コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

うちのクラスには魔王がいる
日時: 2019/06/16 10:19
名前: 塩鮭☆ユーリ
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=1175.png

 はじめてカキコします、塩鮭☆ユーリです。

 主にコメディ風味でやっていきます。
 感想やアドバイスなども募集しているので、気軽にコメントしてください。荒らしなどは無視させていただきます。
 URLに表紙画像を貼っております。
 イラストに関するお話がありましたらリクエスト掲示板にて話しかけてください。

☆あらすじ

水野龍太は、ごくごく普通の中学二年生である。だが……龍太がいくら普通であろうとも、このクラスは普通ではない。
なぜならーー魔王がいるから。

「かっはは。我にひざまずけ愚民どもよ!」

「麻尾宇、この問題解け」

「くっ!?お、お主やるな……だが、我とて魔王。そのくらいで膝を折ってやると思ったら大間違いだ!」

数学の問題に苦戦する魔王がうるさい。

☆目次


『麻尾宇くんとツッコミ龍』 >>01 >>02 >>06 >>07
『麻尾宇くんは友達になりたい』 >>8 >>11 >>12 >>13 >>14 >>15 >>17
『昔話をしようか』 >>18 >>21

Page:1 2 3 4 5



Re: うちのクラスには魔王がいる ( No.18 )
日時: 2019/06/16 10:03
名前: 塩鮭☆ユーリ
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

☆昔話をしようか 01




「リュウタ、空は気持ちいーなぁ」

 心地良さそうに俺の背中で魔王が目を細める。だろ、と俺は自慢したくてさらに上へと羽ばたいた。小さくなる地面にはちっぽけな魔王城が見える。

 ていうかちっさ!魔王城ちっさ!

 今頃、チノたち魔王の従者は必死で主を探しているだろう。
 その様子が容易に想像できて笑ってしまう。

 ーーその瞬間。



「覚悟っ」

 視界が赤に染まる。
 何事かと驚き、周囲を確認する。赤いドラゴンと目が合った。。赤いドラゴンの主人らしい人物が俺に飛び乗ったのを感じ、俺の上に乗っている魔王に危害を与えようとしているのがわかって戦慄が走る。

 ーーくそっ!

 俺の上で何かされたら確認できないだろっ!

 ーーザクリ。

 俺の上から聞こえてきた絶望的な音に最悪の状況を予想して奥歯を強く噛んだ。そうでもしないと、もうすでに冷静さを欠いた俺は暴走する。

 ひゅうううっ……。
 魔王が俺の横をまっ逆さまに落下している。
 不意討ちされたらしく、怪我をしているのがちらり見えた。

 こんなことなら、高いところになんて上らなければよかったっ!
 魔王が死にやすいとこまで運んできたようなものじゃないかっ!

「っ」

 助けようと、急降下をかけるが、赤いドラゴンとその主が邪魔をしてくる。嫌になってそちらを睨んだ。
 意外なことに、赤いドラゴンに乗っていたのは女だった。
 しかも、かなり若い。ふわりと巻き上がる茶髪に翡翠色の瞳が俺をとらえる。見事な指示で絶対的に俺を邪魔してくる。

 ーーこれ以上は、本当に魔王が死ぬ。

 覚悟を決め、俺は容赦なく武器を振るう少女のところに突っ込んだ。

 それは一瞬の出来事で、鋭い痛みが伴った。翼は切り裂かれ、一目でもう飛べないことがわかった。それでも、まるで寿命を縮めようとするかのように体の角度を調整して降下していく。

 恐怖はなかった。

「魔王っーー」

 追い付いた魔王を自分の体の中に包み、そのまま降下する。地面がすぐそこまでせまっていることは知っていた。

「リュウタ」

 最後に、弱々しい声が聞こえた。
 そっと見てみると、俺が大好きだった子供っぽい笑みを浮かべた魔王が俺の腕の中にいた。

 直後ーー。







「はっ」

 保健室には夕方のオレンジ色の光が入り込んでいた。
 俺は、麻尾宇の側で眠り込んでいたらしい。寒くないように毛布がかけられていた。見れば、麻尾宇もすやすやと眠っている。

「仲良しだね」

 保健室の先生が悪戯っぽく笑っていた。

Re: うちのクラスには魔王がいる ( No.19 )
日時: 2019/06/14 19:14
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel1a/index.cgi?mode=view&no=10985

わあぁ、なんか話が展開してきましたね……!
おもしろいです。魔王に使える魔人がこっそり近くにいたなんて!

あと表紙の絵かわいいですね!!
最初見たとき、かわいい!!とくに色が好き!と思って、その後、あれ?でもこんなかわいい女の子メインキャラにいたっけ?と思ったのですが、
最新話でそれっぽい子が出てきた気がする!
どういう子なのか楽しみです。

更新頑張ってください^^

Re: うちのクラスには魔王がいる ( No.20 )
日時: 2019/06/16 09:52
名前: 塩鮭☆ユーリ
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

友桃さんっ

コメントありがとうございますううう!(*ノ´□`)ノ←うるさいw

表紙をふわっと描いてみました(´▽`;)ゞ
表紙の女の子はおいおい……笑笑

Re: うちのクラスには魔王がいる ( No.21 )
日時: 2019/06/16 10:18
名前: 塩鮭☆ユーリ
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no

☆昔話をしようか 02




 今の夢は、何だったんだろう。
 俺がドラゴンになったーー夢。
 俺が、魔王を乗せて空を羽ばたいているーー夢。

 俺が、死ぬ、夢。

 死の恐怖からなのか、震えの止まらない手足を睨み付け、保健室の先生に作り笑いを浮かべた。

「仲はすっごく悪いです。……こんな時間まですみませんでした」

 じっとりと背中を濡らす気持ち悪い冷や汗をはやくぬぐいたい。

「ほら、お前も起きろよ。元気だろ」

 スヤスヤと眠る麻尾宇に若干呆れながらも、たたき起こしてやった。

「ん……おはよう」

 寝ぼけなまこの麻尾宇をせっついて、保健室をあとにした。すでに麻尾宇が健康なのを知っていたのか、保健室の先生は何も言わなかった。
 
 夕焼け色の帰り道ーー。
 はからずも今日は、登下校一緒である。
 まるですごく仲の良い友達みたいだ。

 ………………違うけどなっ?

 仲はこれでもかというほど悪いからなっ!

 いや、悪いは悪いでなんかライバルっぽいし。
 うん、これはあれだ。
 赤の他人が一番いい。

「麻尾宇」

 俺は、取り敢えず今日みた夢をかいつまんで話した。
 その夢を笑い飛ばしてくれることを願ったーーが。

 案の定、というか。
 なんとなく予想はできたのだけど。

「そうか。思い出したか」

 麻尾宇の口から出てきた言葉に確信する。
 俺と麻尾宇には、『何か』がある。

参照300突破おめでとうございます! ( No.22 )
日時: 2019/06/16 13:21
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY


参照300突破おめでとうございます!!


あとでまた感想書きに来ます!
慌ただしくてすみません笑
ではでは。
(私の小説にコメントありがとうございました!!号泣)


>追記

あっ、今は参照じゃなくて閲覧っていうのか。時代は変わった……←


Page:1 2 3 4 5



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。