コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

強面女子高生、でも本当は……
日時: 2017/04/16 22:03
名前: 折上

鋭い目つきに、女子にしては高い身長。

加えて無口で、表情筋もほとんど動かない。

そんな女子高生、小犬丸 美月(こいぬまる みつき)。

彼女はその外見からか、周囲に遠巻きに見られる生活を送っていた。

しかし本当の彼女は、どうやら周囲が思っているような人ではないようで……?

******************************************************************
初めまして。

折上と申します(●´ω`●)

これからちょくちょく投稿していこうと思います。

凄くマイペースですが、宜しくお願いします。

Page:1



Re: 友達作り ( No.1 )
日時: 2017/04/17 21:09
名前: 折上

今日は高校の入学式。

私は、私立鏡学園(しりつあきらがくえん)へと入学する。

はあ、……新しい友達、出来るかなあ。

友達、中学では全然出来なかったから……。



そんなことを考えながら歩いている彼女、子犬丸美月。彼女は、無口無表情、鋭い目つきに加えて高身長で、「厳つい」で言い表せる様な外見だ。



しかしそんな彼女は、実は超が付く程の恥ずかしがり屋で無口で無表情なだけであって、いつも眠くて目を細めているから目が鋭く見えてしまうだけの、本当はちょっと鈍いマイペースな女の子なのである。






「あ……」

着いた。私立鏡学園。

よし、最初が肝心だぞ美月。

小さく深呼吸をする。

ここで友達を作れば、これからは安泰だ……!

でも、

やっぱり自分から声を掛けないと駄目……?

……いや、ここで迷っている暇はない!

「……よし」

覚悟を決め、門の近くにいた女の子に声を掛けた。

「あの、」

「は……ごめんなさいいぃぃぃ!!」

新入生の方ですか、そう声を掛ける前に、女の子は走って逃げてしまった。

「ごめんなさい……?」

何に対して謝ってるんだろう……?

それにしても……

「……また逃げられた」

中学の頃もそうだったんだよなあ。

私が話しかけると何故かみんな逃げる。

何か、うん。






……普通に悲しいです、はい。

「はあ……」

友達欲しい……切実に。

*****************************************************************

友達作り第一戦、失敗に終わる。


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。