コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

リベンジ インフェクション
日時: 2019/11/01 16:24
名前: 柞原 幸 (ID: 5VHpYoUr)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12574

初めまして。柞原幸です。

今回が初作品ですが、どうぞお楽しみください☺︎





☆2019年夏の大会で銅賞を頂きました☆
☆投票してくださった皆様、本当にありがとうございました☆





⚫︎⚫︎登場人物紹介⚫︎⚫︎
[ミア=ルーベン]
ルヒカラ王国に住む、13歳の女の子。
ルーベン家の長女であり、アクトの姉。
元気で明るいが、ルヒカラ王国の主食の一部であるペリ草が大の苦手。

[アクト=ルーベン]
ルヒカラ王国に住む、10歳の男の子。
ルーベン家の長男であり、ミアの弟。
心配性だが、優しく賢いしっかり者。

[アマリア=ルーベン]
ルーベン家を支える頼もしいミアとアクトのお母さん。
コロモロとペリ草が大好き。

[アルベルト=フローマー]
ルヒカラ王国第107代国王。
多くの国民に慕われている。

[ロト]
アルベルト王の執事でありながら、ルヒカラ王国警備隊の最高指導官でもある人物。
国王も舌を巻くほどの優秀な人材。

[カール=ファイネン]
今年ルヒカラ王国の警備軍隊入りした新米警備員。
暑さにやられるとへにゃへにゃになる。


[ルセル=ローべ]
ルヒカラ王国の警備軍隊の1人。
その実力から、最高指導官の右腕とのあだ名も持っている。
また、新米警備員の教育係も務めている。

◆目次◆
プロローグ>>01

==第1章『隣国の異変』=============================
1話>>02 2話>>03 3話>>06 4話>>07 5話>>08 6話>>09 7話>>12 8話>>13
===================================

==第2章『侵入』=============================
9話>>17 10話>>18 11話>>21 12話>>23 13話>>26 14話>>27 15話>>31 16話>>34
===================================

÷÷感想をくれた方÷÷
◇友桃さん >>04 >>10 >>15 >>19 >>24 >>29 >>35
◇朱雀さん >>36

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



Re: リベンジ インフェクション ( No.1 )
日時: 2019/06/12 21:51
名前: 柞原 幸 (ID: Ytr7tgpe)

ルヒカラ王国は、伝統的なスープを作ることでよく知られている。
栄養価がとても高く、多くの国で主食となっているイモ類のコロモロ、古代から人々の健康を守る為に栽培されてきた野菜のペリ草、自家製の肉、そして何よりも大切な、それぞれの家族に代々受け継がれてきた特別なスパイス。
ただこれだけの材料で作られるのだが、一つ一つの材料の相性が驚く程良い。
昔このスープを分けられた漂流民が「とろけるような旨さだ。」と涙を流し、そのままルヒカラ王国に仲間を呼び寄せ、王国の発展に一生涯尽くしたという逸話まで残っている。
しかし、ルヒカラ王国は気候に異常がある為、栽培物の貿易が不利であった。
北の都は年がら年じゅう凍えるような寒さが続く。
しかし、南の都はかんかん照りの太陽が一年中顔を見せている。
寒い地域で育つペリ草は、北の都で育てられているが、強い日差しに弱く、凍える北風にも弱い、繊細な植物のコロモロはどうしてもルヒカラ王国で育つことはできなかった。
そこで、ルヒカラ王国は隣国のマストレード王国から大量のコロモロを輸入することにした。
マストレード王国は暖かく、寒くなく、丁度いい気候だった為、世界一のコロモロ生産国としての称号を手に入れた。
だが、それと同時に、土の性質の問題もあり、どうしても野菜が育たない環境にもあった。
ルヒカラ王国はビタミン豊富なペリ草の栽培が盛んである。
マストレード王国は当然ルヒカラ王国のペリ草を欲した。
そんなわけで二国はお互いの食生活を支えることのできる大切な貿易国として長い歴史上、固い絆で結ばれていたのである...。

Re: リベンジ インフェクション ( No.2 )
日時: 2019/06/12 23:01
名前: 柞原 幸 (ID: Ytr7tgpe)

「ちょっと、お母さん。スープの中にコロモロが入ってないんだけど。」
ある夜の事。ルーベン家の長女ミアは怪訝な表情を浮かべながら大きな木のスプーンで晩御飯に出てくる予定のスープをかき混ぜていた。

スープの中にコロモロが入っていないなど、これまでにあったろうか。
材料一つが欠けただけの日々の主食が、グツグツと湯気をたてる目の前のスープが、最早未知の食べ物のように見えてくる。

近くで食器を戸棚から出していた長男のアクトがミアの声を聞き鍋の中を覗き込んだ。湯気がもくもくとアクトの顔を覆う。

「え、ほんとだ...。何これ。なんか怖いんだけど。」
アクトは懸命にミアが渡したスプーンでゴロゴロと中の食材を確認していくが、コロモロらしきものは見つからない。
香りも明らかにいつものスープとは違う。

アクトがスプーンを持っている間ミアは部屋の中を見回したが、なぜか母の姿が無かった。

くるりとまた体の向きを戻した。
「とりあえず、それ、お皿によそって。後でお母さんにきいてみよう。」
「後で?今お母さんどこにいるの?」
アクトが聞く。

「今探したけどいないみたいだから、多分外に出てるんだと思う。きっとコロモロを買いに行ってるんだよ。」
「そっか!...でも、もうスープ作り終わってるじゃん。後から入れても本来の味にはならないと思うよ?」

とりあえず姉の言う通りスープをさらに移しながらアクトはそわそわし始めた。
違和感がどんどん大きくなっていっているのだろう。

例えばの話だが、誰だって、ある日突然電信柱が消えたとしたら、違和感を感じるに決まっている。違和感というより、軽い喪失感に襲われるのではないか?
普段よりはスッキリとした空が広がるだろうが、どこか無くてはいけないものが無くなってしまった寂しさを感じるだろう。

「お待たせ。ごめんね遅くなっちゃった。」

準備をもくもくとしていた二人がハッと振り向くとアマリア=ルーベン、そう、二人の母親が立っていた。
雨が降っていた様で、綺麗な長髪と体が濡れている。
ミアは近くのタオルを渡した。
アマリアはありがとう、と体を拭き始めた。

「おかえり。コロモロ買いに行ってたの?」
アクトが測りかねるように聞く。

「そのことなんだけど。」
アマリアが眉をひそめる。


「今のままじゃ、もう二度とコロモロを食べられなくなるかもしれないのよ。」

Re: リベンジ インフェクション ( No.3 )
日時: 2019/06/14 00:19
名前: 柞原 幸 (ID: Ytr7tgpe)

「…え?何言って…。」
ミアとアクトは酷く驚いた顔で母を見つめる。

「コロモロがとんでもなく値上がりしてるの。八百屋さんと帰りに立ち話をしたのだけれど到底下がりそうにないらしいわ。」
アマリアは悔しそうに顔をしかめた。
そのまま体を拭いたタオルを食卓の自分の椅子の背もたれにかける。

「値上がりって…どういうこと。どれくらい?」
ミアは胸がざわざわしてくるのを感じながら聞いた。
「普段なら50ルヒアで5個買えるのだけれど、今日は10万ルヒアで3個セットになってたわ。」

ルヒカラ王国の通貨はルヒアだ。
10ルヒアで駄菓子が3個ほど買える価値がある。
10万ルヒアといったら、二ヶ月間家族を養える価値があるだろう。

ミアとアクトは静かな緊張した空気の中に吐き出された言葉が重くのしかかってくるのを感じた。
お使いを頼まれる時、リストの中には必ずコロモロが入っていた。
10万ルヒアなんて見たこともないし使ったこともない。
生まれた頃からずっと当たり前のように食べてきた主食の一部が遠いところに行ってしまう予感がする。
たった一つの作物に手が届かなくなってしまうだけだが、ルヒカラ国民としては大きな壁に面しているに違いない。
日常が崩れるのは嫌だ。




一体何故そんなに値上がりしたのだろうか?




「マストレード王国に何かあったに違いないわ。」
ミアの表情から気持ちを汲み取ったのか、アマリアが口を開いた。

アクトがハッとする。
「不作が続いてるとか?」

普段穏やかな気候のマストレード王国も天候が酷く崩れることはおかしいことでない。
あって当然のことだ。
もっと考えれば、コロモロの栽培域の中でコロモロの伝染病が流行っている可能性だってある。連作障害かもしれない。


少しの間辛抱するだけ。
別に一生コロモロが食べられなくなるわけでもない。
何よりマストレード王国ならそんなの軽々乗り越えて、またさらに美味しいコロモロを作ってくれるはずだ。
自分はマストレードを信じて待とう。



二人とも、同じことを思ったのだろう。
同じ決意の表情を見せる二人の我が子の顔を見て、アマリアは微笑んだ。


3人家族は何事もなく、その日を終えた。













その日が思えば国々を巻き込んで大波乱を起こす大冒険の最初の1日目だったのかもしれない。

Re: リベンジ インフェクション ( No.4 )
日時: 2019/06/14 19:26
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY (ID: U7ARsfaj)
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel1a/index.cgi?mode=view&no=10985

はじめまして、友桃(ともも)と申します。

小説読ませていただきました!

舞台はファンタジーの世界なんだけど、かなり日常的(しかも生活…というか食?)なところから始まっているのが面白いなぁと思って読んでいました^^
これから物語が動きそうな雰囲気がするので、どういうふうに展開していくのかとても楽しみです^^

続き楽しみにしてます。
更新頑張ってください!

(コロモロがロコモコ丼のロコモコに見えて仕方がない……笑 美味しそう笑)

Re: リベンジ インフェクション ( No.5 )
日時: 2019/06/14 21:58
名前: 柞原 幸 (ID: Ytr7tgpe)

とももさん、ありがとうございます!

どんどん進んでいきますよ(^-^)
これからも気が向いたら読んでってくださいねー。

コロモロ…コモロモ…ロモコモ…ロコモコ…(笑)


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。