コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

剣咲き
日時: 2017/04/25 22:21
名前: リィン

日本 鳥咲高校 体育館

「めーん」

「一本あり」

「ありがとうございました」

私は、剣崎 美吹
鳥咲高校 2年で剣道部所属
好きなものは、甘いもの全般

「さすが、美吹」

「えっ」

「美吹って、何気に強いよね。剣道やるとき、ものすごーく性格変わる。いつもボーってしてるのに」

「あはは、だって面白いからね。てか、ボーっとなんてしてないもん」

「してる してる」

「してない 絶対してない」

Page:1



Re: 剣咲き ( No.1 )
日時: 2017/04/25 22:23
名前: リィン

「はいはい、そうゆうことにしておいてあげる」

「もー」

「じゃあ、バイバイ」

「バイバイ」

友達と別れて、わたしは家に帰った





「はぁー。疲れたー」

「美吹ー。コンビにに行って、しょうゆ買ってきて」

「はーい」

「後、プリンとチョコも買ってきて」

「わかった」

もうお母さん人ずかい荒いんだから....





これでよし   帰るか・・・

「君、危ない」

「えっ・・」

キー  ドーン




「う・・・ん・・・」

「えっ・・・・・・」

目を開けると、信じられない光景が見えた。

「ここ・・・どこ・・」



Re: 剣咲き ( No.2 )
日時: 2017/04/25 22:21
名前: 花吹

更新待ってます!

Re: 剣咲き ( No.3 )
日時: 2017/04/25 23:35
名前: リィン

「ここ・・・・どこ・・?」

「お前、大丈夫か?」

「へっ・・・あ、はい」

この人、日本人じゃないよね。でも、話は、通じる。

「あの、ここってどこですか?」

「ここは、イジル帝国だ」

えっ・・・それってどこ??




「落ち着いたか?」

「あっ、はい  ありがとうございます」

「・・・」

「あの、お茶ありがとうございます。ここって・・イジリ帝国ってなんですか?」

「あぁ、イジリ帝国は、アラス大陸で一番大きい国だ。でも、戦争が多いし、差別もあるし、いい国とは、いえないな」

「はぁ、えっとあなたの名前は?」

「おれは、ジンだ。お前は?」

「私は、剣崎 美吹です。一応、剣道やってます」

「剣道って美吹は、剣が使えるのか?」

食いついてきた。そんなに珍しいのかな?

「はい、それなりには」

「おれも剣を使っている」

だから、食いついてきたんだ

「・・・・・」

どうしたんだろう。なんか、考えてる

「美吹、買い物に付き合ってくれ」

「え、何でですか」

「いいから」

「分かりました」


Re: 剣咲き ( No.4 )
日時: 2017/04/26 21:29
名前: リィン

私は、ジンさんに連れられて、建物のなかに入った

「よぉ、おっさん」

「おぉ、ジンか」

「えっ、ジンさん!?こんにちわ」

「おぉ、チビ助元気だったか?」

「はい!」

えっと・・・

「あの、ジンさん」

「あぁ、こいつらは、鍛冶職人のシンとその孫のライだ」

「よ、よろしくおねがいします」

「あぁ、よろしくな」   「はい」

ライ君かわいいなっ

「それで、おっ・・・」

「きゃっ」

なにこれ、地震??

「あいつら、また近くで戦ってる」

えっ、戦ってる?

「美吹、ここでまってろ」

えっ何で?

「えっ、ちょっとまって」

私は、ジンさんの後を追っかけた。

Re: 剣咲き ( No.5 )
日時: 2017/04/27 22:40
名前: リィン

「はぁはぁ ジ、ジンさん」

「美吹!?何で来た!!」

「だって、ジンさんが急に!!」

「いいから、早く帰れ!!」

「チッ、来やがった」

えっ、なに!?

「隠れてろ!!」

「は、はい!!」

私は、近くにあったコンテナの後ろに隠れた

「おい、待てよ」

ジ、ジンさん!?


「なんだ、剣豪じゃねぇか。何のようだ。」

「分かってんだろう?」

「容赦しねぇぞ 革命軍!!」

革命軍!?なに、それ?

「おらぁ!!」

なに、この戦い・・すごい
振動が、こっちにまでくる
キャッ

「おい、お嬢ちゃん どうしたんだいこんな所で」

「えっ」


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。