コメディ・ライト小説 ※倉庫ログ

KEEP THE FAITH
日時: 2016/11/05 15:42
名前: 水無月 紅雪 ◆zW64EWZ0Wo

 永遠に刻もう。私のみてきた全てのことを――。


 紅雪です。高校入学しました!更新スピード落ちます(元から

 ついったーなるものを始めて見たのですが、なかなか機能が掴めなくてひとりゾクゾクしております。絵とか出せたら良いなとか思っています(どうでもいい)。


 おそらく今回が最後でしょう。そんなことはなかったです。


〜ルール
・荒らし、チェーンメール等はいらないです。
・矛盾・趣旨の食い違い等はいつものこと。
・亀更新。活動時間は主に夜かと。
・アドバイスがあればお願いします。
・パクリは気にしない方向で。無法地帯です。
・宣伝歓迎。見に行きます。コメントは言われたらします。
・コメントは上記のとおり大歓迎。コメントください。
・薔薇と百合が入り乱れる可能性。
・作者の厨二病はリア友を巻き込むレベル。
・ギャグとシリアスが同盟を組んだようなお話。
・自己満足小説です←
・コメディはコメディでもハートフルボッコメディです←
・文字数が超えたので>>0がすでにごちゃごちゃしてます。

〜もくじ

登場人物紹介>>1
目次→>>10


 〜れんらく

・12/14 4:03スレ誕生
・12/21 参照50突破*
・ 1/ 7 参照100突破*
・ 1/19 参照150突破*
・ 1/25 参照200突破*
・ 1/28 今週のお知らせ>>44
・ 1/31 参照250突破*
・ 2/4 参照300突破*
・ 2/6 参照350突破*
・ 2/9 参照400突破*
・ 2/9 五十話突破!
・ 2/14 参照450突破と言うのに気付いた日*
・ 2/16 参照500突破*
・ 2/20 参照550突破*
・ 3/2 参照650突破*
・ 3/6 参照700突破*
・ 3/10 参照750突破*
・ 3/15 参照800突破*
・ 3/20 100コメ突破(
・ 3/22 参照850突破*
・ 3/29 参照900突破*
・ 4/12 参照950突破*
・ 4/19 参照1000突破
・ 4/26 参照1050突破
・ 5/2 百話突破!
・ 5/5 参照1100突破
・ 5/17 参照1150突破
・ 5/24 参照1200突破
・ 5/28 参照1234突破(ネタ)
・ 5/28 修学旅行 >>130
・ 6/1 修学旅行 >>131
・ 6/1 参照1250突破
・ 6/5 参照1300突破
・ 6/14 参照1350突破
・ 6/21 参照1400突破
・ 6/26 テスト終わった知らせ(?)>>142
・ 7/7 参照1500突破
・ 7/15 参照1550突破
・ 9/20 紅雪引っ越し終了→復帰のおしらせ的な(>>151
・ 9/20 参照1800突破
・ 9/27 参照1900突破
・10/1 第一章終了!
・10/9 参照2000突破
・10/24 参照2100突破
・10/30 参照2200突破
・11/10 参照2300突破
・11/27 参照2400突破
・11/29 参照2500突破
・12/30 参照2600突破というのに気付ry
・ 1/27 参照2800突破と(ry
・ 1/? 銀賞とった……ぽい(
・ 2/14 参照2900突破
・ 3/4 参照3000突破
・ 4/2 参照3200突破
・ 4/10 参照3300突破
・ 4/21 参照3400突破
・ 5/22 参照3500突破と(ry
・ 5/27 参照3600突破t(ry
〜参照まともに見てなかった6月〜
・ 7/11 参照4000突破
・ 8/30 参照4300突破
・ 9/22 参照4700突破
・ 11/5 参照5600突破

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56



Re: KEEP THE FAITH ( No.272 )
日時: 2017/10/04 20:38
名前: 水無月 紅雪 ◆zW64EWZ0Wo


 この物語はリアルタイムで言うと3年ほど続けられたものである。高校受験をひかえた中2の冬休み直前、作者は最後の作品として書いておこうと思って立ち上げた小説なのである。ぶっちゃけ3ヶ月ほどで終わらせる予定だった。
 故に、作者(高2)は嘆く。「いや、倉庫ログ入ってもまだ終わってないなんて思ってなかったんです!!!」と。
 何が言いたいかをまとめるとつまり、こう言うことである。

 ――もうこのまま本気でラストスパートぶち込みますがお許し下さい。

 なお、この作品で終わる気はさらさらありません(・ω・´)




 吹っ飛んだ悪魔(ラスボス)、吹っ飛ばした鬼(チート軍人姫)、そしてゼェハァと息を切らしながらその光景を目の当たりにした悪魔の子(ツッコミ要員)は叫んだ。

「いや何があったしざけんな説明しろやこの野郎!!!!!」
「それ誰に言ってるんです?」
「知らん!!!」

 もはや本能にも近いツッコミ(不燃焼)が現場を襲う。彼の目に実父の姿は映っている。映ってはいるがそいつはもう満身創痍である。ラスボス戦は残念ながらマジで終了しそうな感じである。

「普通に考えて下さい! こんなあっさり行くわけないじゃないですかぁ!!」
「それ逆フラグだからな?! あいつガチ魔王に正直自分より強いかもとか言わせたレベルの存在だから!! やらかす子だから!!」
「千破矢さんはそんな真白さんを、す?」
「き!!!!!! 今!!! それどころじゃ!!! ない!!!!!」
「はいはい、ハイテンションテンション」

 ある意味熱源のフラムになだめられる。千破矢はものすごくイライラしている。
 真白は千暁を一瞥してから3人のもとへ駆け寄る。

「大丈夫?」
「アッ↑大丈夫です! 千破矢さんめっちゃ不機嫌ですけど」
「え、あ、ごめん。腐っても君の父親なのに蹴りなんて繰り出しちゃって……。あと――」
「いやそっちじゃねぇと言おうと思ったがまずとりあえずそこに対してツッコませて!!」

 たじたじ男子2名。真白は真白で、フラムとデジェルが危険だと察する前に動いてしまったようで、いまいち状況は理解していなかった。後に語るに、「ぶっちゃけ膝入れてから誰か把握した」。

「俺の親父をぶっ飛ばすのは良いわむしろもっとやれ!! 俺だってぶん殴ってやりたいわ!!! 何があったかを説明できるやつ急募!!!!!」
「デジェル様の部屋入ったら丁度アレと鉢合わせしまして、やっべぇ人生オワタと思ったところで美脚が飛んできました」
「真白、真白」
「?」
「【?】じゃないんだよこの馬鹿ァァ!!!」

 行き場のない感情を押し込めて真白の頭にげんこつをお見舞いする。女子に向かってとか今更言えない。フラムもつっこまない。そしてデジェルは起きない()。

「……結局千破矢は何に怒ってるの?」
「俺が知りたいよ俺何に怒ってんの!!?!??!」
「いや何言ってるんですかアンタ???」

 謎の逆切れを噛ましフラムにツッコミをもらったところで真白は話を切り変えた。

「ごめん、取り逃がしたから追いかけて良い? 多分蓮のとこ行ったから……」


「それ一番最初に言ってほしかった!!!!!!!!!!」

Re: KEEP THE FAITH ( No.273 )
日時: 2017/10/05 19:53
名前: 水無月 紅雪 ◆zW64EWZ0Wo


 いや言おうとしたしとぼやく真白を半ば無視し、2人は走り出す。
 フラムはデジェル看護にまわしたが、1人ではどうしようもないので広間にでも連れて行けと指示をした。身長的に運べない可能性は微粒子レベルで存在しているが、多分問題ない。
 そしてシリアスブレイク前提として、この回は説明回だと思ってください。

「なんでまた逃がしたんだよ! そのまま凍らせとけばよかったのに!!」
「親に向かってとんでもないこと言うね君。正直迷ったんだけれど、デジェルとフラム見た一瞬で消えちゃったから……」
「俺の親父ゴキブリかよ!!!」
「どちらかと言うとてけてけ」
「それこの世界にはいないから! それこの世界ではメタ発言だから!!」
「メタ発言という発言がメタ発言という……」
「ダァー! お前作者が出してないうちにキャラかわったくない?!」
「……最終話前にしてキャラ崩壊か?」
「まだ何も解決してないし!!!!!」

 ぐうの音も出ないレベルで作者を遠まわしに罵倒しながら千破矢と真白は全力で廊下を走る。時々床に血が落ちている。

「あいつの目的って結局なんなんだ?」
「さあ。最初はデジェル強奪だと思っていたのだけれど、結界――蓮のことを狙ってる可能性もある」
「蓮を狙うって、狙って何をするんだよ」
「それはあの人の目的によって違うけど、目星は付くよ。一応」

 デジェルを狙うのは手駒として(呪いが埋め込まれている)。本来メインで千暁が欲しているのはツクヨミレンなのだろう。真白は話しながら情報を自分の中で纏め出す。

「ツクヨミレンがどういう存在か簡単に言うと、オブ・ルクスの結界だ。媒体である蓮が死ぬと、この世界は控えめに言って終わる」
「終わる?!」
「ああ。僕達が行動を共にすることになったきっかけ、終末だ」
「じゃあ、魔王を倒さなくても終末は来るのか……?」
「ううん。魔王倒したら終末来ないよ?」
「――ハァ??」

 千破矢は首を90度傾け聞き直した。

「えっ、魔王倒したら終末来ないのに蓮倒したら終末来るの??」
「まあ、うん。今の状態だと来るね」
「今の状態?」
「そう。今の蓮は、アステルの魔王としての力を封印した結界なんだ。……本によるとね」
「じゃあ厳密に言うと終末の原因は“魔王の力”か」
「その通り。ただ、君の父親はなんか、こう、――ショタコン説、があるんだよね? 加虐心旺盛的な意味で」

 千破矢はもう全方向とデジェルとフラムに土下座したくなった。

Re: KEEP THE FAITH ( No.274 )
日時: 2017/10/05 21:04
名前: 水無月 紅雪 ◆zW64EWZ0Wo


「俺の親父がショタコンで何が悪い」
「ラノベ的な」
「話を続けてほしい……傷を抉らない範囲で」
「あ、ああ……。まあつまり、蓮を直接攻撃する可能性って案外低いんだよね。千暁は男の子が好きだから」
「男の子好きとか何があったんだよ……ッ」
「なので、僕的に千暁は日向殺しに行ったと思います」
「ナンデ?!」
「多分だけど、蓮にとっての“一番の大切”は日向だと思うんだよ。少なくとも特別な存在だと思うよ。今、封印された魔王の力を持っているのは蓮だ」
「俺にもわかるように言うと?」
「――蓮を絶望させてこの世界破壊させようとしてる説?」


 *


「なんか上がどったんばったん大騒ぎしてるね?」
「千暁がrealに来たのかな」
「足音も聞こえてきますし、移動……していますね」
「うーん……、厄介だね。本当に来ちゃってるし、こっちに来てる」
「こっちに!?」

 風蘭はビビる日向のそばに行き、床に降りてから腕を組んだ。

「ねえねえ! ふう、ひなたと一緒にいて大丈夫?」
「ええ、そうですね。……何か感じたのですか?」
「うん。えっとね、なんか、ひなたに向かってね、びゅああって、なんかやな感じがして、……うん」
「ふむ。わかりました。風蘭、あなたは日向を連れて逃げて下さい」
「えっ」
「わかった! ふう、頑張って逃げるね!!」

 言うが早いか、風蘭は日向の腕を引いて走り出す。

「……どういうことなの?」
「アステルさん。本当に千暁は来たのですね?」
「ん? あーうん。間違いないよ。城内にいる」
「そうですか。……そうですかー、なるほどですねー」
「えっちょっと本当によくわかんないあたしにもわかるように説明please!」
「そうですね。何があったのかはわかりませんが、彼にとっての標的はデジェルではなく、日向……といったところでしょうか」
「……日向?」

 豪雷が聞き返すと、アステルは納得たように頷き苦笑する。

「あいつの目的は、変わらずってとこかな……?」

Re: KEEP THE FAITH ( No.275 )
日時: 2017/11/07 18:39
名前: 水無月 紅雪 ◆zW64EWZ0Wo

 5年ほど連れ添ってきたマウスの左が壊れる事案。更新さらに遅れる可能性アリ。


 城の構造は前と同じ。自分が設計したものだ。それに、前侵入に成功した使い魔のおかげでどの部屋を拠点にしているかは知っている。
 故に、“次期魔王”の居場所はすぐに分かった。
 オレの目的に気付いたのか反応が遠ざかるが、さすがにもう隠し通路はない。だがこれは一刻を争う話だ。すぐにでも行かねば、彼女が――。
 目の前に、馬鹿魔王と西園寺息子が立つ。

「正直思っていた以上にボコボコにされてて驚いているのですがこれ言って良いんですか?」
「言っちゃったね君???」

 記憶が正しければ初対面の相手にシンプルに煽られたが今はそれに切れている場合ではない。

「えーっと、久しぶりだね、千暁」
「ええ、かれこれ2年ぶりですね。メタ的に」
「あれ? もしかしなくてもオレツッコミ係かな??」

「まあいいや。で、千暁。君の目的は日向、……ってことで間違いないかな?」
「わざわざ聞く必要もないでしょうに。わかっているのならそこを通せ」
「いやだ、って言ったら? 力ずくでーって感じかい?」

 にこり、と、奴は笑う。
 遠くの方から、爆音が響く。壁でも粉砕されたのだろうか。

「知っての通り、今のオレを煮ようが焼こうが終末は来ない。えーと、そう。出雲蓮だっけ、彼女に封印されちゃったからね」

「だから、オレに出来ることは遠隔的に隠し通路を塞ぐことだけで……、まあ、なんか真白達がちょっとした奇行に走っているみたいだけれど」

「つまり、まあ、長々と話したんだけどさ――」
「はい。時間稼ぎも充分出来たのでどうぞお通り下さい」
「……は?」

 そこまで時間は経って、いない、は、ず。
 ――通路を塞いだ? それに、想定ではあと2人……。

「アステル撤退です。さっさと合流しましょう」

 詩音はアステルの手を引いて千暁の横を通り過ぎる。
 だがそれを千暁は追わない。追う時間がないのだ。彼はもう進むしかないのである。

「クソが……ッ!」

 千暁は自分から遠ざかる人影を睨み付け、重い体に鞭を打ち走り出した。

Re: KEEP THE FAITH ( No.276 )
日時: 2017/11/08 21:06
名前: 水無月 紅雪 ◆zW64EWZ0Wo


 魔王と吸血鬼がラスボスを煽っている最中、鈴芽と豪雷は城門の前に辿り着いた。目の前にはゲシュテンペスト一行。

「Oh……シオンの言った通りだったねぇ、豪雷」
「うむ。まあ、これなら少し考えればわかることだが」
「そう? んー、あー、たしかに。チアキが来たってことは彼のfamiliaも来るよねっ! そりゃそうだ!」
「納得したか。では、そろそろ良いか?」
「Of couse! あたしはいつでもOKだよ!」

 いつも通り刀を構える豪雷。鈴芽はその隣でふにゃりと笑いながらスタンドマイクを掴み――

『みっんな〜! げんきぃ〜!!????』

 キィンと耳鳴りがした。


 *


 一方、千破矢と真白。

「真白それ何してんの」
「破壊工作」
「はかいこうさく」
「自分の仕掛けで苦しめ濡れ雑巾め」
「俺の知ってる真白はそんなこと言わない」
「本より抜粋」
「本!!!!!」

 会話の内容はともかく。
 真白は機械室のような小部屋に入り、そこら中のボタンをカチカチと押しまくっていた。千破矢はヘタに触ってはいけないと思い一歩後ろに下がった。

「千破矢、そこの星の模様のボタン押して欲しい」
「えっ? ……これか?」
「そうそれ。その次は心臓模様の」
「ハートって言えよなんだよ心臓模様って怖ェわ畜生!!!!」

 そう言いながら星とハートマークの模様が貼られた(ダサい)ボタンを順に叩く。すると真白の目の前に大きくウィンドウが開かれた。

「うおっ、……と」
「はーなるほど。アステルはいくつか場所を知っているんだね」
「監視カメラなんてあったのか?」
「機能してなかったからたった今監視し始めたところだけど」
「ふーん……」

 コードに気を付けながら真白の隣に立つと、千破矢は真白とは反対側の画面へ視線を移した。

「? 真白」
「なんだ」
「ちょっとこれ見てみ?」

 すっと人差し指を映像へ向ける。

「……ふむ。なるほど」

 真白は数秒間固まった後そう呟くと、画像全体を一瞥し、すぐそばにあった赤いボタンをポンと押した。

「なるほど、なるほど。わかった。千破矢、詩音らと合流しよう。僕達の仕事は終わった」
「えっ」

 言うや否や真白は千破矢の腕を引っ掴んで部屋を飛び出す。
 いくつかの爆発音が響いたが、千破矢は何もツッコミを入れなかった。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。