コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

0組  〜1章〜
日時: 2019/11/08 20:12
名前: 桜茶

こんにちは☆桜茶です♪

 下手だったらごめんなさい!でも読んでもらえると嬉しいです!



〈人物〉

 遠野 芽瑠 (メル)

 鈴城 雅  (ミヤビ)

 宮司 怪華  (アヤカ)

 三笠 里奈   (リナ)

 柿音 有衣   (アリイ)

 鵜飼 琳也   (リンヤ)

 舩田 泰斗   (タイト)

 大枝 圭    (ケイ)

 堀江 雄平  (ユウヘイ)

 笹岡 要   (カナメ)

Page:1



Re: 0組  〜1章〜 ( No.1 )
日時: 2019/11/08 20:33
名前: 桜茶

1話  0


「はああ。今日から2年って訳か。」
 
 夕暮れの教室に囁かな光。オレンジと赤の光が入り乱れている。
新学期の香りに心躍らせた校庭は、揺らぐ桜の木と砂しか残っていなかった。

「…と言うか、“2年0組”ってどうゆう事?」

「さあね。なんか特殊なんじゃない?」

メルがわざとらしく髪をいじる。そのサラサラとした髪は、今にも飛んでいきそうなほど輝いていた。
…“2年0組”とは、今年度から『日向ヶ丘高校』で発足される事になったクラス。『0』と言う謎のこだわりは
誰にも理解されなかったが、このクラスに集まった生徒は、誰から見ても普通じゃない
ー良い意味なのか悪い意味なのかーと一目でわかった。

「0って絶対怪しくない?むしろヤバすぎて怖いんだけど。」

「雅!ヤバイとか怖いとか言わないでよ。縁起悪いんだから。」

「縁起悪い…か。そう言えば去年メル、めっちゃみんなに慰められてたもんな。」

「去年って…。お願いだから蒸し返さないで。」

リンヤが小学生の様な不格好な笑顔を溢すと、メルはすぐに呆れた顔になった。

「あれでしょう?メルちゃんが部活辞めるとか辞めるなって。あの時凄く茶化してたよね。」

「はぁ…。茶化さないと余計心配かけるでしょ。その為よ。」

「そう?本気だったけど。」
アリイが憎めない笑顔で近づく。

「私だって辞めたかった。でもあんなに言われたら。皆んな私の気持ちなんて分かってくれなかったわ。」

メルの顔に眩しくてうるさい光が差した。


Page:1



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。