コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

Enjoy Club 第2章【12/28番外編更新】
日時: 2019/12/28 16:56
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY (ID: U7ARsfaj)
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel1a/index.cgi?mode=view&no=10985

あるとき、世界に謎の薬品がばらまかれた。
数年後、不思議な能力を身につけて生まれてきた子供達。彼らは仲間を求めて、ある結社に集結した。
彼らと接触した女子高生・亜弓は、結社内の混乱に次第に巻き込まれていく――

ファンタジー&シリアス要素ありのラブコメ(?)です。


クリックありがとうございますm(__)m
はじめまして、友桃(ともも)と申しますv
この小説は前スレから続いている長編小説です。1章のほうは参照↑に貼っておきますので、よろしければ読んでみてください^^


〜お客さま〜(1章から引き続き)
・花見さん ・かれーらいすさん ・十六夜さん ・貴也さん 
・勿忘草さん(亮さん、扉さん) ・咲さん ・gojampさん ・詩音さん 
・セピアさん(おかきさん) ・杏樹.さん(真白ちゃん・そふとくりーむさん) ・ハッチしゃnさん ・ARMA3(ARMA、書き述べる)さん
・遮犬さん ・ひろあさん ・白桃さん ・ゆかさん
・aguさん ・皐月凪さん ・(朱雀*@).゜.さん ・奈々☆さん
・ 蘭*。*さん ・山口流さん ・トレモロさん ・紅蓮の流星さん
・或さん ・ (V)・∀・(V)さん(十六夜さん) ・もちもちさん ・夜兎さん
・むーみんさん(椎奈さん) ・未来さん ・ゲコゲコさん ・てるてるさん
・こたつとみかんさん ・星ファン★さん ・そらねさん ・希蘭さん
・Eternalさん ・羅希さん ・霧雫 蝶さん ・あらびきペッパーさん
・神楽(抹茶.、小豆.)さん ・野宮詩織さん ・、璃瑚. さん ・ののさん
・友美さん ・亜美さん ・ るな..(蜜姫.)さん ・ネズミさん
・月読 愛さん ・紗夢羅さん ・黒揚羽さん ・北野(仮名)さん
・優香さん ・カケガミさん ・黎さん ・Lithicsさん
・夏目さん ・美樹さん ・ヴェルタさん ・向日葵さん
・明鈴さん ・苺莢さん ・みっしゅさん ・クエン酸Naさん
・四季さん ・いろはさん ・塩鮭☆ユーリさん ・柞原 幸さん
・みかんさん ・栗豆さん

読んでくださってうれしいですv ありがとうございますm(__)m


〜目次〜

※一気に読みたい方>>18-399

≪第2章≫

プロローグ>>18

第1話『愛しき日常』
(1)>>22 (2)>>27 (3)>>34 (4)>>59,>>60 (5)>>66
(6)>>69,>>70 (7)>>76 (8)>>84 (9)>>98 (10)>>102,>>103

第2話『灰に染まる波』
(1)>>109 (2)>>115 (3)>>122 (4)>>129,>>130 (5)>>134,>>135
(6)>>141,>>142 (7)>>146,>>147

第3話『ふたり』
(1)>>155 (2)>>162,>>163 (3)>>172,>>173 (4)>>177 (5)>>183
(6)>>187 (7)>>206 (8)>>211 (9)>>226

第4話『知る者、知らぬ者』
(1)>>239 (2)>>244 (3)>>250 (4)>>254 (5)>>259
(6)>>262 (7)>>276 (8)>>291 (9)>>313 (10)>>322
(11)>>328>>329>>330 (12)>>332>>333

第5話『僕らの仲間は』
(1)>>343>>348 (2)>>358 (3)>>366 (4)>>369 (5)>>379
(6)>>386

第6話『揺らぎ』
(1)>>390>>391 (2)>>392 (3)>>396 (4)>>399 (5)>>402


〜登場人物紹介〜
>>368 登場人物いちらん
>>15 あだ名紹介


〜キャラ絵〜
荒木恵玲 >>50
棚妙水希 >>383
棚妙水希&荒木恵玲 >>384
荒木恵玲 >>406


〜企画〜
≪E・C紹介文≫by ARMA3さん 
>>306 2013.1.27

≪プチ企画≫
お客様の小説紹介第4弾 2012.11.9 >>284

≪第2回キャラ人気投票≫2011.5.4〜 詳細>>2 結果>>55

≪*E・Cラジオ*≫
NO.6 有衣&夜ゑ >>46
NO.7 亜弓&恵玲 >>234
NO.8 亜弓&恵玲&風也 >>349
NO.9 亜弓&恵玲 >>361
NO.10 風也&功 >>405

≪E・C年表≫ 2013.1.27 >>307

≪短編≫
White Day Short Story >>198 >>202(未完)
番外編(タイトル未定。功のお話) >>412


~小説大会~
2010年度冬 金賞受賞★
2011年度夏 銀賞受賞
2012年度夏 銅賞受賞
2012年度冬 銀賞受賞
2018年度夏 銀賞受賞
2019年度夏 金賞受賞★ 
投票してくださったみなさま、本当にありがとうございましたm(__)m

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



参照15000突破٩( ''ω'' )و ( No.409 )
日時: 2019/11/04 22:37
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY (ID: E616B4Au)


参照(閲覧)15000突破しましたー!!
読んでくださったみなさま、そしてコメントを残してくださったみなさま、本当にありがとうございましたm(__)m

キリ番きたら記念にキャラの人気投票を……という野望を抱いていたのですが、うーん、悩みますね。
お客様の人数的に厳しいかなという気持ちもありつつ、少なくてもいいからお客様の声を聴いてみたいなという気もありつつ笑
もうちょこっとだけ悩んでから決めます笑
あ、人気投票以外でもなにか案があったら教えてください^^

ではでは!

Re: Enjoy Club 第2章【11/2キャラ絵&ラジオ更新】 ( No.410 )
日時: 2019/11/05 16:47
名前: 栗豆 (ID: D.48ZWS.)

こんにちはっ!友桃さん執筆お疲れ様です♪

 今回のラジオも面白かったな〜。序盤からぐだぐだの風也と功可愛いです!

最新話リア充感が滲み出てて何か良いなーって思っちゃいます(何故か)
それにしても友人さんの絵めっちゃ上手いです!尊敬しちゃいそう(笑)

 私もキャラ投票賛成です♪
一押しは風也かなやっぱり。

でわでわまた!

Re: Enjoy Club ( No.411 )
日時: 2019/11/05 23:21
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY (ID: E616B4Au)

>栗豆さん

はじめまして、でいいでしょうか(’-’*)?(違ったらめちゃごめんなさい)
コメントありがとうございます!

そうなんです、某友人の絵はほんとに素敵なのばかりなんです!
1章のスレにもたくさん載ってますし(リンク切れてるものもありますが)、小説イラスト掲示板にも載せてあるので、よかったら是非ご覧ください(*´∇`)ノ

風也はこれからまた一悶着?ある予定です。
ファンが離れないかやや不安ですが、よかったら彼のこと応援してやってください^^

コメントありがとうございました!

番外編 ( No.412 )
日時: 2019/12/28 16:53
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY (ID: U7ARsfaj)

本編には入れられそうにない功(下橋のサブリーダー)のお話を番外編ということで書いてしまいました。
タイトルは未定(かつ考える予定も未定)です。
本編だと影が薄いかもしれませんが、功はいいぞ!!←とだけ言い残しておきます……。
それでは番外編のはじまりはじまり~(*'▽')






 * * * * * * * * * * * * 


「ねぇ」
「ん?」
「なんでこうって銀髪なの」

 細い声に問われて、俺はすぐ隣を振り返る。下橋のメンバーに負けないくらい長い時間を共に過ごしている女が、隣を歩きながらリスのような丸い目でこちらを覗き込んでくる。俺もたぶん今、目を丸くして彼女を見ているだろう。あまりに予想外な質問だったから。
 とっさに思い出せなくて、正面に視線を戻す。乾いた街路樹が視界に広がって、記憶の中の色をはたと刺激した。

「あぁ、そういや、すすめられたんだったな。忘れてたけど」

 思わず苦笑を漏らすと、空気に溶ける白い息。隣を歩く彼女は「ふーん」と恨めしげに呟いて、

「どうせ下橋の人たちでしょ」

軽く横目にこちらを睨んできた。ははっと乾いた笑いが漏れた。

「当たり」

 思い出すのは、まだ隣を歩く彼女と出会う前。「革命」を起こして間もない、遠いあの頃——……





「芝崎さんは~、銀髪!!」

 秋のおわり色濃い街路樹の下。自信みなぎる声でそう言ったのは、革命仲間の月上有衣。下橋の刷新と共にみんなでイメチェンでもしないかと盛り上がっていた最中だった。
 進行方向を背にしてこちらを振り返りながら歩く彼女は、光るような快活な笑顔全開で、にっと白い歯を見せている。

 ――……銀髪……?

 彼女の口から飛び出した奇抜な色に、内心眉をひそめる。自分は今刈り上げた髪を明るめの茶色に染めていて、ちょうど彼女の肩口で揺れているボブへアーと同じような色だった。言ってしまえば、街に溶け込みそうな無難な色だ。
 自分でも思いついたことすらない色で、にもかかわらずそれをすぐに拒否する気にならなかったのは、彼女から溢れ出る裏のない明るさのせいか、はたまた全く別の理由か。

 ――……銀髪、ねぇ

 鍛えられた腕を組んで難しい顔をしていると、すぐ横を歩いている蓮田夜ゑが、くすくすと笑いながらこちらを見た。

「そんな、芝崎さん、本気で悩まなくたって」
「いや、考えたこともなかったから逆にどうなるんだろうと思って。つーか、“功”でいいって」

 苦笑交じりに夜ゑを見ると、「あ、つい」と笑って口元を押さえる。すると、夜ゑの向こうから風也がひょこっと顔を出してこちらを見上げた。茶色い癖っ毛が、耳元でふわりと揺れた。

「……たしかに銀髪似合いそう」

 まだ声変わりのない幼い声に、有衣が飛びつく。

「だろっ!? アタシのセンス間違ってないだろ!?」
「別に銀髪やってもいいけど、俺だけイメチェン度が高くねぇか? 例えば伸次も髪真っ青にするとか……」
「は!? オレも!?」
「功が銀髪にするなら、オレ金髪にする」

 伸次とのやりとりに突然投げられた声に、俺も含め皆が一斉にその主を振り返った。背格好はまだ小学生と大差ないグループのトップが、なぜだか口元を緩めて茶色い前髪を指にくるくると巻き付けていた。





 乾いた木々の隙間から、オレンジの陽が射し込むころ。有衣と風也は、買い物をしてから下橋に行くと言ってふたりで去っていった。風也は半ば強制的に連れていかれているようにも見えたが。
 その後ろ姿を苦笑しながら見送っていると、夜ゑがいたずらっぽい目つきでこちらを見上げてきた。大きな黒瞳くろめが艶やかに光っている。

「さっきの、なんで銀髪にしてもいいって言ったんですか?」

 とっさに言葉が思いつかず、黙って隣の彼女を見つめる。その横で、伸次もぱちぱちと目を瞬かせて彼女を見ている。

「……いや、別に、たいした理由は」
「そう? でも例えば、銀髪をすすめたのがあたしとか伸次だったら笑って流してたでしょ」

 ふふっと笑って視線を前に戻す夜ゑ。こいつは敵に回すと怖いやつだ、とこのとき初めてそう思った。

 渋い顔で正面に視線を向ける。ふとそれを一瞬横に投げると、伸次はこちらと夜ゑとを交互に見やって眉をひそめていて、俺は内心胸をなでおろした。

 真横にいる夜ゑにしか聞こえないような小さな声で呟く。

「そんなバレるようなことしたつもりねぇんだけど」
「うん。だって、カマかけてみただけだし」
「おま」
「嘘です。功、あのふたりのことよく見てるから。……見てるというか見守ってるというか。でもたぶん、そうなんだろうなって」

 それは随分と優しい声音で、俺は急にむずがゆくなって上着のポケットに両手を突っ込んだ。

「言うなよ」
「ふふっ、どうしよっかなぁ」

 むっとして彼女を軽くにらむと、その向こうでわけがわからず拗ねている伸次が視界に入って、ふとさきほどの会話を思い出した。

「そういや風也あいつなんで急に金髪にするなんて言ったんだろ」

 今までそんな話はしたことがないのに。癖っ毛が嫌だと言っているのは聞いたことがあるが、金髪にしたいというのは初耳である。
 内心首をかしげていると、急に夜ゑが楽しそうに笑ってこちらを見、予想外のことを口にした。

「それは風也が功に憧れてるからでしょ」
「えっ」
「真似、したくなったんじゃない? 革命早々三角関係なんて、先が思いやられるわ~」

 頬に手を当てゆるゆると首を振る夜ゑ。
 5人で一緒に過ごす時間が増えてまだ間もないにもかかわらず既に相当のことを把握しているらしい彼女に、先が思いやられるのはこっちだと俺はひきつった笑いを浮かべた。





「黙っちゃって。思い出してたの?」

 肘で二の腕をつつかれて、俺ははっと目をあげた。隣を見ると、くりっと丸い目がこちらをじっと見つめていて、俺は苦笑交じりに息を吐きだした。

「ちょうどこんな季節だったから、つい」
「なにそれ。おじいちゃんみたい」

 そう言ってコロコロと笑う。それを穏やかな気持ちで見つめて、俺はふと高い空を見上げた。

「きっかけはすすめられたからだけど、なんか案外気に入っちまったんだよなー、この銀髪」
「すすめた人、当ててあげよっか」
「え」

 眉をひそめて彼女を見る。艶やかな唇が、にっと弧を描いた。

「有衣ちゃん」

「――すげぇ」

 目を丸くしてそう言うと、彼女はぷっと吹き出した。

「言ってるとこ目に浮かぶじゃん。功は銀髪!って。ね、当たってるでしょ?」

 やや恐怖も覚えつつ感心しながら何度も頷く。

「でも似合ってるからすすめてくれて感謝だね。銀髪のままおじいちゃんになるのかな」
「いや、さすがにそれは。つーかさっきからなんでおじいちゃん、おじいちゃんって」
「ふふ、なんとなく」

 そう言って笑う彼女はなんだか嬉しそうで。
 こちらまで笑みを引かれながら、俺は懐かしい気持ちをあらためてそっと奥に溶かした。


 * * * * * * * * * * * * 

Re: Enjoy Club ( No.413 )
日時: 2019/12/29 19:59
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY (ID: E616B4Au)

>あとがきっぽいもの
(というか設定で決まっていない部分のただの妄想なので、ココで私が予想していることが当たっているかどうかはわかりません笑 読んでくださっている方のご想像にお任せします←)


最初は好きになるまでの経緯を書こうと思っていたのですが、なんか、あえてストーリーにするような経緯はないんじゃないかと思ってやめました。

なにか大きなきっかけがあったとかいうよりも、あの子が持ってる明るさや強さを革命後に身近で感じるようになって、だんだんと……とか、気付いたら、とか、そんな感じっぽいな、と。

その「だんだんと」の過程を書いても良かったのかもしれないですけど短編では書きにくいし、個人的には、実は気になってるんだけどそれを隠してふたりを見守る功の図が好き(←ひどい)だったり、そんなこともあったなぁと甘酸っぱい?思い出にしつつ今の彼女と仲良く過ごす功の図が好きなので、こういう形にしました。

あ、あと金髪にする前の風也の容姿がとても好き!!←
あと今回夜ゑがたくさん話してくれて楽しかった~です。たぶん夜ゑと功も穏やかに仲良しだと思う。

ではでは、読んでくださった方ありがとうございました!


>追記
ごめんなさい、やらかしました。本編続きを書くために昔のを読み返していたら、今回の番外編と矛盾するところを見つけてしまいました。
1章で風也と功がふたりで歩いて話してるところで、風也が功に銀髪にした理由なんでー?って聞いてる(;´・ω・) 前の話読み返してから書いたんですけど、見落としました、すみません;;
番外編のせいで本編書き直すのいやだし、今回の番外編消すのもいやなので(なんか二次創作書いてるみたいで楽しかった←)、ごめんなさい、このままにします。

功でこれだと、風也なんかもっと危ないです;;←
私が言うのも変なんですけど、風也が金髪にしたタイミングは可能性がある説(?ストーリー?)が複数あるので、どこかでぽろっと書いている可能性があります、すみません。
もしあったら、今回の番外編が原作からはずれて妄想した二次創作なんだなと思って暖かく見守ってくださるととても有難いです……!!m(__)m


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。