コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

⚠︎不思議系美少女にご注意を
日時: 2018/01/18 12:02
名前: 千春

こんにちは!千春です。

今回は初めての学園恋愛小説です。
高校生の恋ってキラキラしていて甘々でこれぞ青春!というイメージがありますが、
本作にはほとんどその要素はありません。
この物語は予測不能なコメディ恋愛小説となっております。
主人公は不思議系美少女、美桜。
彼女の奇想天外な行動はきっと読者を驚かせる事間違いなし。
そんな美桜はクラスの人気者、翔に恋をしてしまいます。
何とかして両思いになろうとあの手この手を使う中で多くの人が厄介な事件に巻き込まれてしまいます。
遂に彼女の恋は学校を巻き込む事に......。

藤崎 美桜の恋の行く末はいかに!?


登場人物

藤崎 美桜
南清高校2年生。
黒髪の美少女で成績は常に学年トップ。スタイルも抜群。
だが、性格に重度の問題アリ。
クラスから「変人」と呼ばれて敬遠されがち。
唯一、小学校からの幼馴染麻莉とは話せる。

佐々木 麻莉
美桜のクラスメイト。語り手。
いつもテストの点数が美桜に負けていて悔しがっている。
美桜を観察するのが趣味。
この物語の影の立役者。苦労してます。

谷垣 翔
美桜のクラスメイト。
イケメンで優しくてクラスの人気者。
爽やかでいつも彼の周りがキラキラ輝いていて麻莉から「マイナスイオン」君と影で呼ばれている。

白咲 麻依
美桜のクラスメイト。
クラスのマドンナ的存在で顔も可愛い。
クラスメイトを気にかけるなど優しい心を持っている。

Page:1 2 3 4 5 6 7



Re: ⚠︎不思議系美少女にご注意を ( No.30 )
日時: 2018/02/10 23:11
名前: 千春


ったくこれだから美桜は......
先が思いやられた。
ごめんね、前田さん。こんな変人が押しかけてしまう事になって。

美桜はところてんのパッケージを撫でるとぎゅっと抱きしめた。
優しくそっと。

私はやばいのを見てしまった気がしてぱっと目をそらす。
今のは何?
それぬいぐるみじゃないから。

「もちろん、麻莉の分もあるからね」

「いらない」

美桜はえー、というような表情をする。悲しそうだ。

「ていうか、ところてん好きだったけ?初めて知った」

私は敢えてスルーして尋ねる。
美桜とは小学校からの付き合いだけど、ところてが好きなのは正直驚いた。
まぁ、変わったもの好きそうだけど。

「うん、高校に入ってからね」

「何それ?それまでは好きじゃ無かったって事?」

「んー、高校に入ってから一気にところてんに目覚めたというか」

「......へぇ」

正直よく分からないけれど、味覚は急に変わるのか。

Re: ⚠︎不思議系美少女にご注意を ( No.31 )
日時: 2018/02/15 19:57
名前: 千春


「それでね、これ昼休みに学校を抜け出して買ったの。進路指導部まで校外出届けを出しに行って」

「え......」

ふと昼休みに美桜が居なかったことを思い出す。

「前田さんの家に行く反対方向にしかお店がないから昼休みに抜け出した甲斐があったなぁ。帰って来たら何故か私の席にお菓子が置いてあったけど」

美桜は満足気にうんうんと頷いた。
そういう事か。
道理で昼休みに教室に居なかったわけだ。
わざわざ女子高生が学校を抜け出してところてんを買う。
その姿を想像するとおかしくて仕方がない。
シュールだな、おい。

「あ、ここだ。ついたよ」

いつの間にか私達は前田さん家の前まで来ていた。
そこそこ距離はあったが美桜と歩くと余計に遠く感じた。
閑静な住宅街の一軒家で赤い屋根が特徴的な家だった。
車が一台止まっていて、親がいるのかな?

友達ならまだしも初対面の同級生の家に突然行くなんて......。

今さら緊張する自分がいる。
ちらっと美桜を伺うと落ち着いた様子だ。インターホンを白く長い人差し指で押す。

前田 亜美。

一体どんな子なんだろう?
お願い、すんなり学校に来て。
祈るような気持ちで相手が出るのを待った。








この後、祈りとは裏腹に大きな波乱に巻き込まれてしまうのです________________

Re: ⚠︎不思議系美少女にご注意を ( No.32 )
日時: 2018/02/17 19:29
名前: 千春


「はい、前田です。どちら様でしょうか?」

インターホン越しの若い女の人の声。
美桜が口を開く。

「前田さんの同級生の藤崎と佐々木です。亜美ちゃんおられますか?」

「ああ!亜美のお友達?ちょっと待っててね」

女の人はそう言うとインターホンを切って、しばらくするとドアががちゃっと開いた。

「どうも、初めまして。わざわざ来てくれてありがとうね」

予想通り若い女の人が出てきた。
ショートカットが似合う明るい雰囲気の人だ。
笑顔で感じも良い。
前田さんのお姉さんかな?

玄関先まで入る。
外観で想像していたよりも綺麗で少し広い。
私の隣にバットやゴルフセットがあった。

「こちらこそ、いきなり伺ってしまいすみません」

美桜は自然に会釈する。
こういうのは出来るんだよなぁ。
変人感ゼロで普通の人に見えた。

「全然!せっかくだし上がってね。亜美は2階の自分の部屋にいるから案内するわ」

そして、私達2人は前田さんの部屋の前まで来た。
更なる緊張感を覚える。

「亜美ー、お客さん。お二人さんジュース用意するから中で待ってて」

ありがとうございます、と言うとお姉さんは下に降りていった。
部屋からは物音1つしない。
美桜はコンコンとノックする。

「あのー、藤崎と佐々木です」

美桜も内心緊張しているのだろうか声が少しひっくり返った。
名字だけ言ってもコイツ誰って感じだろうなぁ。

反応はない。

「あのー」

私はドアにぺたりと耳を付ける。
美桜はもう一度声を掛けた。

「あのぉー」

やっぱり反応がない。
部屋にずっと閉じこもってる。

「ねぇ、出てこないよ。どうする?」

私は小声で耳打ちする。
美桜はうーんと眉をひそめた。

「全く反応がないね。強行突破しちゃおっかな?」

「何、強行突破って」

「玄関に置いてあったバットでドアを突き破るだよ」

「.....馬鹿じゃないの」

私は真顔で堂々と発言をする美桜に冷たい視線を送る。
よく知らない同級生に自分の部屋のドアをバットで破壊されたら私だったら一生口聞かない。
ていうか、恐怖。

すると、いきなり部屋の中でドンッと物音がした。
2人はぴくっと反応する。

「それ聞こえてるから!」

怒ったような声が中からした。

Re: ⚠︎不思議系美少女にご注意を ( No.33 )
日時: 2018/02/18 13:14
名前: 一匹羊。

🌸千春様🌸

不思議系美少女にご注意を、楽しく読ませていただきました。巻き込まれ系主人公、好物です。美桜ちゃんの恋を応援したいのは山々なのですが、麻衣ちゃんも好きなのでハラハラし通しです。
美桜ちゃんの突拍子のない行動が楽しい……笑笑
これからも応援しています。

一匹羊。こと設楽える

Re: ⚠︎不思議系美少女にご注意を ( No.34 )
日時: 2018/03/09 19:21
名前: 千春

一匹羊。様コメントありがとうございます!
そう言って頂けてとても嬉しいです(^ ^)
美桜と麻莉の掛け合いを書くのは私も楽しいです(笑)
応援ありがとうございます!


Page:1 2 3 4 5 6 7



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。