コメディ・ライト小説 ※倉庫ログ

fantastic story【題名変えた】
日時: 2017/03/25 18:55
名前: モズ


キャラ紹介……>>8>>10>>29
オリキャラシート(現在募集中)……>>30


初めて書いたのでいろいろつたないですがご了承ください

【村人がたりの始まり。】


むかしむかし、空の国がありました。


その国はとっても平和でした。


当時ヘルイング国王が国を治めていました。


ヘルイングはとても冷酷な国王でした。


どんな子供でも青年でも王の法に背けば、


即処刑。50年でどれほどが死んだのだろう。


さらに、自分にばかり国の金を使っていた。


いつも狩りに出ていてろくに政治に参加しなかった


が、王に洗脳された貴族が政治をしていたため、


治安はもちろん、経済や産業も発展しなかった。


しかし、暗殺されてしまうと娘である、


ハレンが女王として国を治めている。


ハレン女王は青白い美しい髪に、


力強く、はかない青い目。


肌は真珠のようにとても白い。


ともかく、「空の妖精」と呼ばれている。


そんな彼女は父と異なり非常に温厚で、


さらに他人を尊重する素敵な女王であったから、


国民に非常に信頼され、支持されていた。


が、もう年頃なのだ。


女王と言えど、ハレンはひとりっ子であるから、


世継ぎがいないのだ。


裏ではその事がよく話された。


国民に慕われる、けど寂しい。


ハレン女王の物語です。


私はただの村人ですから、話はうまくありません。


どうでしたか?




【エピソード1】


平和。本当に平和。


どうしてここまで平和なのかしら?


父と何が違ったのかしら?


全然わからない。


みんな、私が優しいから。とか。


温厚だから。とか。


父は優しくなかったのかしら?


私、ほとんど関わっていなかったから。


分からないわね。


いつも、お城にいなかったわ。


何をしていたのかしら?


今は誰も教えてくれない。


昔もそうだったけど。


「うぅ〜〜〜〜。」


朝日が眩しい。窓から強い光が入ってくる。


いつもより早く起きたのかしら。


小鳥がチュンチュンと鳴いている。


なんとも可愛らしいのだろう。


羨ましい。そんな、健気な可愛さが欲しい。


でも、悩んでも仕方ないか。


「うんっ!頑張ろ、今日も。」


お気に入りの海のような爽やかな青い櫛で


髪をとかしていく。


「けっこう長いなぁ〜、この髪。」


鏡を見ると、背中まである。


いつものように星屑を散りばめたような、


青いバレッタを右耳もとに着けた。


そして、寝巻きから着替えた。


空の国=幻想的?


他に国があるか知らないけど、


そういう訳じゃないし。


だから、勝手に「妖精」とか呼ばれているし。


別に良いけど。関係ないし。


「ハレン女王様、そろそろ良いでしょうか。」


「ええ。そろそろ行くわ。待ってて。」


「はいっ。」


今来たのは年も近く仲の良いエデンだろう。


彼女は本当に人が良い。無駄に優しい。


お人好しなのだろう。


こういうとき、地位と言うのは邪魔だ。


そう思いながらドアを開けた。


「では、朝食を取りましょうか。」


「ええ。ねぇ、どうして私は女王なの?エデン。」


「えっ。そっ、それはそういう家系だからかと。」


「じゃあ、あなたと対等になるにはどうすれば


良いのかしら。もう、こんな肩書き、嫌なの。」


「しかし、みなさんはあなたのような俗に言う


プリンセスや女王になりたいんですよ。」


「ともかく、ハレン女王様、行きましょう。」


「ええ。すまなかったわ。エデン。」


「いいえ。私が悪いのですから。」


≪朝食≫

今日はクロワッサンに鮭のムニエル。


サラダ、エッグ、ミルクレープだ。


カチャカチャ


ただ、ナイフとフォークが鳴る。


鳥たちも、鳴いてくれない。


誰もしゃべろうとしない。寂しい。


そうしていると、食べ終わってしまった。


各自、淡々と片付けていく。


私も片付けていく。


「ハレン女王様、私が持っていきますので。」


また、エデンだ。働きすぎではないか。


よく見ると、寝不足の証、クマができていた。


「私のせいで眠れないのだろう。すまないな。」


「いえ。学業のせいです。ハレン女王様は何も


悪くありませんっ。では、失礼します。」


逃げるようにエデンは去っていった。


う〜む、どうすればよいか。


人付き合いが乏しいため、分からない。


とぼとぼと自分の部屋に戻っていった。


「あぁ〜っっ!!」


ドカンッ。


ベッドに飛び込んだ。


「どうして女王なんかになってしまったのかしら」


コンコン


答えるようにドアが叩かれた。


「私です、エデンです。入ってもよろしいでしょ


うか。」


「ええ。開いているわよ。勝手に入ってちょうだ


い。エデン。」


「では、失礼します。」


「どうしたのかしら、エデン?」


立ち位置に困っていたが床に座るようだ。


「あそこの椅子を使っておくれ。」


「しかし、私なんかが。」


「私にとってエデンは大事な存在だ。


だから、座ってくれ。」


「では、お言葉に甘えて座らせていただきます。」


小柄でボブの金髪の人形のようなエデン。


とっても愛らしいが、どうしてこの世界に?


「朝食時に私なんかに無駄な心配をかけて


頂き、申し訳ありません。ハレン女王様。」


床に頭をつけ土下座をしていた。


私も床に正座で座った。


「大丈夫よ。そんなこと。


それより聞きたいことがあるんだけれども。


いいかしら?」


「……?!えっ、あっ、はいっ。」


「どうしてあなたはこんなところに


いるのかしら?教えてほしいの。」

Page:1 2 3



Re: sky high's ( No.21 )
日時: 2017/01/29 04:48
名前: モズ

ひぇーー、まっ、ましゅさん!

ビックリです。

あっちでもコメントした通りです。

こんな、ザ 駄作に来ていただいて……。

ザ・ベストテンがあればずっと一位で

殿堂入りしてるレベルのものですよ。


まぁ、本当にありがとうございます。

覗かせていただきますのだよ。

では。

Re: sky high's ( No.22 )
日時: 2017/01/31 01:32
名前: モズ

久しぶりに書く、どーでもいいな。
じゃあ、書こう。






グースさんがあんな風に言った。


私がとっても生意気だった。


自意識過剰なのかもしれないが心配しているかも。



「まぁ、行きたいところがあるなら乗ります?」



リングさんがそう、言ってくれた。


私はその話に乗り、彼の動かす飛行機に乗った。


地上の人々がちっぽけに見えた。


自然が大きく波を揺らしている。


時々当たる風が心地よい。


グースさんはムッとした顔をしてたけど。


次第に城のあるティバの町景色になっていった。


なぜだろう、もう、嫌な気持ちがしないのは……。





Re: sky high's ( No.23 )
日時: 2017/02/04 17:28
名前: モズ

「……!?ハッ、ハレン様ぁ!」


懐かしのティバではトワイを含めたメイド達が


私たちの乗る飛行機を見上げている。


「ハレン様ですかぁーーー?」


トワイだろうか、彼女の声がだんだん近づいてく。


ブルブルと音を立てていた飛行機は


メイドたちのもとへ降りていった。


そしてすぐさま


「ハレンっ、様ぁ!ご無事でした……か?」


ハァハァと息を切らし私のもとへ来る。


「ハァー、ハァー。ハレンっ、様ぁ!」


トワイが何とか話しかけてきた。


「何処にいたっんですか。ハァ、ハァ。」


「海。海のなかを漂ってたの。」


それ以上、トワイが話しかけることはなかった。


彼ら、彼女らと共に城へ戻った。


彼らは私が何者か何て知らないので


ポカーンとしている。


「あんたは一体、誰なんだ?」


グースさんが疑いの目を向けている。


リングさんは何も言わなかったけど


「あっ、ハレン様って……!女王……様?」





Re: sky high's ( No.24 )
日時: 2017/02/14 23:56
名前: モズ

リングさんは察しがいいみたい。


でも、グースさんはまだ、気づいてないみたい。


だから、



「私、リサイバ帝国の女王のハレンです。



今回は本当にご迷惑をお掛けしました。



グースさん、リングさん、本当ありがとう。」


精一杯笑ってみた。


それがどう伝わったのかわからないけど


「すみません、僕たち共々気がつかなくて……」


「……ごめん、あんなこと言って……。」


二人が謝罪してきたけど、彼らは何にも悪くない。


私のくそメンタルまで助けてくれた、恩人。


「大丈夫ですよ、私の恩人ですから。」


それからは少し話すことが出来た。


みんなが私の思っていたより心配していて


そんなに話せなかったけど、


彼らはとっても素敵な人達だ。


また、会えるといいな。


彼らは颯爽と去っていった。


寂しいけれど仕方ない。


私は七日間ほどさまよっていたが


国もさほど変わらない。


でも、みんなに迷惑はかけられないし。


ケムにあんな態度、取っちゃったし。


これから、頑張ろう。


私のために……支えてくれるみんなのために……

Re: sky high's ( No.25 )
日時: 2017/02/26 22:01
名前: モズ

今さらだけど閲覧200越えました!

読んでくださったみなさん、

ありがとうございました!

もし、読み続けている人がいれば

コメント書いて欲しいです。

寂しいですよ、コメントとかアドバイスとか宣伝

とかでもいいんで、お願いしますよ。






新たな朝を迎えた。


窓から覗く朝日がとても眩しい。


だが眩しい朝日が陰った。


「よぉ、ハレン。帰ってきたんだな。」


ふんわりとした笑いで朝日を遮ったのはケム。


大きなその窓から入ってくると


何故か抱きつかれた。


「僕、相当寂しかったんだ。これくらい………。」


そういうと嗚咽が聞こえてきて泣き始めた。


その声はだんだん大きくなって


子供のように無邪気に大袈裟に泣いた。


「ごめんな、ケム。私がそこまで大事なのか?」


私は未だに自分の価値がどれ程なのか


感じられなかった。


だから、そう聞いてしまったんだ。


「うぅっ、うん。うぅっ。」


泣きながらだが確実に「うん」と答えた。


それを聞いてしばらくして目頭が熱くなった。


そこに手で触れると温かい液体。


泣いてる、私が泣いてる。


何とも言えず私は抱きついてるケムを抱き返した。


ケムが泣き腫らすまで私も泣いていた。


気づけばいつもの賑やかな声が聞こえてきて


ふたりして笑った。


これからは私のように困っている人を助けないといけない。


そんな風に感じた。


ふふっ、私がみんなから必要とされるために……


私がここの女王として認められるように……


そのためにも頑張らないと……。

Re: sky high's ( No.26 )
日時: 2017/03/04 16:18
名前: モズ

みんなに認められるように、



私が自らで満足できる自分にするために。


何をするべきかわからなかったけど



まずは私がこの国のために働かなければ。



当たり前のことをまずはしなきゃ。



いつもの大臣会議に私は躊躇なく入っていった。



ほとんどの者は私を見て目を丸くした。



けれどそうじゃない人もいた。



「今、会議中だ。勝手に失踪する方が今度は邪魔する気ですか?」



その一人の言葉に失いかけた威勢を取り戻した



大臣たちの舐めるような目線。



そんなの無視して私は叫んだ。



「そんな会議はもう、必要ないわ。」



その言葉に大臣たちは絶句した。



今までピーチクパーチクしていた者も。



「これからは私が責任もって政治を行うわ。」



「だから、あなたたちはもう、用なしよ。」



すなわち、解雇宣言だ。



その言葉を聞いて、何人もの大臣が私に



殴りかかろうと迫ってきた。



から、そっと足を出して先頭のものをコケさせた。



その者たちは、コケた。



「あなたたち、私を見くびらないで欲しいわ。
それに、若い女の子と変な遊びをしている話を聞いたわ。アンドリュー?」



アンドリューはその場から去っていった。



「ジェイソンやヘビン、アンジャズもよ。
無理矢理そういう行為をしたらしいわね。」


その3人も去っていった。



もちろん、していない者は残しておいたが



彼らは藁にもすがる思いで私にの前で頭を下げて



「どうか、私どもは……お願いしますっ。」



彼らは悪いことはしていない。



まだ、彼らを信じられなかったが、



何人かは幼いときにお世話になった者だ。



仕方ない。



「あなたたちの悪い噂は聞いていないから、
ここで働いて欲しいが、これからの会議は
私も参加させてもらってもいいでしょうか?」



今までのような口調にしてそう、申した。



「……働けて光栄でございます。ありがとうございます。もちろん、参加してください!」



頭を下げたまま、彼らは言った。



「ふふっ、ありがとうな。コロナ、メリンダ……」



私がこの手でこの国を治めていかなければ、



私は私を認めるわけにはいかない。



そのために今日は前進できたかな?



「だいぶぶっ飛んだことをしたなぁ…、ハレン。」



「でも、いずれ私がしなければいけなかったし。」



「帰ってきたと思ったら、成長したな。」



そうなのかな、ケム。



それを読み取ったようにケムは続けた。


「そうだよ、どんな出会いがあったのか知らないけどお前は成長したと思うよ。」



それが嬉しくて私はベッドから立ち上がって



窓枠に座るケムに抱きついた。



「……っ、ハレンっ!?」



「嬉しいんだからね、そういう褒め言葉。」



「でも、明日のためにもう、寝ろ。」



その言葉に素直に従って私はベッドに飛び込んで



私は夢を見た。








〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

珍しく、長く書きましたね。


キャラも地味に募集中です。


今、欲しいキャラは王子様とか


お姫様とかハレンのメイドとか


民衆、つまりリサイバ帝国民ですね。


コメント、欲しいモズでした。




Re: sky high's ( No.27 )
日時: 2017/03/09 00:29
名前: モズ

それは『夢』を映し出していた。



私が女王としてリサイバ帝国を治めている。



みんなが幸せで笑顔で個性が溢れている……。



そして私は誰かと結婚していた。



誰だろうか、そんなところで目が覚めてしまった。



私はいつか、誰かと……そうなるのかしら?



正夢だと思いたいけれど、結婚は……まだ。



それから、今日は久しぶりの二人から手紙が



届いたから、読んでいる。



誰かって?



グースさんとリングさん!



「ハレン女王へ

先日はあのような無礼、申し訳ありません。

ですが、国のためにも俺の妹のためにも

話を聞いたんなら、しっかり生きて欲しい。

それに、やりたいことがあるなら、すればいい。

俺はあなたとそれほど歳が違う訳じゃないけど、

まだ、あなたは未熟に思える。

女王として、期待してる。

頑張れ、ハレン。

それと、また会えたら会いたい……かな。

グースより


グースがこの前、言い過ぎたかもしれません。

けど、仕方ないと思うんだ。

だって、国の女王様が死のうとしたから。

あいつは妹のこともあるし、助かったなら

それだけのことをして欲しいと思う。

妹さんのためにも、ハレン女王のためにも、

欲を言えば僕らのためにも。

グースと一緒にまた、会えることを楽しみに

しています。

今度はおもてなしをさせてください。

どうせなら、あなたの近くで仕事したいけど

親のこともあるし、無理だけど。

それでも、また、会いたいです。

また、あなたが素敵になったら、

会いに行く……かもしれませんね。

それでは、また、会う日まで。

リングより


大したものではないですが、

センティバ貝で作ったらアクセなどを添付したので

気に入ったら、着けてみてください、なんて。」



そのアクセはあの時買ったような綺麗な色で



声も出さずに見とれるばかりであった。



それに、彼らとの貴重な時間がよみがえる。



ふふ、また、会いたい。



それはお互い様のようね。



そして、ハレンは歩き出した。



会議をするために、



ハレン自身が進化するために、



彼らのいる場所に追い付くために。



Re: sky high's ( No.28 )
日時: 2017/03/13 23:40
名前: モズ

なんか、閲覧だっけが300越えました〜!

軽くでもどっぷりでも開いて頂き、ありがたい。

これからどうするのかは一切決まっていませんが、

ハレンがハッピーならいいんだろう。

昔の人も出しながら、

新たなキャラも出したいですね。

今度、キャラ紹介など作ります。

1ばんうえから物語が始まったので見にくい。

すみません。

それでは、書いていきましょうか。

オリキャラ募集についても書きますよ。

ずっと見ている人がいればいいなぁ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

会議室では私が残した大臣たちが真剣な眼差しで



ガラガラと大きなドアを開けた私を見ていた。



そんな彼らを見て私は



「今日は不足した大臣を補いたいと思っているわ」



それを聞いて驚いた者は目をまばたかせ、



肯定する者もいた。



「これからは若い意見も必要だと思うの。

もちろん、ずっとやって来たあなたたちまで

バイバイするつもりなんてないけれども、

定期的に入れ換えて若い意見を取り入れて

どの年代からも認められる法案を作るべきと

思ったから、若い人を探しに行くわ。」




Re: sky high's ( No.29 )
日時: 2017/03/20 09:03
名前: モズ

キャラ紹介の続きです。


【名前】グース
【性別】男
【性格】何でもズバズバ言ってしまう。
でも、優しい人。大事な人をこよなく愛する人。
自分の考えをしっかり持っている。
【身分や族など】平民
【背格好】キャラメル色の髪で前髪は長め。
身長184cmで細身。顔はさわやか系。
【その他】妹とリングは大切な存在。


【名前】リング
【性別】男
【性格】温厚でグースのサポート役。
溜め込みやすいタイプで親切。天然紳士。
【身分や族など】シークレット
【背格好】ほんわか系王子様な感じで髪の毛の色は
白に近いクリーム色。178cmで細身。
【その他】口から出る言葉で女性を次々に虜にして
いるらしい。本人、自覚なし。



Re: fantastic story【題名変えた】 ( No.30 )
日時: 2017/03/25 18:53
名前: モズ

今回も多分書けないので、
オリキャラ募集について書きます。
後で上に書く。


【名前】カタカナでお願いします。
【性別】オカマ、オナベは求めていません。
【性格】詳しく書いて欲しいです。
【身分や族など】身分は平民か貴族か……で
新たに作りたい場合は詳しい説明を。
族については同様に説明を。
モズが出していても覚えてない可能性もあるので、
出ていた場合には既出とか〜と同じ族と記入。
【背格好】見た目等です。身長等は大体で。
【その他】追加情報かな?


質問等ありましたら、お願いします。
全員を書けるかはわかりませんが、
現在募集しているのは(前かいたときとは異なる?)
平民、他の国の王族です。
追加があったら書き換えます。
それでは、お願いします。

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。