コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

君との出会いは本屋さん。『☆続編開幕☆』
日時: 2018/04/09 17:50
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

12/16、第1編完結。
18/04/09より、第2編始動!



こんにちはこんばんは、初めましての方は初めまして、ましゅです。
開いていただきありがとうございます(*ノωノ)


この小説には今までの小説以上にシリアス展開を挟みます。苦手な方はbackお願いします<(_ _)>


****Episode****


**character…>>1


○第1章○
00.>>4 01.>>5 02.>>6 03.>>7 04.>>8 05.>>10
06.>>11 07.>>13 08.>>18 09.>>23 10.>>26 11.>>29

○第2章○
12.>>30 13.>>34 14.>>37 15.>>39 16.>>42 17.>>45
18.>>46 19.>>47 20.>>48 21.>>52 22.>>54 23.>>57

○第3章○
24.>>61 25.>>62 26.>>66 27.>>69 28.>>73 29.>>75 30.>>76 31.>>80 32.>>81 33.>>93 34.>>95 35.>>102 36.>>107 37.>>108 38.>>112 39.>>113 40.>>115 41.>>118 42.>>121 43.>>126

○第4章○
44.>>128 45.>>130 46.>>134 47.>>135 48.>>139 49.>>140 50.>>141 51.>>144 52.>>146 53.>>149 54.>>150 55.>>151 56.>>154 57.>>155 58.>>160 59.>>163 60.>>165 61.>>166 62.>>167 63.>>168 64.>>170

○第5章○
65.>>171 66.>>174 67.>>177 68.>>179 69.>>180 70.>>181 71.>>182 72.>>184 73.>>185 74.>>187
75.>>188 76.>>190 77.>>191 78.>>192


**番外編1.>>99
沙彩とひかりの陸上部時代の話です。仲良くなったきっかけみたいなものです←

**番外編2. >>156
夏音と沙彩の出会いを夏音視点で書いたもの。7話と比較して読んでいただけたら幸いです。


**キャラクター1人1人の設定…
沙彩.>>83 夏音.>>85 千春.>>88 ひかり.>>89 悠夜.>>119 俊.>>125 香澄.>>138


***************




**お客様**

*四季様
*フウ様
*てるてる522様
*サイバー様
*群青パセリ様

**********







Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42



Re: 君との出会いは本屋さん。『☆続編開幕☆』 ( No.203 )
日時: 2018/05/03 21:15
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

84.



「やば…はぐれちゃったな」

 沙彩は、決定的な目印になるものを探していたのだが、なかなか見つからない。待合室とかも建設されているからそこに行けばよいと思ったが、そういえば沙彩はあまり初詣など経験がないためその場所を知らなかった。

「……あれ?園川さん……?」

 不意に、沙彩の目に見知った顔が映った。黒髪を縛った姿が特徴的の、晴樹。彼は何となく視線を感じたのか、振り返ると沙彩の姿を見つけた。

「月島ちゃん?どうしたの。あ、みんなで初詣?」

 晴樹は直接的に関わったわけではないが、12月になってから沙彩のことを何度か見かけたことがある。最初は驚いたものの、ようやく決心が出来たんだな、という目で見ていた。
 
「……はぐれたの?」

 その言葉は核心を突いていて、沙彩は思わず黙り込む。せっかくの初詣なのに、はぐれた……というのが少し恥ずかしかったからだ。

 言おうか言うまいか迷っていると、晴樹は突然ポケットから携帯をとりだした。沙彩が思わず晴樹の方を凝視する。

「あ、桃瀬!月島ちゃんいるけどー、ちゃんと見てあげないと駄目じゃん」
『え、ほんとですか!?かわってくださいよ~!』
「……桃瀬、本当に僕と喋りたくないんだね」
『そんなことないですよ~、でもかわってください!』

 晴樹ははぁ、と生意気な交配に対するため息を一つついて、沙彩に彼の黒い携帯を差し出した。だが、沙彩には2人の会話が聞こえなかったため、携帯を差し出されて戸惑う。

「……桃瀬が、かわってだって」
「……あ、はい」

 そこまで言われてやっと理解した沙彩は、晴樹の携帯を受け取る。

「……もしもし?」
『沙彩ちゃんー!良かった、心配したよ~!それで、どこにいる?』
「ごめん……そう言われても、目印とかないんだけど」
『うーん……そっかー。近くでたき火とかやってない?』
「やってないけど……」
『え~……どうしよー……」

 歯切れの悪い電話。全くらちがあかないまま、数秒経って。


「月島!」


 近くで、沙彩を呼ぶ声が聞こえた。

「あ、秋本?なんで……夏音達と一緒なんじゃ」
「探しに来たんだけど!?」
「……あぁ、なんかごめん」
『秋本くんもいるの?』
「……うん、今合流した。秋本は夏音達がいるところ、わかるんだよね?」
「動いてないなら分かる」
「分かった。じゃあ戻るよ、待ってて」
『うん!人混み気をつけてね~』

 そこで、プツッと電話が切れた。沙彩は晴樹に携帯を渡す。

「……いや~、まさか彼氏くんが助けに来てくれるとは」
「彼氏じゃないですって!てか、助けじゃないです、探しにですよ…」
「ある意味助けると同義じゃない?」
「……もうそれでいいです」

 久しぶりに晴樹が悠夜をからかった後。3人で、夏音達の所へ向かうことにした。

Re: 君との出会いは本屋さん。『☆続編開幕☆』 ( No.204 )
日時: 2018/05/05 20:51
名前: てるてる522 ◆9dE6w2yW3o
参照: http://From iPad@

続編が……!!!!
今日は午後時間がすごいあって、ずっとカキコにいたんだけどましゅの小説にもコメントしたいなぁと思って探してたら続編が開始されててヽ(゚∀゚ )ノ フォー!!ってなりました笑

お久しぶりです! ゴールデンウィークだね( ᐛ )و
ついちょっと前まで春休みだったのにあっという間にゴールデンウィークで、毎日毎日過ぎるのが早いなぁと感じてます笑

小説では初詣で、毎年初詣ってお母さんとかおじいちゃんおばあちゃんとかと行くから友達と行ったことないなぁって思って、沙彩ちゃんたち7人が羨ましいです笑←
確かに初詣ってすごい混んでるけど、ちょっと並んで屋台の食べ物とか買って食べたりとかいいな笑
おみくじとかもᕕ( ᐛ )ᕗ

毎年末吉とか吉とか小吉とかばかり引いてます←


年末年始は母方の実家に行くんだけど、そこでLINEとかできないからいつも2日とかにみんなのカウントダウンのLINEとかを見るんだけど、やっぱり通知すごい貯まるなぁっていうのはわかる笑
それから返信間に合わなくてスタンプっていうのも(σ゚∀゚)σ

今年はなんか新年になった途端グループでスタ連しまくった子がいまして、もう重くてLINE開けなくてちょっと大変だった( ̄▽ ̄;)

迷子になってはぐれちゃった時は、どうなることかと思ったけど何とか合流できてひとまずすごい安心しました( ̄∇ ̄*)ゞ


ここからは小説から離れます((すごい長くなっちゃうから少し短めを心がける( ᐛ )و

スポーツテスト私もやりました笑
自分で良かったって思えたのは長座体前屈だけです(´;ω;`)

男子と女子って本当に記録離れるよね!( °_° )
クラスで結構50m走が6秒台いっぱいいたから、Σ(°∀° )ってなった笑←


ゴールデンウィーク明けに修学旅行ってことはあと少しだね!ᕕ( ᐛ )ᕗ
楽しんできて!!!!⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

私の学校は7月だからもうちょっと先←
友達とショッピング羨ましい笑(  ̄▽ ̄)

んー、最近はカラオケに行った!
歌は結構好きで、ストレス発散になるからたまに行きたくなる(*´o`)•*¨*•.¸¸♪


勉強にも力入れ始めたら、遊びに行ったりとか家でのんびりする時間もなくなっちゃうから悲しいけど、後悔しないように頑張りたいなぁと思います笑(ง •̀_•́)ง

これからも応援してます!
お互い頑張ろう٩( ᐛ )و

byてるてる522

Re: 君との出会いは本屋さん。『☆続編開幕☆』 ( No.205 )
日時: 2018/05/05 21:30
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

>>204 てるちゃん

こんばんは~!
良かった、来てくれた(´;ω;`)
続編始めたんだけど誰も来ないからひっそりやめようかと思ってた←

今年のゴールデンウィークは完全に課題に追われてて……笑
まだ半分くらい残ってる←

私も友達とは行ったことないなぁ~……普通に沙彩が羨ましいです((
今年は大吉だった!やったあああ←
私の所は屋台とかあんまりやってなくて、小説で屋台を出そうと思ったらかなり考えないといけないから結構大変なんだよね←本音が出てる

実は私スマホ持ってなくて……(´・ω・`)
あるあるかな?と思って書いてたんだけど、あるあるで良かった!!通知溜まるのとか大変そう……。
やっぱりカウントダウンはやるよね!携帯持ったらやりたい←

スタンプ連打はやばそう((

折角頂いたオリキャラなのに出番少なすぎだろ!と思って考えました( ´艸`)
琴子も、初詣編は分からないけど後々登場の予定!多分!!


てるちゃんもスポーツテスト終わったんだね!!
長座体前屈は去年に比べれば良くなってたかな~・、ずっと寝る前にストレッチしてたから記録伸びた(*´Д`)
私のところはクラスに1人くらいかなぁ。1クラス15人だけど←ド田舎

ありがと~♪本当もう1週間もないのに用意全然してません!笑
てか今からやります←

ショッピングは今日行ってきた~、服ももちろん買ったし、サーティーワンとか行って楽しんでた(*'ω'*)
ダブルが安かったんだよ~((

7月というと、期末テストの直後とか??
丁度鬱憤晴らしになりそう←

カラオケいいなぁ~、カラオケ行ったことない人です←ガチ
私も歌好き!あんまり音域が広くないから歌える歌がほとんどないんだけどね(


そういえば受験生か←
私も最近は勉強でなかなか来れてなくて(;'∀')いい感じに両立できるよう頑張ろうね!

てるちゃんの小説にもまたお邪魔します~('ω')ノ

Re: 君との出会いは本屋さん。『☆続編開幕☆』 ( No.206 )
日時: 2018/05/18 00:35
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

お知らせ&近況報告です~……。

修学旅行も終わりまして。もう学校行事なんて体育祭くらいしか楽しいのないっすね((
改めて受験生ってやだなぁって思います。これを乗り越えた方達は偉大。

それで(突然の転換)、1週間後に定期テストがあるんです。ヾ(;´▽`A
だからただでさえ更新停滞しているのにもっと停滞します。やばいですね……ほんと、更新早いのだけが取り柄だったのに!←

それと、6月上旬に英検を受けるので(準2)、そこまでしばらく小説更新できないかもです。それか1話だけとかしか見込めません……。本当申し訳ないです<(_ _)>

一旦色々終わるまで更新お待ちください……。

Re: 君との出会いは本屋さん。『☆続編開幕☆』 ( No.207 )
日時: 2018/05/27 10:00
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

85.人を惹く言葉。



 夏音はそわそわしながら、沙彩達3人の姿が見えるか背伸びをしていた。中々遠いところにいたのだろうか、全然姿が見えてこない。不安感に襲われた夏音達のもとへ、ふとパタパタと忙しない足音が聞こえてきた。

「……沙彩ちゃん!沙彩ちゃーん!」

 ようやく3人の姿が見えた。夏音は感極まって、人目もはばからず沙彩の名を叫ぶ。

「良かったぁ……」
「ほんまびっくりしたわ…」
「突然いなくなったからな」
「見つかって良かったですね…!」

 夏音が沙彩達の方へ走っていったので、千春達も追いかける。後ろに悠夜と晴樹も居た。だが晴樹は、ひかり、香澄とは面識がない。香澄はどうやら人気な先輩だと認識していたようだが、ひかりは人見知りなうえ先輩とかに興味を示さないため、一気におびえていた。

「なんやあの人……沙彩ちゃんの知り合い…?」

 おびえきったひかりが、夏音の後ろに隠れながら問う。夏音はそういえば面識なかったね、と言って、ひかりだけに聞こえる小さな声で囁いた。

「あたしと同じ部活の部長で、沙彩ちゃんや千春ちゃん、秋本くんと俊くんと知り合いなの。そんな怖い人じゃないから安心して」

 夏音の言葉で、ひかりは少しだけ落ち着く。警戒心は未だに解けないが。

「あ、君……高宮香澄ちゃん?」

 そんな中、晴樹が香澄を見て言った。マイペースな晴樹、聞くタイミングが少し変だと言うことはさておき。
 香澄はそれほど面識がない人とも喋れるため、笑顔で返した。

「はい。園川晴樹先輩、ですよね」
「うん。高宮ちゃん、僕たちのクラスでもかなり有名になってるよ」
「え……?どうしてですか?」
「可愛いからじゃない?」
「………それはどうも……」

 じゃない?と言われると何と返せばよいのか。香澄は曖昧な笑顔で曖昧な返事を返した。一件見ただけではチャラそうな晴樹の様子に、少しだけでも落ち着いていたひかりは、さらに晴樹に対して警戒心を持った目を向ける。

「そんな怖がらなくて良いってー」
「………」

 ついには無言になる始末。そんなひかりに目配せした晴樹が、何か考えたような顔つきでひかりの方を向いた。

「……っ」

 視線を感じたひかりが思わず夏音の後ろにサッと隠れるが、晴樹はそれに構わず声を掛けた。

「君は?」
「………夕凪、です」
「そう。人見知りなの?」
「…………」

 無言が肯定、とでも言うようにひかりは晴樹を睨んだ。先輩だというのに何という勇気だろうか。だが晴樹は特に気にした様子でもなかった。

「イントネーションから察するに、君は関西人だよね?」
「………」

 これ以上話しかけないで欲しいのに、晴樹はどんどん話しかけてくる。と思うと、突然晴樹は突拍子もないことを言った。

「そうだ、飴あげる」
「……は…?」

 意図が読み取れないひかりは、警戒心あらわに晴樹を見るが。晴樹は鞄から飴を取り出して、ひかりに差し出した。

「関西人ってみんな飴あげるんでしょ?だから、あげる」

 ひかりは晴樹の手のひらに載せたいちごの飴をしばらく見て。突然、ふっと笑い出した。

「それって、うちからあげやな意味ないんじゃないですか?……うちのほうが関西人やし」
「まぁいいじゃん。やっと僕のこと警戒しなくなった」
「……それは……ごめんなさい…」

 変なところで笑い出したひかりに、沙彩達は目をぱちくりさせたものの。どうやら晴樹とひかりも仲良くなれたようで、夏音は安堵の息をついた。
 


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。