コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

Enjoy Club 第2章 【7/8キャラ絵、本編更新】
日時: 2019/07/09 23:28
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel1a/index.cgi?mode=view&no=10985

あるとき、世界に謎の薬品がばらまかれた。
数年後、不思議な能力を身につけて生まれてきた子供達。彼らは仲間を求めて、ある結社に集結した。
彼らと接触した女子高生・亜弓は、結社内の混乱に次第に巻き込まれていく――

ファンタジー&シリアス要素ありのラブコメ(?)です。


クリックありがとうございますm(__)m
はじめまして、友桃(ともも)と申しますv
この小説は前スレから続いている長編小説です。1章のほうは参照↑に貼っておきますので、よろしければ読んでみてください^^


〜お客さま〜(1章から引き続き)
・花見さん ・かれーらいすさん ・十六夜さん ・貴也さん 
・勿忘草さん(亮さん、扉さん) ・咲さん ・gojampさん ・詩音さん 
・セピアさん(おかきさん) ・杏樹.さん(真白ちゃん・そふとくりーむさん) ・ハッチしゃnさん ・ARMA3(ARMA、書き述べる)さん
・遮犬さん ・ひろあさん ・白桃さん ・ゆかさん
・aguさん ・皐月凪さん ・(朱雀*@).゜.さん ・奈々☆さん
・ 蘭*。*さん ・山口流さん ・トレモロさん ・紅蓮の流星さん
・或さん ・ (V)・∀・(V)さん(十六夜さん) ・もちもちさん ・夜兎さん
・むーみんさん(椎奈さん) ・未来さん ・ゲコゲコさん ・てるてるさん
・こたつとみかんさん ・星ファン★さん ・そらねさん ・希蘭さん
・Eternalさん ・羅希さん ・霧雫 蝶さん ・あらびきペッパーさん
・神楽(抹茶.、小豆.)さん ・野宮詩織さん ・、璃瑚. さん ・ののさん
・友美さん ・亜美さん ・ るな..(蜜姫.)さん ・ネズミさん
・月読 愛さん ・紗夢羅さん ・黒揚羽さん ・北野(仮名)さん
・優香さん ・カケガミさん ・黎さん ・Lithicsさん
・夏目さん ・美樹さん ・ヴェルタさん ・向日葵さん
・明鈴さん ・苺莢さん ・みっしゅさん ・クエン酸Naさん
・四季さん ・いろはさん ・塩鮭☆ユーリさん ・柞原 幸さん

読んでくださってうれしいですv ありがとうございますm(__)m


〜目次〜

※一気に読みたい方>>18-386

≪第2章≫

プロローグ>>18

第1話『愛しき日常』
(1)>>22 (2)>>27 (3)>>34 (4)>>59,>>60 (5)>>66
(6)>>69,>>70 (7)>>76 (8)>>84 (9)>>98 (10)>>102,>>103

第2話『灰に染まる波』
(1)>>109 (2)>>115 (3)>>122 (4)>>129,>>130 (5)>>134,>>135
(6)>>141,>>142 (7)>>146,>>147

第3話『ふたり』
(1)>>155 (2)>>162,>>163 (3)>>172,>>173 (4)>>177 (5)>>183
(6)>>187 (7)>>206 (8)>>211 (9)>>226

第4話『知る者、知らぬ者』
(1)>>239 (2)>>244 (3)>>250 (4)>>254 (5)>>259
(6)>>262 (7)>>276 (8)>>291 (9)>>313 (10)>>322
(11)>>328>>329>>330 (12)>>332>>333

第5話『僕らの仲間は』
(1)>>343>>348 (2)>>358 (3)>>366 (4)>>369 (5)>>379
(6)>>386


〜登場人物紹介〜
>>368 登場人物いちらん
>>15 あだ名紹介


〜キャラ絵〜
荒木恵玲>>50
棚妙水希>>383
棚妙水希&荒木恵玲>>384


〜企画〜
≪E・C紹介文≫by ARMA3さん 
>>306 2013.1.27

≪プチ企画≫
お客様の小説紹介第4弾 2012.11.9 >>284

≪第2回キャラ人気投票≫2011.5.4〜 詳細>>2 結果>>55

≪*E・Cラジオ*≫
NO.6 有衣&夜ゑ >>46
NO.7 亜弓&恵玲 >>234
NO.8 亜弓&恵玲&風也 >>349
NO.9 亜弓&恵玲 >>361

≪E・C年表≫ 2013.1.27 >>307

≪短編≫
White Day Short Story >>198 >>202(未完)

*小説大会 2010年度冬 金賞受賞★
*小説大会 2011年度夏 銀賞受賞
*小説大会 2012年度夏 銅賞受賞
*小説大会 2012年度冬 銀賞受賞
*小説大会 2018年度夏 銀賞受賞
 投票してくださったみなさま、本当にありがとうございましたm(__)m

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



=キャラ絵= NO.18 ( No.384 )
日時: 2019/07/08 20:36
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=1184.png

2枚目は、みぃちゃんとえれさまです!

なんかほんとにイメージぴったりすぎてすごいです、感動してます。
ちゃんとえれさまがミニスカなところがいいし、目の感じがイメージ通りです、すごい~(*ノωノ)

こちらも参照からどうぞ!
書き述べるさん、あらためて、ありがとうございました!!

Re: Enjoy Club 第2章 【7/8キャラ絵更新】 ( No.385 )
日時: 2019/07/09 12:26
名前: 朱雀 ◆Z7bFAH4/cw

>>382 友桃さん

 白波の可愛いシーン!? なんですかそれは……今からめちゃくちゃ期待しちゃいます笑
 Oh……テレポートの描写は以前からあったのですね。すっかり記憶から抜け落ちてしまっていて申し訳ないです>< 毎日少しずつ読んでるんですがまだ一章の7話でして;; 今はとりあえず最新話と平行して読んでます。早く二章突入したい笑
 うっすら伏線大好きです笑 読み直すとこんな所にも伏線が! て気づけて。あとやっぱり友桃さん文章書くのお上手です。多少文字数が多くてもすらすら読めるし、E・Cの世界に魅入ってしまいますb
 とりあえず早く最新話まで追いつけるようにします!笑


>>383, >>384
 書き述べるさんのキャラ絵、神ってますね……!
 ほんと二人ともイメージぴったりすぎてすごい笑 特にみぃちゃんは愛が感じられます笑
 読者様がこんなにイメージに合ったキャラを描けるのも、友桃さんの素晴らしい人物描写の賜物ですねっ

Enjoy Club 第2章 第5話『僕らの仲間は』(6) ( No.386 )
日時: 2019/07/09 23:52
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY

「おいッ、ハル。さすがにのど乾いたからそのへんの自販機に……」

 何気なく後ろを振り返って、迅は言葉を詰まらせた。よく目つきが悪いと言われる細いつり目をさらに細める。視線の先では、相棒の富永春妃が、公園の端においてあるベンチに半身を横たえ寝息を立てていた。迅は、「あー」と声を漏らしながら左手でガシガシと自分の乾いた黒髪をかきまわすと、迅は相棒の隣のベンチに勢いよく腰かける。ペンキの禿げたベンチがきしんだ音を立てた。

 迅と春妃は、影晴との対面を終えた後、重い足を引きずりながらいつもの公園に帰ってきていた。もともと影晴に呼び出された時間が遅い時間だったため、もう深夜もいいところである。春妃の眠気が限界だったのも無理はない。

 迅は、履き古したジーンズの膝に両肘を置き、左にいる相棒を見た。すやすやと気持ちよさそうに眠っているが、艶のいい栗色の髪は風にあおられ頬を覆っている。
 視線を前に戻して、ベンチから腰を上げる。やはり、のどが限界だ。ちょっと離れたぐらいで誘拐されるなんてことはないだろう。迅は早歩きでその場を離れた。

 影晴には会ったが、結局肝心の扇と園香の居場所については何もわからなかった。うまくはぐらかされたような気はするし、やはり不信感はぬぐえない。影晴はなんだか怪しい人物のような気がするのに、なにが怪しいのか、どうすればそれを暴けるのかはわからない。

 ――……オレ様は難しいこと考えるのが苦手なんだよッ、くっそ!

 苛立ちにまかせて、自動販売機のボタンをこぶしでたたきつける。静まり返った夜の住宅街に、ガシャンッと缶が落ちる音がむなしく響いた。――こういうときに頼りになるのは、リーダーの扇だった。

 不意に足音が近づいてきて、迅は弾かれたように後ろを振り返った。さっきまでベンチで寝ていたはずの春妃が、存外はっきりした目つきでこちらを見ていた。

「なんだよハルかよ、びっくりさせんなよ……」
「考えてたんだけどさー」

 緊張感のない間延びする声を、彼の口からひさびさに聞いたと迅は思った。

「迅、この間麗牙光陰の人たちと会ってるんだよねー?」

 予想外の言葉が出てきて、迅は目を丸くした。

「お、おう……。会ったけど、それがどうしたんだよ」

 若干身を引きながら尋ね返すと、春妃は変わらぬ調子で続けた。

「リーダーとお園と、あと影晴の謎をあばくの、麗牙の人たちに協力してもらうのはどうかなーと思って」

 今度はぽかんと口が開いた。
 そんなこと、これまで一ミリたりとも考えたことがなかった。この間の対面も例外中の例外で、もう一つのグループの彼らとは接触しないことが今までもこれからも当たり前だと思っていたからだ。それは、E・Cに入った一番最初に、グループ同士の接触はまず無いことを影晴から言われていたからというだけでなく、扇づたいに、彼らは自分たち月下白狼とはずいぶん毛色の違ったグループだと聞いていたからだ。正直、自分たちの味方という意識はあまりなかった。もちろん、敵とまでは思っていないが。
 間抜けな顔のままの迅に、春妃はゆったりとした口調で続ける。

「影晴に聞いてもあの感じだとダメだと思うんだー。かといって、リーダーたちの連絡を待ってるだけっていうのもねー。それに、影晴の謎をあばくなんて危険なことをしようとしたときに、僕らだけの能力じゃ絶対に無理だからねー」

 とくに最後の言葉にはぐぅの音も出ず、迅は唇を引き結ぶ。
 しばらくの静寂ののち、迅は冷静な目の色をした相棒に問いかけた。

「麗牙のやつらと組むのはいいけどよ、どうやって会うんだよ。さすがに連絡先の交換なんてしてねぇぞ」
「顔」
「はッ!?」

 相棒から返ってきた一言に、迅は素っ頓狂な声を上げた。意味が分からず眉根を寄せると、春妃は幼い顔に笑顔を浮かべた。

「顔、もちろん覚えてるよね?」

 冷たい圧力を感じる笑顔である。

「覚えてるけど……荒木あらぎの顔なら」
「じゃー大丈夫」

 春妃の小さな唇が弧を描く。話についていけていない迅は、だんだん苛立ってきて声を荒げた。

「だから何がだよッ! 電話番号もメールアドレスもなんにも知らねぇのに、どうやって連絡とるんだよッ!」

 対して春妃は、くるりとこちらに背を向け、薄黒い空を見上げながらゆったりとした口調でのたまった。

「迅、ほんとバカなのー? 何年、E・Cにいるんだよー」

 迅が言い返すよりも前に、再びこちらを振り返る。くりっとした丸い瞳が、いたずらっぽく光っていた。

「ひとつだけ、あるでしょー。僕らが声を飛ばす方法」

 はたと思いあたって、迅は目を見開く。

 空の濃さが薄れつつある。が、明けようとしていた。

Re: Enjoy Club ( No.387 )
日時: 2019/07/09 23:39
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY

第2章 第5話『僕らの仲間は』終了です!
ここまで読んでくださった方、コメントをくださった方、本当にありがとうございましたm(__)m

5話では迅とハルがたくさんでてきましたが、
次は!
とうとう!
主人公の登場です!!(たぶん)

あとたぶん町田も笑

しばらくフラワー(なつかしい)な雰囲気に戻りまーす^^

Re: Enjoy Club 第2章 【7/8キャラ絵、本編更新】 ( No.388 )
日時: 2019/07/15 01:01
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY

>>385 朱雀さん

お返事が遅くなりました……!

いえいえ、かなり時間がたってしまってるので抜け落ちてしまってて当然です^^(むしろ私も読み返しながら書いてる笑)
読み返してくださってる間にどこかで拾っていただけるとありがたいです笑
ていうか、なるほど! 並行して読んでくださってるんですね、ありがとうございます( *´艸`) 1章7話って早いですね……!

わあぁ、文章の件ありがとうございます(*ノωノ)
自分では読み返すと文章量の好みが時期によってころころ変わるなぁ;と思ってしまいますが^^;
今は比較的地の文が少ない気がしますたぶん。

たしかにみぃちゃんへの愛を感じますね!笑
これもみんな書き述べるさんのみぃちゃん愛の大きさと、私の文章を絵にしてくれた某友人のおかげです!
あ、某友人といえば、今「小説用イラスト掲示板」に昔のキャラ絵を載せてるのでよかったらご覧ください~(*´▽`*) 白波もいるよ^^

ではでは、いつもコメントありがとうございます!
ぜひまたいらしてください^^


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。