コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ぷわぷわーお!
日時: 2017/09/03 14:18
名前: のんたん(川島はるか)

どうもどうもこんにちは~。また新しくお話を書こうと思いますので何卒よろしくお願いいたします。
のんたんって作者名になっていますが、今はれいかえでに変わりました。お見おきしりを。


目次?
1.ヨロシク >>2
2.イケメン >>3
3.ココドコ >>6
4.ドウシテ >>8
5.サバサバ >>9
6.タイリツ >>12
7.オナジダ >>13
8.マサカノ >>14
9.サイカイ >>15
10.トツゼン >>16
11.スムッテ >>19
12.イインチョ>>20
13.ナシテ? >>25
14.ゴメンネ >>26
15.ハジメマシテ >>27
16.ウソツキ >>28
17.イリス >>29
18.シッテル? >>30
19.サイコン >>31
20.リユウ >>32
21.エベレスト >>38
22.イリスデショ >>39
23.キンダン >>40
24.ツンデレ >>42
25.カクリツ >>43
26.ユウシ >>45
27.ビボウ >>46
28.キュウキュウシャ >>48
29.シンクロ >>49


番外編
「ある日のこと」 >>33
「タナバタ」 >>41




登場人物(ネタバレがあるので、嫌な方はスルーしてください)





工藤くどう外亜がいあ
女の子、高校一年生。かわいい、その一言につきる。隣の席の広田くんが少し気になっている。

広田ひろだ瀬奈せな
男の子、高校一年生。かっこいい、その一言につきる。入学式以来学校を休んでいたが、保健室には来ている模様。また、外亜のことをかわいいと思っている。たまに鋭いツッコミを入れてくる。

環田かんだ愛美あいみ
女の子、高校一年生。よく不良と間違われる。外亜のお友達。なぜこの格好をしているかは不明。

浜中はまなか美音みおん
女の子、高校一年生。クラスの学級委員長。サバサバしていてクラスで浮きぎみ。愛美とは同じ中学校だったがあまり仲はよくない? あることを機に外亜の呼び方を工藤さん→外亜に変える。アパートに一人暮らし中。
実は百花のことが好き......?

神切かみきりえん
女の子、高校一年生。外亜、愛美、美音とは別のクラス。ファッションデザイナーになるのが夢。アパートに一人暮らし中。渡斗とは幼馴染み。
モズさんからいただきました。

成原なりはら悠希ゆうき
男の子、高校一年生。外亜たちと同じクラス。本を読むことが好きな静か系。剣道部に所属中。多くは語らないが、果たして?

松浦まつうら百花ひゃっか
男の子、高校一年生。外亜たちと同じクラス。名前からよく女の子と間違えられる。カルタ部に所属中で明るく元気系。夢は全国一! 美音をよくからか っている。
悠希と百花は夜月さんからいただきました。

下北しもきた愛梨あいり
女性、現在塾の先生として働いている。その塾に愛美が通っている。ふわふわして綺麗な女性。
国語の先生だが、実は全教科教えられるというハイスペックな人。

緑間みどりま渡斗とと
男性、大学二年生。アニメ系の専門学校に通っている。絵が物凄く上手。縁と幼馴染みで、密かに恋心を抱いている?
モズさんからいただきました。

謎の美少女 (セレネ)
外亜の夢の中にでてくる美少女。なぜ外亜を知っているかは不明。ツインテールに白いワンピースを着ている。

イリス
外亜の夢の中に出てくる美女。セレネと仲がよい。なぜ外亜のお母さんのことを知っているかは不明。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10



Re: ぷわぷわーお! (オリキャラ募集中) ( No.45 )
日時: 2017/08/03 00:53
名前: のんたん

夏期講習終わっちゃったー。最後にあのイケメン先生の写真でも撮りたかったなぁ。犯罪臭が否めない私ですが、今話から文化祭編スタート!
......今までこれ何編だったんだ?


「有志発表? そんなの文化祭であったっけ?」
「なんか中庭でやるらしいよ。飛び入り参加オッケーだし、来場者の方も参加していいらしいよ。自分の好きなことや、得意なことを披露する場だって。それでガイちゃん達にやってほしいことがあるの」
「......やってほしいこと?」

26.ユウシ

「私は絶対反対よ!!!」
頑なに愛美ちゃんの意見を拒む美音ちゃんを見て、私と縁ちゃんは苦笑い。愛美ちゃんは顔の前で両手を合わせてお願いする。美音ちゃんはそれを見て溜め息をついた。
「私はいいわよ。衣装作るのとか楽しそうだし」
「私もいいよ。どうせなら3人で出ようよ」
「縁、外亜......。全くもう、仕方ないわね。今年だけよ? 来年は絶対やらないから!」
「ありがとう美音ちゃん!」
そう言って愛美ちゃんは美音ちゃんに抱きつこうとして、華麗に美音ちゃんが避けた。


愛美ちゃんとの帰り道、夕日が眩しく地面を照らす。赤はキツい印象の色だが、夕日の赤はどこか優しくて、全体を包み込むようにして町全体を照らした。
「まさかあたしのアイディアが通るなんて」
「美音ちゃんには半ば強制だったけどね。ところで何をすればいいの?」
「アイドルの格好して、歌って踊る!」
......それ絶対美音ちゃん反対するような気が。
「あたしはこっちだから。じゃあね」
「バイバイ愛美ちゃん」


アパートまで一人で歩いていると、気になることをが。それは広田くんのことである。広田くんは入学式以来、保健室登校なので文化祭に出席するのかどうか分からない。何故保健室登校をしているのか、それすらも私は知らなかった。
「......でも文化祭出てほしいなぁ」
そう呟いてふと目線をあげると、アパートの前にウロウロとしている女性がいた。


髪はセミロングのサラサラヘアー、身長はそれなりに高く、40代ぐらいだろうか。清楚系の服を身にまとっている。水色のシフォントップスにクリーム色のスキニーパンツ、白いハイヒール。
誰かの親族だろうか。高校生がアパートの半分以上は住んでいるので、両親が見にきてもおかしくないだろう。


そのとき、パチっと目があった。あった瞬間、どこか見覚えのある顔だと感じた。確か写真には笑顔で写っているはず......。
「工藤外亜さんで間違いない?」
「......あっはい」
「初めまして、川本かわもとえみです。直人さんと......お父さんとお付きあいさせていただいてます」
間違いない、この人は私の"母"になる人だ。

Re: ぷわぷわーお! ( No.46 )
日時: 2017/08/16 15:04
名前: のんたん(川島はるか)


「ふふんふーん♪」
軽やかなリズム、心地よい音楽、楽しそうに歌う女性の声。風の音にかき消されることなく、より一層世界中に広がるぐらいの大きな声が耳元に届いた。
そっと目を開けると、そこにはイリスがいた。
「ガイアちゃん久しぶり」

27.ビボウ

「ねね、今の歌どうだった?」
「......綺麗な歌声だと思いました」
「ありがとー! 今度発表会で歌うの。それの練習しているんだ~♪」
そう言ってまた歌いだした。そうか、また私は夢を見ているのか。言われてみれば、夢を見るのも久しぶりである。
「発表会......。そう言えばセレネは......?」
「私だけよ。今日はどういうお悩みで?」
......悩み、何のことだろうか。私は訳が分からなかった。グルグルと頭の中で終わらないルービックキューブを回しているかのよう。


「もしかして知らなかった? あなたが悩んでいるときに私たちが現れるのよ?」
「私が、悩んでいるとき?」
「そそ! 一回目のときは違うけど、それ以外は全部」
言われてみればそうだ。二回目は美音ちゃんで、三回目はお父さんと対立して......。
「それで今回は何を悩んでいるのかなぁって」
「あの! イリスさんは前に、私のお母さんに会ったことがあるって言ってましたよね。私のお母さんってどんな人でしたか?」


これは二度目の質問。前ははぐらかされてしまったからだ。そうね、と一言呟いてイリスはそのまま黙った。
私は言葉を返してくれると信じて、じっと待っていた。イリスは遠くをぼんやりと見つめている。何かを思い出しているようだった。そしてぽつりぽつりと話し始めた。
「可憐で華麗で、その美貌を惜しむぐらい綺麗な人だったわ」
「イリスさん綺麗だし、スタイル良いし。羨んでいたんですか?」
「スタイルも良かったのよ。私はFカップなのに、あの人はハピネスカップ、つまりHカップだったのよ!?」
そう言って私の体に目を移した。思わず体を手で隠す。私スタイル良くないですよ!?


「......親子で体つきは似てないですよ」
「でも美貌は健在ね」
「び、美貌?」
「あとは優しくて、歌が上手だったのよ。私がさっき歌っていた曲は、昔あなたのお母さんが作った曲なのよ?」
「......はい?」
「あら知らなかったの? お願いしたら作ってくれたのよ。この歌はまだ私とあなたしか知らないわ」
それを発表会で歌っちゃうんだ。なんだか寂しいような気がした。
「もう一回、歌って貰うことは出来ませんか?」
「いいわよ。~♪」


イリスが歌い出してから、数秒ですぐに頭痛がした。何で、さっきは平気だったのに......。
「いっ......」
「そろそろ時間なのかしら。すぐ夢から覚めたほうがいいわ」
「で......もぉっ......」
「すごい熱! すぐまた聞けるから。今は自分のことを考えてちょうだい」
そのとき、イリスの顔がぐわぁんと歪んだ。体が火照って凄く熱いしダルい。上手く体が動かない。


あれ、私どうしちゃったの?


その瞬間、夕立の音が聞こえた。


「あれ、前回と繋がってなくね?」と思われた方、次の話でちゃんと繋がるのでどうぞお楽しみに。

Re: ぷわぷわーお! ( No.47 )
日時: 2017/08/23 23:56
名前: 麗楓

えっとお知らせ。名前を「のんたん」から「れいかえで」に変えます。

Re: ぷわぷわーお! ( No.48 )
日時: 2017/08/27 17:28
名前: 麗楓

名前変えてから初めての投稿です。ついでに「麗」はゲームやMixchannelで使っている名前を漢字にして、「楓」は好きなキャラから名前を取りました。別冊マーガレットからですね。

そして九月にテストがあります。死にそうなので、「アオイゼミ」という勉強アプリを入れました。動画を見て学ぶのですが、データ通信量の関係で見ることが出来ず......。体育祭面倒くさい!


「......ん......」
目を覚ますと醤油の香ばしい匂い、激しい雨の音、目の前には焼きそばがあった。ん、焼きそば?
「起きたね、まぁこれでも食べて」
そこには「dea」の店主が居た。

28.キュウキュウシャ

「名前言ってなかったね。俺の名前はおおやけひろむ、愛梨と年は同じかな」
「店長さん愛梨さん知っているんですか!?」
「知ってるも何も、高校一緒だし。まぁ頭はあっちのほうが1億倍良いけどな」
「1億......?」
「とりあえず食べて。熱ありそうだけど大丈夫?」
「大丈夫ですっ (多分)」
そう言ってズルズル焼きそばを食べ始める。確かに体がダルくて動きづらいけど、この焼きそばは美味しくて、箸が止まらないのだ。
ソースと醤油のコンビは絶妙にマッチしていて、野菜はシャキシャキで歯ごたえが良く、肉の上に卵が乗っていて黄身とあえると尚美味しい。


「外亜ちゃん大丈夫?」
「あ、笑さん」
「あなたがお茶を用意していたら、急にバッタリ倒れるんですもの。凄く焦ったわ」
だから夢見ていたんだ。しかも夢の中でも熱で倒れるし......。
「すみません、笑さんが運んで.......」
「いいえ、運んでくれたのは男の子だったわ。救急車呼ぼうか焦っていたら」

......救急車?

「男の子が外亜ちゃんをお姫様抱っこしてここまで運んでくれたわ。お礼を言いたかったんだけど、雨で濡れたからってすぐ消えてしまって」
「え?」
「あっ汽車の時間が迫っている! そろそろ行かなきゃ、また来るわね」
「わざわざ来ていただいたのに......すみません」
「いいのよ、しっかり休んで」
そう微笑んで笑さんは帰っていった。しかし、私を運んでくれたのは誰だったのだろう?


焼きそばを食べ終わったので、広さんにお礼を言って店から出て行った。部屋まで着いてドアを開けたら、また静かな日常が戻っていた。
ふと見ると、テーブルの上に冷えピタシートと、市販の風邪薬が置いてあって、メモ帳に小さな字で「しっかり休むこと! 未来の母親からの伝言」と書かれていた。母親の周りには何度もグチャグチャと書き直した跡があった。悩んで悩んで書いたのだろう。優しい人だ......。しかし救急車には驚いたものだ。


「自分が外亜を運んだって言えば良かったのに」
「......うん」
やはり醤油の香ばしい匂いが部屋中漂う。目の前に大量の焼きそばが置かれて、食欲をそそる。ここの焼きそばは野菜がキャベツしか入っていなくて、シンプルで美味しい。
「そういうところが学校復帰出来ない要因じゃねぇの?」
「そうかもね」
「女子をお姫様抱っこなんて、一生出来ないぞ?感想ぐらい一言いったらどうだ、なぁ瀬奈?」
「うん、まぁ一つだけ言うと」
「おっ」

「......醤油、昆布醤油に変えたね」

Re: ぷわぷわーお! ( No.49 )
日時: 2017/09/03 14:11
名前: 麗楓

長くなってしまった、申し訳ない。*←このマーク以降が大事だから、そこはちゃんと読んでね。
まぁぷわぷわーお!は伏線めっちゃ張ってるから、内容忘れた人は読み直すのがオススメですね。
美音が持ってた本の話とか後々重要になります。って言ってる本人は半分以上忘れています。


「外亜大丈夫?」
「平気平気! 薬で結構良くなったから。それより早く練習始めよう?」
「曲かけるよ!」
今日は有志発表に向けて、3人での練習日です。

29.シンクロ

縁ちゃんの手作りドレスはフリルの多い甘めなドレスで、私がパステルピンク、縁ちゃんがパステルグリーン、美音ちゃんがパステルブルーの甘めなドレスだ。動きやすくて私はお気に入りなのだが。
「うぅっ委員長がこんなの来てるなんて......」
「美音ちゃん可愛いよ?」
「ええ、美音さん素敵!」
今まで委員長として規則正しく生活してきた美音ちゃんにとっては、羞恥心を感じるのだろう。とても似合っているので、本番は髪型をフワフワと巻いて可愛くさせたいところである。
曲を止めて少し休憩。意外と動き回るダンスで、運動をあまりしない三人組はすぐに疲れてしまうのだ。
「みんな文化祭は誰と回るか決めてるの?」
「もしよかったら、一緒に回らない?」
「縁に賛成、外亜は?」
「賛成だけど......。二日目は別の人と回りたいなぁって思っていて」


「......私も渡斗と回りたいかな」
「じゃあ二日目はバラバラでいいと思うよ」
「本当!? 美音ちゃんありがとう!」
「校外の人と回りたいなら、ちゃんとチケット配るのよ」
ここ、私立大空大学付属高校は文化祭に保護者や友人等が入るには入場チケットが必要である。みんなは中学校の同級生を招いたりするらしいが、私は誰を呼ぼうかな?
「とりあえず愛梨さんと広さんは確定だし、渡斗さんは縁が呼ぶでしょ?」
「チケット、私かなり余るかも」
「外亜さんご両親を呼んだら? 私はママを呼ぶつもりよ」


「えっ!?」
「ママに私がデザインして作ったドレス、見て欲しいから......」
「いいんじゃない、うちは忙しいから無理だけど。外亜も呼んでみたらいいわ」
「そうかな......」
縁ちゃんはどこか嬉しそうで、楽しそうに話してくれた。そうして練習はいつの間にか終わってしまった。
もし呼ぼうとしても、どうやってチケット渡そうかな。住所知らないんだよね......。
※致命的なミス


******


コーヒーを飲んでくつろいでいたところ、チャイムの音が鳴る。インターホンから渡斗くんの姿が見える。何かを持っているようだ。ドアを開けて部屋に招き入れる。
「あれっ渡斗くんどうしたの?」
「いやさっき縁がチケットくれたから渡そうと思って。はい一日目と二日目用」
「ありがとう! 縁ちゃんと外亜ちゃんと美音ちゃん、有志発表でアイドルグループのダンス踊るらしいわよ? ドレスは縁ちゃんの手作りですって」
「............見に行って損はないね」
渡斗くん、縁ちゃんの話になると頬が赤くなるのは変わらないのね。そういうところ、面白いんだよねぇ。
「早く縁ちゃんと一緒に文化祭回りたいって顔に書いているよ。有志発表のときは写真撮りまくろうね」
「うん......」
照れながらの返事、やはり渡斗くんは面白いのである。


「百花」
「その声は美音だね!」
「あなた何しているの......」
私から思わずこぼれた声は失望の色をした声だった。百花は壁に向かってカルタを投げ続けている。たまに壁の隙間に刺さると、彼は嬉しそうにガッツポーズをする。やっていることが相変わらず小学生並みである。
「美音がカルタ部まで足を運ぶなんて珍しいね。見てみて俺の得意技」
「うん、分かったからちょっといい? あなた、文化祭で回る人決めてる?」
「悠希と......出来れば瀬奈とも! それがどうしたの?」
「あのさ、二日目一緒に回らない?」
「え......?」


チャイムを押すのをためらう自分がいた。これは保健室でも同じことがあったような......。頑張れ自分、頑張れ外亜!
「工藤さんどうしたの?」
「ひぇっひっ広田くんっ」
後ろから広田くん登場。結局部屋にいないから意味無いじゃん。相変わらず綺麗な顔立ちである。
「そうだ、工藤さんにお願いがあって」
「私も広田くんにお願いがあるのっ」
「あのさぁ」
「文化祭ねっ」


「一緒に回わらない?」
「一緒に回りませんか?」


「......えっ?」
「......ほぇっ?」
考え事が、シンクロしたみたいだ。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。