コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

よくある3つの恋愛物語
日時: 2017/04/27 19:29
名前: 日向花音

こんにちは~
前の名前は言いませんが、改名しました(笑)
前回辺りの小説でほとんど同じ名前のキャラクターを使用しているので、訴えられないようにです
概要はただただベタな恋愛物語です(笑)
皆さんに楽しんで頂けたら幸いです!

【登場人物】
来木 白代(くるき しらよ)…中学2年生。病弱でなかなか学校に来れない。帰宅部。優吾の不器用ながらも優しい所に惹かれてゆく。優吾はもちろん、宙也、桜良、かれんが大好き

戸賀 優吾(とが ゆうご)…中学2年生。サッカー部。見た目はかなり怖いが、根はとても優しく男らしい。少し熱血漢。宙也のライバル。白代が妙に心配。その心配が恋となかなか気付かない

浄内 宙也(じょううち ひろや)…中学2年生。サッカー部。クールで冷静沈着。優吾とサッカー部のエース争いをしている。1年の時に白代の儚げな所を好きになる。本当、優吾の色々な意味でのライバルであり、良き親友

五十嵐 桜良(いがらし さくら)…中学2年生。水泳部。少し男勝りな性格。優吾と同じクラスで何気によく絡む。白代をよく助ける。女子生徒からの人気が高い。幼い頃からカオルが好きだが、ずっと言えずにいる。

藤堂 カオル(とうどう かおる)…中学2年生。サッカー部。桜良の幼馴染。純粋なサッカー少年。それが故にかなり鈍感で桜良の気持ちに気づいていない。本人は全く気付いていないが、かなりモテる。少し天然な一面も。

凉野 駆(すずの かける)…中学一年生。水泳部。桜良をかなりリスペクトしているのと同時に桜良の事が好き。桜良のカオルへの想いは気付いている。けっこう先輩から可愛がられる。努力家で可愛いげのある性格。

木田 かれん(きだ かれん)…中学2年生。吹奏楽部。良家のお嬢様。6歳の時に兄の拓海を亡くしてからは 、『木田 拓海』として生きる。前に同じクラスだったカオルに想いを寄せるが、男として生きているため、叶わず複雑な気持ちを描いている。修とは幼馴染で行動をよく共にしている。

芥川 修(あくたがわ しゅう)…中学2年生。サッカー部。明るく前向きで努力家。サッカー部の二軍だが、諦めずに練習を続けている。ノリが軽く、絡みやすいからか、友達が多い。幼い頃によく遊んだかれんを想っていたが、突然いなくなってしまった為、想いはずっと伝えられていないままである。そのため、拓海の正体がかれんだということには気づいていない。

来木 厚人(くるき あつと)…白代の双子の片割れ。6歳の頃に交通事故で命を落とす。歌うことが大好きで、毎日音楽の世界に浸っていた。病弱な白代の事を最期まで心配しきっていた。

木田 拓海(きだ たくみ)…かれんの兄。11歳の時に交通事故で命を落とす。ピアノが上手く、よくかれんと弾いていた。優しく温厚な性格。

Page:1 2 3



Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.20 )
日時: 2017/05/14 16:57
名前: 日向花音


「ごめん拓海!今日は練習長引いちゃった!」
「みたいだね。大丈夫。俺なら平気」
部活終了時刻になり、少し遅れてかれんの元にかれんの幼馴染の修が走ってきた。
そう、中学二年生になった今でも、かれんは拓海として生きていた。
兄の本物の拓海が亡くなった後、拓海の葬式は家族だけで済ませ、かれんは突然いなくなったということになった。
幼稚園の先生などには、両親が事情を話した上に権力を使い、上手く誤魔化してもらった。
トイレや着替えなどは先生に協力をお願いしたりと、隠蔽工作は徹底していた。
かれん自身は、兄が自分の中にいてくれてるようで、嫌ではなかった。
だが、かれんも年頃の少女なのは事実で、女の子らしい事ができず悲しんだりするときもあった。
可愛い洋服を来てみたかった、女友達とガールズトークがしてみたかった…
それ以上にとても辛かったのは、恋愛で、かれんには好きな人がいるのだが、世間上ではかれんは男である。
そう、かれんの一番の苦しみは、ずっと叶わぬ恋をしなければならなかった事だ。
ずっと1年から同じクラスの藤堂カオルに、実らないって分かっていても恋をしている。
かれんのこの気持ちは、誰にも分からない。
そして、誰も『かれん』の存在に気付く者はいない。

Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.21 )
日時: 2017/05/15 20:31
名前: 日向花音

『これも両親の為』だと思っていれば、かれんは大丈夫だと自分は思っていた。
だが、心のどこかで「私に気づいて」と『かれん』が言っている。
かれんは、そんな『本当の自分』に気づかないフリをするしか他ならなかった。
「拓海さぁ…好きな子とかいるか?」
修はそう聞くが、素直に「うん。カオルが好きなんだ」なんて言える筈がなかろう。
実際にはかれんは女だから、問題はない。
だが、今のかれんはあくまでも『拓海』であり、ここでそう言ってしまえば、修に大きな誤解を与えかねない。
「そういう修はどうなんだ?」
ここでかれんはベストかと思われるが回答を導く事に成功した。
修は「そうだなぁ…」と空を見上げる。
今、修の頭の中に思い浮かべられているのは、幼い頃で記憶が止まっている、とある少女だった。
色白の肌につり上がった切れ長の目。ロングストレートの黒髪…

「しゅーうー!」

今でも鮮明に覚えている。初恋の相手。
そんな彼女の名前はそう…『かれん』だった。

Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.22 )
日時: 2017/05/16 17:09
名前: 日向花音

修は全く気づいていないが、かれんと修は、かれんが拓海になる前から仲が良かった。
同じ幼稚園の同じクラス。ずっと一緒に遊んでいた。
いつしか、一緒に遊んでいるうちに修だけがかれんに想いを寄せるようになった。
かれん大好き。そう思っていたのに…
ある日幼稚園の先生から告げられた「いきなりですが、かれんちゃんが『おひっこし』したのでもうバイバイでした」の言葉が、全てを終わらせた。
その日は丸一日泣いたことを、修はよく覚えている。
そして、数日後に入れ替わる形で拓海になったかれんが入園してきた。
実のところを言うと、修は今でもかれんの事を想っている。
修の中では今まで生きてきて、一番特別な思い出がかれんとの思い出だということに変わりがなかったからだ。
だが、幼稚園の初恋の相手が今でも好きだなんて、正直気持ち悪がられるだろう。
そう思い、修は「いないよ」と笑顔で答えた。
ずっと好きだった人の隣で。
もし、かれんがそのまま『かれん』として生きていたら、どうなっていたのだろうか。
きっと、二人の関係は大きく変化している。
当然、かれんは女子としての楽しみを手に入れられただろう。
修はかれんに告白する日が来たのかもしれない。
否、そもそも二人が今日このように一緒にいる未来はなかったかもしれない。
だから、これはこれで良かったのかもしれない。
何故なら、かれんがかれんとして生きていたら、『あの日』が訪れることはなかったのだから…

Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.23 )
日時: 2017/05/17 17:30
名前: 日向花音


「ただいま」
「拓海。お帰りなさい」
帰ってきても、かれんはもちろん『拓海』である。
両親もその事には納得しており、今までもかれんを息子として育ててきた。
ただ、かれんに初めて月経が来たときは、流石に母親が色々と教えたが、それでも母親はかれんの事を『拓海』と呼んだ。
そう、あの日から『かれん』はこの家から消えた。
まるで元から木田家にいなかったかのように、自然に拓海として馴染んでいた。
友達に家族構成を説明するときは、「妹の『かれん』が死んだ」という事にしている。
でも、あながち間違ったことは言っていない。
だって、かれんは自分自身で『かれん』を殺したのだ。
死んだ兄を引き換えに、『かれん』の存在を消した。その事実は曲がっていない。
いや、『かれん』を殺したのは両親も同様だ。
家族全員で『かれん』を消した。
だから、今日も『拓海』は生きている。
『かれん』の存在を犠牲にして。

Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.24 )
日時: 2017/05/18 18:52
名前: 日向花音

「そういえば母さん…」
「ごめんね拓海。今仕事場から電話が掛かって…あ。もしもし。木田でございます…」
かれんが母に近頃行われる、かれんの所属する吹奏楽部のコンサートについての話をしようとしたところ、母に仕事先の電話が掛かってきてしまった。
こんな感じでかれんの家は、両親が共働きで、両親が一日中家にいない日も少なくはない。
今、父は海外まで出張しており、2週間家を開けたままだ。
折角昔から頑張っているピアノの経験を活かして吹奏楽部で打楽器を頑張っているのに、一度も親にかれんの演奏を聴いてもらった事はない。
寂しいの本当だが、もう馴れたものだ。
自分は『男の子』だから泣かないって決めていたため、かれんはずっと泣かなかった。
転んでも、怖いテレビを見てしまっても、両親がいない日も、女の子らしい事ができなくても…
かれんは決して泣かなかった。
だが、それと同時に徐々に感情も表に出なくなり、今ではまるでロボットのようだ。
そのせいか、周りからも『よく分からない人』と称されがち。
そんな感情を閉ざしてしまったかれんをよく笑顔にしたのは、修だった。
修はかれんとは正反対で、感情豊かで、ただひたすらに前向きだった。
かれんは、そんな修を見ていると、自然と笑顔になっていったのだった。

Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.25 )
日時: 2017/05/19 18:09
名前: 日向花音


「拓海!今日も芥川待ちか?」
「と…藤堂君…!ああ。そうだよ」
次の日も修を待っていると、修と同じサッカー部であり、かれんの好きな人であるカオルがやってきた。
いつもと変わらないキラキラとした笑顔に、かれんはもう落ち着かない鼓動を抑えるのに必死だ。
どうしてこう、ドキドキしてしまうのか。
去年、絡みなんてほとんどなかった。
なのに、カオルがサッカーをしているのを見ているだけでも、かれんの心はガッ!と掴まれてしまう。
それほど、カオルは魅力的だ。
それ故に、かれんにとってカオルは、ただただ遠い存在であった。
魅力的な上に、かれんは恋愛はできないに等しい。
どうせ届かない恋なのに、今日もかれんは、カオルの存在に届くように、追いかけていた。
「藤堂君、今日の調子はどうだったんだい?」
「はは。いつも通り、浄内とか戸賀にすぐボール取られちまった!」
そうサッカーの話をしているカオルの表情はすごく眩しい。
本人が無自覚ながらもモテているのも納得がいく。
「あの二人は強いらしいね。修からよく聞くよ。勿論藤堂君の事もよく話してるよ」
「え?芥川が?ちなみに、何て何て?」
「あはは。んー。例えば…「たーくーみーぃ?藤堂に何話そうとしてるのかなー?」」

Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.26 )
日時: 2017/05/20 19:38
名前: 日向花音

折角かれんが、修がカオルを慕っている事を言おうとしていたのに、着替えを終えた修が真っ赤な顔をしながら、話を遮ってしまった。
それと同時に二人きりの時間が終わってしまい、かれんはほんの少ししょんぼりしていた。
「ああ。修。丁度これからよく君が口にする藤堂君の褒め言葉を藤堂君に教えようとしてた所だよ」
「教えなくていいから!ほら、帰るぞ!」
修に引きずられる形でかれんは、カオルに挨拶をして、通学路へ向かった。
通学路を歩いている途中、まだ顔が赤い修にかれんは軽くお説教をされていた。
「あのな。拓海。良いことでも、そういうのは本人には言うなよ!」
「えぇ。何でだい?」
かれんにそう言われ、修は更に顔を赤くした。
そして、しどろもどろとしたのちに「もういいからッ!」とそっぽを向いた。
そんな修を見て、かれんは可愛いなぁ、と微笑んだ。
やはり、修はかれんを笑顔にする才能があるのかもしれない。
恥ずかしさでいっぱいの修により、話題はカオルからもうすぐ行われる体育祭の事になった。
「クラス対抗リレー、明日から練習だよな?」
「そうだよ。ちゃんと俺からのバトン受け取ってよ?」
「もちろん!拓海こそバトン落とすなよ?」
クラス対抗リレーでは、走順がかれんの次に修になり、二人とも足が速いため、周りからは期待を受けている。

さぁ。体育祭まであともう少し。

Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.27 )
日時: 2017/05/21 19:33
名前: 日向花音

第2章『Move Love…』

1
とうとう、白代にとって憂鬱な体育祭の練習が始まってしまった。
体操服に着替えている間ですら、白代には憂鬱でしかなかった。
慣れない強い初夏の日差しにくらくらする。
桜良はそんな白代の背中を軽く支えながら、何度も「大丈夫か?」と尋ねる。
白代は笑って「もう桜良ちゃんったら…それもう10回は聞いたよ?」と大丈夫だよアピールはするものの、正直大丈夫ではなかった。
最近の調子はいいが、元々の体は強くないのだ。
慣れればいける、と白代は心にそう言い聞かせる事にした。
最初に二人三脚や障害物競争などの個人競技をやり、最後の方にクラス対抗リレーをする予定だ。
白代の中では、少なくとも二人三脚だけはやっておこう…という感じだ。
軽く準備運動を済ませ、桜良の脚と自分の脚を結んで早速二人三脚練習に移った。
「どっちの足から行く?やっぱ内側から?」
「ああ。いくぞ…せーの!」
最初はゆっくり「1,2,1,2…」と歩いて、徐々にスピードを上げる。
桜良は、あまり白代に無理をさせないよう、白代のスピードに合わせている。
だが、練習を進めていくうちに、段々と白代の様子が変わってきた。
顔色がいつも以上に青白くなり、足元もふらついてきた。
それにいち早く気づいた桜良は、スピードを段々と緩め、進むのをやめた。
「おいそろそろやめるか?辛いだろ」
気持ち的には「大丈夫」と言いたかった白代だが、身体は正直で、もう運動ができないと判断したため、力なく頷いた。

Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.28 )
日時: 2017/05/22 18:09
名前: 日向花音

桜良の指示により、白代は近くの日陰で休んでいる。
だが、体調は良くなるどころか、とうとう目眩がしてきてしまった。
出番の無いクラスメイトたちが、時折「大丈夫?」などと声をかけるが、今の白代は頷く事しかできない。
壁にもたれ掛かり苦しい呼吸を繰り返す白代は、いっそ倒れてしまいたかったが、普段周りに迷惑をかけている分、周りに助けてもらう事をあまり好かなかった。
周りに助けてもらう度に白代は弱い自分に嫌気が差す。
急いで教室から白代の水筒を持ってきた桜良が、白代にお茶を飲ます。
「さっきより、顔色悪いぞ。保健室行こうな」
桜良にそう言われ、再び白代は頷いた。
立ち上がろうとした白代だが、足に力が入らず、立ち上がれない。
それを察した桜良は、クラスメイトへ声を掛けた。
「男子!誰でもいいから白代を保健室まで運んでくれないか?」
桜良の呼び掛けに全クラスメイトが反応して、少し騒がしくなる。
ざわざわしているクラスメイトの声が微かに聞こえた白代は、また迷惑をかけてしまった事を悔いた。
「じゃあ、優吾がいいんじゃね?体格でけぇし、サッカー部で鍛えてるし」

Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.29 )
日時: 2017/05/23 13:16
名前: 日向花音

一人の男子がそう言うと、周りはうんうんと賛同し始めた。
当の本人はというと、少し戸惑っているように見える。
「いや何で俺!?」
優吾は白代を運ぶ事自体は嫌ではなかったが、何故自分なのかがよく分からなかったのだ。
困惑気味な優吾の両肩を、桜良がガシッと掴んだ。
力がかなり入っており、正直痛い。
「どうでもいいだろ!今は緊急事態なんだ!早く!」
桜良の言うことはごもっともだったため、優吾は小さな白代を背負った。
熱射病かと思われていたが、背中に伝わる白代の体温は、すごく冷たい。
そして何より、身体が小さいとはいえ、かなり軽いことに驚いているが、それどころではない。
できるだけ早くかつ、白代を落とさないように優吾は早歩きで保健室へ向かった。
その間の周りからの視線が恥ずかしかったが。
「慣れない運動をしたせいね。悪いんだけど、ベッドまで運んでくれるかしら?」
幸い、頭を冷やして休めばじきに回復するようで、優吾はゆっくりと白代をベッドに寝かせた。
少し白代が心配だったのと、クラス対抗リレーまで暫く時間があったため、優吾は白代を見ておく事にした。
ベッドの中で、白代は申し訳なさそうに優吾を見つめる。
「戸賀君…ごめんね?私が無理したから…」
「んあ?何で来木が謝るんだよ。俺は別にどうってことねぇよ」
実際、優吾にとっては本当にどうってことはなかった。
だが、白代は練習に出たことをかなり後悔している。
これでまた、迷惑をかけてしまった自分を嫌になつてしまった。

Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.30 )
日時: 2017/05/24 11:41
名前: 日向花音

横になって少しは楽になったらしく、白代が少しずつ喋り始めた。
沈黙が辛いというのもあったが。
「そういえば、戸賀君ってサッカー部だったよね。この前グラウンドで見かけたよ」
「あ…あぁ。来木は部活やってんのか?」
そう言って頬を掻く優吾は、照れているようにも困っているようにもみえた。
後者だったらどうしよう…と白代はいつも以上にナーバスだ。
「ううん。小学生の時に家庭科グラブやってたぐらい」
「グラブか…懐かしいな。料理が得意だったのか?」
優吾にそんな質問をされ、白代はビクッと肩を震わした。
何を隠そう白代は…ありえないほど料理が下手なのだ。
それこそ、家庭科グラブは、図工グラブかの2択しか選択肢がなく、「料理楽しそうだなー」という適当な理由で入ったのだ。
入ってからは…生野菜のサラダを作るだけで一苦労する白代の事だ。察してほしい。
白代が何より心配しているのは、このままではお嫁に行けない!ということだ。
せめて…せめてカレーライスぐらいは作れるようになりたい…と願っているが、一向に上達の兆しが見えない。
そんな白代にとって『料理』の2文字は鬼門だ。
急に黙りだした白代を見て、優吾はニヤリと笑った。
「さては来木…料理できないんだな?」
図星だ。
白代は冷や汗タラタラである。
「うぅ…できません…」
あまりこの事実を、男子には話したくなかった。

Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.31 )
日時: 2017/05/25 15:16
名前: 日向花音

ああ。これはからかわれる展開だな…と白代が身構えていたが、優吾から帰ってきたのは意外な答えだった。
「じゃあ…さ。いつか教えてやるよ…料理。俺、こう見えて得意だから…よ…」
「へ…?」
優吾そう言って照れくさそうにしていたが、白代は一瞬なにか起きてるのかが分からなかった。
最初ニヤニヤされた辺りで、絶対バカにされると予想していたからだ。
暫く白代が目をぱちくりさせていると、優吾は恥ずかしさでいっぱいになり、白代に料理を教えようとしたことをひどく後悔した。
そのせいで沈黙が再び訪れてしまい、耐えきれずに優吾が「変なこと聞いて悪かったな」と言おうとした時だった。
「ねぇ君大丈夫?もうリレーの練習始まってるっぽいけど」
保健室の先生にそう指摘され、慌てて外を見ると、個人競技をしている生徒はもうおらず、殆どトラック付近に集まっていた。
「うわやべッ!じゃ、じゃあな来木!お大事にな!」
「ま、待って戸賀君ッ!」
靴を履いて保健室を出ようとした優吾を白代は何とか引き留める。
『あの時』も、こんな大声が出せれば…
何とか優吾は気づいたようで、振り返った。
「ご、ごめんね?あと…今度料理教えてっ!」
勇気を出して白代は、優吾に料理の事をお願いすると、優吾はニッと笑い「おう。任せとけ」と言い、外に出た。

Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.32 )
日時: 2017/05/26 17:46
名前: 日向花音

去ってゆく優吾の背中を見て、「戸賀君って優しいな。話してて楽しかったし」と白代は微笑んだ。
そういや、サッカーをしている戸賀君もかっこよかったな。料理、早く教えてもらいたいな…
白代は、今日の事だけで心が温かい何かで満たされていた。
迷惑を掛けた悔しさも忘れるくらいの。
ほんのり頬を赤く染め、氷のうの氷が溶けてしまっている事に、白代は気づいていなかった。

「悪い!遅くなっちまった!」
一方優吾は、リレーの練習前だというのに、全力ダッシュでトラック付近に戻り、クラスメイトに平謝りしている所だ。
「いいのいいの。まだ始まってないから。それより、白代ちゃん大丈夫だった?」
やはり、あんなに調子の悪そうな白代を見たことなかったクラスメイトは、皆白代の心配をしていた。
「ああ。暫く寝てれば良くなるって」
白代の無事を伝えると、クラスメイトは次々に「よかった~…」や「あとでお見舞い行こっと」などの安堵の声が上がった。
「お。戸賀何か嬉しそうだな。さては、白代と何かあったな」
桜良が優吾の耳元でそう呟くと、優吾はかなり動揺した。
まさか、料理の件が嬉しかった事が顔に出てしまっていたのか。
図星をつかれ、優吾は桜良の頭を叩いた。
「ちげえよ!気のせいだろ」
優吾は何とかそう言い、その場を凌いだが、顔が既に赤い。
こういう時だけ、自分の分かりやすさを呪った。
その後は、白代の代わりの走者を決め、練習は速やかに終わった。

Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.33 )
日時: 2017/05/27 18:30
名前: 日向花音

暫く白代が保健室で休んでいると、ぞろぞろと生徒が入ってくる気配がした。
きっと、練習で怪我をしたり、ただ涼みに来た生徒たちだろう。
その中に紛れて、誰かが白代の所に来たようだ。
白代は少し起き上がって、視線を前に向けた。
そこには宙也、桜良、優吾がいた。
「戸賀から聞いたぞ。今は大丈夫なのか?」
宙也の問に、白代はゆっくり頷いた。
寝たお陰で、倒れた時と比べてだいぶ楽になっていた。
それよりも白代にとっては、大好きな3人が来てくれてすごく嬉しかったのだ。
とくに優吾は、運んでくれた礼と、料理の件があったから尚更だ。
優吾も、白代を見るなり少し嬉しそうな笑みを浮かべている。
「白代が元気そうで何よりだよ」
桜良は、そう言って白代の頭を撫でた。
白代は桜良のそういうお姉さんみたいな所が大好きだった。
そして、3人ともふんわりとした白代が好きだった。
…一人だけ意味が違うのだが。
次の授業には出席すると言うことを伝えて、白代と桜良たちは別れた。

Re: よくある3つの恋愛物語 ( No.34 )
日時: 2017/05/28 19:56
名前: 日向花音


次の日からは、昨日の件もあり、クラスメイトに大丈夫かと止められたりしたが、白代は今日こそはリレーにも出る!と張り切っていた。
正直、足がかなり遅いためリレーの練習などやりたくなかったが、ここはもう気の持ちようである。
練習に出ない方がむしろ迷惑かもしれない、という考えもあったが。
昨日の桜良の長い長い「大丈夫か?」「無理するなよ?」という心配の雨は、今日になって3倍にも増えていた。
「昨日みたいになったら、言うんだぞ」
「…わかった。ありがとう桜良ちゃ…」
「俺を頼ってもいいからな」
「…うん。ありがとう浄内君」
「…無理すんじゃねぇぞ…また何かあったら俺が保健室まで運ぶっからよ」
「ありがとう戸賀君。嬉しいけど、3人とも心配しすぎだよ!私は大丈夫だから!」
合流してからというもの、ずっとこうだ。
白代は、桜良と宙也と優吾の3人に囲まれながら、昨日とは違う意味でげんなりしていた。
それだけ心配してくれているのは、白代にとっては本当に嬉しい事だったが、物には限度というものがある。
白代はそう思いながらも、顔には笑みを浮かべていた。
体育祭も悪くはないかもしれない、と思い始めていたのだった。
ふと違うクラスの集合を見つめていると、白代は何処かで見たことのある人物を見つけた。
「あれ…?拓海君…?」


Page:1 2 3



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 4000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。