SS小説(ショートストーリー) 大会【平日イベント】

恋雪 ( No.8 )

日時: 2020/11/16 03:35
名前: skyA/スカイア


 なんでこんなに心臓が、心が、うるさいのだろうか。とまらない。止まってくれない。

 ふわふわした雪が、静かに舞い降りる。冷気をまとって、ふわり、ふわり、と。

 マフラーのなか、顔を埋めた。こんなに寒いけど、こんなにあたたかい。

 きみのせいだ。

 こんな気持ちにさせたのも、全部、ぜんぶ、きみのせいだ。

 嫌われたくないって思っているのに、普通に振る舞えない。つかもうとしては、はなれていく。まるで、雪みたいだ。

 雪が静かに、手袋にすとんとおちる。

 しんしんと、どこからか聞こえそうな音。

 実は、雪の妖精さんがいたりして。そんなあるはずのないことを考えて、わくわくどきどきしたりする。

 そんな、静かな雪。

メンテ