コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

君との出会いは本屋さん。『☆完結☆』
日時: 2017/12/16 00:50
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

12/16、完結いたしました。
見ていただいた皆様本当に有り難うございました!



こんにちはこんばんは、初めましての方は初めまして、ましゅです。
開いていただきありがとうございます(*ノωノ)


この小説には今までの小説以上にシリアス展開を挟みます。苦手な方はbackお願いします<(_ _)>


****Episode****


**character…>>1


○第1章○
00.>>4 01.>>5 02.>>6 03.>>7 04.>>8 05.>>10
06.>>11 07.>>13 08.>>18 09.>>23 10.>>26 11.>>29

○第2章○
12.>>30 13.>>34 14.>>37 15.>>39 16.>>42 17.>>45
18.>>46 19.>>47 20.>>48 21.>>52 22.>>54 23.>>57

○第3章○
24.>>61 25.>>62 26.>>66 27.>>69 28.>>73 29.>>75 30.>>76 31.>>80 32.>>81 33.>>93 34.>>95 35.>>102 36.>>107 37.>>108 38.>>112 39.>>113 40.>>115 41.>>118 42.>>121 43.>>126

○第4章○
44.>>128 45.>>130 46.>>134 47.>>135 48.>>139 49.>>140 50.>>141 51.>>144 52.>>146 53.>>149 54.>>150 55.>>151 56.>>154 57.>>155 58.>>160 59.>>163 60.>>165 61.>>166 62.>>167 63.>>168 64.>>170

○第5章○
65.>>171 66.>>174 67.>>177 68.>>179 69.>>180 70.>>181 71.>>182 72.>>184 73.>>185 74.>>187
75.>>188 76.>>190 77.>>191 78.>>192


**番外編1.>>99
沙彩とひかりの陸上部時代の話です。仲良くなったきっかけみたいなものです←

**番外編2. >>156
夏音と沙彩の出会いを夏音視点で書いたもの。7話と比較して読んでいただけたら幸いです。


**キャラクター1人1人の設定…
沙彩.>>83 夏音.>>85 千春.>>88 ひかり.>>89 悠夜.>>119 俊.>>125 香澄.>>138


***************




**お客様**

*四季様
*フウ様
*てるてる522様
*サイバー様
*群青パセリ様

**********







Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: 君との出会いは本屋さん。『最終章♪』 ( No.189 )
日時: 2017/12/12 23:58
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

こんばんは。夜遅くに失礼します。

沙彩ちゃんハッピーバースデーです!……といいつつ次話の内容がまだまとまっていないので投稿が少し遅れるのですが…(すみません

とりあえず12月12日にコメントしたかったです。
(学校でも「沙彩の誕生日だ!」的なことをずっと思ってました)

ではでは、多分更新は木曜日あたりにします……。

Re: 君との出会いは本屋さん。『最終章♪』 ( No.190 )
日時: 2017/12/14 21:26
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

76.グループ。



「お、美味しい…」
「ありがとうございます、沙彩さん。ひかりさんも手伝ってくれたんですよ」
「へぇ……あの不器用なひかりがねぇ…」
「不器用言わんといてよ!割とマシになった方やで!?」

 沙彩が遠い目で言うのをひかりが否定する。ひかりは陸上一筋だったため、料理をするような感じではないのだ。
 
「なんか……ほんと、私のためにこんなに、ね……」

 沙彩はしみじみとそう言っていた。この部屋のあちこちを見渡しながら。
 綺麗に飾られた部屋に誕生日おめでとうという文字。何度見ても、本当に感動できるくらいの嬉しさがある。
 
 夏音が思ったとおり、沙彩にとってこんなに盛大に誕生日を祝われる――サプライズパーティーを行ってくれるなんて初めてだ。両親が居たときも、ケーキを食べるくらいでここまで自分のことを思って祝ってくれる――しかもそれが中学校で出会った友達。
 きっと両親も喜ぶであろう光景だ。

「……沙彩ちゃん、正直どうー?このパーティー」
「正直に言ったら…………学校に行き始めて良かったな、って」

 「学校に行き始めて良かった」――そんな言葉、数ヶ月前の暗い沙彩からは絶対発せられないようなものだった。必要以上のものは何も求めない、そんなさっぱりとした性格だったが、沙彩自身もかなり代わったことを自覚している。
 正直、有り得ないのだ。少し前の自分からは。


「皆……ほんと……ありがと……」


 ――その時、沙彩が突然一粒の涙を流した。その涙は頬を伝っていってすぐに消えていって……よく見ていないと分からないくらいだったが、ここにいる全員がその瞬間を見ていた。

「あぁ……ごめん、感慨に浸ってただけ」
「……良かったね、このパーティー……企画して」
「……まだ終わってないよー!!続けよー!」

 突然しんみりした空気を夏音が変えようとするが、夏音も沙彩の言葉に半泣きしそうだったのか声が少しだけ震えていた。
 

○*


 ケーキを食べてからは、何人かが持ってきたお菓子を食べたり喋ったり。寒いから外に出て遊ぶのは嫌だからという理由だが…。
 特に筋もなく話をしている。

「沙彩ちゃん、そろそろラインする気にならないー?」

 夏音はふと思い出す。グループラインに沙彩が入っていないことを。

「うーん……まぁ……楽しそうだけどね…」
「ならさ、お願い!楽しいよー」
「そうだよ、沙彩ちゃんが入ったら絶対もっと面白くなるって!」
「俺らも……同意見かな」

 沙彩の曖昧な返事に夏音と千春と悠夜が後押しする。沙彩は唇を少しだけ噛んでばつが悪そうに俯いた。別に悪いことではないのだが――実は、沙彩はラインがどういうやり方なのかがよく分からないのだ。
 ただアプリを入れているだけで、ほぼ誰ともやっていない状態だ。

「……あー……」

 沙彩は顔を上げても夏音達の眼差しから目を背けている。いまいち決心がつかないのだろうか。唸るばかりだった。

「……今日が……楽しいと思ったのなら、入って欲しいです」

 ずっとうーん、と言って中々進展しない沙彩に香澄が一声掛ける。今日――このパーティーが楽しいと思ったのなら。
 その言葉に沙彩はずっと背けていた目を夏音達の方に向ける。


「………わ、かった。なら入る」


 沙彩は途切れ途切れに返事して、恥ずかしそうに俯いて「入れ方教えて」と言って携帯を出す。 
 夏音はにっこり微笑んでその携帯を受け取り、グループラインの入れ方を説明して新しくグループに入った「沙彩」の名前を嬉しそうに眺めていた――。

 

Re: 君との出会いは本屋さん。『最終章♪』 ( No.191 )
日時: 2017/12/16 00:29
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

77.きっと聞こえているはず。



「パーティーお疲れ~!最後に一杯飲もうー」
「お酒じゃねえし……」

 パーティー疲れからかおかしなテンションになった夏音は酔っぱらったみたいにそんなことを言っている。それに悠夜が突っ込んでいる状況だ。
 夏音は炭酸ジュースをどこか頼りなくフラフラとしならが開けて皆のコップに入れていった。

「あれー?あたしの分だけ無いー……」

 こんな時の優しさで自分が損してしまうこと。皆の分を入れていったら自分の分が無くなってしまったようだ。

「……ま、いっかー!」

 ……多分これは後で思い返して羞恥心で布団の中で暴れてしまうパターンだろうか。

 夏音はふぅ、とため息をついて机に突っ伏した。自分の分がない悲しみからか少しだけ我に返ってしまったようだ。急に静かになった。


「……あのさ。皆、これって何週間前から企画してたって言ってたっけ?」
「2週間前やで」

 
 本当は夏音がパーティーの前半部分に言っていたのだが、あまり聞き取れていなかったのだろうか。沙彩が聞くとひかりが答えた。
 
「……そっか……そりゃあこんなに疲れるよ」

 沙彩は申し訳なさそうに瞳を揺らして机に突っ伏したままの夏音を見る。2週間前から中心となっていたのはどう考えても夏音としか考えられない。だからこれだけ疲れているのにも納得できる。

「はぁ……ほんとこんな経験初めてだからさ……どんな反応したらいいのか分からなかったけど、本心から本っ当楽しかった。何回言うのって感じだけどね……」

 沙彩はそれだけ言うと突然俯いた。照明から発せられた光で、何かがキラリと反射する。

「……んー?沙彩ちゃん、どうしたの?」
「………何でもない……」

 ちょうど突っ伏していた頭を起こした夏音がすぐに沙彩の異変に気付く。が、沙彩は気恥ずかしそうに俯いたままそう言った。

「解散にしよっか!皆、お疲れ様でした!!」
「「お疲れー!!」」

 千春のかけ声に合わせて皆が声を揃えた。
 沙彩だけはそれに合わせず、代わりに違う――何かを押し殺したような声を静かに響かせていた。



「――沙彩ちゃん、一緒に帰―――」
「ごめん、私……先帰らないと………」

 沙彩は未だに俯いたまま、皆に背を向けて「ありがと」と会釈をして走って家に帰っていった。

「……どうしたのかなー」
「パーティーは嫌そうじゃなかったはずだけど……」

 沙彩の不可解な行動に、夏音達は呆然とするしかなかった。


○*


 現在時刻は5時。結局かなり長い時間喋り倒したから、かなり暗くなってきていた。12月12日というと5時になったらかなり暗くなっているような時期だ。冬至もまだ来ていない。

 沙彩は家路を走る。いつもより長く感じるのはパーティーが何か関係していたりするのだろうか。

「……ただいま、お母さん!お父さん!…」

 沙彩は滅多に出さないような元気の良い声でそう挨拶をする。返ってくることはない――けれど沙彩はそんなことを気にしてないようなすっきりした顔で母親と父親の写真が置いてあるシェルフまで早足で向かって、足を止めた。


「祝って貰えた……誕生日………楽しかったよ……!」


 写真に向かって――というと変な言い方になってしまうかもしれないが、沙彩にはそれが満足感でしかなかった。大粒の涙を1粒流し、袖で涙を拭う。

「……夢にも思ってなかった……お母さん……お父さん……ほんと、私にだってこんなに楽しむ資格があるなんて……」

 途切れ途切れの彼女の声は母親と父親には届いているのだろうか――。


「うっ……ぅ……」


 沙彩は堪えきれずに涙を流す寸前だったが、何となく泣いてはいけないと思い頭を左右に振って意識を切り替えるように自分の部屋に戻る。


「……急に帰ったのはまずかったかな……」


 ……それでも良いだろう。今なら、学校に行って謝罪でも感謝でも何でも言えるのだから。







なんか内容が本当終わりに近づいてきたって感じですね……。

Re: 君との出会いは本屋さん。『最終章♪』 ( No.192 )
日時: 2017/12/16 00:48
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

『最終話』繋いでいった輪は、いつの間にか大きくなって。



「夏音。昨日……急に帰ってごめん」

 沙彩は2日後、学校に行って夏音の姿を見るなりすぐに謝罪した。自分ももちろん悪いと思っていたし、もしかしたら「パーティーが楽しくなかったのではないか」という誤解を生んでしまうかもしれないから。

「ううんー、大丈夫。パーティー楽しかった~?」
「ほんと楽しかった……実はね、あの後……」

 沙彩は、急いで帰った後の事を伝える。両親に楽しかったよと伝えたこと、それから少し泣いたこと。

「……そっかー。それだけ言われたらあたし達も企画して良かったな~」
「私も……企画してくれて良かった」

 学校へずっと、様々な理由はあったが完全に心も閉ざしていた自分にこんなに楽しむ資格はあるのかと考えたくらいだ。それほど、あのパーティーは楽しかった。
 ずっとこのまま楽しんでいたいと思った。

「あ、月島と桃瀬…おはよう」
「おはよー」
「おはよ。昨日はほんと、ありがとね」
「やっぱ最近素直だよなー」

 悠夜は昨日に「絵的に面白い」と言われたことを根に持っているのだろうか。少し茶化すようにそう言ったのだが、沙彩はどうやら真面目に受け入れてしまったようだ。

「……かもね。ほんと私、素直になってるよ」
「……え?」
「貴方たちのおかげ、だと思う。秋本は……最初に私を学校に誘ってくれた。秋本が居なかったら私は多分一生学校行ってなかっただろうし。先生に言われたからって言ってずっと言い続けてくれたのはあんただけだしね」

 沙彩は正直に自分の思ったことを伝えた。沙彩の微笑みは、本当に成長したものだと全員が実感できるくらいの笑みだった。

「……そっか。お役に立てたようで何より」
「学校……こんな楽しいところだとは思わなかったなぁ」

 沙彩は不登校になり始めたときのことを思い出しながら言う。佐野に言われて腹が立ち、それからずっと部屋に籠もっていたこと。時々夏音が様子を見に来てくれたのだが、一時はそれさえも拒絶していた時期があったのだ。
 ……それでもめげずに沙彩と話そうとしてくれた夏音にももちろん感謝しているのだが、それはまた別の話で。


「……私も……誰かにサプライズパーティーとか、何かお楽しみ会みたいな事したいかな」


 もちろん、その時は一緒に企画しようね、と。夏音が微笑んで言うと、「夏音に対してパーティーするかもしれないのに」といたずらっぽく笑みを浮かべて言う。


「その時はその時でもちろん嬉しいよ~」
「ならパーティーのやりがいがあるよね。秋本も一緒に企画しよ」
「ああ…」


 初めはぎこちなかった沙彩と悠夜もかなりうち解けて、今では普通の友達のようになった。
 沙彩を中心としたこの環境は、夏音や悠夜、千春、ひかり―――全員にとって良かったのかもしれない。
 沙彩自身も変わったし、他の全員も少なくとも1つくらいは変わったところがあるはずだ。

 本屋さんで出会って、繋いでいった輪は――いつの間にか7人という大きな数字になっていた。
 

 これからも絶対に、沙彩は自身の成長を忘れないだろう――。そして友達という存在に気付いた今、それを失うことは一生無いだろう――そう、沙彩は心の底から感じるのであった。

 

――君との出会いは本屋さん。fin――

Re: 君との出会いは本屋さん。『☆完結☆』 ( No.193 )
日時: 2017/12/16 09:31
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

*あとがき*

皆さんおはようございます、ましゅです。昨日眠たい中更新しました……笑
7月頃から初めて、丁度5ヶ月間くらい執筆していたことになります。初めは恋愛ものになるかもしれなかったのですが、どちらかというと「主人公の成長」の描写が多かったですね…。
恋愛ものを期待していた方は本当にすみません<(_ _)>

さてこの作品、私は大体書き始めてからストーリーを決めるという雑なスタイルを取っているのですが、これは割と構成を考えてから作ったものです。
一応、私の作品の中でもどちらかというとまとまった……かな!?といったものでした。
同じ完結作品に「ふぉんだんしょこら」がありますが、それよりもまぁ少しくらいは……少しくらいは文章力もついたと思います←

78話……プロローグの方も入れると79話ですかね?1話1話を長めにこんな長く文章を書いたのは初めてかもしれません……笑
更新の停滞している日常系のあの2つの小説はこの小説を書き終えるまでしばらく更新していなかったのですが、また更新始めますね。


作品の内容に入ると……。

私は実際不登校になったことはないのですが、半年間ほど1人も友達の居ない、その間無視されていた(?)……まぁ、いじめと言うんでしょうか。それを受けたことがあるのですが、沙彩の感情とかが溢れるシーンはその頃を思い出しながら書きましたね……。懐かしいです。
い、今はその無視されていた友達とも和解したというか今はちゃんと友達ですが…(震え声)
まぁ、沙彩の苦しみとは違うものなので結構リアルと離れたような感情もあったと思います。

2章で千春との出会い。彼女の元気さは沙彩を変えるきっかけにもなったと思います。ほんと千春には感謝しなければけませんね((

3章は夏祭り編。ようやく感情に変化が出始めた章でした。「そうね、楽しかったわ」という台詞も作者が心に残っています。

4章は佐野との和解(?)の話でした。沙彩に似合わないような叫び方でしたが、何か完璧主義者の皮がはがれたような瞬間でしたね……。
ここはかなりのシリアスだったのですが、学校に行きますという台詞で思わず安堵の息をつきました←

そして最終章である5章。4章のシリアスとは打って変わって、楽しい雰囲気のパーティー編でした。これは本当書いていて楽しかったです。
沙彩が我慢できずに泣いてしまうシーンは正直言うともう少し文才があれば細かく書きたかったのですが……私の文才のせいで……泣
俯いて涙を堪えているのは沙彩らしかったかもしれません。

長々と芯もなく書きつづりましたが、読みにくくて申し訳ありません……。
あとがきというか私のただの雑談になってしまいました((


本当に完結までこの作品を見ていただいた方々、有り難うございました!!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。