コメディ・ライト小説 ※倉庫ログ

fantastic story
日時: 2017/05/14 23:39
名前: モズ
参照: あーりんやすで緑多め

キャラ紹介……>>8>>10>>29
オリキャラシート(現在募集中)……>>30



初めて書いたのでいろいろつたないですがご了承ください

【村人がたりの始まり。】


むかしむかし、空の国がありました。


その国はとっても平和でした。


当時ヘルイング国王が国を治めていました。


ヘルイングはとても冷酷な国王でした。


どんな子供でも青年でも王の法に背けば、


即処刑。50年でどれほどが死んだのだろう。


さらに、自分にばかり国の金を使っていた。


いつも狩りに出ていてろくに政治に参加しなかった


が、王に洗脳された貴族が政治をしていたため、


治安はもちろん、経済や産業も発展しなかった。


しかし、暗殺されてしまうと娘である、


ハレンが女王として国を治めている。


ハレン女王は青白い美しい髪に、


力強く、はかない青い目。


肌は真珠のようにとても白い。


ともかく、「空の妖精」と呼ばれている。


そんな彼女は父と異なり非常に温厚で、


さらに他人を尊重する素敵な女王であったから、


国民に非常に信頼され、支持されていた。


が、もう年頃なのだ。


女王と言えど、ハレンはひとりっ子であるから、


世継ぎがいないのだ。


裏ではその事がよく話された。


国民に慕われる、けど寂しい。


ハレン女王の物語です。


私はただの村人ですから、話はうまくありません。


どうでしたか?




【エピソード1】


平和。本当に平和。


どうしてここまで平和なのかしら?


父と何が違ったのかしら?


全然わからない。


みんな、私が優しいから。とか。


温厚だから。とか。


父は優しくなかったのかしら?


私、ほとんど関わっていなかったから。


分からないわね。


いつも、お城にいなかったわ。


何をしていたのかしら?


今は誰も教えてくれない。


昔もそうだったけど。


「うぅ〜〜〜〜。」


朝日が眩しい。窓から強い光が入ってくる。


いつもより早く起きたのかしら。


小鳥がチュンチュンと鳴いている。


なんとも可愛らしいのだろう。


羨ましい。そんな、健気な可愛さが欲しい。


でも、悩んでも仕方ないか。


「うんっ!頑張ろ、今日も。」


お気に入りの海のような爽やかな青い櫛で


髪をとかしていく。


「けっこう長いなぁ〜、この髪。」


鏡を見ると、背中まである。


いつものように星屑を散りばめたような、


青いバレッタを右耳もとに着けた。


そして、寝巻きから着替えた。


空の国=幻想的?


他に国があるか知らないけど、


そういう訳じゃないし。


だから、勝手に「妖精」とか呼ばれているし。


別に良いけど。関係ないし。


「ハレン女王様、そろそろ良いでしょうか。」


「ええ。そろそろ行くわ。待ってて。」


「はいっ。」


今来たのは年も近く仲の良いエデンだろう。


彼女は本当に人が良い。無駄に優しい。


お人好しなのだろう。


こういうとき、地位と言うのは邪魔だ。


そう思いながらドアを開けた。


「では、朝食を取りましょうか。」


「ええ。ねぇ、どうして私は女王なの?エデン。」


「えっ。そっ、それはそういう家系だからかと。」


「じゃあ、あなたと対等になるにはどうすれば


良いのかしら。もう、こんな肩書き、嫌なの。」


「しかし、みなさんはあなたのような俗に言う


プリンセスや女王になりたいんですよ。」


「ともかく、ハレン女王様、行きましょう。」


「ええ。すまなかったわ。エデン。」


「いいえ。私が悪いのですから。」


≪朝食≫

今日はクロワッサンに鮭のムニエル。


サラダ、エッグ、ミルクレープだ。


カチャカチャ


ただ、ナイフとフォークが鳴る。


鳥たちも、鳴いてくれない。


誰もしゃべろうとしない。寂しい。


そうしていると、食べ終わってしまった。


各自、淡々と片付けていく。


私も片付けていく。


「ハレン女王様、私が持っていきますので。」


また、エデンだ。働きすぎではないか。


よく見ると、寝不足の証、クマができていた。


「私のせいで眠れないのだろう。すまないな。」


「いえ。学業のせいです。ハレン女王様は何も


悪くありませんっ。では、失礼します。」


逃げるようにエデンは去っていった。


う〜む、どうすればよいか。


人付き合いが乏しいため、分からない。


とぼとぼと自分の部屋に戻っていった。


「あぁ〜っっ!!」


ドカンッ。


ベッドに飛び込んだ。


「どうして女王なんかになってしまったのかしら」


コンコン


答えるようにドアが叩かれた。


「私です、エデンです。入ってもよろしいでしょ


うか。」


「ええ。開いているわよ。勝手に入ってちょうだ


い。エデン。」


「では、失礼します。」


「どうしたのかしら、エデン?」


立ち位置に困っていたが床に座るようだ。


「あそこの椅子を使っておくれ。」


「しかし、私なんかが。」


「私にとってエデンは大事な存在だ。


だから、座ってくれ。」


「では、お言葉に甘えて座らせていただきます。」


小柄でボブの金髪の人形のようなエデン。


とっても愛らしいが、どうしてこの世界に?


「朝食時に私なんかに無駄な心配をかけて


頂き、申し訳ありません。ハレン女王様。」


床に頭をつけ土下座をしていた。


私も床に正座で座った。


「大丈夫よ。そんなこと。


それより聞きたいことがあるんだけれども。


いいかしら?」


「……?!えっ、あっ、はいっ。」


「どうしてあなたはこんなところに


いるのかしら?教えてほしいの。」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



Re: fantastic story【題名変えた】 ( No.37 )
日時: 2017/05/13 20:10
名前: モズ

今回は雑談させてもらいます


参照500突入ーー!


本当にありがとうございます!
ちゃんとしたジャンルで言えば、
なんだろうな作品です

それに初めて書いた駄作……
正直ここに自分で開いた回数も
含まれてしまうのは残念ですが、
それでもとても嬉しいです


最近かわかりませんが
番外編を書くかもしれないと
打っていたのかな?
それについてはまだ、検討中
なので気が向いたら書くかも……?


コメントやアドバイスは
いつでも募集中です
誤字など気になったところがあれば
指摘して欲しいですね
そこは細かく教えて欲しいですね
モズはどこでも方向音痴になりますんで


イラストについては
書きません、断言します
他に書いてるのも同様です
みなさんの頭のなかに既に
キャラクターが創造されているのかな?
そう思ったからです
描いてっ!と言われても
描きませんし描けませんので
そこはお願いします


最近は更新があまりできてません
リアルが楽しいのですよ
あと学生ですので
テストもありますし
やりたいこともたくさんです
なので
のんびりとやらせてもらいます


まだ書くのかよ、
そう思った方は今日はバイビッ!して
まだ、書きます



はい、これからについてですよ
どうでもいいでしょうが、書きます
まぁ、まだ決まってないんすよ
はい、つまりめっちゃ更新はのろいす。


あと、コメントが欲しいんですよ。
書いてて励みがないんすよ。
もち、自分がしたくて……ですけど
なのでここ、読んだ人お願いします!
本当にお願いします!


はい、思ったより書くことなかったので
今回はこれでにします。







Re: fantastic story ( No.38 )
日時: 2017/05/15 23:38
名前: チェリーソーダ

さて、コメントですよ、モズっち。(←勝手にモズっちと呼んでいる)

まずはハレン女王のキャラがぶれてないのがこの作品の一番いいとこだと思う。
小説書いてる人ってねー、書いてるうちに自分の心境が変わったり、考え方が変わったりするからストーリーやキャラクターにブレができるんだが……さすがッスね。
ここバッチグーッス。

これからのストーリー構成はあるのかな??
見るからにこれから自分の力、エリカと戦っていくと言うかなんと言うか。
エリカのキャラクターというか、力が(インパクト)大きいから、それをバランス保つのには少し苦労するかもね。
あくまで私なら。

さて、コメントというか感想というか、(というかが多い)書いたけど、特に参考にならないだろうからへー、そうなんだー、みたいな感じで読んだんじゃないかな?次はもう一個の小説の感想みたいなの書くから待っててねー

Re: fantastic story ( No.39 )
日時: 2017/05/16 17:19
名前: モズ

うん、ありがとー
ならばわしはリーさん(跡形もない……)
そう、呼ばせてもらうか
うん、やっぱり検討しよか


そこは一応意識はしているよ
時々見返したりしているかな
本当に思ったまま書いてるから
そんな風に受け取ってもらえてるなら
嬉しいよ


エリカちゃう、アイカです
でも「女王はかえらない」という本を
読んでいたからエリカ……アハハ……
そうだね、何にも決まってないからね
まぁ、まだ序盤だし……となると
おぉー、決まってきそう……!



あいっす、それとアドバイスありがとうー
頼んで正解でしたー

Re: fantastic story ( No.40 )
日時: 2017/06/06 23:50
名前: モズ

私はここでは邪魔物だ。
二人で話すべきだ、よし去ろう。



「待って、あなたがいないと駄目。
それに、まだ話すこともたくさんある」



見た目は可愛らしい少女。
なのに、その目が笑っていなかった。
悲しそうにしていた。
これで去る理由もなくなってしまったが。



「それより、ケム、アイカは?
話さないの?」



妙に砕けた言い方だけど、
二人の前でわざわざ女王らしくいる、
そんな意味なんてないと思ったから。



「アイカ、さっきの話を詳しく聞きたい。
言いたくないだろうけど。
教えてくれないとこっちも気が済まないから」



ケムのその言葉にアイカは場違いに微笑んだ。
その笑顔は心から笑っているような、
なんとも優しくて、可愛い笑顔だった。



「教えないとさすがに駄目だよね。
うん、話すよ。ハレン女王も聴いてよ?」



「もう、ハレンでいい。
アイカが私なんかを友達と思ってくれたら」



「友達になろうよ!
って、子供のやり取りみたいだね」



「……アイカ、話……」



「あ、忘れてた。ごめん、ケム。
話すよ、ようやく」



聞いていて良い話ではなかった。
アイカの父親は権力が大きく、
人使いも荒く、従わない者には暴力。
女は気に入ればすぐ、物にした。
毎晩アイカ宅では知らない女の喘ぎ声。
それが嫌でほとんど友達の家に泊まっていた。

しかし、あるとき父親は大いに怒ったそう。
アイカの母、つまり妻が逃げた。
酷く怒ってアイカを無理矢理探しだして
鞭やら針やら自らの拳で暴力。
当時は身体中切り傷やアザだらけ。
今でもその名残が残っていた。
が、普通なら見えない部分だった。

そして今までのアイカの話も嘘がある。
まず、父親はいないも同然だった。
父親は日々女のもとへ。
母親は生んでからは恐怖に震えながら
育児をしてくれた。
そして4歳の頃の戦い。
平和的なんかじゃなかった。
そしてそれはケムたちへの不幸だった。
そう、幼い頃の戦いは
アイカたちとケムたちの戦い。
結果は平和的なんかじゃなくて、
アイカの父親だけがハッピーなものだった。

光っていたのは真実だが、
変な子と言われたりしていた。
さらに、父親の影響もあり、
近所の子には苛められていた。



「だから、私はケムと仲良くなりたい。
心か醜い私なんかでも。ハレン……も」



ケムも何かを決心した表情をして
そして優しい笑顔を見せて



「そんな事情なんて知らなかった。
こんな良い子なのにごめん。本当に……」



「……良いよ、ケム。
あいつが悪いんだから、気にしなくて良いよ」



アイカはそういった。



「なら、友達になろう。
ケム、アイカ、私で」



そうして、三人で手を繋いだ。
童心に帰った気分だった。

そのまま、私はティバへ戻った。
ケムは飛んで、
アイカはファームプラントの馬で
ティバに向かった。

私はエリカなんて忘れていた。
そんな力、忘れたくて記憶から消そうとした。







Re: fantastic story ( No.41 )
日時: 2017/06/10 18:55
名前: モズ

みなさん、知ってましたか?
参照とか閲覧とかなんちゃらの数が
600を達成していたことを……



はい、ろくに更新していなかったのに
もう、本当に読んでくださったみなさん、
ありがとうございますっ!



さて、以前500記念でやろうとしていた、
いわゆる特別編についてですが、
誰かさんからの希望や
わしの気分で書こうかなと思っております



それで今まで書いていて思ったのですが
今までのストーリーまとめた方がええなって。
もしも、もしもの話ですが
めっちゃ書いたとき、まだ書こう!
そうなったらどうしようかとか。



これからの展開は一切決まっておりません。
アイカとケムの小さな争いが収まったが
このあとをどうするか?
必然的にアイカは登場しますが
エリカというこの力をどうするか、とか。
他国の王子さまを登場させるべきかとか。
何にも決まっておりません。
なので、更新はまだ遅いままです





え、まだ話が続くの?
そんな方はもう、出ていってけっこう!
ここからはたいした話をしません(笑)



イラストについては結局やり方がわからん
テストで送信して
できたら……やります
一応、ここでも更新ついでに報告します
(描かないって言ってたのに描くんか、
あぁ、描くよ。描いて悪いか?)



それと、寂しいよー
コメント、誰かしてよー
今ならどんどんしていいからさー?
マジで、よろですよ
そうしないと、悲しくなるんだよー



はい、もう終わり!
今日か明日にまた、更新するかもです
じゃあ、ねずりんでバイビー!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。