コメディ・ライト小説 ※倉庫ログ

放課後ディベート【議題募集中】
日時: 2015/02/01 23:55
名前: 鳩目

debate
それは、意見と意見のぶつかり合い…
すなわち 戦闘! タイマン! 一騎打ち!

これは、自分の意見を武器に戦う
少年少女のバトルの記録である!












うっそぴょん♪
これは、男の子、おにゃのこが
だらだらと意見を述べる
ゆる〜い小説だよ♪


鳩目「初めまして。 私はこの小説の作者の鳩目です。
この小説は、架空の町 槻草(きそう)町の中高生が、
話し合う小説です
私は文を書くのが下手なので、
分かりずらいところもあります
ご了承ください
それでも、 読んで頂けると、
私としては感謝の気持ちでいっぱいです
それでは、お楽しみください」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31



Re: 放課後ディベート【議題募集中】 ( No.148 )
日時: 2017/09/30 23:45
名前: 木ネジ

霧島「あの、早く小説更新してください」
木ネジ「はぁ…分かったよ」


20分後…

木ネジ「これでどうだ」


201x年、世界は核の炎に包まれた!海は枯れ、地は裂け、全ての生物が死滅した。

ご愛読ありがとうございました!


霧島「いや、終わらせないでくださいよ!」
木ネジ「はぁ…ネタ切れなんだこっちもよぉ」
霧島「みんな待ってるんですよ!」
木ネジ「いやいや、これを待つ人がいたら相当の変態だよ。」
霧島「仕方ない…出てきてください。」

真○子「このハゲー!」
木ネジ「うわぁ!」

ボコッ!
木ネジ「か、活動再開したはずじゃあ…」
霧島「ふふふ…こんな人に投票する人がいると思いますか?」
木ネジ「いや、だからって…俺を殴る理由には」
真○子「お前頭がおかしいよ!」

こうして、木ネジはBBAに殴られながら一生を終えた。


ご愛読ありがとうございました!


霧島「だから、終わらせちゃダメなんですよ!」

Re: 放課後ディベート【議題募集中】 ( No.149 )
日時: 2017/10/12 22:41
名前: 木ネジ

霧島「早く!書いてくださいよ!」
木ネジ「めんどい」
霧島「真○子呼ぶよ!」
木ネジ「やめてくれよ…」

霧島「本編、始まります!」


〜月曜日、会議室〜

若林「議論も久しぶりだね」
愛海「早速だけど…帰っていいかな?」
芦屋「ダメだよ!何か今回は重要らしいし」
泉「最終話…」
園木「ありえるのがこわい」
白石「もしくは、路線変更?」
宮野「1人の少女が立派なバレエダンサーになる小説!」
霧島「あり得ないですね〜」

木ネジ「今回は、大切なお話があります。」


ざわ…

ざわ…

木ネジ「俺、5キロ太りました。以上です。」
愛海「帰ろ帰ろ。」
若林「魔○村クリアしなきゃ」

御子柴「待ってくださいよ!久しぶりに会議室に来たんですから、もう少しゆっくりしても」
宮礫「そう言われても、みんなにみんなの生活があるわけだし…」

霧島「私は漫画で賞取るために日々精進」
若林「俺は芦屋先生に○界村を指導してもらってる。」
白石「オレ?毎日墓石見学」
榎本「僕は宮野さんのバレエの手伝い。」
園木「うーん、これじゃあ会議する暇が」

芦屋「でも、また会議するならそれはそれで面白いかな」
御子柴「そうですよね!」
泉「今日も会議したいし!」

霧島「会議しましょう会議!」


泉「それで議題は…」
白石「墓石!」
泉「いや!」

続く

Re: 放課後ディベート【議題募集中】 ( No.150 )
日時: 2017/10/27 21:38
名前: 木ネジ

若林「今回はさ、シンプルなものでよいと思うんだよ。犬派か猫派か、とか」
愛海「そもそもディベートって、2つのチームに分かれて行うものだったね…」
榎本「人は2つのグループに分けられるほど単純ではない。」
白石「まあそうなんだけどさ…」

宮野「でも、一度やってみた方が良いんじゃない?」
宮礫「多数決とってみよー」

犬派
霧島宮野若林宮礫御子柴園木

猫派
泉白石愛海芦屋榎本鶴見


若林「それじゃあ、2つのグループで作戦会議してください。」


続く

Re: 放課後ディベート【議題募集中】 ( No.151 )
日時: 2017/11/22 21:20
名前: 木ネジ

犬派

園木「犬は可愛いよね、賢いし。」
宮礫「人間の一番の友達だと思うよ。」
宮野「お手とかすると嬉しいよね!」
若林「賢い…ほかに何かあるかな?」
霧島「私飼ってないから分からないですけど…散歩すると気持ちいいですよね。」
白石「お○んぽ?」
若林「入ってくるな白石」


猫派
愛海「猫は気ままなところが良い。」
泉「猫のようにのびのび生きたいですね。」
芦屋「気まぐれだからこそ、懐いた時とても嬉しいよ!」
鶴見「意外と人なつこいから、布団にも入ってくるんですよ!」
白石「触りこごちも、良いよな!肉球可愛いし」
榎本「…肉球はほどほどにするべきだ。」

続く

Re: 放課後ディベート【議題募集中】 ( No.152 )
日時: 2017/12/27 23:31
名前: 木ネジ

若林「作戦タイム終了ですが、あらかじめ聞いておきます。この中で飼ってた人とかいる?」

若林 スッ…
榎本 スッ…

宮野 「榎本くん猫飼ってるの!?」
榎本「田舎にいた時飼ってました。今も元気ですよ。今年で7歳になりますね。十分なオバンです。」

若林「俺も4年くらい飼ってるよ。躾とか色々やってたし。」
芦屋「じゃあ、お散歩とかいうのは…」
若林「やりますねぇ!やりますやります。」

御子柴「今度見せてください!」
霧島「私にもお願いします!」
若林「もちOK!俺のトイプードルは一番可愛いぜ!」

続く

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。