コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

新日本警察エリミナーレ
日時: 2017/11/24 18:18
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

初めましての方は初めまして。おはこんにちばんは。四季と申します。
まったりと執筆して参りたいと思います。気長にお付き合いいただければ光栄です。

《あらすじ》
日本のようで日本でない世界・新日本。
そこには、裏社会の悪を裁く組織が存在したーーその名は『新日本警察エリミナーレ』。
……とかっこよく言ってみるものの、案外のんびり活動している、そんな組織のお話です。

シリアス展開も多少あると思います。

《目次》

プロローグ >>01-02
1章
>>05 >>08 >>13-18 >>23-25 >>30-31 >>34-35 >>38-39

《イラスト》

武田 >>28 (御笠さん・画)

《素敵なコメントありがとうございました!》
いろはうたさん
麗楓さん
mirura@さん
ましゅさん
御笠さん
横山けいすけさん

Page:1 2 3 4 5 6 7 8



Re: 新日本警察エリミナーレ ( No.35 )
日時: 2017/11/21 17:51
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

15話「人の心は分からない」

 それから私は、車で家まで送ってもらうことになった。レイやナギも一緒だ。
 武田が運転してくれるのだが、彼が車を運転できるというのは意外である。運転手はレイなものだと、なんとなく思っていた。
 それにしても、この席順は一体何なのか……。
 レイとナギが後部座席で、私が助手席。レイに促され何の気なしに助手席へ座ったが、よくよく考えてみれば明らかに不自然な席順ではないか。普通なら私とレイが後部座席だろう。
 よりによって武田と隣とは。
 嬉しいことは嬉しいが、共通の話題がないうえ非常に気まずい。助けを求めるように後部座席のレイへチラリと視線を向ける。すると彼女は、目が合うなりクスッと笑みをこぼした。やはり彼女は意図してこの状況を作り出しているようだ。
 もしかして、レイは私の気持ちに気づいて——いや、断じてそれはない。私は誰にも言っていないのだ、と私は内心否定する。黙っているのだからレイに勘づかれるはずもない。
「そうだ。親御さんにはもう連絡したのか?」
 運転していた武田が唐突に尋ねてきた。
 いきなりすぎて胸の鼓動が速まる。しかしせっかく話しかけてもらったのだ。この機会を逃すわけにはいかない。
「はい。電車に乗っている時にメールしました」
「だいぶ時間が経っている。念のためもう一度連絡しておいた方が良いと思うが」
 少し心配そうな顔で提案してくれた。武田は一見クールで愛想ないように見えるが、案外世話好きなところがあるようだ。エリミナーレに入ったばかりの私のことも気にかけてくれる。
 それに、レイの話によれば、私を推薦してくれたのも彼だとか。面接の時話したのは彼ではない。だから、彼と会ったのは私が高校二年の冬——あの立て籠もり事件の時。あの一度だけで、それもほんの僅かな時間だけだった。
 私はあれ以来、一度も武田のことを忘れなかった。しかし、それは彼に心を奪われたからである。もしあの時助けてくれたのが武田でなかったとしたら、今頃すっかり忘れていたことだろう。事件のことは覚えていても、誰が助けてくれたかは記憶していなかったに違いない。
 それを考えると、武田が私のことを憶えているというのは不自然な話だ。いくら記憶力が良くとも、助けた者の存在をそこまではっきりと憶え、しかもエリミナーレに加入させようと思うはずはないと、私はそう思う。
「あっ!沙羅ちゃんのカバン、まだ俺が持ってるっすよ!」
 後部座席のナギが私のカバンを返してくれた。カバンをナギに預けたままだったことに今さら気がつく。すっかり忘れてしまっていた。
 私が後ろのナギからカバンを受け取ろうとした——その時。
 一枚の紙切れがひらりと舞い落ちる。それは、白髪の女性の写真だった。
「何か落ちたぞ」
 そう言って写真を拾い上げた武田は、その写真を目にした瞬間、凍りついたように顔を硬直させた。
 自分が持っていたはずの写真が他人のカバンから出てきたのだから驚くのも無理はない。しかし、それが普通の写真なのならば、ここまで動揺したような表情にはならないはずである。
「なぜこれを……」
 そう尋ねる武田の瞳は微かに震えていた。
 何かしら事情があるのだろうなとは予想していたが、これほど動揺する物だとは思わなかった。
「沙羅、これをどこで手に入れた?」
 落としたのを拾って持っていた、なんて変に思われそうで言えない。だがこのまま黙っているというのも、別の意味怪しまれそうである。本当のことを真っ当な感じで話す。こうなってしまった以上、それしかない。
「この前、事務所で落ちているのを見つけたので、時間がある時に誰の物か確認しようと思って……それで、持っていました」
 若干無理矢理な気もするがこれなら完璧な嘘ではない。それどころか、半分以上事実だ。
「そうか。それなら構わん、気にするな」
 大雑把な説明だったが、武田は納得したらしく、前に向き直る。
 話は無事終わった。おかしいと思われることも、厳しく怒られることも、どちらもなく済んだ。文句のつけようがない百点満点の結果。
 だが、私は尋ねてしまった。
「その女の人は、武田さんにとってどんな存在の方なんですか?」
 尋ねるまでもないことだ。
 男性が女性の写真を持ち歩いている。それがどういう意味か分からないほど私はバカではない。答えを聞けば傷つくだけ。
 それでも、真実を知りたかった。
「なぜそんなことを聞く?」
「その写真を見た時……武田さんの様子が少しおかしかったからです。仮に友達や同僚の写真だとしたら、見ただけでそんな顔はしないかな、と思って」
 彼の口から真実を聞けば、私の心も少しは楽になるに違いない。そう思ったから勇気を出して尋ねたのだ。
「私の様子がおかしい、と?」
 武田はあまり自覚がなかったのか怪訝な顔をしている。
「はい。それともう一つあるんです。昨日停電になった時のことですけど、明かりが戻った後、武田さんは少し様子がおかしくなっている気がしました。もしかして、白い女性の幻みたいなものが見えませんでしたか?」
 レイやモルテリアはただの停電と思っているようだったが、私は確かに見たのだ。
 写真に写っている彼女とそっくりな、透き通って真っ白な女性の姿を。
「なぜそんなことが分かる?」
「私には見えました。その写真の女性にそっくりな人が」
 それからしばらくの間、武田は何か考え込んでいるようだった。数分が経過した頃、やがて彼は言った。
「そうだな。隠す理由もない」
 彼の表情は、どこか覚悟したようなものだった。
「彼女の名は保科瑞穂。エリミナーレが設立されるより前、エリナさんの友人で私の先輩だった人だ」
 晴れていたはずの空は、いつの間にかどんよりと曇っていた。

Re: 新日本警察エリミナーレ ( No.36 )
日時: 2017/11/21 21:53
名前: mirura@

レイさんも武田さんもカッコいいです!
新しいキャラも登場しましたね!


急に喋ってしまい、すみません!
白い女性が誰なのか、明らかになってきましたね!
続きが楽しみです!
更新、頑張って下さい!

Re: 新日本警察エリミナーレ ( No.37 )
日時: 2017/11/22 03:51
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

mirura@さん
コメントありがとうございます〜!
話自体も段々と進んできました。といってもまだ序盤ですが……。
これからも執筆頑張ります♪

Re: 新日本警察エリミナーレ ( No.38 )
日時: 2017/11/23 06:18
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

16話「切り捨てる主義」

「え。先輩っ!?」
 私はつい大きな声を出してしまった。
 写真の白い女性は保科瑞穂、自分の先輩にあたる人だと武田が話したからだ。
 ——正直意外である。
 綺麗な顔をした彼女のことだから、武田の彼女なのだと思い込んでいた。いや、もちろん実は付き合っているという可能性はあるわけだが。しかし、彼の顔つきを見た感じ、嘘をついているとは思えない。
「あぁ。彼女は私の先輩だが……そんなに驚くことか?」
 武田が困惑したような表情で言うと、ナギが乱入してくる。
「あー、確かにっ。武田さん老けてますもんね!瑞穂ちゃんより年上に見えるっすよ!それにしても瑞穂ちゃん可愛——」
「余計なこと言わなくていいから」
 嫌み混じりに明るく言ったナギを、隣に座っているレイが静かに叱った。激しさがないところが怖さを引き立てている。
「沙羅、そんなに驚くな。一体何だと思っていたんだ」
 武田はナギの発言を完全に無視して話を続けた。
 躊躇いながらも、小さめの声で返す。
「彼女さん……とか」
 すると後部座席に座っているナギが、腹を抱えてゲラゲラ笑い出した。
「いやいや、ないっしょ!武田さん好きになる女の子とか超少数派でしょ!」
 なるほど。私はその超少数派の一人なわけですね。
 ナギの発言を聞いて、なんとなく複雑な心境になった。私は武田に再会するために数年間努力してきたのだ。それなのに彼を否定するようなことを言われては、何とも言えない気分になる。……だが、競争率が高いよりかはずっといい。
 その後、ナギはまたもやレイに怒られていた。私にはいつも優しく接してくれるレイだが、ナギに対してはとても厳しい態度をとっていた。もっとも、彼が余計なことばかり言うからかもしれないが。
「なるほど。そういうことか。だがそれは、必要のない心配だ。私は誰にも恋愛感情を抱かない」
 武田はハッキリと断言した。一切迷いのない瞳で、ただ前だけを見据えて。
「瑞穂さんはただの恩人だ」
 ちょうどその時、分厚い雲に覆われた灰色の空から、一滴の雨粒がこぼれ落ちてきた。ポタッと低い音をたて、フロントガラスを濡らす。
 誰かが泣いているみたいな、大粒の雨だった。

 数分後、車は自宅へ到着する。車だとなかなか時間がかかるかと思っていたが、予想していたより早く着いた。恐らく喋っていたからだろう。初めてだが迷うこともなく無事着けて良かった。
 家へ向かう。荷物をまとめてくれていた母は、私を「遅かったね」と迎えた。
 運動神経が良いわけでもなく、勇ましい性格なわけでもない。そんな私がエリミナーレへ入ることを許してくれた心の広い母を心配させたくない。そう思ったから、三条との一件については話さなかった。
 ナギがいきなり母を口説き始めた時には驚いたが、それはレイの叱責で何とか制止することができた。少し焦ったが……。
 それからしばらくして、完成した荷物を車に乗せ、私たちは事務所へ戻るべく家を出た。「いってらっしゃい」と見送る母の微笑みはどこか寂しげで、とても印象に残っている。

 六宮にあるエリミナーレの事務所へ戻ると、エリナに報告することとなった。彼女はあまり得意なタイプでないので、いまだに緊張してしまう。しかし苦手だからと避けるわけにもいかない。早く馴染めるよう努めなくては。
「沙羅、貴女……いきなり仕事を増やすなんて、ある意味凄いわ」
 足を組み微笑むエリナは、内心怒っているらしくそんなことを言った。大人びた顔に浮かぶ作られた笑みはなかなか恐ろしい。
 私は「すみません」と小さく謝ることしかできなかった。それ以外に返せる言葉はない。
「済んだことはもういいけれど、次はないわよ」
 空気が氷河期のようだ。
 隣に立つレイを一瞥すると、彼女は固い表情をしていた。驚くべきことにナギも黙っている。エリナの力はここまでのものなのか、と衝撃を受けた。彼女に嫌われればここでは働いていけなさそうである。
「貴女が一般人だということは分かっている。けれど、だからといって甘やかす気はないわ。使えない者は切り捨てる、それが私の主義だから」
 エリナの言葉に、俯かずにはいられなかった。
 私がエリミナーレに相応しくないことは最初から分かっている。それでも頑張ろうとしているのだ。それなのにこんなことを言われては、現実を突きつけられたようで胸が苦しくなる。
「使えない者にならないよう、せいぜい気をつけることね」
 私は何も言い返せなかった。
 言いたいことがないわけではない。だが言いたいことを言うだけの勇気がないのだ。まともに発言もできないこんな状態では、エリナに使えない者認定されるのも時間の問題である。
 もっと強く、勇気のある人間にならなくてはいけない。

 報告を終えレイとモルテリアの部屋へ行くと、ベッドに座っていたレイは不安げな表情をしていた。
「……レイ、どうしたの」
 そんなレイに声をかけたのは、饅頭をむさぼっているモルテリア。彼女が他人の心配をしているだなんて、凄く珍しい光景である。
 モルテリアに心配されたレイは、「気にしないで」と返しながらも、浮かない顔のままだ。曇り空のような薄暗い表情である。
「レイさん?」
 私も一応尋ねてみる。するとレイは口を開いた。
「さっきのことなんだけどさ……。エリナさん、なんか言いすぎじゃなかった?昨日来たばっかりの沙羅ちゃんに向かってあんなこと、さすがにちょっと酷いよ」
 どうやら私のことを心配してくれていたようだ。レイは本当に優しい。若干傷ついた後だけに、その優しさをいつもより強く感じられた。
 まだ饅頭を食べているモルテリアが口を挟む。
「エリナ、なんだか焦ってるみたいだった……」
「焦ってる?」
「……そう。余裕がないみたい……」
 レイはモルテリアに饅頭を押し付けられたまま、怪訝な顔をする。脳内に疑問符が満ちている、というような表情だ。
「そうなの?いつから?」
「さんじょう、って人の情報を知ってから……多分」
 緑みを帯びたショートカットがよく似合うモルテリアは、箱の饅頭を口いっぱいに頬張りつつ話す。ずっとこの調子で食べ続けていたのだとすれば、かなりの大食漢である。肥えていないのが不思議だ。
「三条が何か関係あるの!?」
 レイはモルテリアの話に勢いよく食いつく。だがモルテリアはというと、これ以降「よく分からない……」としか言わなかった。
 結局何も分からずじまいである。

Re: 新日本警察エリミナーレ ( No.39 )
日時: 2017/11/24 18:17
名前: 四季 ◆7ago4vfbe2

17話「交通安全教室」

 翌日、エリナによって告げられた次の仕事は、近所の保育所で交通安全教室を開くことだった。
 エリナの説明によると交通安全教室とは、「渡る前には左右を確認しましょうとかいうアレ」だそうだ。随分大雑把な説明である。
 またしてものんびりとした仕事であることに多少の戸惑いはあるが、どこかホッとしている自分がいた。交通安全教室がエリミナーレの職務範囲に入っているのは謎だが、この程度なら一般人の私でもなんとかこなせそうだ。
 一緒に行くのはモルテリアとナギ。
 ……非常に不安が募る組み合わせだが、内容が内容だからなんとかなるだろう。それに、少し変でもエリミナーレのメンバーだ。普通の人々よりかはずっと頼りになる……はず。そうでなくてはおかしい。
「いやーっ、モルちゃんは今日も可愛いっすね!緑の髪が個性的ですっごく魅力あるよ!」
 ナギはモルテリアに対してもいつも通りの調子だった。彼が褒めそやすのはレイだけではないらしい。女性なら誰でも好き、という感じなのだろう。私がエリミナーレに入った理由もかなり邪なものだと思っていたが、彼の女性への接し方を見ていると、私がまだましに思えてくる。
「緑系のブラウスって珍しい気がするけど、どこで買ったの?」
「……忘れた」
 やはり相手にされていない。
 比較的優しいレイですら慣れた様子で適当に流していたぐらいだから、モルテリアが相手にしないのは当然ともいえる。そもそもミステリアスで風変わりなモルテリアに、褒めただけで仲良くなれるとは思えない。
 それにしても、そういえば私は、まだ一度も褒められていない気がする。昨日会ったばかりだから当然といえば当然かもしれないが……話しかけられることすらあまりない。気さくなナギなら、女性であれば初対面の相手でも褒めそやしそうなものだが、なんだか不思議だ。

 そうこうしているうちに保育所へ着く。
 徒歩でも十分はかからないという事務所から比較的近いところにある保育所だったので、あまり疲労せずに済んだ。
 それほど広くない中庭には小さな子どもがワラワラいて楽しそうに騒いでいる。ジャングルジムを始めとした様々な遊具で元気に遊ぶ子、土遊びをしていたら地中の未知なる虫と遭遇し動揺を隠せない子——中には静かに座って風景を眺めている子なんかもいる。そんな子には少し親近感を抱く。
 そして、これは全員に共通することだが、この限られた空間で思い思いの遊びに取り組む姿勢には感心した。
 ちなみに私だったら風景を眺めている子だったに違いない。
「モルさん、この保育所へはよく来るんですか?」
 ナギが保育所の先生と話をしている間、時間が空いて暇なので、私は勇気を出してモルテリアに話しかけてみる。思い返せば、彼女と二人だけで話すのは初めて。正確に意思疎通ができるのかという不安もあるくらいだ。
 しかし、彼女は私が思っていたより、まともに話してくれた。
「……たまに。レイとも来たことある気がする……」
「そういえば今日はレイさんいませんね。用事か何かでしょうか。何か聞かれました?」
 モルテリアは首を左右に動かしながら「聞いてない……」と答えた。本人から話は特になかったようだ。もちろん私も聞いていない。
「でも……武田が来ない理由は知ってる」
 ぜひ知りたいことを振ってきた。無自覚だろうが、なかなか良い話題だと思う。
「そうなんですか?」
「武田は子どもが嫌い……。命がかかってる時以外は絶対会いたくないって前に言ってた……」
 子どもが嫌いというのは意外だ。
 しかし、命がかかっている時は放っておけないというのが、実に彼らしいと思う。

 ちょうどそこへ、明るい顔つきのナギが戻ってきた。
 保育所の先生との打ち合わせはどうやら終わったらしい。先ほどまでよりすっきりした表情だ。
「モルちゃん!沙羅ちゃん!話は終わったっすよ」
 これは個人的な趣味の問題だが、ナギは相変わらずノリが軽すぎてしっくりこない。彼に嫌なことをされたわけでもなければ、嫌いなわけでもない。 けれども、彼には私の心を掴むものがない。——少なくとも今は。
「お疲れ様です」
「ナギお疲れ……。今日のお昼、お寿司美味しかった……」
 モルテリアはこんな何でもない日の昼食に寿司を食べたのか。なぜそれを今言うのか分からないが、少し羨ましい。私は焼きそばが一番だが寿司も好きだ。おっと、そういう話をする時間ではなかった。
 ナギはいきなり昼食の話を始めるモルテリアに「俺も寿司好きっすよ」などと言っていた。こんな時でも女性の話には必ず乗っていくのがナギである。
 しかし絶対にぶれない軸があるというのはある意味強みだと思う。たとえそれが、女性が好き、というくだらないことだとしても。
「十五分後くらいから開始らしいから、もうちょい待たないとですね!」
 明るい声色で言いながら太陽のように眩しい笑顔になるナギ。雲一つない晴れた空のようなその笑みが、私はあまり得意でなかった。他人の心に土足で踏み込んでくるような雰囲気の男性は正直苦手なのだ。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。