コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

短編集
日時: 2017/08/23 03:18
名前: モズ

──短編集のみのスレ。
これの目的はただ己の文才をあげること。
幅広いジャンルを書きたい、しかし
健全なジャンルで。
そして己が満足できるものを──
満足したこと、一度もない……


∞リクエスト∞
更新時に募集したりしてますので
チェックしてください。

∞ルール∞
・モズが書いている間は
コメント等は控えて欲しいです。
読んでくれている方がいるようです。
そのため、読みやすくしたいのです。

・どのようなコメントもどうぞ。
荒らし等は無視しますが。

・スマホで執筆しています。
なので変なところで改行してます。
段落等は入れてみます。
頑張ってみます。

・駄作者でお馴染みですので、
期待しないでください。
褒められても高確率で自虐スキルが発揮します。
返信コメントで不快に感じるでしょう。
それなりに頑張っているつもりですが、
癪に障るようでしたらここで謝ります。たぶん。
ま、これでも頑張ってることは認めてください。


──最後に
読んでくれた方、いや神様。
ありがとうございます。
クリックしてくれた方も。
相変わらず拙い文章達ですが、
頑張ります。
まぁ、書く保証もないですが。



【今まで書いたもののまとめ】

「ヒマワリ」>>1 >>2

「デッサン」>>18 >>19

「ゲームだけじゃない」>>20

「君といると楽しい」>>21 >>22

「すいかに塩をかけると美味しい」>>34 >>35 >>37

「地味な私とイケてる先輩!」>>43 キャラ >>45 >>49 >>50

「私が恋する訳がないっ!」>>62 キャラ >>63 >>64

「メガネブス」>>69 >>70

「今もずっと片想い」>>75 >>76

「アサガオ」>>84 >>85 >>86 >>89 >>90

「好きな君は溶けちゃった(夏)」>>96 >>97 >>98 >>99

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22



Re: 短編集 ( No.103 )
日時: 2017/08/27 16:03
名前: 萌夏 ◆IrmWJHGPjM

来ましたぜー!(コメントして良かったかな……?)
いいなー、上手いなー……私最近ほったらかしちゃってるからなー……

なんていうか、モチーフ私も載せさせてください
冬のぶん……思いつく限り、連想準だよ

・雪、雪合戦、雪だるま
・こたつ、みかん、あえてアイス
・年末年始、除夜の鐘、お寺、神社、初詣
・白い息、寒い、風
・クリスマス、プレゼント
・冬眠、眠り、別れ
・コート、マフラー、手袋、耳あて

……とかかな
また時間見つけてくるよ

Re: 短編集 ( No.104 )
日時: 2017/08/29 20:25
名前: モズ

>>102
チェリー、ありがとうございました。
これを参考に……という訳ではないですが。
少し思い付いたのがあるので今度、書きますね。
それはともかく、モチーフありがとうでござんす。


>>103
萌夏、ありがとうございました。
コメント、していいよ。
小説書いてる途中は困るけど。
上手くないと思うぜ、俺もほぼ放置してた。

あ、冬じゃなくてもいいよ。
秋か冬。
今は秋を募集してたけどありがとー。

あ、除夜の鐘……。
行ったことない、ガキ使観てた。
その頃はカキコ来たてだったな。懐かしい。
まだ、半年ちょっとしかいないんだー。

うん、来てくれてありがとう。
また今度更新すると思います。
ありがとうでござんす!



ーーーーーーーーーーーー

たぶん、次から短編書くので。
しばらくコメントしないでください。

Re: 短編集 ( No.105 )
日時: 2017/08/31 21:57
名前: モズ
参照: パートわん

いやー、もうすぐ秋ですね。秋って恋愛のイメージないっすよね?
だから、恋愛は書かないんですよ。
ま、短編なことに変わりはないんですけど。

今回のモチーフはチェリーさんも出してくれた、紅葉。
そして紅い鳥居の立つ神社でございます。
そこから始まる一人の男の後悔を無くす短編です。
興味があればこのあとも観てください。

ただ、題名が決まってないので。
読んでくれた方で良いのがあれば付けてください。


ま、何回に分けて書きますけど。


ーーーーーーーーーーーー
「」



よくわからないが、俺は石畳の上に立っていた。
目の前には大きく紅い鳥居のある神社。
その奥には紅葉した木々によって鮮やかに染まった山がある。
少し風が吹くと赤や橙などに染まった葉が舞う。
いつからかはわからないが、その景色に見とれていた。
辺りは無音。たまに風が吹いたり、葉がカサカサしたりするくらい。
その音に聞き入っていた。



「よぉ! お前に後悔はないか? 」



いきなり、タメ口かよ。そう思いながら声のする方へ目を向けた。
すると、小学生低学年くらいのまぁ元気で可愛らしい男の子。
服装も普通にガキっぽいけど、そいつは人間じゃなかった。
そいつには狐の耳が生えていた。



「おーい。俺の声、聞こえてるよな?無視はやめろよな?」



「はいはい、聞こえてますよ。タメ口はやめていただこうか」



 「うるせぇじーさんなこったい。まず、俺の質問に答えろ。
後悔はないか?あるよな?ちゃんと。
置いてきぼりの彼女さんのこととか。
お前は死んだのに後悔とかあるから成仏できねぇんだし」



口が悪すぎる、このガキ。
ま、答えないとまたうるさいだろうし答えてやるか。



 「つか、俺、死んだの? 」



考えてたことが口に出てしまったー。
でもさっき、あいつは俺のことを死んだって言ってたし。



すると、そいつは頭をボリボリ掻きながら



 「そ、死んだんだ。愛し合ってたのにプロポーズもせず、死ぬとか。
彼女さん、可哀相すぎるだろ」



……ツッコミたいことはたくさんあるんだが。



「死んだってそんな適当に言わないでくれるか?
俺に命は1つしかないんだぞ? 雑に扱われたくないぞ!
それになんで彼女のこと知ってんだよ!
それと、お前に可哀相と言われるとか可哀相すぎるだろ! 」



はぁ、言い切ったー。
つか、あいつはなんなんだよ。
そのあいつがまた口を開いた、



「ま、その後悔を今から消しに行くから。そこまで言うなら行くよな? 」



さすがに否定はできなかった。
もしかしたらまた会えるかもしれないし。



あいつの方へ足を歩めて、



「あぁ、行くよ、お願いします」



そう言うと、あいつは少年らしくにこっと微笑んだ。


Re: 短編集 ( No.106 )
日時: 2017/09/20 23:35
名前: モズ
参照: おい、更新ペース遅すぎだろ!

 バフゥ



 「……!? 」



 あいつからたくさんの尾が生えた。あいつは九尾だったのか。
顔とかは一切変わんねぇけど、尻の辺りにたくさんの尾が生えてる。



 「じゃ、乗って。現世に行こうか」



 さらっと意味不明なことを言うが反論しても意味はなかっただろうし
行くことは決めていたから。



 「そんじゃ、失礼します」



 乗ってみると意外にも安定感はあるし尾がもふもふで気持ちいい。
小さいくせに便利な体だな。



 「しっかり捕まんないと変な空間で彷徨うことになるから注意しろよな?
そんじゃ、行くぞ! 」



 助走もつけずに尾をなびかせ、飛んでいく。
景色はどんどん変わって見る暇なんて一切ない。
というか、よそ見してたら落ちそうで。見れる訳、ねぇ。



 「そろそろ現世に着くよ」



 そう言えば、少しずつスピードを落としていく。
本当に乗り心地良かったな。
今までたくさんの人たちをこうして乗せていったのかな。



 着いた世界はあの神社とは間違いなく違う世界。
間違いなく、現世。俺のよく見るいつものこの世だった。



ーーーーーーーーーーーー

Re: 短編集 ( No.107 )
日時: 2017/09/20 23:35
名前: モズ
参照: ニート更新

ーーーーーーーーーーーー








 「そう。紛れもなく、お前が元いた世界さ。
ちゃんと死んだ辺りに今いるからな? 」



 元いる世界にいる報告はありがたいけど、後半の報告はいらねぇからな。
まぁ、ただの道路だけど少し血の痕に脇には花束が少し置いてある。
ここで誰か死んだってのはすぐわかる。
少し奥を見やれば最後に二人で食事したカフェ。
そこまで見なくてもここいらで死んだのはわかってた。



 「知ってる。死んだ場所くらい勘でわかる」



 「そうかい。記憶はちゃんとしてんだな。
まぁ、お前の姿は今は俺にしか見えてないからな」



 まぁ、幽霊だし空は青いし。見える訳、ないか。
その方が今は助かるけど。



 「それで……会えるのか? 」



 ちゃんと言うと恥ずかしい。その名前を呼ぶと今でも恥ずかしい。
こうなった今でも好きだからだろうか?

 あいつはそれを察したのかにこっと笑って



 「会える……よ」



 少し間をおいたのが気になったが会えるのなら嬉しい。
でもやっぱ、あの間が気になった。
 けど、また何かを察したのか



 「会える。俺に任せろ。行くぞ、じーさん」



 俺に何も聞かずに勝手に行くあいつだがついていくしかなさそうだ。



 「じーさんって……俺、まだ20代だからな! 」



ーーーーーーーーーーーー



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。