コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ぷわぷわーお! (オリキャラ募集中)
日時: 2017/02/17 13:31
名前: のんたん(川島はるか)

どうもどうもこんにちは~。のんたんです。また新しくお話を書こうと思いますので何卒よろしくお願いいたします。複雑・ファジーで連載中の「さよならレター」もよろしくです。



ついでに今まで言っていなかったのですが、元 川島はるかです! 実はここで「セルジュラマ」っていう話を書いていたのですが、いきなり(一言も言わずに)連載をやめてすみませんでした(´・ω・`)主人公や登場キャラクターを変えずに新しくお話を書いていこうと思うのでよろしくです! 登場キャラクター等はまた今度で。

Page:1



Re: ぷわぷわーお! (オリキャラ募集中) ( No.1 )
日時: 2017/02/17 13:39
名前: のんたん

なんて適当な題名なんだ! とお思いの方、大変申し訳ありません!!! でも、我ながらかわいいと思ってます(笑)


~プロローグ~
私のクラスには一人、入学式以来一回も教室に来ていない人がいる......


「あーーーっもう腹立つ!!!」
「......なにが?」
「ガイちゃんは怒らないの!? 広田くんのことだよ!!!」




登場キャラクター
工藤くどう外亜がいあ
女の子、高校一年生。かわいい。その一言につきる。

広田ひろだ瀬奈せな
男の子、高校一年生。かっこいい。その一言につきる。

Re: ぷわぷわーお! (オリキャラ募集中) ( No.2 )
日時: 2017/02/19 23:17
名前: のんたん

これからでてくる高校名は実際にはない高校名です。


1.外亜side ニュウガクシキ
ここは私立札幌大空大学付属高校。
「はー......緊張する」
なんせ、知り合いがいない高校だ。しかも私立。きっとお嬢様が通う学校なんだろうなぁ



とりあえず組を確認。私は......


「「あった3組!!!」」


ん? 誰かと声が被った。その子は目をぱちくりとし、こちらをじっと見ている。
「初めまして! あなたも3組? あたし、環田かんだ愛美あいみ。よろしくね!」
声をかけてくれた。でも......
「私、工藤外亜。よろしくね環田さん」
「堅苦しいっ! 愛美でいいよ愛美で!」
「......あの愛美ちゃん」
「ん? なあにガイちゃん?」
がっガイちゃん!? 初めて言われたよガイちゃんなんて
「あ、もしかして不良に見える?」
愛美ちゃんは金髪、超ミニスカ、青いカラーコンタクトにでかリボンカチューシャ。
「うっうん......」
「あははっ正直だね! 嫌いじゃないけど! これでも真面目に勉強してたんだよ~。まあ、この話はまた今度にして、ほら教室ついたよ」


教室についた。残念ながら美奈ちゃんと席が離れていた。私は窓側の一番後ろ。ちょうどみんなが羨ましがる場所。


「よろしくね工藤さん」
透き通るような綺麗な声。これが私と広田くんの初めての出会いだった。

Re: ぷわぷわーお! (オリキャラ募集中) ( No.3 )
日時: 2017/02/20 07:30
名前: のんたん

2.外亜side コノコハダアレ


私に声をかけたのは右隣の広田瀬奈くんという人だった。第一印象、イケメン。なまらイケメン、まじでイケメン。こんなイケメンいるんだ......


「えっとこれ......工藤......」
「あ、えっとガイアって読むの。工藤くどう外亜がいあ。よろしくね広田くん」
「うん、よろしく工藤さん」


たった一言、二言の会話。それだけですら女子の注目の的だった。入学式の帰り、お母さんのところへ向かおうとしたとき、クラスの大勢の女子から声をかけられた。
「工藤さんっ広田くんってどんな感じだった?」
「イケボ? イケボだった!?」
「優しい感じ? それともツンデレ!?」


質問攻め。まさか入学式初日にこんなに女子に囲まれたのは初めてだ。広田くん、いつかファンクラブとかできていそうだなぁ......
「......優しそうだったよ」
その瞬間、きゃああああっと女子の悲鳴が。かっこいい、まじでイケメン、と女子が騒いでいる間に愛美ちゃんと一緒に教室をあとにした。


「いや~広田くん人気ですなぁ」
愛美ちゃんがつぶやく。愛美ちゃんは広田くんのことを別に気にしていないようだった。
「あはは......イケメンだしね」
私が苦笑いしながらそう言うと愛美ちゃんは目をキラキラと輝かせて
「掃除の班一緒だからチャンスだよガイちゃん!!!」
と言った。ちゃんす? なんだそりゃ?
「優しいアピールして一気に落として彼女になろう!!!」
「えええっ無理だよぉっ」
......やっぱり愛美ちゃんも広田くんに興味があるみたい......




Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 4000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。