コメディ・ライト小説 ※倉庫ログ

茶道 茶の道を進む者
日時: 2017/01/09 09:17
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

どうもケラーです。茶道に興味がある方は是非最後まで読んでくださいな

登場人物

アミ
14歳。友達と遊びに行った時に、茶道教室を見つける。

すみれ先生
茶道教室で教えている先生。

美穂
34歳。アミの母親で、茶道教室に反対する。

桔梗叔母さん
24歳。美穂の妹で茶道教室に賛成する。

プロローグ
事の始まりは

第一章 春桜と共に
第二章 夏 涼しく
第三章 秋季節感を大切に
第四章 冬暖かに

後書き・解説

尚、茶道に興味のない方、荒らし推奨は、ブラウザバック願います。

Page:1 2 3 4



Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.26 )
日時: 2017/03/15 19:57
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

アミ「てか…家庭菜園があんじゃないですか!?」

しかも、すっごい広い!

すみれ「自給自足の生活を皆産に学んでもらうためですよ。林間学校と言ったのはこういうことですよ」

蘭「てことで…春の花見を開催いたします!!!」


Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.27 )
日時: 2017/03/19 15:11
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

えー…なんか唐突に始まったなぁ…

すみれ「アミさん。飲みませんか?」

アミ「未成年なのでお断りします」

蘭「師匠、そこは私でしょー」

すみれ「いえいえ、私が酔いつぶれたら蘭さんに色々やっといてもらいたいので…」

蘭「やー、いくら茶道家目指してるからってそれはひどいって」

すみれ「まあ良いでしょう。ま、騒ぎましょうか。近所迷惑にならない程度に」

Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.28 )
日時: 2017/03/22 13:44
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

観覧数200突破!

ありがとうございます!

Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.29 )
日時: 2017/03/25 12:57
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

蘭「そういえば、まだ茶会の時のお作法、習ってなかったですよね、アミさん?」

アミ「あ、確かに!」

すみれ「それも兼ねて、今回の授業は…。ズバリ!『茶会の作法』ですね!」

蘭「あーはいはいそーですね」

アミ「(冷たいな…)」

Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.30 )
日時: 2017/03/27 08:42
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

すみれ「と言っても屋外ではそんな細かいルールないんですけどね」

蘭「まあ、のんびりと過ごしましょうか」

すみれ「と言いたいです。でもお菓子の頂き方はやりましょうか」

次回、解説入れます!(なるべく手短にいたします)

Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.31 )
日時: 2017/03/27 09:09
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

☆解説☆お菓子の種類

お菓子にも種類があって、和菓子(饅頭とかお煎餅とか)が出されます。
ポテチじゃない、チョコでもない和菓子です。

さてと、和菓子にも主菓子、干菓子とあります。

通常お茶の席では、濃茶の場合は主菓子。薄茶では干菓子。

と言う風に出されます。

そもそも、「お菓子ってどのタイミングで食べるんや!」っつー話なのですが、お抹茶をいただく前(直前かな?)に頂きます。

頂き方はちゃんとすみれ先生が教えてくれるのでちょっとお待ちくださいね。

亭主から「どうぞお菓子をお取りください」

正客から「頂きましょう」て言ったら食べる感じです。

Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.32 )
日時: 2017/03/27 17:58
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

すみれ「てことで、やって行きましょう。まずは主菓子から」

蘭「確か…。あ、主菓子は蓋がない時ですね!蓋があるときは干菓子です!」

すみれ「菓子器が客の前に運ばれてきたら亭主側が一礼します」


蘭「菓子器を両手で取って畳の縁の外側におきーの」

すみれ「自分と次の人の間に置いて『お先に』と一礼」

蘭「一礼するときは両手を軽く畳に置いて行います。ただし2人目以降はそのままどうぞ」

すみれ「菓子器を自分側に戻し、亭主に『頂戴いたします』と一礼」

説明しながら、実際にやってるのをみてなるほど!と思うアミ。

蘭「懐紙(かいし)を膝の前に置きます。折り目を自分側持ってきてください」

すみれ「左手を菓子器に添えてお箸を使ってお菓子を懐紙の上に置きます」



Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.33 )
日時: 2017/03/27 18:17
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

☆解説☆前編

今回の解説は茶道の道具(茶道具)の名前と用途を解説して行きます。

ただし、これに載ってるのが全部じゃなく一部になります。

ではまずは茶碗から行きましょうか。


名前…茶碗

用途

お抹茶を入れて、点てる。
薄茶、濃茶用がある。

名前…茶筅

用途

お抹茶を点てる時に使う。


名前…茶杓

用途

お抹茶の粉を茶碗に入れる時に使う。



Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.34 )
日時: 2017/03/27 19:38
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

名前…薄器

用途

薄茶を入れる器。色々あるけど、棗(なつめ)が代表的。

名前…茶入れ

用途

濃茶を入れる壺型の器。象牙の蓋に仕覆という布を着せます。

名前…茶巾

用途

麻製の布で、茶碗を清めるために使います。濡らして使いましょう。

名前…釜

用途

本来のやり方ではこれでお湯を沸かします。

名前…水指

用途

釜の湯の温度調整、茶筅などを清めるために使う道具で、水を入れて使います。

名前…水次

用途

お点前の最後に水指で使った水を足すための道具です。



Re: 茶道 茶の道を進む者 ( No.35 )
日時: 2017/03/28 10:17
名前: ケラー ◆bXRF026tgA

名前…柄杓

用途

釜や水指で水を汲むための竹製の道具です。
夏、冬で分かれています

名前…蓋置

用途

釜の蓋や、柄杓を置く道具です。

名前…建水

用途

お点前で使った湯水を捨てる道具です。

名前…菓子器

用途

名前の通りです。

名前…帛紗

用途

お点前を行う時に使います。
茶杓や茶器を清める時、熱い釜の蓋を扱う時にも使います。

名前…古帛紗

用途

濃茶を飲む時や運ぶ時に使用されます。
また、道具などを拝見する時にも使います。

名前…懐紙(かいし)・菓子切り・楊枝

用途

懐紙…お菓子を取り分けたり、お点前中や飲んだ時に手や飲み口を清めるためのお道具です。

菓子切り・楊枝…お菓子をいただく時に使います。
懐紙の間に挟んでおきましょう。

名前…扇子

用途

閉じて使うもので、自分と他の人に結界を作ります。
虚無さを示すもので挨拶や、道具を拝見する時にも使います。
扇いで使うものではないので、夏場に間違えても、扇がないでください。

名前…帛紗ばさみ

用途

帛紗や古帛紗を入れるためのものです。

Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。