コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

レンと仲間の謎の夢
日時: 2017/03/28 17:11
名前: クーゲルシュライバー(ポッポ)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11731

ここは我々がいる惑星、地球から、とても程遠い星、アイマックス。その星には人の影は一切なく、クマ族とハムスター族が暮らしている。
今から語られるのは、その星に住む、とある戦士とその仲間たちの物語。

「はっ、せいっ、といやー!!」
クマ族の戦士――レン――が、剣を無造作に振り回す。
「ちょっと、危ないじゃない‼」
ハムスター族のムードメーカーである、ナッツが顔をしかめる。しかし、その一撃は木の板に命中する。修行の成果が出ているのは明らかだ。
「まあまあ、特訓の成果が出ていることですし...。」
そう言うのはハムスター族の天才、テラだ。その手には、創生者の杖が光っている。
「それはそうと、二人共、もう夜ですが...。帰らないのですか?」
「なんですとぉ!?」
レンとナッツは目を合わせる。そしてテラがまばたきをしたときには二人はもういなかった。

その夜。
レンとナッツ、テラがまさか夢の世界で大事件に巻き込まれるなど、誰も知るはずがない。

《INDEX》※コメントアリです!ご了承下さい!
一章 夢現の渦・4つの宝剣を求めて
>>0-20
二章 異次元の狭間に潜むもの
>>21-31
三章 夢の世界の支配者
>>32-40
四章 きらめくもうひとつの世界
>>41-43
あとがき
>>44
オマケ レンの『ゴクフツー』の一日
>>45

Page:1 2 3 4 5 6 7



レンと仲間の謎の夢 ( No.29 )
日時: 2017/03/27 16:48
名前: クーゲルシュライバー

基地はまるで日本で言う、東京都が2個分入るような大きさだった。あちこちに化け物が物を運んだり、殴り合いをしたり、遊んでいたりしている。
そんな化け物の目を盗みつつ、レンはソーッと、物を運んでいる化け物の後を追った。どこに運んでいるのか気になったからだ。
「ナッツとテラは...ここにいるのかなぁ?」
レンは首を傾げながら、化け物が向かうところの末路を追う。

やがて、化け物は大きいような小さいような城に入っていき、鍵を掛けていった。
「くそー、これじゃあ中にいけなくなるじゃないか。僕のことも考えてほしいね!」
ムキー!と、目をメラメラと燃やすレン。というか、レンが自分の後を追っているなど、後ろを向かなかった化け物が知るわけないだろう。
「こうなったら力ずくじゃァー!!」
レンはそう言い、城の壁を壊そうとした。
が。
ドス、ドス、ドス、ドス...。
後ろから、巨人が歩いてくるような音がした。
ハッと後ろを向いたレン。その視線の先には...。
異次元で会ったあの猛獣だった!
「げっ!」
後ずさるレン。しかし、猛獣は近づいてくる。
ああ、母さん。僕の人生は今、終わります。
そう思っていたレンだったが...。
猛獣はピタリと止まり、レンの身体をしみじみと見つめた。襲うような気配はしない。
「え...。」
思わず驚きのあまり声を出すレン。
そして。
「オマエハ『イツワリノシハイシャ』ヲタオシニヤッテキタノカ?」
猛獣が口を開いた。

レンと仲間の謎の夢 ( No.30 )
日時: 2017/03/28 16:35
名前: クーゲルシュライバー

「ん?んんん?」
レンの目はハプニングマークになる。敵と思っていた奴に、あっちの方から話されてびっくりするのは当然だろう。
「ナニヲソンナニオドロイテイル?」
猛獣が顔をしかめる。そして、ふう、とため息をつくと、こう言った。

「オレハルナシー。ユメノセカイノシハイシャサ。オマエハダレダ?」

「な、なな、なんですとぉ!!!?」
驚きに負け、尻もちをつくレン。ルナシーって、現実を破壊する危険な存在だったんじゃ...。
レンの事を知らない、ということは...。
「つまり、君は僕らをドリームマックスに送り込んでないの?」
レンの質問にこくりと首肯うなずくルナシー。
「そ、そんじゃあ、現実を破壊する、ってのは真っ赤な嘘...?」
「イッタコトスラナイセカイヲ、ハカイシニイクワケガナイダロウ?」
ルナシーが口を開ける。そう言えば、現実にもルナシーなんてやつ、いなかったもんなぁ...。って、ん?
レンの頭を素朴な疑問が走る。
「じゃあ、現実を破壊するやつは誰?僕らをドリームマックスに送り込んできたのは?」
「...オマエ、ダレノシジニシタガッタ?」
レンの質問を無視して、ルナシーがレンに聞く。
「え?分からないと思うけど...光りだよ。森と砂漠で会った光り。」
レンがそう言うと、ルナシーは目を丸くした。

「オマエ...ダマサレテルゾ!」

「え?」
余りに出てきた真実に顔をしかめるレン。
「ソイツラは『偽リノ光リ』。暗黒の陰陽師『エルサレム』ノ化身ダ。」
「でぇぇ~~!?」
大声で叫ぶレン。
「キット、ジカンカセギシタニチガイナイナ...。」
ルナシーが舌打ちした、その時。
城の天井から黒い塊が出てきた。その塊は、基地の真上でプカプカ浮いている。
「ヤバイナ...。モウ少シデ現実ガ破壊サレル。」
ルナシーはそう言うと、城の壁の一部を拳一つで破壊した。
「オマエガスベテノ希望ダ。イケ!!」
余りにも唐突な真実にレンは迷っていたが。
「後は任せてよ!」
レンはそう言うと、人間の身体と希望と共に、城の中へ入っていった。

レンと仲間の謎の夢 ( No.31 )
日時: 2017/03/28 17:09
名前: クーゲルシュライバー

レンは階段を駆け上がる。出来る限りの速さで登って行く。
しばらくして。
「ここに、黒幕がいるのかな?」
レンは最上階に足を伸ばし、大きな扉を見上げる。いかにも王室らしい扉だ。

「お前がこの全ての黒幕か!?」
レンは王室の扉をバン!と蹴る。目の前には、女二人と男一人。
「レン...レンなの?」
「あれはレンですよ!姿は違いますがレンです!」
一人の女と男がレンを見る。その目を見て、レンは誰だか想像がついた。
「ナッツ、テラ!」
レンが言う。ナッツは女神のような、テラは大魔導師のような姿をしている。
「レンが無事で良かったわ!」
「無事で何よりです!」
こちらに駆け寄るナッツとテラ。
すると、一人の女がため息をついた。
「ルナシーは、殺ってくれなかったのかしら...。」
女の声を聞くと、レンは改めて剣を構える。
「ルナシーは、僕を助けてくれたよ。...それより、お前は誰だ!」
レンに対しフフ、と笑う女。
「私はエルサレム。『かつては』暗黒の陰陽師と呼ばれし者よ。」
エルサレム。ルナシーが言っていたやつだ。こいつが、全ての黒幕か...。レンの顔を、汗が通る。
「そんなことはどうでもいいの。ああ、もうすぐよ、完成するの。私が支配者となる理想郷が!」
アハハハハと笑うエルサレム。その笑い声は、まるで狂った廃人のようだ。
「お前の求める理想郷は、全てがもがき苦しむ地獄だよ!ナッツ、テラ!行こう!」
「分かったわ!」
「あなたのやることを止めてみせます!」
三人はそう言うと、戦闘体制に取りかかる。
「いいでしょう。貴方達はここが墓場になるのよ。喜んで死になさい。」
エルサレムは余裕の笑みを浮かべていた。

こうして、この事件の終止符を打つ戦いが始まった。
かけるのは、夢や現実どころではない。
夢や現実に眠る小さな希望も、だ。
勝つのは、希望か、それとも力か。
史上最大のパーティーが、始まろうとしていた────!

二章 了
三章に続く

レンと仲間の謎の夢 ( No.32 )
日時: 2017/04/03 16:43
名前: クーゲルシュライバー

「僕から行かせて貰います!ていやっ!!」
そう言い、テラはマシンロッドを操りつつ、エルサレムに魔法を連発する。マシンロッドは魔法をマシンガンのように連発できるのだ。
だが、エルサレムはバリアを張り、テラの魔法攻撃を防ぐ。
「くそっ、こうなったら!!」
テラはマシンロッドの先端部に魔法を集める。杖ならではの魔法吸収特技だ。
その間に、レンが光を剣に集め、真光剣まこうけんを放ち、エルサレムにあてる。
エルサレムはその攻撃を真っ正面から受け、後ろに吹っ飛ばされた。
「よぉし、これを受けなさい!」
ナッツが魔法の木で出来た弓矢、ランクルアローを構え、エルサレムに視点ターゲットを合わせる。そして、矢を打ち放った。
エルサレムはその攻撃をまともに食らう。
「さあ、これでとどめです。てやぁ!」
レンとナッツがエルサレムを攻めていた間に、魔法を集めていたテラが、魔法の塊をエルサレムに向かって投げ出した。
ドガァン!!!
派手な音が周囲を支配する。エルサレムの姿は...無かった。
「まさか...倒したの?」
レンは恐るおそる口を開ける。
「...きっと、倒したんですよ!!」
やったぁ!という目でテラが跳ね上がる。
「これで、アイマックスに帰れるのね!」
ナッツがホッとして手を合わせる。
だが、運命はそう優しくなかった。
「フフ...フフフ...アッハハハハ!!」
周囲に、不気味で耳障みみざわりな笑い声が響き渡る。
「!?」
驚きのあまり辺りを見回すレン達。
「あ、あれは!」
レンが城の塔を指指す。その先には、エルサレムがニヤリと笑みを浮かべていた。

レンと仲間の謎の夢 ( No.33 )
日時: 2017/04/03 17:05
名前: クーゲルシュライバー

「ええっ!?」
三人は声をあげる。
「三人の力と希望、拝見させてもらったわよ。」
パチパチと拍手するエルサレム。その拍手さえとても不気味で、レン達は背筋が凍りそうになった。
「そ、それじゃあ、さっきのは...?」
テラが震えた口調で言う。エルサレムはフフ、と鼻で笑う。
「あれは蜃気楼ミラージュ。偽りの私よ。貴方達の力と希望だけは褒めてあげるわ。」
そう言うと、彼女は塔から飛び降りてきた。だが、その体は傷ついていない。
「けれど、その努力も終わり。貴方達の目に映るものは、この景色が最期になるわ。」
エルサレムは微笑むと、急にナッツに向かって蹴りを喰らわせた。
「ゴホッ...!」
ナッツはバタリと倒れる。一回の蹴りだけで人を窮地に追いやるなど、さすがは『暗黒の陰陽師』だ。まぁ、ナッツが女の子という理由もあるが。
「ナッツ!」
テラがナッツに駆け寄ろうとする。
だが、エルサレムは裾からナイフを取り出すと、テラの足にグサリと差し込んだ。
「ぐあっ!」
テラはよろめき、その場に座り込む。
「こうなったら...てやぁーー!!」
レンはエルサレムに剣を向けると、剣と共に前へ走り出す。
しかし。
「雑魚が調子に乗るんじゃないわよ。」
エルサレムはレンを物凄い目付きで睨んできた。
「...!」
レンはその睨みに恐怖を覚え、後ろに後すざる。
そして、剣先を下に向けてしまった。


Page:1 2 3 4 5 6 7