コメディ・ライト小説 ※倉庫ログ

KEEP THE FAITH【END】
日時: 2018/01/08 00:51
名前: 水無月 紅雪 ◆zW64EWZ0Wo

 永遠に刻もう。私のみてきた全てのことを――。


 紅雪です。高校入学しました!更新スピード落ちます(元から

 ついったーなるものを始めて見たのですが、なかなか機能が掴めなくてひとりゾクゾクしております。絵とか出せたら良いなとか思っています(どうでもいい)。


 おそらく今回が最後でしょう。そんなことはなかったです。


〜ルール
・荒らし、チェーンメール等はいらないです。
・矛盾・趣旨の食い違い等はいつものこと。
・亀更新。活動時間は主に夜かと。
・アドバイスがあればお願いします。
・パクリは気にしない方向で。無法地帯です。
・宣伝歓迎。見に行きます。コメントは言われたらします。
・コメントは上記のとおり大歓迎。コメントください。
・薔薇と百合が入り乱れる可能性。
・作者の厨二病はリア友を巻き込むレベル。
・ギャグとシリアスが同盟を組んだようなお話。
・自己満足小説です←
・コメディはコメディでもハートフルボッコメディです←
・文字数が超えたので>>0がすでにごちゃごちゃしてます。

〜もくじ

登場人物紹介>>1
目次→>>10


 〜れんらく

・12/14 4:03スレ誕生
・12/21 参照50突破*
・ 1/ 7 参照100突破*
・ 1/19 参照150突破*
・ 1/25 参照200突破*
・ 1/28 今週のお知らせ>>44
・ 1/31 参照250突破*
・ 2/4 参照300突破*
・ 2/6 参照350突破*
・ 2/9 参照400突破*
・ 2/9 五十話突破!
・ 2/14 参照450突破と言うのに気付いた日*
・ 2/16 参照500突破*
・ 2/20 参照550突破*
・ 3/2 参照650突破*
・ 3/6 参照700突破*
・ 3/10 参照750突破*
・ 3/15 参照800突破*
・ 3/20 100コメ突破(
・ 3/22 参照850突破*
・ 3/29 参照900突破*
・ 4/12 参照950突破*
・ 4/19 参照1000突破
・ 4/26 参照1050突破
・ 5/2 百話突破!
・ 5/5 参照1100突破
・ 5/17 参照1150突破
・ 5/24 参照1200突破
・ 5/28 参照1234突破(ネタ)
・ 5/28 修学旅行 >>130
・ 6/1 修学旅行 >>131
・ 6/1 参照1250突破
・ 6/5 参照1300突破
・ 6/14 参照1350突破
・ 6/21 参照1400突破
・ 6/26 テスト終わった知らせ(?)>>142
・ 7/7 参照1500突破
・ 7/15 参照1550突破
・ 9/20 紅雪引っ越し終了→復帰のおしらせ的な(>>151
・ 9/20 参照1800突破
・ 9/27 参照1900突破
・10/1 第一章終了!
・10/9 参照2000突破
・10/24 参照2100突破
・10/30 参照2200突破
・11/10 参照2300突破
・11/27 参照2400突破
・11/29 参照2500突破
・12/30 参照2600突破というのに気付ry
・ 1/27 参照2800突破と(ry
・ 1/? 銀賞とった……ぽい(
・ 2/14 参照2900突破
・ 3/4 参照3000突破
・ 4/2 参照3200突破
・ 4/10 参照3300突破
・ 4/21 参照3400突破
・ 5/22 参照3500突破と(ry
・ 5/27 参照3600突破t(ry
〜参照まともに見てなかった6月〜
・ 7/11 参照4000突破
・ 8/30 参照4300突破
・ 9/22 参照4700突破
・ 11/5 参照5600突破

・2018 1月8日 完結。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57



Re: KEEP THE FAITH ( No.278 )
日時: 2018/01/06 19:19
名前: 水無月 紅雪 ◆zW64EWZ0Wo


「やっと合流できたぁあああ!!」
「さっきぶりだね」
「だな。千暁は元気にしてたか?」
「満身創痍でした」

 僕がやってしまいました(にっこり)。
 アストルと詩音、真白と千破矢がやたらと長い道のりを経て廊下で合流した。

「それでも動きまわるあたりもうクリーチャーとかの範疇超えてますよね」
「シンプルにきもい」
「わかりみが深い」
「実父があれって恥ずかしいわ」
「千破矢もいつかああなるんでしょうかね」
「絶対無理」

「ところで、これからどうするのですか?」
「うん。僕らにはもうこれといってやることはないんだ。千暁の件はもう3人に任せるしかないし」
「でしょうね」
「本当は外でゲシュ狩りしたいんだけど、多分2人でなんとかなるし」
「さっき外見たらもう残り半分以下でした」
「豪雷も鈴芽も夏野菜みたいにイキイキしてたね」

 夏野菜?と首を傾げながらも真白は話を進めた。

「3対がやっと帰って来たから、作業に取り掛かろうと思います」
「「「作業?」」」

 遠目にロボ3対の姿が見えたとき、男性陣の心は1つになった。

   ――うわこいつマジかよ。


 *


「ヒナタ、大丈夫?」
「う、うん。まだ」
「走れる?」
「……大丈夫、行けるよ。走ろう」

 すぐ後ろに、いる。
 風蘭の表情からそれはすぐにわかった。腕を引かれながら、脚を縺れさせながら、走る。
 階段は風蘭が調節が難しいらしく高く飛んでしまうため自力で。上り切って、風蘭が背中を押す形で再び走り出す。

「なんか、あの人真っ赤だね」
「エエエ見えてるの?!」
「うん。今階段ひとっ跳びですごいなぁって思ったところ」
「近い近い近いぼぼぼくどこ行けばいい!?」
「あっ! そこの扉! 入って!!」

 押し込む形で指示された部屋に飛び込む。

「――え」

 いつも通り、宝石の中に閉じ込められた蓮が、そこにいた。

Re: KEEP THE FAITH ( No.279 )
日時: 2018/01/07 22:26
名前: 水無月 紅雪 ◆zW64EWZ0Wo


 驚愕していると、風蘭がさっと背後に目を向けた。――千暁だ。

「ほぉ、これが出雲蓮、か……」

 ニタァ……と笑みを浮かべて血みどろのまま一歩ずつ近付いて来る千暁の目には、今の今まで追いかけまわしていた日向の姿など映し出されていなかった。
 ただただ、不気味な笑みを晒しながら千暁は鉛色の刃物を振り上げる。

「これで、俺は――!」

 日向を一瞥したかと思えば、鉛をそのまま振り下ろした。その時、

「ヴィダー・ハル!」

 風蘭が叫んだ。呪文が部屋にこだまし、次にぴきり、とか、キィン、とか。そんな鈍い音とともに鉛色が床へ転がる。千暁はゆっくりと、風蘭を睨み付ける。彼女は息を飲み、桃色の目で千暁を見つめていた。

「なんだ、今のは」
「え、っと……。……今のは、魔法ですっ。防御魔法の呪文!」
「は……?」
「ヒナタ!」

 風蘭は怒鳴るように再度叫ぶと、日向へ駆け寄る。日向は――、蓮のいる宝石を凝視していた。ずっと、ずっと。

「ひなた……?」
「……て」
「……」
「――蓮、帰って来い!!」


 *


 “いつも通り”、宝石に閉じ込められた彼女。
 閉じ込められているはずだった、彼女の姿が。
 今日はやたらとはっきり目に留まった。


 *


 ぴき、ぱき。氷の割れるような音だったそれはクレシェンドのように音を上げていく。
 日向が声を上げた瞬間、それはひときわ大きな音を立て、止まった。

 ばきん。

 我ながら良い音だと思った。こんな音立てて割れるんだ、これ。みたいな。なんだっけ、そう、鉄琴。あれの右側を勢いよく叩いたみたいな音。耳に残るやつ。
 視界が開ける。久々に地に着いた足は正直重すぎて驚いたけど、それと同じくらい久しぶりに見た2人は、それ以上に驚いてるみたい。奥のおじさんはなんだか千破矢に似てるね。

 言いたいことはいっぱいある。っていうとなんだか物語みたいだけど、本当にその通り、……なんだろうな。日向と風蘭、百面相してるみたい。わかるよ、わかる。
 だからとりあえず、物語らしく話を進めるとしたら

「――ただいま、2人とも」

 私の脚はもうガッタガタですわぁ。老化かしら?(すっとぼけ)

Re: KEEP THE FAITH ( No.280 )
日時: 2018/01/07 23:21
名前: 水無月 紅雪 ◆zW64EWZ0Wo




 数ヵ月後。

 結論から言ってしまうと、千暁は逃げてしまった。これで2度目である。後に息子から「あいつプライドないのか?」と首を傾げられていた。
 ちなみにその息子は未だに告白出来ずにもだもだしている。先日真白から、「告白とやらはまだなのか?」と聞かれていたのは流石に可哀想だった。いいぞもっとやれ。やってやれ。

 真白、千破矢と詩音、アステルがあのあと何してたかって? なんだかよくわからないけど、千暁が逃げた後に合流したときには何故か久しく見なかったロボ達と日曜大工中だった。しかも蓮を見たときの真白の第一声は「あ、おはよう蓮。眠れた?」。それに続いて詩音が「千暁は死にましたか?」。アステルが「おつんご〜」。千破矢はツッコミの渋滞に暴走したのか「全員そこになおれー!!」と叫び、何故か一緒に正座させられ怒られた。
 ちなみに何を造ってたかというと建物製造用のロボットだそうだ。グラギエス復興を本気で考えていたあたりものすっごく真白らしいなと思った。

 ゲシュテンペストたちは、アステルに夏野菜みたいだと評されていた2人組が一匹残らずぶちのめしていた。実に楽しかったそうな。
 そしてこの2人の恋愛事情、なんと豪雷から動きだしたのである。デートに誘ったりプレゼントしたり、けっこう頑張っているのだけれど、たったひとつの問題。そう、鈴芽が気付かないのである。
 鈴芽は片思いだと信じて疑わない(ようにしていた?)らしく、「勘違いするようなことするな」と言われ「ふざけんなよ勘違いすんな好きなんだよ」という流れで晴れて結ばれたそうな。
 詩音のことについてどう思ってるか聞いたところ、豪雷は「親友」、鈴芽は「ライバル」だと言い張っていた。……鈴芽の言うライバルって腐った意味じゃないよね?

 ……真っ先に犠牲になった(語弊)デジェルはいい感じに復帰している。髪の色も戻っている(真白談)ため、大丈夫だと思われる。千暁がまた来たりしたらセンサー代わりになるね、と笑われていたがその数日後思いっきりショートにしていた。真白が珍しく驚いていたのは覚えている。
 フラムは相変わらず千破矢とツッコミ祭りをしている。最近は元とはいえ上司であるデジェルにも問答無用でツッコミを入れるようになった。戦闘の腕前も着実に上がってはいるがオブ・ルクスはここ最近どちゃくそ平和である。

 風蘭はあの後、ものすっごいぎゃん泣きをかましてくれた。それはもう大地がひっくり返りそうな大声で。その隣で僕もひそかに泣いたのだけれど、それは秘密である。
 蓮は「あははー大丈夫ー?」とか軽いノリで風蘭を抱きしめて座り込み、僕の頭を撫でた。大丈夫なわけがない。元気そうで良かった。
 なんであの時宝石が割れたのかは、蓮にもわからないそうだ。

Re: KEEP THE FAITH ( No.281 )
日時: 2018/01/08 00:05
名前: 水無月 紅雪 ◆zW64EWZ0Wo


 ちなみに、蓮が自由になった今、グラギエスに籠城する必要がなくなった。
 ……ということで各自解散。となったわけだが、特に生活は変わっていない。
 真白はグラギエス絶対復興させるマンだし、千破矢は親の責任を……とかは関係なく実家わからんしいいや、とそのまま残っている。
 詩音は一旦実家に戻ったが数日でこちらへ帰って来た。何やら町長と話をして完全なる自由を手に入れて来たそうだ。時々オラオラ系の方の人格が出てくるがどっちも人生をエンジョイしてる。
 豪雷は鈴芽と恋人になってからすぐに、「旅に出る」と出て行き、鈴芽がそれについて行った。1ヶ月に一度は手紙とリア充前回な写真を送りつけてくる。

 っていうかここに集まってるのはほぼ全員ホームレスのため、ここを拠点にするのが一番楽なのである。

 ああ、あと、僕はなんだかよくわからないけど2代目魔王になりました。
 なんだかよくわからないけど、2代目魔王に、なりました!

 アステルさんがある日突然、

「日向はどうやら、オレと同じ所から来たようだねぇ」

と言い出した。
 ちょっとよくわからなかった。本人もフィーリングのみでそう思ったらしく、詳しくはわからないと言っていた。まあ少なくとも100年は生きてる人だから忘れてても仕方ないと思う。おじいちゃんだもんね。
 それでそれに反応したのは蓮だった。「えっマジで?」みたいな反応。
 そこからはあれよあれよといううちに蓮から魔王パワーを授かり、2人に笑顔で

「「はい、2代目魔王頑張ってね」」

 ……と。
 なにそれどゆこと。多分これは口に出したと思う。

「これで魔法が使えるよ! やったね日向くん!!」

 サムズアップを噛ましながら肩ポンして来たのは蓮だったかホモォ族だったか。

「あっ、でも下手したら世界滅ぶから気を付けてね?」

 アステルだったかもしれない。
 絶対魔法は使わないと心に決めた。


 *


 この世界で生きとし生ける全ての存在よ、この世界を訪れる全ての存在よ。

 ――ようこそ、私のもとへ。

Re: KEEP THE FAITH ( No.282 )
日時: 2018/01/08 00:37
名前: 水無月 紅雪 ◆zW64EWZ0Wo


 あとがき(?)

 約3年、4年間?(?)閲覧頂きありがとうございました。失踪期間もあったため「最初から最後までいたぞ!」という方は少ない……というかいないと思います。いるのであれば友達になって下さいぃ(ネットでもコミュ障)。
 さて、一応「EUREKA」「KEEP THE FAITH」は完結となります。
 ……フラグが回収できていないところがあるのは大目に見て下さい。中2の厨二な発想を直視できない(あまり読み返さない)。
 改めて読んでみると「ここ絶対こうした方が良かった!」とか「この設定いるの?!」みたいな点が沢山ありました。はい。書き切れなかったし……。

 予定から大幅にずれた子をいくつか紹介すると、
風蘭→本当はなかなか凄い家系で実は凄い潜在能力を秘めてます設定(消え失せた)
シルア→もともと詩音の中から消えてもらう予定だったけどシアンを叩きこむことで阻止(してしまった)
カイン→アリスちゃん(友人)に「死ぬキャラ作って」と言って作ってもらった(だから死線を潜り抜けまくった)
ロウ→アリスちゃん(友人)から「殺っちまえ☆」って言いながら貰った子。元気に窓から逃げてくれた
フェイ→アリスちゃn(ryに「殺っちm(ry」って言われたけど以下略
 ですかね。一部です。

 ちなみに説明できなかったラストについて。
 風蘭が呪文を唱えた時のぴきりは宝石、キィンは刃物の音。風蘭は凄いんだぞ!(せめてもの抵抗)
 で日向の声で割れたのはもちろん蓮が「日向ktkr」ってなったのもあるんですけど(?!)、日向に魔王としての能力が移転しつつある状態でした。多分「カイン一行with千破矢」あたりでフラグ立てまくった気がするんですけど(既に忘れてる)、蓮は結界(転生)で、日向はオブ・ルクスの訪問者です。アステルも同じく訪問者でーっていう。
 どこから来たかというと、どこかから来ましたね、としか言えません。そっちの世界については書く予定が全くなかったので想像にお任せします(丸投げ)。

 今まで書いた作品の中でも一番スケールの大きな話でしたね。これ書く前はなんか二次小説(映像)の方でとんがりボウシをひたすら書いてた気がします。内容はほぼ無関係じゃねぇかーと思って書いてて最後になんか、樹氷魔法学校を書き終えたあたりで思ったんですよ。「あれこれオリジナルじゃね!?」って。そっからはこの作品の構想練ってもにゃもにゃしてましたね。

 とまあ、語り出すと無駄なことまで言ってしまう私ですが、本当にEUREKAはこれで終了です!
 しかし!
 私はこのサイトが自分でも嘘だろってくらいに好きです(告白)。
 大学生とか成人とかになっても書いてるんじゃなかろうか(現在高2)。
 出来ればこのサイトが終わるまで書き続けたいですねぇ……。えへへ(気持ち悪い)。


 次は二次小説(映像)にてibを執筆予定。

 おやすみなさい!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。