コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

レンと仲間の謎の夢
日時: 2017/03/28 17:11
名前: クーゲルシュライバー(ポッポ)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11731

ここは我々がいる惑星、地球から、とても程遠い星、アイマックス。その星には人の影は一切なく、クマ族とハムスター族が暮らしている。
今から語られるのは、その星に住む、とある戦士とその仲間たちの物語。

「はっ、せいっ、といやー!!」
クマ族の戦士――レン――が、剣を無造作に振り回す。
「ちょっと、危ないじゃない‼」
ハムスター族のムードメーカーである、ナッツが顔をしかめる。しかし、その一撃は木の板に命中する。修行の成果が出ているのは明らかだ。
「まあまあ、特訓の成果が出ていることですし...。」
そう言うのはハムスター族の天才、テラだ。その手には、創生者の杖が光っている。
「それはそうと、二人共、もう夜ですが...。帰らないのですか?」
「なんですとぉ!?」
レンとナッツは目を合わせる。そしてテラがまばたきをしたときには二人はもういなかった。

その夜。
レンとナッツ、テラがまさか夢の世界で大事件に巻き込まれるなど、誰も知るはずがない。

《INDEX》※コメントアリです!ご了承下さい!
一章 夢現の渦・4つの宝剣を求めて
>>0-20
二章 異次元の狭間に潜むもの
>>21-31
三章 夢の世界の支配者
>>32-40
四章 きらめくもうひとつの世界
>>41-43
あとがき
>>44
オマケ レンの『ゴクフツー』の一日
>>45

Page:1 2 3



レンと仲間の謎の夢 ( No.19 )
日時: 2017/03/19 15:50
名前: クーゲルシュライバー

「ダニィ!?」
思わず叫びだすレン。ナッツとテラは、目が点。
『宝剣を集めさせることによって、時間稼ぎをしたに違いありません。つい先ほど、夢の王、ルナシーが復活したのです...。』
「そのルナシーって?」
レンが光りに訪ねる。
「夢の世界の支配者で、貴方達を夢の世界へと送り込んだ本人です。現実を破壊する神だったために封印されていたのですが、ある日、何者かが封印を解いてしまったのです。』
光りの声はとても重々しい。
「よし、そうなったら、改めて封印しなきゃ!」
「でも、どうすれば...?」
はりきっているレンとは別に、テラが首を傾げる。
『その二つの宝剣を、新月の夜に交じりあわせるのです。そうすれば、異次元にワープすることが出来ます。』
「分かった!ナッツ、テラ、行こう!」
「だったらやってやろうじゃないの!」
「改めて、夢と現実を救いますよ!」
レンに続き、ナッツとテラもやる気になったようだ。
『今日は運よく新月です!今度こそ、夢と現実を救ってください!』
立ち上がるレンを見て、光りはそう言うと、スゥ、と消えていった。

レンと仲間の謎の夢 ( No.20 )
日時: 2017/03/21 13:30
名前: クーゲルシュライバー

光りが消えてから、数時間が経った。
月が闇に隠れし夜。風の音しか聞こえない。
「よし、テラ、これを持って!」
「分かりました!」
レンは宝剣・ロック・フィールドをテラに渡す。
「みんな!異次元はきっと、ドリームマックスより危ないかもしれない。準備と覚悟はいい?」
「いいわよ!」
「準備万端です!覚悟も出来ています!」
レンは首肯うなずくと、テラと共に宝剣を交じり合わせた。
二つの宝剣がキラリと輝いた、その時───。
視界が曲がった。
世界がグニャリと歪み、意識が遠くなる。
「う、うわーー!」
「きゃあーーー!」
「ひ、ひいーー!」
曲がりくねた世界が、三人を吸い込んでいく。
そして、三人の意識がプッツンと切れた。

三人は、異次元を旅するはめになる。
異次元をさまよった末、この大事件の黒幕と、夢と現実を掛けた戦いが始まるのは、そう遠くない──。

一章 了
二章に続く

Re: レンと仲間の謎の夢 ( No.21 )
日時: 2017/03/20 10:28
名前: シニガミ支局 営業第3課

『式神憑き』にコメント有難う御座います!面白い展開かどうかは自信がありませんが、バリバリ書かせて頂きます!

『レン夢』(勝手に略してすみません)の方も盛り上がって来ましたね。夢の支配者・ルナシーさんがどんな風に物語に絡んでくるのか楽しみです!

レンと仲間の謎の夢 ( No.22 )
日時: 2017/03/20 16:41
名前: クーゲルシュライバー

>>21
コメントありがとうございます!こちらもバリバリ書かせて頂きます!あと、略はしても構いませんよっ!むしろ嬉しいです(笑)
夢の世界の支配者ルナシーは今後、この物語に大きく絡みついてきます。予想外、想定外のストーリーに是非ご期待下さい!

目が覚めた。
レンの目の前には、家や壺、剣、椅子などがプカプカ浮いていた。周りは、まるで海底に沈んだかのように静かで暗い。
この世界、異次元に夢の世界の支配者である、ルナシーがいる…。レンはゴクリとつばを飲む。
だが、ここで友達を置いては行けない。
「おーい!ナッツ、テラー!」
レンは立ち上がり、ナッツとテラを呼ぶ。しかし、返事はしない。
「テラー!ナッツー!返事してよー!」
また呼んでみる。でも、返事はない。
「まさかだけど、はぐれちゃったの…?」
レンの頰を、汗がツーっと通る。
しょんぼりとしながら片手を見ると、そこには宝剣・アイスクラッシュが輝いていた。その小さな光は、レンを静かに慰める。
…そうだね、ここは僕がしっかりしないと。ナッツとテラは、きっと上手くやってるよ。
レンは一度、深呼吸をする。
そして、気を引き締めると、孤独に、前に一歩踏み出した。

薄暗く、邪気が漂う、ひとつの密室。
「ふふふ…。もうすぐよ…。もうすぐ私が求める理想郷が完成するわ!」
大きな魔獣を前に、女がニヤリと笑う。
「邪魔者を軽くひねり潰し、ルナシーの手で現実を破壊させれば…。この世界は、永遠に私の手の中で、密かに光り続けるの…。ああ、なんて美しいのかしら!」
あははと、女は高笑いをする。その笑い声は、まるで狂人のようだ。
「さーて...。それじゃあ、ルナシーをこの退屈な世界から解放してあげましょうか。」
女は魔獣が閉じ込められている扉に行く。
そして。
鍵穴に鍵を差し込み、ゆっくりと扉を開けた───。

Re: レンと仲間の謎の夢 ( No.23 )
日時: 2017/03/20 20:34
名前: ゆっこっこ

はじめまして!
しょうせつよみました
おもしろいです
ルナシーとの対決頑張って!

レンと仲間の謎の夢 ( No.24 )
日時: 2017/03/21 13:34
名前: クーゲルシュライバー

>>23
こちらも、はじめまして!
ゆっこっこさん...物凄い個性的な名前ですね。
面白いかどうかは分かりませんが、応援してくれてありがとう!(≡^∇^≡)ルナシーVSレン達の大乱闘に、ご期待を!
◆作者から
『レンと仲間の謎の夢』の閲覧回数が200回を突破しました!ありがとうございます!これからも応援をよろしくお願いいたします!
◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆
レンは独り、前へと進む。靴が床を蹴る音しか聞こえない。酷い孤独感だ。
「う~ん。ルナシーを改めて封印するとはいえ、どこにいるんだろう...?それ以前にどうやって封印すればいいんだ?う~ん...あの時、光りに聞いておけばよかった~...。トホホ...。」
そう言って、ガックリと下にうなだれるレン。
その時だった。
ドス、ドス、ドス、ドス...。
奥から、何かがやってくる音がした。
「ん?」
前を向くレン。
次の瞬間、レンの顔は地球上で言う、青リトマス試験紙のようになったはずだ。
前に、赤と紫の入り混じった猛獣が、こっちをギロリ...。
「ア、アハー...。」
笑って後ずさるレンの顔を、たくさんの汗が通っていく。猛獣の回りには、レンを襲うオーラが漂っている。
「...ギ、ギャアーー!!!!」
レンはそう叫ぶと、一目散に走っていった。

レンと仲間の謎の夢 ( No.25 )
日時: 2017/03/21 16:43
名前: クーゲルシュライバー

レンは目的地もなく走っていく。今、最優先事項は、あの化け物から逃げ切る事。それだけだ。
しかし、後ろから猛獣が物凄いスピードで向かってくる。
「ひ、ひいーーー!!」
目を丸くして、さらに走力を上げるレン。そして、これほどにないスピードで走っていった。

ゼエゼエと、レンは足を止める。後ろを向くと、猛獣の姿は見当たらなかった。
けたか...。)
ふう、と、一安心するレン。手で汗をぬぐう。
だが、レンの頭では、
「ナッツとテラは大丈夫かな...?」
という不安が渦巻いていた。

床に座って休憩していると、急に宝剣・アイスクラッシュが光り出した。
「?」
なんだろうと、宝剣を見るレン。光りは、どこかを指し示しているように見える。
「光の指すところに行けばいいのかな?」
レンはそう言うと、光りの指す方向に向かう。

巨大な城の前に立つと、光りは徐々に消えていった。
「唯一だった光りが...。ああ、暗くて何もかも見えない...。」
レンはしなしなになる。でも、すぐさま気を取り直し、前を見る。
「ここに何があるのかな?」
レンは周りを確認すると、気を引き締めて、城の扉を開けた。

レンと仲間の謎の夢 ( No.26 )
日時: 2017/03/23 17:09
名前: クーゲルシュライバー

◆作者から
今、リク依頼・相談掲示板でレンと仲間シリーズの合作参加者を絶賛募集中です!ファンタジー小説を書ける人なら誰でもオッケーですよ!詳しいことは下のURLから!
http://www.kakiko.info/bbs2a/index.cgi?mode=view&no=776
◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆
城の中は、外より暗かった。落ちてあった棒に火打石で火を起こし、レンは辺りを照らす。
「アイスクラッシュはここを光で示した訳だけど...。何があるんだろう?」
ボソッと呟き、城内を歩き回るレン。壁と床と空間は、まるで絶対零度の氷のように冷たい。
しばらく周囲を回って、レンはあることに気がついた。
──この城、出口以外、階段もドアもない!
これは絶対におかしい。外からは確実に大きく見えたはずだ。
「どっかに隠し部屋があるのかな~?」
レンはそう言い、壁を剣で壊し始めた。
しかし、壁の先には、また壁だった。きっと、この部屋以外の空間を誰かが埋めたに違いない。
「なーんだ。じゃあ、帰りますね~。 」
ハハハと笑い、レンは出口の扉を開けようする。
ドアノブに手を掛ける。そして、それをひねろうとする。
だが。
ガチャ...ガチャガチャ、ガチャン!
扉は硬く閉ざされていた。
「え...?」
レンの身体を、恐怖と緊張が駆け巡る。
まさか...。
ごくりと唾を飲む。
閉じ込められた...?

レンと仲間の謎の夢 ( No.27 )
日時: 2017/03/24 11:58
名前: クーゲルシュライバー

「そ、そんな~...。」
レンはその場に座り込んだ。確実に出口のない、その孤独感が周囲を支配する密室に。
これから先、どうすればいいか。自分でも分からなかった。

壁を力ずくで剣で叩き込む。だが、壁は鉄のように硬く、壊すのは不可能だった。
扉を剣で突き刺す。そして、楕円型に切ろうとする。しかし、扉は壁の鉄以上に硬く、切るのは相当困難なものだった。
このまま、ここで死ぬしかないのか...。レンはもう、諦めていた。
そのときだ。
レンの手が、光り始めた。
「な、何だ!?」
あまりにも唐突な出来事に、目を丸くするレン。
その光りはやがて、強烈なものとなり───。
「う、うわーー!!」
レンの身体を、光りが包んでいった。

目が覚めた。
レンは起き上がり、その手を見る。
手を見た瞬間、レンは気絶するところだった。
スラリとした手には指先があり、頭にはフサフサしたものがあり、違和感がある。そして、耳が頭にないという、慣れない感覚。
そこで、レンはようやく気がついたらしい。

人間になったのだ、と。
レンは覚醒したのだ。

レンと仲間の謎の夢 ( No.28 )
日時: 2017/03/28 16:43
名前: クーゲルシュライバー

◆作者から
『レンと仲間の謎の夢』の閲覧回数が300回を突破しました!ありがとうございます!
引き続き、レンと仲間の謎の夢の応援、よろしくお願いします!
◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆──◆
「ど、どういうこったあ...。」
あまりの出来事に目を丸くするレン。宝剣・アイスクラッシュを掴み、壁に向かって剣を振る。
壁は一瞬にして砕け散った。
「お、おお~...。」
口をパックリ開くレンの先には、まるで崩壊した古代都市のような風景が広がっていた。
ごくりとレンは唾を飲む。汗が、レンの顔を通っていく。何かがこの異次元を支配しているような空間。化け物が何かを運んでいる姿も見える。
これなら、ここが城のように大きかったのも納得できる。
ここは、何かが潜む巨大基地だったのだ。
ここに、この事件の黒幕がいる可能性は充分有り得るだろう。
けど。
この力なら、黒幕を倒すことができるかもしれない。
この勇気なら、どんな困難も切り砕くことができるかもしれない。
だとしたら。
レンは剣と勇気を背に負い、基地へと入っていった。

薄暗く、邪気が漂う、ひとつの密室。
「フフ...。あともう少し、もう少しなのよ...。」
クスクスと笑う女。後ろには、袋詰めにされたナッツとテラがいる。
「ちょっと!出しなさいよ!」
「放して下さい!」
袋はモゾモゾ動いている。
「出してと言って、出すわけがないでしょう?」
女が冷たく言い放つ。
「あとはクマの戦士だけね。理想郷は目の前よ...。アハハハハ!!」
女は口を歪め、そう言った。

レンと仲間の謎の夢 ( No.29 )
日時: 2017/03/27 16:48
名前: クーゲルシュライバー

基地はまるで日本で言う、東京都が2個分入るような大きさだった。あちこちに化け物が物を運んだり、殴り合いをしたり、遊んでいたりしている。
そんな化け物の目を盗みつつ、レンはソーッと、物を運んでいる化け物の後を追った。どこに運んでいるのか気になったからだ。
「ナッツとテラは...ここにいるのかなぁ?」
レンは首を傾げながら、化け物が向かうところの末路を追う。

やがて、化け物は大きいような小さいような城に入っていき、鍵を掛けていった。
「くそー、これじゃあ中にいけなくなるじゃないか。僕のことも考えてほしいね!」
ムキー!と、目をメラメラと燃やすレン。というか、レンが自分の後を追っているなど、後ろを向かなかった化け物が知るわけないだろう。
「こうなったら力ずくじゃァー!!」
レンはそう言い、城の壁を壊そうとした。
が。
ドス、ドス、ドス、ドス...。
後ろから、巨人が歩いてくるような音がした。
ハッと後ろを向いたレン。その視線の先には...。
異次元で会ったあの猛獣だった!
「げっ!」
後ずさるレン。しかし、猛獣は近づいてくる。
ああ、母さん。僕の人生は今、終わります。
そう思っていたレンだったが...。
猛獣はピタリと止まり、レンの身体をしみじみと見つめた。襲うような気配はしない。
「え...。」
思わず驚きのあまり声を出すレン。
そして。
「オマエハ『イツワリノシハイシャ』ヲタオシニヤッテキタノカ?」
猛獣が口を開いた。

レンと仲間の謎の夢 ( No.30 )
日時: 2017/03/28 16:35
名前: クーゲルシュライバー

「ん?んんん?」
レンの目はハプニングマークになる。敵と思っていた奴に、あっちの方から話されてびっくりするのは当然だろう。
「ナニヲソンナニオドロイテイル?」
猛獣が顔をしかめる。そして、ふう、とため息をつくと、こう言った。

「オレハルナシー。ユメノセカイノシハイシャサ。オマエハダレダ?」

「な、なな、なんですとぉ!!!?」
驚きに負け、尻もちをつくレン。ルナシーって、現実を破壊する危険な存在だったんじゃ...。
レンの事を知らない、ということは...。
「つまり、君は僕らをドリームマックスに送り込んでないの?」
レンの質問にこくりと首肯うなずくルナシー。
「そ、そんじゃあ、現実を破壊する、ってのは真っ赤な嘘...?」
「イッタコトスラナイセカイヲ、ハカイシニイクワケガナイダロウ?」
ルナシーが口を開ける。そう言えば、現実にもルナシーなんてやつ、いなかったもんなぁ...。って、ん?
レンの頭を素朴な疑問が走る。
「じゃあ、現実を破壊するやつは誰?僕らをドリームマックスに送り込んできたのは?」
「...オマエ、ダレノシジニシタガッタ?」
レンの質問を無視して、ルナシーがレンに聞く。
「え?分からないと思うけど...光りだよ。森と砂漠で会った光り。」
レンがそう言うと、ルナシーは目を丸くした。

「オマエ...ダマサレテルゾ!」

「え?」
余りに出てきた真実に顔をしかめるレン。
「ソイツラは『偽リノ光リ』。暗黒の陰陽師『エルサレム』ノ化身ダ。」
「でぇぇ~~!?」
大声で叫ぶレン。
「キット、ジカンカセギシタニチガイナイナ...。」
ルナシーが舌打ちした、その時。
城の天井から黒い塊が出てきた。その塊は、基地の真上でプカプカ浮いている。
「ヤバイナ...。モウ少シデ現実ガ破壊サレル。」
ルナシーはそう言うと、城の壁の一部を拳一つで破壊した。
「オマエガスベテノ希望ダ。イケ!!」
余りにも唐突な真実にレンは迷っていたが。
「後は任せてよ!」
レンはそう言うと、人間の身体と希望と共に、城の中へ入っていった。

レンと仲間の謎の夢 ( No.31 )
日時: 2017/03/28 17:09
名前: クーゲルシュライバー

レンは階段を駆け上がる。出来る限りの速さで登って行く。
しばらくして。
「ここに、黒幕がいるのかな?」
レンは最上階に足を伸ばし、大きな扉を見上げる。いかにも王室らしい扉だ。

「お前がこの全ての黒幕か!?」
レンは王室の扉をバン!と蹴る。目の前には、女二人と男一人。
「レン...レンなの?」
「あれはレンですよ!姿は違いますがレンです!」
一人の女と男がレンを見る。その目を見て、レンは誰だか想像がついた。
「ナッツ、テラ!」
レンが言う。ナッツは女神のような、テラは大魔導師のような姿をしている。
「レンが無事で良かったわ!」
「無事で何よりです!」
こちらに駆け寄るナッツとテラ。
すると、一人の女がため息をついた。
「ルナシーは、殺ってくれなかったのかしら...。」
女の声を聞くと、レンは改めて剣を構える。
「ルナシーは、僕を助けてくれたよ。...それより、お前は誰だ!」
レンに対しフフ、と笑う女。
「私はエルサレム。『かつては』暗黒の陰陽師と呼ばれし者よ。」
エルサレム。ルナシーが言っていたやつだ。こいつが、全ての黒幕か...。レンの顔を、汗が通る。
「そんなことはどうでもいいの。ああ、もうすぐよ、完成するの。私が支配者となる理想郷が!」
アハハハハと笑うエルサレム。その笑い声は、まるで狂った廃人のようだ。
「お前の求める理想郷は、全てがもがき苦しむ地獄だよ!ナッツ、テラ!行こう!」
「分かったわ!」
「あなたのやることを止めてみせます!」
三人はそう言うと、戦闘体制に取りかかる。
「いいでしょう。貴方達はここが墓場になるのよ。喜んで死になさい。」
エルサレムは余裕の笑みを浮かべていた。

こうして、この事件の終止符を打つ戦いが始まった。
かけるのは、夢や現実どころではない。
夢や現実に眠る小さな希望も、だ。
勝つのは、希望か、それとも力か。
史上最大のパーティーが、始まろうとしていた────!

二章 了
三章に続く

レンと仲間の謎の夢 ( No.32 )
日時: 2017/04/03 16:43
名前: クーゲルシュライバー

「僕から行かせて貰います!ていやっ!!」
そう言い、テラはマシンロッドを操りつつ、エルサレムに魔法を連発する。マシンロッドは魔法をマシンガンのように連発できるのだ。
だが、エルサレムはバリアを張り、テラの魔法攻撃を防ぐ。
「くそっ、こうなったら!!」
テラはマシンロッドの先端部に魔法を集める。杖ならではの魔法吸収特技だ。
その間に、レンが光を剣に集め、真光剣まこうけんを放ち、エルサレムにあてる。
エルサレムはその攻撃を真っ正面から受け、後ろに吹っ飛ばされた。
「よぉし、これを受けなさい!」
ナッツが魔法の木で出来た弓矢、ランクルアローを構え、エルサレムに視点ターゲットを合わせる。そして、矢を打ち放った。
エルサレムはその攻撃をまともに食らう。
「さあ、これでとどめです。てやぁ!」
レンとナッツがエルサレムを攻めていた間に、魔法を集めていたテラが、魔法の塊をエルサレムに向かって投げ出した。
ドガァン!!!
派手な音が周囲を支配する。エルサレムの姿は...無かった。
「まさか...倒したの?」
レンは恐るおそる口を開ける。
「...きっと、倒したんですよ!!」
やったぁ!という目でテラが跳ね上がる。
「これで、アイマックスに帰れるのね!」
ナッツがホッとして手を合わせる。
だが、運命はそう優しくなかった。
「フフ...フフフ...アッハハハハ!!」
周囲に、不気味で耳障みみざわりな笑い声が響き渡る。
「!?」
驚きのあまり辺りを見回すレン達。
「あ、あれは!」
レンが城の塔を指指す。その先には、エルサレムがニヤリと笑みを浮かべていた。

レンと仲間の謎の夢 ( No.33 )
日時: 2017/04/03 17:05
名前: クーゲルシュライバー

「ええっ!?」
三人は声をあげる。
「三人の力と希望、拝見させてもらったわよ。」
パチパチと拍手するエルサレム。その拍手さえとても不気味で、レン達は背筋が凍りそうになった。
「そ、それじゃあ、さっきのは...?」
テラが震えた口調で言う。エルサレムはフフ、と鼻で笑う。
「あれは蜃気楼ミラージュ。偽りの私よ。貴方達の力と希望だけは褒めてあげるわ。」
そう言うと、彼女は塔から飛び降りてきた。だが、その体は傷ついていない。
「けれど、その努力も終わり。貴方達の目に映るものは、この景色が最期になるわ。」
エルサレムは微笑むと、急にナッツに向かって蹴りを喰らわせた。
「ゴホッ...!」
ナッツはバタリと倒れる。一回の蹴りだけで人を窮地に追いやるなど、さすがは『暗黒の陰陽師』だ。まぁ、ナッツが女の子という理由もあるが。
「ナッツ!」
テラがナッツに駆け寄ろうとする。
だが、エルサレムは裾からナイフを取り出すと、テラの足にグサリと差し込んだ。
「ぐあっ!」
テラはよろめき、その場に座り込む。
「こうなったら...てやぁーー!!」
レンはエルサレムに剣を向けると、剣と共に前へ走り出す。
しかし。
「雑魚が調子に乗るんじゃないわよ。」
エルサレムはレンを物凄い目付きで睨んできた。
「...!」
レンはその睨みに恐怖を覚え、後ろに後すざる。
そして、剣先を下に向けてしまった。


Page:1 2 3