コメディ・ライト小説 ※倉庫ログ

お前なんか大嫌い!!
日時: 2017/01/29 23:27
名前: 山下愁 ◆kp11j/nxPs

「何でお前はいつもいつも邪魔ばかりしてくるんだよ!!」

「うるせぇ! テメェの方が邪魔をしているんだろうが!!」

「「お前なんか大嫌いだ、この野郎!!」」


 この物語は、
 世界の平和を守るために立ち上がった単純馬鹿のヒーローと。
 地獄の秩序を守るために立ち上がった俺様で我がまま死神の。

 超おバカな――アンチヒーロー小説である。


***** ***** *****

 こんにちこんばんおはようございます。また会いましたね、山下愁です。
 この作品は『アンチヒーロー小説』とのたまっていますが、実際にはただのギャグです。満載のギャグです。少しの青春も入っていますが、大体は馬鹿です。宣言できます。
 さて、クリックしてくださった心優しき読者様へ、この小説を読むにあたってのルールがございます。
 守ってくださるとうれしいです。


1 コメントは大歓迎です。
2 荒らし・誹謗中傷・パクリはお断りします。
3 これ別館行きじゃね? と思う方もいるでしょう。大丈夫です。これはここでいいんです。
4 山下愁が嫌い! な方はUターンを推奨します。
5 同じく神作が読みたいという方もUターンを推奨します。全力で。
6 こちらの小説はできるだけ毎週木曜日更新となっています。土日もある場合がございますが、要は亀更新です。


 以上を守って楽しく小説を読みましょう!
 ではでは。皆様の心に残るような小説を書けるように、山下は全力を尽くします。

お客様!! ↓
粉雪百合様 棗様 碧様 甘月様 甘味様 亜美様 noeru様 日向様 ドロボウにゃんにゃん様 猫又様 狐様
人差し指様 なつき様 モンブラン博士様 蒼様 立花桜様 彩様


目次

キャラ紹介>>01 >>03
プロローグ>>02

第1話『ヒーローの定義』
>>4 >>5 >>10 >>13 >>14 >>18 >>19 >>20 >>23 >>24
第2話『死神の定義』
>>25 >>26 >>27 >>28 >>32 >>37 >>38 >>39 >>42 >>45
第3話『姫君の定義』
>>46 >>47 >>50 >>51 >>52 >>53 >>54
第4話『合宿の定義』
>>56 >>59 >>63 >>66 >>67 >>68 >>69 >>71
第5話『劇薬の定義』
>>78 >>80 >>82 >>85 >>86 >>87 >>88 >>89 >>90 >>91
第6話『幽霊の定義』
>>94 >>95 >>98 >>99 >>100 >>101 >>102 >>103 >>104
第7話『処刑の定義』
>>105 >>107 >>109 >>111


テコ入れ>>112 >>113 >>114


第7話『処刑の定義』
>>117 >>118 >>120 >>125 >>126 >>127 >>130 >>131 >>132 >>133 >>134
第8話『恋愛の定義』
>>135-155
第9話『家出の定義』
>>156-188
第10話『捜索の定義』
>>189-198
最終話『終幕の定義』
>>199-210

エピローグ
>>211

あとがき
>>212



番外編
・ひーろーちゃんねる


キャラクターに30の質問
・椎名昴>>74

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43



Re: お前なんか大嫌い!! ( No.208 )
日時: 2017/01/13 03:48
名前: 彩

山下様、金賞受賞おめでとうございます!

応援していた作品なので自分のことのように嬉しいです。

あまりコメントもできなくて申し訳ないのですが、ずっと追いかけてますよ!もちろん投票もしました!

もうすぐ終わっちゃうのは寂しいですけど、ラストまで応援してます。

新作があるかなーと期待してみたり……でもご無理はなさらないでくださいね。

もし出していただけるのでしたらそちらも全力で追いかけますね!(あれ、これってストーカー?)

とにかく、体調を崩さないように更新頑張って下さいね。なんなら一年でも待ちますよ((

おめでとうございました、では!


Re: お前なんか大嫌い!! ( No.209 )
日時: 2017/01/15 17:36
名前: 山下愁 ◆kp11j/nxPs

てるてる522様>>


久々にお客様だわーい、と思っていたらまさかカキコでよく見かけるお名前でした……。
思わず二度見、三度見してしまったことを土下座で謝らせてください。そして土下座で歓迎します、こんな駄作を閲覧いただきまして誠にありがとうございます。

誤字脱字が多く、梃入れをしてしまった為に路線変更を余儀なくされ、よもや着地点はどこにすればいいのかという本当によく分からないアンチヒーローギャグ小説ですが、ようこそいらっしゃいました。
唯一最初から最後まで変わらないというのが、主人公たち二人の口喧嘩ですかね。罵り合いが酷くなっていってる気がする。

そしてまさかこんなクソみたいな小説が金賞を取れるとは思いもよらず……なんかもう、こんな小説を読んでくださった全ての皆様には足を向けて寝られません。
もうじきこの小説は終わりますが、それでも最後までしっかり書かせていただきたいと思っています。
今度はこちらから小説の方にお邪魔させてもらおうかなって思っています。

このたびはありがとうございました。



彩様>>

お久しぶりでございます。そしてありがとうございます。
今回の小説大賞の欄を見て、思わず画面の前で固まってしまいました。まさかそんな、と思いました。

閲覧してくれているだけでも、私の励みとなります。たびたびスランプを引き起こし、筆が止まることもありましたが、金賞を取れたのも読者の皆様のおかげです。本当にありがとうございました。
もうすぐこの(馬鹿)小説も終わってしまいますが、最後まで頑張らせていただきます。

ちなみにこの馬鹿ヒーローと馬鹿死神の喧嘩が織りなす『お前なんか大嫌い』は終わりますが、ヒーローと死神の登場する大長編をもう一本執筆予定です。

コメントありがとうございました。五体投地で感謝いたします。

Re: お前なんか大嫌い!! ( No.210 )
日時: 2017/01/16 12:08
名前: 山下愁 ◆kp11j/nxPs

 昴と翔が恐ろしい怪獣を無料で宇宙旅行にご招待してしまったので、白鷺市に降りかかろうとしていた脅威は去った。ユフィーリアとグローリアも奮闘し、椎名昴の大群を退けた。これで研究施設からの刺客はいなくなった。

「あれ、そういえば昴。ヘッドフォンはどうしたの?」
「ん? そういえば頭が異様に軽いと思ったら――」

 グローリアに指摘されて、昴は自分の頭に触れてみる。湿った頭には何も乗せられていなくて、それなのに音はしっかりと聞こえている。あのヘッドフォンは補聴器代わりになっていたはずなのに。
 まあ、なくても聞こえるようになったことはいいことだが、心配なのであとで研究施設まで取りに行くかと決める。今度はすぐに帰ろう。パッと行って、パッと帰ろう。
 すると、背後の方で「……あぁ……」という絶望に満ちた声が聞こえてきた。振り向いた先には、四つん這いになって絶望している白衣の男の姿があった。

「……私の傑作たちが……こんな簡単にやられて……」

 椎名昴の大群――タナトスの集団も、あの怪獣も、全てこの白衣の男がやったことらしい。
 翔とユフィーリアが、「処刑するか」「首をすっ飛ばすしかねえな」と話し合っているところを制止して、昴が一人で白衣の男に歩み寄る。
 ブツブツと訳の分からないことを呟いている白衣の男を見下ろした昴は、努めて優しい声で告げる。

「風邪を治してくれたことには感謝してる。でも、人類を滅ぼそうとするのはさすがに許せない」

 だから、と昴は四つん這いになっている白衣の男と視線を合わせた。昴の視線と男の視線がかち合ったところで。
 昴はデコピンの用意をする。
 あの怪獣を吹き飛ばすほどの怪力を発揮した昴のデコピンなど、威力は想像に容易い。

「そいやっ」

 ボグッ!! と聞こえてはいけない――いや、もはやデコピンの音ではない音が男の額から聞こえてきた。頭蓋骨が叩き割られなかっただけまだましだろう。
 デコピン一発で脳震盪を起こした男は、うつ伏せの状態でコンクリートの地面に倒れ伏す。グローリアに脈拍を確認してもらい、翔に生きていることを確認してもらってから、昴は男の両足を掴んだ。

「このままちょっと市内一周してくるわ」
「市中引き回しの刑をこんな雑な方法でやるなど、やはり貴様は馬鹿なのか……」

 ため息を吐く翔に構うことなく、昴は男を引きずりながら白鷺市の町を残像が見える速度で走った。
 終わったあと、男の後頭部を確認すると見事につるっぱげになっていた。髪の毛は摩擦熱で燃えて、抜け落ちてしまったようだった。合掌。


***** ***** *****


 男の話に出てきた『誑かされた一人の研究員』というのが、橘理人だったようだ。常にパソコンでエロ動画を見ているしかやっていないのかと思いきや、彼は彼で昴がいない間に昴自身の体調をモニタリングしていたようである。
 研究施設からヘッドフォンを無事に強奪した昴は、ヘアバンドのように装着する。髪の毛が半分乾いた状態なので、なんかこう落ち着かない。

「ブフッ、昴の髪の毛が大人しい」
「笑うな雫。不本意だ、不本意」

 ていうか大人しいとは一体どういう意味なのだろうか。彼女に問い質したのだが、残念ながら笑いの渦に飲み込まれてしまった雫は、腹を抱えて地面の上にのたうち回っている。ビクンビクン、と痙攣ているところを見ると、命の危機を感じてしまう。
 ゲタゲタと下品に笑う雫を止めたのは――いや、気絶させたのはユフィーリアだった。「うるせえ」という辛辣な一言と共に、雫の腹を踏みつぶして気絶させる。死んだかと思った。

「昴、昴。元気になったんなら下剤飲んでくれるよね!? 新しい下剤を開発したから、実験台になってほしいな!!」
「嬉々とした目で見てこないでくれるかな小豆ちゃん!! 完治して三日でトイレの世話になりたくない!!」

 えー、と不満そうに唇を尖らせる小豆は今度隣人へ下剤を仕込むように指示をしよう。特に死神の方に。
 ふと昴は、珍しく大人しい翔の方へと視線をやる。
 町を修復しているグローリアと一緒になって、人の誘導と記憶の操作を行っていた翔は、昴の視線に気づいたようでこちらを睨みつけてきた。視線は物語っている、「貴様のせいで後始末を任されることになったのだぞこのクソヒーロー」と。
 いつもならぶん殴って然るべき相手だが、今回ばかりは事情が違う。昴を助けてくれたのだ。

「……ありがとな、翔」

 翔に対して礼を言った昴に、翔の反応は。

「気持ち悪い。俺様の名前を気安く呼ぶな、このクソヒーロー」

 …………せっかく昴から歩み寄ったというのに、これでは台無しである。全てぶち壊しだ。
 昴は土塊をつまみ上げると、翔にスタスタと近づいて目元の辺りで爆散させる。粉塵が目に入ったのか、翔は悲鳴を上げて膝から崩れた。

「貴様ァッ!! 命の恩人に対してなんたる行動だ!!」
「返せ!! 俺の素直な感謝の気持ちを今すぐ耳を揃えて返せェ!!」
「金銭ではないから返せんわボケェ!! 目が、目がァァ!! 失明したら貴様のせいだからなァァァ!!」
「目から炎を噴出させておいて何言ってんだお前!? 愉快なびっくり人間になってんぞ!!」

 夕焼け色に染まりつつある蒼穹に、今日も今日とてヒーローと死神の激しい舌戦が響き渡るのだった。

Re: お前なんか大嫌い!! ( No.211 )
日時: 2017/02/18 06:56
名前: 山下愁 ◆kp11j/nxPs

エピローグ



「チェンジでェェェェェェェェェェェェェェェェェエ!!!!」
「それができたら苦労しねえわボケェェェェエエエエ!!!!」

 人の波も落ち着いた昼下がり。
 狭く、閑散としたコンビニの店内に、二つの怒号が響き渡った。
 レジ台を挟んで互いに胸倉を掴みあい、メンチを切り合う二人の少年。片方は茶髪で厳めしいヘッドフォンを装着し、もう片方は黒髪でニット帽をかぶり、銃刀法違反など「何それ食えるの?」とでも言わんばかりに死神が持つような鎌を携えている。
 唾が相手の顔面に飛ぶことも厭わず、ぎゃあぎゃあと口汚く互いに罵る。

「毎回毎回!! 何で!! 俺が!! バイト入ってる時に!! 限ってくるんだお前はァァァァァア!!」
「知るか!! 俺様とて貴様以外の店員に接客してもらった覚えなどないぞ!! 貴様は俺様に恨みでもあるのかァァァ!!」
「あるに決まってんだろボケ死ね今すぐ死ねセメントの中に頭突っ込んで死ねェェェ!!」
「何だと貴様今すぐ豆腐の角に頭をぶつけて死ね地獄へ送ってやるぞォォォ!!」

 どういう原理だろうか、レジ台がみしみしめきめきと嫌な音を奏でていた。レジ台の上に放置されていた板チョコとコンビニスイーツが完全に忘れ去られて、なんだか哀愁が漂っている。早く会計をしてくれ、とでも言っているようだ。
 しかしこの二人はお互いのことを心の底から嫌っているので、もう買い物もそっちのけで喧嘩をしているのだが。どのぐらい嫌っているのかというと、お互いに死んでほしいむしろ殺してやるというぐらい。
 二人が喧嘩している光景はもはや見慣れたものなのか、店長らしき女性はあらあらうふふとぽやんと微笑みながら、商品の品出しを行っていた。なんだか母親のような温かい視線である。

「糖尿病予備軍の死神様は今日も危機感がないお買い物ですなァァァ!!」
「どういう意味だコラァ!! 糖尿病とは何だ一体!!」
「お前本気で言ってんのか!? 生活習慣病の一つも知らねえだと!?」
「病なのか!? 俺様は病だったのか!?!! 死神だから風邪も引かなければ怪我もしないと思っていたのだが、俺様は……クソ、自分で気づけずこのクソヒーローに指摘されたのが悔しい……ッ!!」
「すでにお前は『馬鹿』っていう風邪を引いてんじゃねえのかなァ!!」

 ここでいつもなら殴り合いの大乱闘に入るのだが、今日はそう行かなかった。
 喧嘩をしている死神の背後に行列ができていた、という理由ではない。それが理由だったら、隣のレジで暇そうにしている店長がどうにかしてくれると思う。品出しは終わったのか知らないが、ほわほわと来客を待っていた。
 何故喧嘩が中断されたのかというと。

「か、金を出せェェェェェェェェ!!!!」

 二人の怒号に負けない絶叫が、店内に轟いた。
 レジ台を挟んで睨みあっていた二人の舌戦が、途端にピタリと止まる。ぐりん、と自動ドアへと揃って視線を投げた。
 サングラスにニット帽、おまけに輝くナイフ。引きずってきているのはボストンバックだ。どこからどう見てもコンビニ強盗である。
 店長は悲鳴を上げる訳でもなく、ただニコニコと「いらっしゃいませー」と出迎えていた。応対したのは今まで喧嘩をしていたこの二人だった。
 
「「表出ろ強盗が」」

 茶髪の少年は、棚に置いてあったカラーボールをコンビニ強盗へ向かって投擲する。普通に投げ放たれたカラーボールだが、その速度が凄まじかった。第三宇宙速度で投げ飛ばされたボールは強盗の頬を掠めて外へ飛び出し、大気圏の彼方へ消えた。
 黒髪の少年は、携えていた鎌から炎を生み出した。幻影とかではなく、本物。ごうごうと燃え盛る炎を弾丸のように丸め、同じく強盗へ向かって投擲する。第三宇宙速度とまではいかなかったが、強盗の反対側の頬を掠めた火球は外へ飛び出し、爆発した。
 へなへなとその場に座り込んだ強盗へ向かって茶髪の少年は拳を構え、黒髪の少年は鎌を握りしめた。
 強盗が今まさに二人の少年の手によってぶち殺されようとした次の瞬間のこと。
 ビカッ、とコンビニの外で眩い光が発生した。

「……え、何?」
「む?」

 二人して戦意喪失をしたコンビニ強盗を引きずり出しつつ、店の外へと出る。
 晴れ渡った蒼穹にふわふわと漂う巨大な円盤。漫画でよく見る未確認飛行物体そのものだ。少し感動してしまったのは言うまでもない。

『地球人諸君へ告ぐ。我々は地球を征服しにきた宇宙人である』

 オープン回線で朗々と告げられるその言葉に、円盤を見上げていた二人が反応した。

「ふざけんなよ。そんなのヒーローの俺が黙って見過ごすとでも思ってんのか!!」

 茶髪の少年――ヒーローの椎名昴は、足元に落ちていた小石を拾い上げる。

「人類を征服するのはこの俺様だ。地球を征服するなど許せん!!」

 黒髪の少年――死神の東翔は、身の丈を超すほどの大鎌を掲げた。
 そして二人して、敵である宇宙人に向かって。
 お決まりの台詞を叩きつける。


「「お前なんか――――大嫌いだァァァァァァァァァァァァァァァァアアアアアアアアアッッッッ!!!!」」






 END

Re: お前なんか大嫌い!! ( No.212 )
日時: 2017/01/29 23:35
名前: 山下愁 ◆kp11j/nxPs

長らく続いたお前なんか大嫌いも、ついに終わりを迎えることができました。


さて、こんばんは。
筆者の山下愁です。
拙作『お前なんか大嫌い』を閲覧いただきまして、誠にありがとうございます。

おそらく高校の時から書き始めたのではないのでしょうか。長いものですね。
この小説は山下愁が珍しく、三人称視点で書いたものです。一人称は一切入っておりません。完璧にラノベをベースにして書いております。
カキコでよく一人称視点で小説を書いてました。今では逆に一人称視点で小説が書けなくなっています。ていうか昔の小説を読み直すと本当に顔から火が出そうですわ。恥ずかしくて。

そんなことは置いといて。
この小説ではたくさんのドラマがありました。
主なドラマはそうですね、最後の最後で小説大会の金賞を受賞させていただいたことでしょうか。あれは本当に嬉しかったです。
長い間、お付き合いしていただいた読者の皆様には足を向けて寝られませんね。本当にありがとうございました。この場を借りて感謝を捧げます。

最後に。
この小説を最後まで閲覧してくださった皆様。
オリキャラを投稿してくださった皆様。
常に主人公が喧嘩をしているような仲の悪い馬鹿みたいな小説にお付き合いしていただきまして、誠に、誠にありがとうございました。
山下愁の次回作もどうか閲覧してくださいますよう、よろしくお願いいたします。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43