コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

こひこひて
日時: 2018/01/29 22:18
名前: いろはうた

恋ひ恋ひて

後も逢はむと

慰もる

心しなくは

生きてあらめやも


万葉集 巻十二 2904 作者未詳






あなたに恋い焦がれ、
またきっと会えると、
強く己を慰める気持ちなしでは、
私はどうして生きていられるだろうか。
そんなことはできない。







綺宮 紫青

綺宮家の若き当主。
金髪青紫の目の超美青年。
鬼の呪いで、どんな女性でも虜にする。
そのため、愛を知らない。
自分の思い通りにならない梢にいらだち
彼女を無理やり婚約者から引き離し、自分と婚約させる。
目的のためには手段を択ばない合理的な思考の持ち主。



水無瀬 梢

綺宮家分家筋にあたる水無瀬家、次期当主の少女。
特殊能力を買われて水無瀬家の養子となる。
婚約者である崇人と相思相愛だったが、
紫青によって無理やり引き離され、無理やり紫青と婚約させられる。
しっかりとした自我をもった少女。

Page:1 2 3 4 5



Re: こひこひて ( No.19 )
日時: 2018/05/09 22:37
名前: いろはうた

簾の向こうには、あの日の姫君が見えた。
綺麗な着物を身にまとっている。
上等なものだと一目でわかった。

「桔梗、下がっていなさい。」
「姫様……。」
「下がっていなさい、と申しました。」

桔梗は慌てて顔を伏せると一礼し、
そそくさと部屋から出ていった。
その場には、梢と姫君だけが残された。
沈黙が水のようにその場に満ちる。
どう言葉をかけようか少し迷ったが、意を決して口を開く。

「あの日、お忘れになったものを届けに参りました。」
「……お礼申し上げます。
 そこにおかけになって。」

梢は一礼すると、その場に膝をついた。
なめらかな木の床だ。
綺麗な飴色をしているそれは、年季が入っているものだと思えた。
それほどに、この姫君の一族の歴史は長いのだろうと思わされた。
それゆえに疑問が募る。
これほど高貴な姫君なのに、
何故あの時、梢に襲い掛かるような真似をしたのか。
今の彼女はひどく落ち着いているように見える。

「……なんと詫びればよいのか。」

ぽつりと彼女が口を開いた。
伏せていた顔を上げ、ぶしつけなほど姫君の顔を見つめた。
やはり目の焦点もあっているし、意識もしっかりしているように見える。

「今一度詫びさせてほしいのです。
 ……申し訳のないことを……いたしました。」

可憐な声音には深い悔恨がにじんでいた。
演技や嘘ではなく、真実、心からの言葉のようだった。
困惑してしまう。
もっと悪びれずに堂々としているのかと思っていたからだ。

「姫は……恐れながら、何故、あのような真似を。」

梢はそれが聞きたかった。
そうすれば、紫青を狙う者へとつながるかもしれない。
そう思ってはっとする。
これではまるで、自ら積極的に紫青を守ろうとしているみたいだ。
いや、それでいい。
護衛役だからそれでいい、とよくわからない思考にうろたえて、
適当な言い訳をして蓋をした。
姫君はわずかに顔を伏せた。
可憐なかんばせにつややかな黒髪がさらりとかかる。

「紫青様の呪いのことはご存知ですね?」
「鬼の呪い、とだけ。」

そう端的に答えると、姫君は怒るでもなく
ぽつぽつと語りだした。

紫青の一族、綾宮の先祖はそれはもう美しい青年だったらしい。
その美しさは、都中に知れ渡り、ついには鬼の一族にすら届いた。
中でも、一人の鬼の娘がその青年に惚れてしまい、愛を告げた。
同じだけの愛を返してほしいと望んだ。
しかし、その青年は鬼の娘をそっけなく袖にしたのだという。
それに怒り狂い恨みぬいた鬼の娘は、
末代まで解けぬ強力な呪いをかけた。



『おまえは、ありとあらゆるこの世の娘に好かれ、愛される。
 だが、最も欲しいのだけは決して手に入らない。』



「私があの時、おかしくなるほど恋に狂ってしまったのは、
 この鬼の呪いが一因かと。」

咄嗟に馬鹿馬鹿しいと否定できないほどには
腑に落ちるところはあった。
あの時の狂気じみた姫君の言葉と行動。
今の落ち着きぶり。
嫉妬と怨念に染まっていた瞳。
今の知性と深い悔恨を宿す瞳。

「その鬼の呪いというのは、
 どんな娘でも恋に落とすようにしてしまうのですか。」
「ええ。
 ……心から愛する者がいない娘は、簡単に篭絡されてしまう。」
「心から、愛する者……。」

一瞬、崇人の顔が脳裏をよぎった。
崇人がいるおかげで、今の自分はこの姫君のように
狂気に染まっていないのかもしれない。

「貴女も、紫青様を恋い慕う者なの……?」

姫君は弱弱しく問うた。
前のような仄暗さはなく、その声音には純粋な疑問の響きしかなかった。
梢は小さく首を横に振った。

「私は、ただの護衛の者です。」
「そう。
 そうよね……紫青様は、
 ご自分を好いている女性を誰一人として傍に置かない。」
「え……?」

意外な言葉に梢は目を丸くした。
紫青の部屋にはよく見知らぬ女性が訪れる。
しかも、毎回顔ぶれが違う。
それを護衛として横で見ていた梢は、
よくもあそこまでとっかえひっかえできるものだと
苦々しく思っていたのだ。

「それは、真ですか……?」
「ええ。
 私を含め、沢山の女性が一夜限りでもいいと
 決死の思いで紫青様のもとを訪れるけど、
 誰一人として、受け入れられたことはないの。」

そう言うと、彼女はため息をついた。
疲れ果て、諦めと悲しみとやり切れない想いを
吐き出すかのようなものだった。

「たしかに、私があれほど嫉妬に醜く狂ってしまったのは、
 呪いのせいかもしれない。
 ……だけど、最初に芽生え、大きくなっていったこの想いは
 呪いのせいだけではないと、私だけのものだと、そう思いたいのです。
 私は今。こんなにも、苦しい。
 胸がつぶれてしまいそうなほどに苦しい。」

そう言うと、はらり、と姫君は涙をこぼした。
大粒の涙が、なめらかな頬を滑って落ちる。
雨粒のように次々と零れ落ちていく。

「懐剣はその場に置いていってくださいませ。
 ……また、貴女を傷つけるような真似をしてしまうかもしれない。
 もう……そんな真似はしたくないのです。」

涙にぬれた目で、姫君はそういった。
憔悴した表情だった。

Re: こひこひて ( No.20 )
日時: 2018/05/13 17:58
名前: いろはうた

屋敷を出て、梢は足早に街中を歩いていた。
正午までには戻ると紫青に約束してしまった。
時間通りに戻らなければ、どんな嫌味を言われるかわからない。
ため息を吐くと、梢はまた前を向いて歩き出した。
ここから綺宮家の屋敷までは少し歩けばつく。
急げば正午までに帰ることができるだろう。
空はどんよりと曇りだしている。
このままだと少しすれば雨が降るだろう。
もっと急がねば、と思ったその矢先、彼女の足はひとりでに止まった。
その視線は、綾宮の屋敷へとまっすぐ続く道ではなく、
婚約者である崇人の屋敷へと続く道へと向けられていた。

「……。」

崇人の名前を勝手に呟こうとする唇をきつく噛みしめた。
屋敷の前に行けば、崇人の姿を一目垣間見ることができるだろうか。

(馬鹿馬鹿しい……。)

崇人は貴族だ。
貴族ゆえに仕事が忙しく、屋敷にほとんどいない。
貴族として宮廷で仕事をしなければならないからだ。
梢と婚約したばかりの時も、崇人は仕事で忙しく
なかなか梢は会うことを許されなかった。
その僅かな逢瀬でも、梢は十分に満たされていた。
崇人は、どこまでも優しく心から慈しんでくれていると
その行動の端々から伝わってきたからだ。

「早く……帰らないと。」

梢は無理やり口にした。
今は、ただの娘ではない。
綺宮家御曹司の護衛だ。
早く戻らないと、また紫青のもとに刺客が来るかもしれない。
梢は重い脚を動かして、また進みだそうとした。

「梢様……?」

柔らかな声が背後から聞こえた。
たった今、脳裏で何度も繰り返した声。
振り返れば、心に思い描いていた人がいた。

「崇人……様。」

梢はかすれた声で彼の名を呼んだ。
梢の顔を見て、崇人の顔に驚きと喜び、そして困惑の色が広がる。
珍しいことに、崇人の周囲には伴の者はいない。
来ている着物も地味であることから、
お忍びで出歩いているようだと察せられた。

「どうして、ここに。」
「……綺宮家の用事です。」
「そう、ですか。」

崇人とは、歌会以来、一度も会っていない。
しかも、紫青が意味深なことを言ったせいで、
二人の間は少しぎこちない空気が漂っていた。

「……失礼ながら、
 梢様はどういった経緯で綺宮家に身を置いていらっしゃるのだろうか。」

耳に心地よい低い声は沈んでいた。
崇人の伏せられたまなざしを見てはっとする。
歌会の時、梢は紫青に付いて宮廷に出廷していた。
おそらく恋人になったのかと勘違いされているのだろう。
どう崇人の誤解を解こうか迷う。

「私は……。」

正直に真実を話そうとして、口を閉ざす。
護衛の件は、他人に話していいような話ではない。
どこに耳があるかわからない状況で、
崇人であっても話していいような内容ではない。
それに、詳しい事情を話してしまうと、
崇人も刺客に襲われてしまうかもしれない。
それだけは避けたい。

「……申し訳ありません。
 詳しくは申し上げられませんが、家の事情で綺宮家に身を寄せております。」
「……そう、ですか。」

崇人の声は沈んだままだ。
これは、納得していないということなのだろう。
だが、梢にはこれ以外に言う方法がない。
二人の間に沈黙が落ちる。
いつもの包み込むような慈しみのまなざしはなく、
彼の瞳はずっと伏せられていた。
そのせいで崇人が何を感じているのか読み取ることができない。

「……申し訳ありませんが、急いでおりますので
 これにて失礼いたします。」

痛いくらいの沈黙に耐えかねて、先にその場を後にしたのは梢だ。
何も後ろめたいことはしていないのに、きりきりと良心が痛んだ。
罪悪感、というものだろうか。

(お慕い申し上げているのは、崇人様だけです、と言えばよかったのでしょうか。)

足早にその場を去る梢を崇人は追ってこなかった。
それを寂しいと思うと同時に、妙な安堵感にも包まれていた。
今は、崇人のことではなく、
あの不器用で孤独な主を守ることだけに専念しなければならない。

Re: こひこひて ( No.21 )
日時: 2018/05/19 22:57
名前: いろはうた

ちくちく胸を刺す罪悪感のようなものに苛まれながら、足早に屋敷への道を急ぐ。
胸中ではぐるぐると複雑な感情がまじりあっている。
そのせいで、反応が遅れた。

「……っ!?」

視界の端に銀光がきらめいたのをとらえた瞬間、
右腕に鋭い痛みが走った。
斬られた、のか。
一瞬の出来事であったため、とっさには状況理解ができなかった。
とっさに右腕をを左手でおさえる。
傷口からじわりと血がにじむのを感じた。
はっとして、前後左右に視界を走らせるが、
そこには怪しげな人物の姿は見当たらない。

(また、あの時の刺客……?)

しかし、それらしき人影はどれだけ探してもやはり見当たらない。
人ごみの中立ち尽くす梢は邪魔以外の何物でもなく、
梢は、また足早に歩き出した。
いつまた第二陣が来るかもわからない。
周りを歩く人々も梢の異変に気付いた様子はない。
あまりにも自然で、目立たない攻撃。
だが、梢に致命傷を負わせていない。
これは、警告だ、と、悟った。
おそらく、紫青を狙う者からの、警告。
ぐっと唇をかみしめた。
せわしなく視線を動かしてあたりを警戒しながらも歩を進める。
歩き続ける間も、傷口は痛み、斬られた袖口が濡れていくのを感じる。
やがて屋敷が見えてきたときには、安堵のあまり吐息を漏らしてしまうほどに
梢の緊張は最大限に高まっていた。

(……一度自室に戻って着替えねば。)

ちらりと、紅にそまった衣を見て、前を向く。
そして固まった。
梢が向かっていたのは綺宮家の使用人が使う裏門だ。
そこに今日も麗しい綺宮家の若き当主、紫青がいた。
こんなところにいるはずのない人だ。
まさか梢を待っていたというのか。
不機嫌そうに青紫の瞳を細めている。
咄嗟に、紫青から見えないように、右腕を隠すようにして立った。

「……今、何を隠した。」
「気のせいでは。
 それよりも少し遅くなりました。
 申し訳ありません。」

ぐっと紫青の眉間にしわが寄った。
背中に冷汗が伝った。
変なところで目ざとい男だ。

「誤魔化すな。
 見せろ。」

後ずさる間もなく、紫青が大股で歩み寄ってきて
一瞬で二人の間に距離がなくなる。
無理やり右腕を掴まれ、傷口が紫青の眼前にさらされた。

「……っ。」

傷口が引き連れて痛み、顔を歪ませてしまう。
そのせいか、紫青はぱっと手を離した。
一方の紫青は、血に染まった切り裂かれた袖を見て、無言になっていた。

「……誰にやられた。
 あの女か。」

地を這うような低い声だった。
梢は、困惑して眉尻を下げた。
油断して手傷を負ったことに紫青は怒っているのだろうか。

「い、いえ、神司家の姫君ではありません。
 少し考え事をしていたところ、道端で切りつけられました。
 申し訳、ありません。」
「そんなこと、信じられるか。
 あの女を庇っているのだろう。」

紫青の声にはいらだちが混じっていた。
それにますます委縮してしまう。
その様子を見て、紫青が舌打ちをした。

「さっさと来い。
 手当をする。」

そう言って、紫青は戸口に向かって歩き出した。
何故だかとんでもなく不機嫌そうな主をこれ以上不機嫌にさせないために
梢をそのあとを追って歩き出した。
ちらりと左手を見る。
傷口を抑えていたせいで、それは真っ赤に染まっていた。

Re: こひこひて ( No.22 )
日時: 2018/05/21 00:22
名前: いろはうた

紫青の部屋で二人きり、沈黙の中もくもくと手当をされた。
紫青による手当は、驚くほど普通だった。
普通というよりも、想像していた以上に手際よく止血処置が行われた。
ぼんぼんのおぼっちゃまなりの、看病のお礼なのだろうと
内心甘く見ていた己を恥じた。
紫青は、思っていたよりもずっとしっかりしている。
自分でできることは他人に任せないし、
自分でやらなくてもいいようなことまで自分でできる。
第一印象の傲慢で冷酷な若当主から、
本当の紫青の姿がずれ始めているのを認めざるを得なかった。

「切りつけられたことは、本当のようだな。」
「……。」

どうあっても神司家の姫君の仕業と考える紫青に梢は無言になった。
このかたくなな態度に何か理由があるのかもしれない。
そう思ったのだ。

「……あの姫君が、ここで私を狙った時、その刃はまっすぐ私の心の臓を狙っていました。
 それが、この傷は腕を浅くかすっているだけです。
 あの姫君はお世辞にも剣の達人とは言えません。
 それが、私に致命傷を与えることなく、手加減して切りつけるなど
 彼女にはできません。」

梢の傷は思っていた以上に浅かった。
出血がひどかったため、傷が深く見えただけだったのだ。
傷の深さは手当てをした紫青もよくわかっているはずだ。
そのせいか、紫青は口を閉ざしている。

「……おまえも妙なやつだな。
 おれが決めてかかっているのだから、
 あの女のせいだとおれに泣いて縋ればいいだろう。」
「私はそのようなことをいたしません。」

憮然としてそう言うと鼻で笑われた。
前言撤回だ。
相変わらず鼻につく嫌な男である。
だが、梢の言うことに納得して
神司家の姫君のせいで手傷を負ったわけではないと認めたようだ。

「なら、誰にやられたと。」
「……おそらく、あの時の刺客の一味かと。
 しかも、あの時とは比べ物にならないほどの手練れです。」

じくり、と右腕が痛んだ。
これではしばらくは自由に利き腕が使えない。
それを含めて相手は右腕を狙ったのだろう。
ご丁寧に、出血だけ派手にするように浅く切りつけるだけにしている。

Re: こひこひて ( No.23 )
日時: 2018/05/22 00:18
名前: いろはうた

「……ほう。」

対する紫青はそれだけ言うと長いまつげを伏せた。
長い指を口元にあて考え込んでいる。
絵になるその姿に、不覚にも一瞬見とれてしまった。

「まぁ、いい。
 手を打っておくから、おまえはおれの護衛にのみ専念していろ。」

紫青は頭が切れる。
彼の言うとおりにすれば、ことはうまく運ぶ。
そう思えたが、梢は、あえて首を縦に振らなかった。

「いえ、できかねます。」
「は?」

紫青はぽかんとしている。
こんな無防備な表情は初めて見たので、
梢は珍しいものを見た、と内心少し驚いていた。
命令に正面から逆らったのが、よほど意外だったのだろう。

「何と言った。」
「できかねます、と申し上げました。」

しれっとそう言うと、みるみるうちに紫青の顔が険しくなった。
鋭い刃のような視線を梢は静かに受け止めた。

「おれに逆らうというのか。」

すごんで見せられても、以前のように委縮することはない。
高圧的で突き放す言葉の裏には
梢を不器用ながらに案じる紫青の気持ちがにじんでいると気づいたからだ。

「私は、護衛役としてここにおります。
 護衛主の身の安全を確保できなくて、どうして護衛役が務まりましょうか。」
「おれの近辺の護衛のみで良いと言っている。」

紫青はいらだったように声を荒げた。
梢が手傷を負って、より動揺しているのは
紫青の方なのかもしれない、とどこか冷静に梢は思った。
自分が直接狙われるよりも、
周囲の者が傷つくのをなすすべなく見るほうが精神的にこたえるのかもしれない。
何もできないもどかしさは知っている。
だからこそ、今、紫青の言葉に逆らっているのだ。

「何を言われようとも、意思を曲げるつもりはありませんので。」
「……ほう?」

紫青の空気が変わった。
まなざしが冷たいものへと変わる。

「これほどまでに反抗的であれば、
 おまえの家のことも考え直さねばならぬようだな。」
「……。」

今度は梢が顔をしかめる番だった。
養父と養母にまで被害が及ぶのは避けたい。
紫青は頭が切れる分、相手が最も嫌がることも熟知している。
梢の最大の弱みである家のことを持ち出すほど、
紫青は余程梢に勝手な行動をしてほしくないらしい。
本当に、不器用な人だ。
ただ一言、心配だから、勝手な行動は控えてくれ、と言えばいいのに。
だが、そんなことを言われたら、紫青の正気を疑ってしまうが。

(どうあっても、守らせてもらえない、ということでしょうか。)

そう考えてはっとする。
自分は、仕事や義務、などは抜きにして、
紫青を守りたい、と考えだしている。
ほだされて、しまったというのか。

「警護に戻りますゆえ、これにて失礼いたします。
 お手当、ありがとうございました。」

袖を戻すと、素早くその場を後にする。
まるで、自分らしくない想いは振り払うかのように早足で歩く。
背中には不満げな紫青の視線が突き刺さっていた。


Page:1 2 3 4 5



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。