コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

⚠︎不思議系美少女にご注意を
日時: 2018/01/18 12:02
名前: 千春

こんにちは!千春です。

今回は初めての学園恋愛小説です。
高校生の恋ってキラキラしていて甘々でこれぞ青春!というイメージがありますが、
本作にはほとんどその要素はありません。
この物語は予測不能なコメディ恋愛小説となっております。
主人公は不思議系美少女、美桜。
彼女の奇想天外な行動はきっと読者を驚かせる事間違いなし。
そんな美桜はクラスの人気者、翔に恋をしてしまいます。
何とかして両思いになろうとあの手この手を使う中で多くの人が厄介な事件に巻き込まれてしまいます。
遂に彼女の恋は学校を巻き込む事に......。

藤崎 美桜の恋の行く末はいかに!?


登場人物

藤崎 美桜
南清高校2年生。
黒髪の美少女で成績は常に学年トップ。スタイルも抜群。
だが、性格に重度の問題アリ。
クラスから「変人」と呼ばれて敬遠されがち。
唯一、小学校からの幼馴染麻莉とは話せる。

佐々木 麻莉
美桜のクラスメイト。語り手。
いつもテストの点数が美桜に負けていて悔しがっている。
美桜を観察するのが趣味。
この物語の影の立役者。苦労してます。

谷垣 翔
美桜のクラスメイト。
イケメンで優しくてクラスの人気者。
爽やかでいつも彼の周りがキラキラ輝いていて麻莉から「マイナスイオン」君と影で呼ばれている。

白咲 麻依
美桜のクラスメイト。
クラスのマドンナ的存在で顔も可愛い。
クラスメイトを気にかけるなど優しい心を持っている。

Page:1 2 3 4 5



Re: ⚠︎不思議系美少女にご注意を ( No.19 )
日時: 2018/01/13 09:54
名前: 千春

本当に遅くなりましたがあけましておめでとうございます!
素敵な1年になりますように(*´꒳`*)
2018年もよろしくお願いします!

中途半端な所ですが参照200記念と新年という事で挨拶を、と。
まだまだ未熟で拙い所も多々ありますが少しずつ成長していけたらなと思います。

さて、未だヒロインの恋相手の谷垣くんが登場しません。笑
こんなに谷垣くん谷垣くんと作中で言われながら中々姿を見せないですが、彼の存在が美桜達にとって大きなものになっています。
そろそろ出てきてね?笑

そしてここからいよいよ物語が本格的に始まっていきます!
それではいきましょー!!

コメントお待ちしております(^ ^)



Re: ⚠︎不思議系美少女にご注意を ( No.20 )
日時: 2018/01/13 16:11
名前: 千春

「えっ!?」

私は思わず大きな声が出てしまう。

「そんなの無理だって。どうやって不登校の子を連れてくるの?そう簡単に行くものじゃないし。」

すると美桜は私の顔を見てニヤッと笑った。
挑発的な笑みだ。
潤いのある赤い唇がやけに色っぽい。
その表情に3人の女が惹きつけられる。

やばい。
女神みたい。
私は思わず見惚れてしまう。
彼女の周りだけキラキラ輝いている。
きっとここに男子を集めたら全員鼻血を出してぶっ倒れるに違いない。

「無理とかやってみる前に言うものじゃないよ?由美が来たら谷垣様と隣の席にしてくれるし。ね?」

「......あっ、うん。」

成島さんは我に返って答える。
ぼーっと見惚れていた。
さすが絶対的美少女。

「協力お願いね、麻莉。」

片手で拝みながらウインクをする。
そして、私の胸にぐさっと何かが刺さった。

「しょ、しょうがないなーっ。」

1拍遅れて答える。
あれ、何で協力にオッケーしてるの?
無自覚で答えたようだ。
彼女の技で。
たかが席替え、されど席替え。
席替えはある程度は緊張するけれど、恋する乙女にとってはもっと重大なイベントに違いない。

Re: ⚠︎不思議系美少女にご注意を ( No.21 )
日時: 2018/01/16 19:38
名前: 千春


だけど、美桜の好きな人には彼女がいる。
それも完璧で非の打ち所がない美人。
大抵の人は好きな人に彼女が出来たら泣く泣くあきらめるし、私だったらまずそんな勝ち目のない恋なんてしない。
恋は両想いになってなんぼ。
片思いはつらいだけ。

だから、私は美桜の姿を見ると胸がぎゅっと締め付けられる。
相手が自分を好きではなくても想いを堂々と貫いている彼女に。
どうせ、無理なのに。

「じゃあ今日の放課後に前田由美の家に行こー。私、連絡網で住所知ってるし。死ぬ気で連れてこようね。」

美桜のまっすぐな瞳に私の何かが揺れる。
その何かが分からない。
死ぬ気でって、何それ。

「しょ、しょうがないなー。」

また無自覚で答えてしまう。
こんなのキャラじゃない。
自分でも分かってる。
何でまたオッケーしてるの私?

すると美桜は嬉しそうな顔でじゃあ後でね、と言って教室に戻った。
成島さんもプリントを片手に職員室へ行った。
先生にプリントを届けるらしい。
社会科教室は私とあみだけになった。

Re: ⚠︎不思議系美少女にご注意を ( No.22 )
日時: 2018/01/18 09:12
名前: 千春


「藤崎さんって谷垣君の事が好きなんだ。」

あみが意外そうな顔をしながら言った。
美桜とは全く関わった事のない彼女にとって今回が初めての接触だ。
私以外のクラスメイトは美桜を変人だと遠巻きにして彼女の内面をほとんど知らない。
私だって幼馴染じゃなかったらその遠巻きにしている内の1人になっていただろう。

「まぁ、身の程知らずって感じだよね。」

私はあきれたような顔をして笑った。

「でも、今初めて正面から見たけどやっぱり藤崎さんって美人だよね。麻依ちゃんより整ってると思う。」

あみはちょっと興奮したように話す。
さっきの顔が忘れられないらしい。

「顔だけでしょ?美桜は性格やばいから。」

私はあみの目を覚まそうと美桜の珍行動を脳内検索する。いっぱい引っかかった。

「美桜?さっきから思ってたけど麻莉って藤崎さんと仲良いんだ。知らなかったな。」

あみはまた意外そうな顔をする。
え?
何言ってんの。

「そ、そんな事ないよ。」

私は慌てて否定する。
あみはえー嘘だー、と笑う。

「ほんとだって。小学校から一緒なだけ。」

Re: ⚠︎不思議系美少女にご注意を ( No.23 )
日時: 2018/01/18 20:12
名前: 千春


何故かムキになってしまう。

「麻莉は誰とでも話すよね。谷垣君とも楽しそうに話してたし。私は谷垣君なんて尊すぎて拝むことしか出来ないけど。イケメンで爽やかでキラキラしてて......。」

あみは両手を合わせて拝む。

確かに私は誰とでも話す。
平等に接するかどうかは別だけど、基本的に人見知りはしないタイプだ。
だからクラスでキャーキャー言われている谷垣に対しても、変人の美桜に対しても普通に話しかける。
谷垣は彼女の麻依以外の女子とはほぼ絡まないのでよく周りの女子に使われる事もあるけど。

『尊すぎて拝むことしか出来ない。』
そういうわけであみの言ったことは別におかしくはなくてこの学校の女子ほとんどの気持ちらしい。
谷垣も人間でしょ?
とか言えない。
クラスメイトを拝むって頭おかしいだろ
とか言えない。

そんな谷垣と付き合える彼女というのはやっぱりそれなりの美貌と人望を持ってないといけない。
たった1人、その資格が与えられているのが_______________


白咲 麻依。


Page:1 2 3 4 5



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。