コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

新日本警察エリミナーレ 【完結!】
日時: 2018/04/28 18:16
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

初めましての方は初めまして。おはこんにちばんは。四季と申します。
まったりと執筆して参りたいと思います。気長にお付き合いいただければ光栄です。

《あらすじ》
日本のようで日本でない世界・新日本。
そこには、裏社会の悪を裁く組織が存在したーーその名は『新日本警察エリミナーレ』。
……とかっこよく言ってみるものの、案外のんびり活動している、そんな組織のお話です。

シリアス展開も多少あると思います。

《目次》

プロローグ >>01-02

歓迎会編 >>05 >>08 >>13-18 >>23
三条編 >>24-25 >>30-31 >>34-35 >>38
交通安全教室編 >>39-40 >>43
茜&紫苑編 >>44-46 >>49-54 >>59-62 >>65 >>68-70
すき焼き編 >>72 >>76-78
襲撃編 >>79-84
お出掛け編 >>85-89 >>92-95 >>98 >>101-105 >>108-109
李湖&吹蓮編 >>112-115 >>120-121 >>126 >>129-140
畠山宰次編 >>141-146 >>151-158
約束までの日々編 >>159-171
最終決戦編 >>172-178 >>181-188
恋人編 >>189-195 >>198 >>201-202
温泉旅行編 >>203-209 >>212-226
結末編 >>227-229

エピローグ >>230

《イラスト》

武田 康晃 >>28 (御笠さん・画)
モルテリア >>55 (御笠さん・画)
一色 レイ >>63 (御笠さん・画)
京極 エリナ >>90 (御笠さん・画)
天月 沙羅 >>123 (御笠さん・画)

《感想など、コメントありがとうございました!》
いろはうたさん
麗楓さん
mirura@さん
ましゅさん
御笠さん
横山けいすけさん
てるてる522さん
mさん
MESHIさん
雪原みっきぃさん
織原姫奈さん
俺の作者さん
みかんさいだーくろばーさん
ホークスファンさん
IDさん

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47



Re: 新日本警察エリミナーレ ( No.230 )
日時: 2018/04/28 18:14
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

エピローグ

 二○四七年、四月。
 木漏れ日が穏やかに降り注ぐ中、私は、六宮駅へと向かっていた。
 道を歩きながらふと考える。
 今からちょうど一年前、買ったばかりの紺のスーツを着て、久々に六宮駅へ降り立った時のことを。あの日の私の胸は希望に満ちていた。足取りも弾んでいたことだろう。
 エリミナーレの事務所へ来たその日から色々なことがあって。拐われたり、巻き込まれたり、拐われたり……いや、こういっては迷惑しかかけていないみたいだが、とにかく色々な体験をした。
 苦労もいっぱいあったけれど、今私は、この道を選んで良かったと思っている。
 それは紛れもない事実だ。

 やがて着いたのは、待ち合わせ場所である、六宮駅の百貨店の二階にある喫茶店。私が初めてレイに会った場所である。
 昨年の四月には新入りとしてそこへ行った私だったが、今年は違う。昨年のレイのような立場で、エリミナーレを代表して行くのだ。
 つまり、今日の私の言動がエリミナーレのイメージを決めると言っても過言ではないということ。
 かっこ悪いところは絶対に見せられない。しっかりしなくては。
 そんな風に改めて気合いを入れ、心の声で自身を鼓舞していると、唐突に背後から声が聞こえてくる。
「あの、もしかしてエリミナーレの方ですか?」
 若さのある男声に振り返ると、そこには、初々しい少年が立っていた。
 短く真っ黒な髪は、しっとりしつつも清潔そのもの。そして、目を凝らしてよく見ると、比較的整った可愛らしい顔つきをしている。いかにも新品らしいスーツはサイズがあっておらず、心なしかズボンが長めだ。
「あっ、はい」
 ……いきなり声が裏返ってしまった。
 なんという失態。
 エリミナーレのかっこよさを見せつけなくてはならないのに、早速やらかしてしまった。
 しかし、この程度で挫けるわけにはいかない。頭を抱えたい衝動に駆られながらも、平静を装い言葉を発する。
「確か……斯波くんでしたね」
「はい!」
「お会いできて嬉しいです。少しお茶でもしましょうか」
 かっこ悪いことをやらかしてしまわないよう細心の注意を払いつつ会話する。
「あっ、はい!よろしくお願いします!」
「いえいえ、こちらこそ。エリミナーレの詳しいことについては、後ほどお話しますね」
「ありがとうございます!」
 まだぎこちなさのある初々しい彼と喫茶店へ入り、エリミナーレについての説明を行う。一年前レイが私にしてくれたように。
 分かりやすく簡潔に話すのは難しいが、十分練習してきたので問題ないはずだ。

「会計も済ませましたし、そろそろ事務所へ向かいましょうか。美味しかったですね、桜パフェ」
「はい!」
「それじゃあ……」
 喫茶店から出かけた時——視界に武田の姿が入った。
 来るとは聞いていなかったので驚きだ。
「武田さん!どうして?」
「可愛い妻を迎えにきた。何かあったら困るからな」
 まったく。過保護にもほどがある。
 せっかくエリミナーレメンバーらしいかっこいいところを見せていたのに、これでは台無しではないか。
「えっと、貴方は……」
「武田だ」
「よ、よろしくお願いします……えっと、お二人は……」
 新入りの彼は戸惑った顔をしている。しかしそんなことはお構い無しに、武田ははっきりと言う。
「夫婦だ」
 堂々とした言い方だ。
「籍を入れ、式も挙げた。だから沙羅に手を出すなよ」
「あぁもう、武田さん!そういうのは止めて下さい!」
「いや、しかし……沙羅に手を出されては困」
「今言うことじゃないです!」
 すると武田はしゅんとして身を縮める。
 彼は新入りが見ているところでも、ありのままだった。かっこよく見せようと気張っていた私とは大違いだ。
 人は自然体でいる方がずっと魅力的なのかもしれない。いつもと何も変わらない武田を見ているとそう感じたから、私もかっこつけるのは止めることにした。
「それでは事務所へ案内しますね、斯波くん」
 少しくらい情けなくても気にしない。情けなさも含めて私という人間を理解してもらえば良いのだから。
 無理しない、飾らない、ありのままの笑みを浮かべる。
 未来への希望を込めて、今こそ言おう。
「ようこそ、エリミナーレへ」

Re: 新日本警察エリミナーレ 【完結!】 ( No.231 )
日時: 2018/04/28 23:57
名前: ましゅ ◆um86M6N5/c

わー!!完結おめでとうございます!!
……テンションが高い←

前作に続き、本当終わりかたが綺麗ですよね…(*´∇`*)
エリミナーレが解散しなくて良かった!と、小説の中なのにもう心からそう思えるんです(
成長した沙羅ちゃんがこれからどうなるのでしょうか……。(想像中)

武田さんとモルさんの平常運転な感じが好きです!笑
あと結婚おめでとうございます!!武田さんと沙羅ちゃん!!←
結婚まで行くのかな~と考えながら見ていたので、ハッピーエンドで良かったです(o^∇^o)

完結までお疲れ様でした!
新作は出されるのでしょうか…?是非また四季さんの小説を見たいです♪
本当に素敵な作品を有り難うございました<(_ _*)>

Re: 新日本警察エリミナーレ 【完結!】 ( No.232 )
日時: 2018/04/29 03:28
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

ましゅさん

早速コメントを下さり、ありがとうございます!(*´꒳`*)

本当はだいぶ前に完結していたのですが、他サイトの方でバタバタしていたため、こちらの更新がやや遅れてしまっていました……m(_ _)m
が、おかげさまで無事完結しました!

終わり方が綺麗と言っていただけて嬉しいです。
そして、またしても結婚までいってしまいました。笑
ハッピーエンドにまとめられたので良かったかな、と思います♪

いつもありがとうございます!!

Re: 新日本警察エリミナーレ 【完結!】 ( No.233 )
日時: 2018/04/29 13:05
名前: 御笠

四季さん、お疲れ様でした!!完結おめでとうございますぅぅぅぅ!!!(←こちらもテンション高め)

もうエリミナーレを読むのが日課の一つになっていたので寂しいような、ハッピーエンドで嬉しいような…。

毎回元気をいただきました^^

ありがとうございました\('ω')/バンザーイ

Re: 新日本警察エリミナーレ 【完結!】 ( No.234 )
日時: 2018/04/29 22:59
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

御笠さん
まずはありがとうございます。
おかげさまで無事完結することができました!
御笠さんにはいつも素敵なイラストを描いていただき、本当に感謝しかありません m(_ _)m
こちらこそ、本当にありがとうございました!♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。