コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

レンと仲間の亡霊騎士団
日時: 2017/05/09 20:07
名前: クーゲルシュライバー
参照: http://kakiko.info/profiles/index.cgi?mode=view&no=11731

───ここは地球から行くことすら難しいほど遠い星、アイマックス。そこでは、人間と生物、竜や妖精が仲良く暮らしている。
そこには後々、世界を危機から救い出す戦士達がいた。

「はっ、てい、とうやー!!」
そう叫びながら剣を振り回しているのは、王国ミカエルのの戦士、レン。いつかアイマックスで語り継がれる、伝説の騎士になりたいと願う少年だ。
「ちょっと、危ないじゃない!」
ムードメーカーの吟遊詩人、ナッツが顔をしかめる。しかし、レンの剣さばきは、木々を次々と斬り倒していく。修行の成果が出ているのは明らかだ。
「...」
うるさいレンとナッツとは裏腹にクールな青年、レックスは、何事にも動じず本を読んでいる。その傍らには、相棒のマシンロッドがキラリと光る。
「といやっ、せいやっ、ほいやっさ!!」
レンの修行は、陽が沈むまで続いた。



今思えば、このときからレン達は大事件に巻き込まれたことになる。
まさか、自分達が大冒険に出るはめになるなど、レン、ナッツ、レックスは思いもよらなかっただろう。

【INDEX】
キャラクター紹介
>>1
一章 新たなる伝説の開幕
>>2-14
二章 彷徨う亡霊騎士団
>>
三章 運命さだめを操りし者
>>
四章 生者と死者の絆
>>
後書き
>>

連絡
>>12

Page:1 2 3



Re: レンと仲間の亡霊騎士団 ( No.10 )
日時: 2017/05/05 23:52
名前: 白霜文月

そうですねwよかったら、これからも仲良くして頂けませんか?ちなみに第一話追加しました。よろしければこちらも読んで下さい\('_')/

Re: レンと仲間の亡霊騎士団 ( No.11 )
日時: 2017/05/06 18:11
名前: クーゲルシュライバー

>>10
大歓迎です!一話も読ませていただきます!

一章 新たなる伝説の開幕 ( No.13 )
日時: 2017/05/08 19:55
名前: クーゲルシュライバー

「???」
レンは頭を必死に働かせている。
「お前のその動きと精神なら、俺達の騎士団に来る資格がある!」
騎士はそう言う。その言葉に三人は
「は?」
と顔をしかめる。そんなことも気にせず、騎士は突然変なことを言い始めた。

「どうか、俺らの騎士団員になってくれ!」

「へ?」
レンらは、驚きに支配され、目が点になる。
「いやいやいや、一戦したあとに団員になれ、ですって?願い事を言うにもほどがあるわよ?」
ナッツはやはり、行くのを拒否する。
「知らない人についていっちゃダメだって、本で習ったし。悪いけどそれは無理だよ」
レックスも腕を組んで言う。
「そこを何とか!」
騎士は土下座までしてきた。
「ハッハッハ、いいザマだ。オレの前でずっと土下座をして...」
ドガッ!
「グエッ!」
上から目線のレンに蹴りを仕掛けるレックス。蹴りは見事にレンの膝に命中した。
「...ははは、ご、ごめんなさい」
レックスは笑ってごまかす。
「...で、話は戻すけど」
レンがコホンと咳払いをして言う。
「オレは別にいいと思うぜ。王はそんなに心の狭い人じゃねぇし」
はぁ?と声を合わせるナッツとレックス。
「万が一何してたんだって言われたら、『重傷負っちゃって帰るの遅くなっちゃいました。ごめんなさいね~』って言えば良いんだよ!だからオレは行く」
そこまで言われると、二人もレンを置いて、テクテクと帰る訳にはいかない。
「わかったよ」
ナッツがため息をつく。
騎士は「よし、本当に感謝する!」と言うと、草原を歩き始めた。

一章 新たなる伝説の開幕 ( No.14 )
日時: 2017/05/09 20:20
名前: クーゲルシュライバー

騎士を先頭に、レンらは草を踏み潰して、前へと進んで行く。横や後ろには、ミカエルや漁村アテナも見えるが、騎士は目に映すことなく、前へと視線を合わせて歩いていく。
そして、やがてレン達の目の先に立っていたのは...。
「あ、暗黒の樹海ぃいいぃ!?」
レンらが声を合わせた。

暗黒の樹海。
ここどこだよ、と諸君も思っていることであろう。だが、アイマックスにいる人に問いかけると、聞いた者は顔を青ざめさせる。
暗黒の樹海に面白半分で入りこむと何者かに暗殺され、そこから帰還するなどと言うことは夢にも及ばないことだ。

「何を怖がっているのだ?」
騎士が顔をしかめる。その口調には、恐怖に怯えている声ではない。
「こ、こここ、ここに行くのぉ...?」
ナッツが裏返っている声を出す。騎士は平然とうなずくと、そくささと暗黒の樹海に入っていく。
「あ、行くなぁ~~!!」
三人も恐怖に縛られていながらも、騎士の後を追う。

「よし、ここだ!」
騎士が足を止める。
騎士の先には、鎧に身を包み、剣やら斧やら、武装している沢山の亡霊が、レンらに視線を向けた。
「...」
驚きのあまり放心状態になりかねているレン、ナッツ、レックス。
「自己紹介、忘れていたな!」
そんなことはお構い無く、騎士が声を出す。
騎士は咳払いをすると、大鎌をグサッと草の生えた地面に刺した。

「俺はデュラハン。この『亡霊騎士団』の団長だ!」

二章 彷徨う亡霊騎士団 ( No.15 )
日時: 2017/05/14 15:17
名前: クーゲルシュライバー

「亡霊...騎士団?なんだそれ?」
レンが顔をしかめる。ナッツは意味がわからない、と言う顔をしている。レックスも、この怪しげな状況に対応出来ない。
デュラハンは「知らないのか?」とレンらに聞く。三人は即座にコクコクとうなずく。
デュラハンはため息をつくと、面倒くさそうに説明を始めた。
「『亡霊騎士団』っていうのは、俺ら亡霊が集まって、罪ある生者を裁きに行く集団のことだ」
「ははぁ...」
興味がなさそうな返事をするレン。
「何だよその返事は!?」
デュラハンが赤く染まった大鎌を持ちなおし、怒って言う。
「すいませ~ん」
レンは、また面倒くさそうに謝った。
デュラハンは、こいつらをここへ連れてきた事を少し後悔していた...。

カシャッ!
レン達の後ろの草むらで、アイマックスには無い、怪しげな電子機器に一瞬、眩しい光が走る。
「よし!今回は良い出来じゃん!」
草から、収録機器を手に持ち、ベレー帽をかぶった少女がひょっこりと出てきた。
彼女の名はラクテール。別の異次元からアイマックスに飛ばされてきた『黄色』の姿だ。
「えーと、なんでこんな所に飛ばされたんだか...」
ラクテールは頭を抱える。
「ま、カメラに撮ってみんなに見せれば、ビックリしてひっくり返るよね!」
考えを変えて、拳を握りしめるラクテール。そして、草むらの中へと消えていった。


Page:1 2 3



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 5000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。