コメディ・ライト小説 ※倉庫ログ

茶道 茶の道を進む者
日時: 2017/01/09 09:17
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

どうもケラーです。茶道に興味がある方は是非最後まで読んでくださいな

登場人物

アミ
14歳。友達と遊びに行った時に、茶道教室を見つける。

すみれ先生
茶道教室で教えている先生。

美穂
34歳。アミの母親で、茶道教室に反対する。

桔梗叔母さん
24歳。美穂の妹で茶道教室に賛成する。

プロローグ
事の始まりは

第一章 春桜と共に
第二章 夏 涼しく
第三章 秋季節感を大切に
第四章 冬暖かに

後書き・解説

尚、茶道に興味のない方、荒らし推奨は、ブラウザバック願います。

Page:1 2 3



Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.12 )
日時: 2017/01/27 18:52
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

すみれ「それでは。まずは、お湯をそこの茶碗の中に入れてください」
アミ「量は?」
すみれ「適当でいいです」
すみれ先生の即答。

アミ「なんで、お湯を入れるんですか?」
すみれ「茶碗を温めるためです。さ、温まったらそのお湯を捨てて」
アミ「捨てちゃうんだ…」
すみれ「捨てたら、『茶杓』という道具を使って、抹茶の粉を入れてください」

アミ「チャシャク?」

なんか、すぐそこにそれっぽいのがあるけど…。

蘭「抹茶の粉を入れるための道具ですよ。大体2gぐらいです」

すみれ「山盛り1杯半がベストです」

とりあえず、すみれ先生の言った通り、茶杓に山盛り1杯半の抹茶の粉を入れる。

Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.13 )
日時: 2017/01/29 08:55
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

すみれ「それではお湯を入れてください」
アミ「量は?」
すみれ「茶碗の四分の1から五文の一ぐらいですね。三口半で飲めるくらいです」
と、いうことで茶筅を手に取る。

すみれ「それでは、茶筅を上からまっすぐ茶碗に入れてください」

そしてあとは…

すみれ「茶筅を五本の指で手首のスナップを効かせて上下に。泡が立ってきたら、『の』の字を書きます」



Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.14 )
日時: 2017/02/07 17:58
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

すみれ「貴女は筋がいいですね」

お抹茶を点て、飲んで喋って帰り支度をしている時にふと、すみれ先生が言う。

アミ「そうですか?」

思わずびっくり!自分ではまだまだだと思っていたけど。

すみれ「ええ。ですが、初心者としては」

アミ「あんまり言って欲しくないと知っていて言ってますよね?」

蘭「まさかのツッコミ!?」

あ、あれ…?

番外編いきます!

Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.15 )
日時: 2017/02/08 19:59
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

番外編的な何か

すみれ「少しおちょくっただけですよ」

アミ「なんだー。ビビった…」

すみれ「さ、遅くならないうちに」

茶道教室の外に出ると春の暖かな陽気が風と共に吹いてゆく。

アミ「桜だ…」

ふと、右方向を見ると見事な桜だ。
多分、すみれ先生が育てたのだろうか。

アミ「あそこで花見かな…?っと、こうしてる場合じゃ無いや」

急いで、親に連絡し、帰路に着くのだった。

次回解説入りまーす。

Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.16 )
日時: 2017/02/14 18:59
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

☆解説2抹茶にも種類があーるのだ!☆前半

はい、題名の通りです。抹茶にも種類、点て方と茶葉ですね。

点て方

点て方と言うか、あれですね。薄いか、濃いかの違いなので、点て方がまた少し、変わって来ます。

えーと、薄いか、濃いか。がなんでそんな違うんでしょうか?

答えは簡単。「樹齢」です。

で、どっちが年上かと言うと、「濃茶」の方です。
・・・
濃茶は、樹齢30年以上のチャノキですね。多くは、7〜80年、100年以上の古木の若葉の芽先を使っています。


Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.17 )
日時: 2017/02/14 19:33
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

☆解説中編☆

そして、チャノキを育てる時にも、ポイントがありますね。

日光の遮断度を強くし、肥料類の管理も入念に行われています。

そういえば、言い忘れていましたが、日本の茶葉はよしずと藁を使い、日光遮断します。そして、茶葉は薄くなり、コク、旨味が増します。

若葉を丁寧に摘み、その日のうちに蒸して乾燥させます。

乾燥させたら、葉の部分のみを使い、石臼で挽いて、よく見る様な粉末状になっています。

甘みが強く、渋み、苦味が少ないものが良い茶として、高級なものは濃茶として使われています。

そして、薄茶は濃茶に比べ、覆いも簡単で木も樹齢3〜16年程の木の新芽を使います。

江戸時代の頃から、「千代昔」「葵の白」などと茶人が楽しんでいたそうです。

Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.18 )
日時: 2017/02/15 18:48
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

☆解説後編!☆

えーと…。茶葉に種類はあるのか!?

と、聞きたい方、とりあえず挙手。

挙手したものはよろしい。…先生口調飽きたな。うん

で、話戻しますが、実のことをいうと抹茶の茶葉に種類はありません。

コーヒーならエスプレッソ…とかあるけど、抹茶は濃茶、薄茶のみです。

というか、調べ直してみたら、濃茶と薄茶の違いは口当たりでした。

薄茶はサラッとしたもので、濃茶はドローっとした感じです。

そして、濃茶は点てることを、「練る」と言うんです!

濃茶は、三、四人で回し飲みをするので、茶会向きではないではないです。

Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.19 )
日時: 2017/02/15 19:48
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

そして、薄茶は回し飲みをせず、一杯で一人分。
つまり、茶会をするときに人数分の用意が必要になります。

それでは、ここでまたまたミニっと解説入れます!

まず茶会をする時に、どこにでも座ってもいいと思う人いらっしゃるでしょうが、そんなこちゃあございません。そのような事実はございません!

かといっても下座に座っていいわけでもありません。

一番下の末客は、亭主と客の両方をよく知っている方が着く場所です。

また、茶道の知識も必要になって来ます。茶席での人間関係を熟知していなくてはなりません。

では、初心者は。と言いますと三客に着きます。

三客は、亭主と会話を交わす必要のない、まさに右に習え。状態ならここに座るようにしてください。

次客
正客に準ずる客のことを指します。正客と同等の知識がある方もいらっしゃられますが、そんなに茶道に精通していなくても、問題のないポジションです。

正客
床の間に一番近いところに座る客のことを指します。
茶道の知識が豊富であり、亭主との会話もこなし、趣向もサッと察することが大切になって来ます。

では、亭主側、客側、どうなっているかと言いますと。

左の一番奥に点前座。(お点前を点てる場所のことです)その手前ぐらいに亭主。

右の一番奥に床の間があったとして、正客、次客、三客、末客。
の順番で座ります。

では話を戻しまして、濃茶の練り方をやっていきますが次回です!

Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.20 )
日時: 2017/02/15 19:59
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

☆今回解説ではなく感謝会です☆

えっと…。観覧数100突破しました!ありがとうございます!

書き始めた時はもう不安で不安でヤバかったけど、なんとか100超えれてよかったな。って今マジメに思ってます!

ホントにありがとうございます!これからも暖かい目で見てくれたら超嬉しいです!

Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.21 )
日時: 2017/02/18 09:07
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

ではでは、濃茶の練り方ですが…。

前回で茶会で座る場所を書いたのは、こういう意味があったからです!

まず、濃茶は回し飲みをします。では、濃茶の練り方にさっさと入ります。

と、言いたいのですが、濃茶はかなり練り方が難しいんです。

人数分のお茶を茶碗に入れ、お湯を適量入れる。

この「お湯を適量」というのが一番難しいんですよね。

少なければ茶筅に茶がこびりついてしまいます。

逆に多ければ湯と茶が混ざらない。

私が参考にしていた文献によると、親指の先くらい、お茶に湯がかからない程度が良いらしいです。

そして、飲む時は三口半ぐらいが目安になります。

Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。