コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

タイムスリップ☆スター リクエスト待ってまーす‼︎
日時: 2018/09/16 00:49
名前: ミーミ
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12258

はじめまして、ミーミといいます。
オリジナル小説です。歴史モノでかなり長いお話になる予定です!
初めて投稿するので緊張してマス...。
これからよろしくお願いします!

🎵 登場人物紹介 🎵
○綾川桃花(あやかわ ももか)
明るく元気で前向き。歴史が大好きで、ピアノが得意。
天真らんまんで社交的。度胸がある小6女子。タイムスリップする能力がある。
この先、トンデモないことに巻き込まれる主人公。
○青井圭(あおい けい)
クールでかっこいいイケメン。頭が良くてスポーツ万能。
口は悪いが、根は優しい。桃花のクラスメート。千里眼の能力がある。
○奥村エンマ(おくむら えんま)
無愛想なイケメン不良。なんでもできるゲーマー。とあることから、人間不信になりかけていた。
桃花のクラスメート。読心術の能力がある
○大野真央里(おおの まおり)
マイペースで、クールに見られがち。さっぱりした性格の美人さん。
本当は友達思いで優しい。桃花のクラスメート。未来予知の能力がある。


0,プロローグ
あなたは、信じる?
不思議な能力、前世、仲間との絆。
そして、『運命』ーー。

「お前とオレが出会ったのは、運命だ」
ーーねぇ、知ってる?
キミのその一言が、私の世界を、人生を、未来を変えたんだよ。

最初は「この人、頭大丈夫?」って心配してた(笑)。
でも、キミの言ってたことは本当だったね。
私、今日までに何回泣いたんだろう。何回悲しんだろう。何回、笑ったんだろう。数え切れないなぁ。
後悔なんて、ない。
だって今、幸せだもん。
きっと、これも『運命』だったのかもね。
だから、これからもよろしく、キミ。
××

❗️お知らせ❗️
桃花達に、この時代に行ってほしい!あの人に会ってほしい!というリクエストを受けつけ中⭐︎
例:幕末、紫式部、飛鳥時代、など
リクしたい人は、この掲示板で私に言って下さい。②以降で実際にリクエストを取り入れるつもりです。
リクエスト、待ってまーす‼︎
締め切りは後日ココに書きこみます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



Re: タイムスリップ☆スター ( No.40 )
日時: 2018/08/31 21:03
名前: ミーミ
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12258

みなさーん、こんばんわー。最近友達がでる生徒会長選挙のお手伝いで疲れてブッ倒れそうな作者ミーミでぇす……。
さぁさぁ、タイムスリップ☆スター第6章『そして、ついに……』終わりましたーっ✨
どうでしたか?信長とお濃の方様の命の結末、桃花とケイのタイムスリップの旅の終わり、ご満足していただけました?
……え、ナニナニ⁇信長とお濃の方様、何殺してるんだバカ作者⁈
ひ、酷い!だってだって、それはしょうがないんです‼︎
『タイムスリップ☆スター』は、なるべく史実通りなのがウリです。(一応そう思ってます)
残酷な言い方をすれば、2人が死なないと現実に伝わってる歴史が間違いになってしまうので、彼らには死んでもらうしかなかったんです。
とゆーわけなので、お許しくださいッ(土下座)。
タイムスリップ☆スターは、あと1章で①が終わります。
でも、①が終わったら②に続くのでご安心ください!
ちょこっとネタバレすると、②ではエンマと真央里も一緒にタイムスリップする予定です。ただし、あくまでも予定なので変わる場合があります。ご容赦ください。(なぜならまだ②を全く書いてないから。フハハハハ‼︎)
では、第7章『新たな仲間』をお楽しみに〜。

PS 桃花達がタイムスリップする時代、もしくはタイムスリップして会ってほしい人のリクエストを受けつけ中です。詳細はNo,0の親スレをご覧下さい。

Re: タイムスリップ☆スター リクエスト待ってまーす‼︎ ( No.41 )
日時: 2018/09/02 23:28
名前: ミーミ
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12258

7,新たな仲間
んん……。
小さく呻きながら重たい瞼を開ける。
……うわー、ケイと私のランドセルが綺麗に土の上に放り投げられてる(汗)。哀れだ。
なんて呑気に考えている暇は私にはなかった(泣)。
Q,なんで呑気にしていられなかったのでしょう
チッチッチッチッチッ、ピーン。
A,殺気だだ漏れの拳銃を構える魔夜が目の前にいたから、でした。
あれ、貴方いつの間にココに?そして拳銃構えるのやめて本当怖いから。
幸い隣にはケイがいる。ケイなら魔夜倒せるよね?うんって言って⁉︎
と、すがるような視線を送る。
しかし、ケイが動くよりも早く魔夜に近づく人影を2つ認めた。
その内の1つが魔夜を蹴り倒し、拳銃を奪う。もう1つの人影はスマホで誰かに連絡をしていた。
魔夜を蹴り倒した人影ーーエンマは不敵に笑う。
「おいテメー、隙ありすぎだぜ?それでもナイトメアの幹部かよ」
連絡を終えた人影ーー真央里も嘲笑した。
「スター本部に連絡させて貰ったわ。すぐココに来ると思うわよ?」
……2人の表情が悪者っぽいんだけど、コレ言っちゃダメなやつだよね?
てゆーか、なんで2人がココに?
いやそれ以前に、なぜ2人がナイトメアとかスター知ってるの⁈
「話は後でね」
真央里が微笑む。エンマは小さく呟いた。
「しっかし、まさかコイツと組むとはな……ん?」
魔夜が肩を震わせているのに気付いたエンマ。何が可笑しい、と尋ねる。
そして突然、魔夜が笑い出した。
「フハハハハハハ‼︎」
「「「「‼︎⁇」」」」
尋常じゃない様子に、私達4人が身構える。直後、真央里が鋭く叫んだ。
「みんな、ソイツから離れて‼︎」
急いで飛び退く。すると、さっきまで立っていたアスファルトが溶けていた。
「コイツ、パイロキネシスの能力を持ってるんじゃないか⁉︎」
ケイが吐き捨てるように言う。
パイロキネシスは何もない状態で火を起こす能力。そんなの使われたら、こっちが焼き殺されちゃうじゃん!
動こうにも動けない私達をあざ笑う魔夜。
「ふっ。流石子供、爪が甘いな。……まぁ、ここで殺してしまってはつまらないから、今日はこの辺で大人しく去ろう。次があるといいな、スターの犬達?」
超絶頭にくる台詞を残し、魔夜は側にあった壁を飛んで逃げて行った。

続く

Re: タイムスリップ☆スター リクエスト待ってまーす‼︎ ( No.42 )
日時: 2018/09/14 23:38
名前: ミーミ
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12258

……行っちゃった。逃げられた‼︎
「そして最後の捨て台詞マジむかつくううう(怒)!」
キレ気味にそう叫んだ。いやだってあのバカにしまくった台詞、本当頭にくるんだもん。
「落ち着いて桃花。あと声のボリューム下げてね、耳が痛いわ」
真央里の冷静な言葉に男子2人が大きくうなづく。う、ゴメンです。
「にしても、よくココが分かったな」
ケイが2人に声をかけた。え?どういうこと。
「ま、オレらの能力使えば楽勝だ」
「そうそう。カナリ簡単だったもの」
あの〜、私がいるの忘れてません?私抜きで話進めないで、状況教えて⁉︎
「オレがあのクラスに転校した時、父さんに能力者のクラスメートがいるって聞いたんだ。それが大野と奥村」
私に説明するケイ。ふむふむ、と相槌をうった。否、うとうとした。
とある考えが思いつき、おそるおそる質問する。
「……つまり、この2人も私達みたいに能力者ってこと⁇」
3人が一斉に肯定した。Ma・zi・ka(ま・じ・か)!
本日2度目のビックリだわ。
「能力者って、案外そこらに転がってるもんなんだ……」
マヌケな想像が口を出た。脳内では能力者だらけの街ができた。うん、戦争起きたら1日で荒れ地になるね。
「なわけあるかっ‼︎」
厳しいツッコミがケイから飛ぶ。デスヨネ〜。言ってみただけだもん‼︎
真央里がふと思い出したように言う。
「そういえば、このアスファルトどうする?」
目線の先には溶けた哀れなアスファルト。あーあ、可哀そ……(同情)。
「ドラ○もんの‘もしもボックス’があれば一件落着なのにね〜」
思わず呟いた。だって「助けて、ドラ○もーん」ってどっかの誰かさんみたいに言えば出てきてくれそうじゃん。
……ちょっとソコの3人、人をバカにしたような目でこっち見ないでくれる?やれば本当に来てくれるかもしんないでしょ。え、まだ信じないの?んじゃ腹をくくって私やるから、見ててよね⁉︎
「助けて、ドラ○もーん」
お腹から声を出す。我ながらよく響いた。けど。
ヒュウウウ。
春の風とは思えないような、冷たい風が吹きつける。さっ、寒ッ‼︎半袖から出た腕をさすった。なんてゆータイミングで吹くの風⁈まるで風すらも私を笑ってるみたいに思われちゃうから止めてホント。
そんな冷たい風以上に冷たい視線を向ける方々の存在を、私はすっかり忘れていた。

続く

Re: タイムスリップ☆スター リクエスト待ってまーす‼︎ ( No.43 )
日時: 2018/09/16 00:46
名前: ミーミ
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12258

そんなミニコントがひと段落ついた時、そういえば、と真央里が言う。
「2人の能力って何なの?」
「オレは千里眼」
「私はタイムスリップだよー」
私達は答えた。エンマと真央里が驚き目を見開く。あ、やっぱタイムスリップって珍しーのね。
「ちなみにそっちは⁇」
声を揃えて言ったお2人サン。
「未来予知(by真央里)」
「……読心術(byエンマ)」
へぇ、そうなんだあ。
未来予知なら、私達がココに来ることとかも分かるのか。読心術で心の中読んで、現状把握できそうだし。
……ん?一瞬エンマの顔が暗くなった気がしたけど、気のせい⁇
いやでも、あの顔ケイが過去バナしてる時のとよく似てたし……。う〜ん。
「おい、桃花!」
「は、はぎ‼︎……っいっだァ(涙目)」
ケイに急に声をかけられ、悶々としていた私は舌を勢いよく噛んだ。やばい痛すぎるんですけど。
うん、ボーっとしてた私を正気に戻そうとしてくれたんだよね、分かってるよケイ?分かってるんだけど……舌めっちゃ痛い。やっぱちょっと恨むわ。
「大丈夫かトンマ」
エンマが気遣う。ただし半分以上面白がってるのは一目瞭然だった。
「面白がってるの分かってるんだからねエンマ‼︎あとトンマってどういう意味⁈絶対ロクな意味ないでしょ(怒)」
プンスカ怒る私。エンマはあっけらかんと告げる。
「トンマっつーのは、マヌケって意味だ」
マヌケ?私がマヌケ⁈ふざけるなッ。
「どこがっ⁉︎確かに見た目は小3に間違われるよ?でも、自分で言うのも何だけど中身はカナリしっかりしてるわ!」
……言い切った。ゼェゼェ肩で息をしながらエンマを睨みつける。
外野が笑ってるのは、この際もうスルーしよう。
エンマが呆れたように反論した。
「あのなぁ。確かに、教室ではしっかりしてる方だと思うぞ?けど、命の危機を前にくだらない事で現実逃避、小6でドラ○もんを頼る、考えに没頭し返事で舌を噛む。どれをとってもマヌケ野郎のやることじゃねーか」
エンマの厳しいご指摘に、私のガラスのハートは粉砕です(泣)。誰か助けてー。
もちろん、心からの助けは誰にも届かないのデシタ……。

続く

Re: タイムスリップ☆スター リクエスト待ってまーす‼︎ ( No.44 )
日時: 2018/09/18 18:16
名前: ミーミ
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12258

「さて、そろそろいいかな?」
突然、綺麗なテノールの声が聞こえる。
驚いて振り向くと、そこにはすんごいイケメンさんがいた。
青みがかった黒髪に、青藍の瞳。モデルも顔負けのルックスだね。……あれ、この男の人、誰かに似てるような?
「遅かったな、父さん」
そうそう!ケイに似てるんだ。並んで見てみると、親子みたi……え?
一瞬、思考回路がショートした。父さん、ということは。
「えええええっ。ケイのお父さんん⁈」
この男の人、見た目20代半ばだよ?ケイの歳の離れたお兄さんで通っちゃうくらい若々しいよ⁉︎そんなのアリ⁈
「うん、ケイの父親の青井雪斗あおいゆきとだよ。初めまして」
ニッコリ微笑まれる。そうか、イケメンって遺伝するのか。つい思考が脱線した。
マイペースにエンマと真央里に声をかける、ケイのお父さん。
「奥村くん、大野さん、お疲れ様。逃げられたのは気にしないで。むしろ、魔夜の能力を知れたいい機会だった」
さりげないフォローを忘れない。これぞまさしく完璧イケメン!
内心感嘆していると、ケイのお父さんがこちらを見た。
「君は一体?」
「あっ、クラスメートの綾川桃花です」
「「「……(そういうことじゃないと思う)」」」
「……(そういうことじゃないんだけどな……)」
この場に、本日何度目かの微妙な沈黙が訪れた。

続く


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。