コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ローズマリー学園〜私の日常〜
日時: 2016/06/09 22:15
名前: ニンジン×2&マリー♪

【ニンジン×2からの挨拶】
こんにちは!
ニンジン×2です!頑張って書いていこうと思います!( `・∀・´)ノヨロシク

【マリー♪からの挨拶】
始めまして!マリー♪です!初投稿ですが、頑張って書きます!これから宜しくお願い致します!

~目次~
プロローグなど>>0

~キャラクター紹介~
ベル・ミラー(12歳)
資産家の父とデザイナーの母の間に生まれたお嬢様。でも、おてんばすぎて厳しいローズマリー学園に入らせられてしまう。優しいが、少し元気すぎ。

マリア・トーマス(42歳)
3年前にローズマリー学園を設立。校長だが、授業にも参加している。厳しく、恐ろしいが美人。

【ローズマリー学園とは】
お金持ちの家に生まれるが、あまり礼儀がなっておらず、気品がない子供たちを厳しく教育する女校。中高一貫校で、寮が付いている。学費は毎年約五百万と結構お高め。勉強も運動も礼儀もすべて求め、将来いい婦人になるように色々特別な授業が行われる。

~プロローグ~

―――――――四月上旬、桜が咲き始めた頃の事だ。
「パパ。何でわたしローズマリー学園に来ているの?それも、校長室に。」

「パパじゃなくて、「お父様」な。あと、「わたし」じゃなくて、「わたくし」な。まあ、そんなことは気にしないでくれ、じゃあお父様は仕事に行ってくる。もう少ししたら校長先生が来るだろう。じゃあな。」

「ちょっと待って……。パパ……じゃなくて、お父様!」

私はそう呼び止めたけれど、パパは行ってしまった。
パパが行ってすぐに、若い女性の先生が来た。

「こんにちは。ベル。私は校長のマリア。以後、お見知りおきを。」

「え!?校長先生!?そんなにお若いのに!?」

「あら、わたくしは42歳よ。では、寮の方にご案内いたします。」

校長先生は平然とわたしの手を引いた。

「え……ちょっと待ってください!」

「あら、なにかしら。」

わたし……。わたし……。ローズマリー学園に……入学するんですか!?」

「知らなかったの?そうよ。」

校長先生は真顔で答えた……。

「え~!?」

Page:1 2 3



Re: ローズマリー学園〜私の日常〜 ( No.11 )
日時: 2016/06/09 22:42
名前: ニンジン×2

いえ、誤字・脱字があったらまた教えてください。

Re: ローズマリー学園〜私の日常〜 ( No.12 )
日時: 2016/06/10 06:41
名前: 通りすがりの誰か

誤字とかを指摘するのは、当たり前…かも。
では。

Re: ローズマリー学園〜私の日常〜 ( No.13 )
日時: 2016/06/10 15:24
名前: ニンジン×2

宜しくお願いします。

Re: ローズマリー学園〜私の日常〜 ( No.14 )
日時: 2016/06/10 15:46
名前: 通りすがりの誰か

読みやすくなったら、誰か来ます。
では…これにて

Re: ローズマリー学園〜私の日常〜 ( No.15 )
日時: 2016/06/10 21:03
名前: ニンジン×2

どうも。


Page:1 2 3



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。