪悪なオーラに包まれて遠呂智に成り変わってしまう。
そうなってしまった応龍……否、遠呂智は元の姿に戻る事が出来ず、倒す事しか出来なかった。
遠呂智が世界を融合させて一つの世界にする前は仙界で封印されており、妲己と平清盛によって復活し、遠呂智軍を結成した。
因みに遠呂智が理性があったのは応龍の心のお陰かもしれない。